sakura-blossom
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

30周年が来たりて笛を吹く #9「パール」2000.08.13国営ひたち海浜公園

長くなったらごめんよ。

 

2000年、第1回ROCK IN JAPAN FESTIVALでのアクトから「パール」。映像自体は過去に放送されたことがあるので、見たことがある人も多いかもしれません。ご覧いただければおわかりの通り、豪雨の中でのパフォーマンス。このあと強風によってステージの一部が破損し、THE YELLOW MONKEYのあとに予定されていたAJICOと中村和義のアクトは中止となりました。この年のTHE YELLOW MONKEYはRIJFの前に石川POP HILLに出演、このあとはRISING SUN ROCK FESTIVALへの出演が決まっていましたが、エマの肺気胸によりRSRの出演はキャンセル。この夏フェスのしばらくあとに活動休止のアナウンスがあり、年明けの大阪ドームと東京ドームでのライヴをもってバンドは休止へ、そしてそのまま解散となったわけですから、このパールは解散前のTHE YELLOW MONKEYを第1期とすれば、その最終盤のパフォーマンスということになります。

 

THE YELLOW MONKEYとフェスというのを語り始めると、正直この30yearsの企画の枠に収まりきらないぐらい来し方行く末に想いを馳せてしまうし、馳せた分だけ書きなぐってしまいそうになりますが、ともかく、いまや誰もが夏フェスと聞いて思い浮かべる「ハッピー」なありさまは、このバンドにおいては無縁のもの「だった」わけです。吉井和哉はあの日、途中でこの荒天をさして「まるで今の自分の状態のようだ」というようなことを言った記憶があります。「ひどい仕打ちだぜ」とも。

 

けれど、それこそこのバンドが解散していなくなった後にも、私は何度もこの映像を見返していました。それはこの豪雨という状況の中、分解しそうになっているバンドに、いや豪雨だったからこそなのかもしれないけれど、起死回生の一発を思わせるようなきらめきを感じることができたからにほかなりません。今でもこの「パール」を聴くとき、あの雨の中、間奏で次々と高く掲げられていったオーディエンスの拳の波を私は思い出します。

 

2016年の再集結イヤーでこのひたちなかに帰ってきたTHE YELLOW MONKEYは、このときと同じくバラ色の日々からパールというセットリストを再現しましたが、バラ色前のMCで吉井和哉はこの2000年当時のことにふれ、あの時は凄い雨で、おれもジャージなんて着ちゃって。もうあんなことは、と言いかけて少しはにかみ、しないぜ、と語ったのでした。雨のないひたちなかに来られてうれしい、そうも言っていました。パールの歌詞の一部を変えて「雨は降ったのに花はなかなか」と歌っていました。

 

このバンドは、なかなかフェスというものにうまく愛されることができなかったかもしれないけれど、でも本当にありきたりな言葉だけど心の底から思う、この時があったから、あの雨の日があったから、今があって、今の美しい空をより愛することができるんだってこと。当時放送された番組の中の楽屋でのトークで「カツラが飛ばないように」「THE YELLOW MONKEYおでこを出すとへこむんで!」とおどけていた彼らの、この雨の中の必死としか言いようのないパフォーマンスは、今でもそのことを教えてくれるし、あの状況にあってもこのバンドが秘めていた、起死回生の一発とでもいうようなきらめきを感じさせてくれる、何物にも代えがたい1曲だと思います。

22:05 | comments(1) | -

フォーカード

フラ…いや発売…いや発売日から1日遅れですよってにー!

9999+1、めでたくリリース!やんややんや。Amazonで買いましたらフラゲ日に届けてくれたんですけど帰宅が遅くて受け取れず!昨日我が家に無事到着、そしてGSツアーのDVDを真っ先に見ちゃう私。音源はね!音源は休みの日にゆっくり聴くから!

 

結論から言うとアルバム持ってるしなーとか、これ以上モノ増やすのはなーとか(それは私)、いつかGSツアーの4種類BOXで出すんじゃない?とか思って買い控えているひとは今ナウ購入することをおすすめします。トランプはあってもなくてもどっちでもいいです(正直か)。この宮城のライヴのためだけでも十分お釣りがきます!写真集ももちろんすばらしいよ!でもって長年の経験でいうと、こういう付属のDVDみたいなやつがのちのち、もっとも手に入りにくくなる。おれはくわしいんだ。

 

このセキスイハイムスーパーアリーナはダイヤマークの最終日だけあって完成度がハンパなく、ライヴがすばらしいのは勿論なんですが、昨日全編見て私がまずやったことはクレジットを確認することだった。なぜ?オタクだから!いい映像を残してくれたらまずそれが誰の手によるものかを確認するのが性です!ディレクターのクレジットは「Ayumi Sakamoto」となっていて、たぶん映画監督とかもされている「坂本あゆみ」さんであろうと思われる。この方、8月に発売になった東京ドームのディレクションも手掛けてらっしゃいましたね。東京ドームの円盤もちろん買って、でもまあどっちかっていうと本編は演出過多だった記憶の方が強かったんだけど、映像がいい意味ですごく彼らに寄ったものになっていて楽しかったんですよ(だからブログも更新した)。

 

それで今回のこれじゃないですか(じゃないですか論法)。この方のディレクションの一番の良さというか特徴というか、まず物理的にスイッチングが激しくないのでじっくり見られるっていうのがあるんですけど、あとメンバーの関係性をきっちり残そうっていう意思をむちゃくちゃ感じるんですよね。この板の上で、ロビン、エマ、ヒーセ、アニーっていう単体じゃなくて、バンドとしての塊を捉えようとしているというか。だから、それこそ往年のキレッキレのカッコいい瞬間を連ねていく、みたいな編集とはちょっと違うし、それが物足りない人もいるかもだけど、それよりもその関係性重視なバンドのとらえ方が今のTHE YELLOW MONKEYのモードとすごく合っているんじゃないかって気がするんです。このバンドのいまの「カッコよさ」はそれぞれがそれぞれを想い合う、メンバー同士だけじゃなくて、メンバーとスタッフ、メンバーとオーディエンス、そういう想い合う矢印が現れるところに「カッコイイ瞬間」も積みあがっているような。

 

こうしてみるとトランプマークのそれぞれで、メンバーのモードもやっぱりチャンネルが違うような面白さがありますね。つーかダイヤ、いいよね。いい。いいよ。Breaking The Hideとか吉井の最高級にかっこいいところがつまりまくってるだけでなく(あのジャケットプレイ…!)、ヒーセの唸るベース、エマのコーラス、楽曲をひっぱるアニーのドラミング、いやもうこれベストセレクションDVDに残したい。なんだよベストセレクションDVDって。

 

あと天国旅行ね。ダイヤの肝はある意味この曲だったけど、本当にすばらしい。吉井さんにしてはめずらしく、「潮騒の音快晴の彼方」あたりではっきり声がゆれていて、そうか…このひとこんな顔して泣くんだな…というのを目の当たりにしてちょっと動揺しちゃいましたよ。静岡の初日、ものすごい近い席でこの天国旅行を見ながら、タイムマシンに乗ったようだ、いったい今は何年なんだ、と思ったことをまた思い出したりして。

 

いやマジでこれこの調子でいったら全曲メモ書きみたいなことになりそう。だって!ぜんぶ!いいから!本当に4人ともかっこいい、本当に4人ともたのしそう、本当に4人ともこのステージにいることがしあわせなんだろうな、ということを何よりも私たちに教えてくれる映像です、これは。ぜひお宅に1枚!(ダイマ中のダイマで締めるオタク)

23:36 | comments(0) | -

30周年が来たりて笛を吹く #8「Love Homme」2019.08.03セキスイハイムスーパーアリーナ

おーっといきなりの水曜日ドロップ!確かにね!最初の告知の時「金曜日を中心に」って言ってたもんね!でもそれはホラ、年末年始のお休みの都合とかそういう場合のことかと思ってたよ!というわけで今回の映像は撮れたてピチピチ、GSツアーのダイヤ最終日からLOVE HOMMEの御登場です。前回が1990年、今回が2019年、思えば遠くにきたもんだ。

 

そして言うまでもなくこの映像は本日12.4リリースの「9999+1」に付属のライヴDVDに収録されているものなのだ!つまり、あえての水曜日のドロップ=販促ってことですね!心得た!とはいえ今週金曜日にはまた新たな映像に更新されるそうだから今回たった2日間の公開期間っていう。短いよぉ〜。

 

ダイヤメニューのLOVE HOMMEは本編終盤、SPARKのあと、天道虫の前というここで盛り上がらなきゃウソだ!という位置にあるので、もはや全員ができあがっている。吉井の瞳孔開きっぱみたいな眼とか最高じゃないですか。あと、これツアーの最初の方はやってなかったのにイントロのところでエマが右手で指を鳴らすようなアクションをいつごろからかやり始めて、気がついたらアニーもやってるっていう。ほんとかわいいやつだねおまい。間奏のところの吉井の猿っぽい動きも好き。潮を吹きだした、で後ろに回した手の仕草もすき。あとヒーセが全方位で最強。

 

というわけでね、「9999+1」も無事本日手元に届いたのでDVD全編見たんですけど、最高of最高にもほどがありました。さすがに完成度が高い。こうしてみるとダイヤマークよかったな…としみじみしますし、円盤にしてくれてありがとお!と伏して拝みたい気持ち。長年の経験から言っておくと、こういうCDに付属のDVDみたいなやつがのちのち最も手に入りにくくなりますよ。さあ!買うなら居間だ!あ、今だ!(ダイマ)

00:29 | comments(4) | -

30周年が来たりて笛を吹く #7「SUCK OF LIFE」1990.11.14難波ROCKETS

これまたどえらいものがきましたね!1990年11月の難波ROCKETS。結成記念日から1年未満、初のツアーって、未公開どころの騒ぎじゃない。つーかよく残ってましたねって思うししかも映像がかなりクリア。この時期からこのレベルで映像残してるんかい?ってことはほかにどれだけのお宝が眠ってるんだい!?って鵜の目鷹の目になるオタクの哀しい性。

 

しかし、ド初期中の初期のSUCKってこんなふうだったのか…!って意味で新鮮味がありすぎました。イントロぜんぜんちがうし歌詞もところどころしか聞き取れないし、でも折々で今の、というか完成されたSUCKの片鱗が確かにあって、大袈裟なようだけどちょっと感動してしまった。なんていうか、大きな岩の塊からあの超弩級の「ファンぶち上げ曲」を削りだしている過程をみせてもらったような気がしたんですよね。エマもヒーセものちのちこの曲でみせるやらずぶったくりぶりを思うと控えめだし、今やお約束となったハイキックやマイクスタンドぶん回しももちろんない(そういえば吉井のマイクスタンドがストレートじゃなくブームなのもむちゃレアなのでは?)。

 

楽曲って、もちろんリリースしたその時点で一つの完成形ではあるんだけど、このバンドはそのあとにライヴという場で楽曲を磨きに磨いて新たな完成形を作り上げてる、そういう楽曲がたくさんあるし、SUCKはまさにその代表格なんだなってことを改めて実感いたします。

 

初期にしては吉井の髪型もアッサリ、メイクもそれなりってこともあるかもしれないけど、だからこそ際立つ地の良さ…といいたくもなる美貌がむき出しで、そういう意味でも「美味しくいただかせていただきました…」と拝む姿勢になってしまったわたくしです。

13:12 | comments(4) | -

30周年が来たりて笛を吹く #6「MORALITY SLAVE」2016.12.28日本武道館

このシリーズお初の再集結後の映像として選ばれたのは再集結後初の12.28、再集結後初の日本武道館、再集結後初のメカラウロコ、の、オープニングナンバーでございます。もはやいろんな思い入れが濃縮還元されすぎててエモみがすごい。このライヴ自体は映像としては販売されていませんが、当日は全国の映画館でライブビューイングが行われ、後日CSで放送もされております。円盤化はごねえが〜(なまはげ)。

 

うしろのボンデージおねえさん大量投入は言うまでもなく「メカラ7」を踏襲しており、そのメカラ7は「追憶の銀幕」の日本青年館でのライヴを踏襲しているわけですが、裸NGの武道館というので逆手にとってフルマスクのボンデージっていうのは逆にエロくてたいへんよろしいです。

 

吉井ちゃんが皮手袋にサングラスで孔雀の羽根をもって登場するという、これ以上盛りようがないというほどセクシー大爆発なうえに、間奏でうしろのおねえさんの胸元のジッパーを引き下げ孔雀の羽根を差し込むという、あ、いま彼岸が見えたな…という心境を味わうことができる映像。そういえば最近吉井ちゃんサングラスしないね。サングラスはしてるときがかっこいいっていうのももちろんあるんですけど、吉井は何でもその小道具をはずす時にもう1枚上手の技を見せてくるっていう、通称「小道具の和」(こどうぐのかず)(仕事人かい)だから…しかもこの曲は皮手袋とサングラス、一粒で二度美味しいアレだから…と贔屓のフォトジェニックを味なくなるまで噛みしめられる一曲ですね!

00:34 | comments(4) | -

30周年が来たりて笛を吹く #5「LOVE LOVE SHOW(English Version)」1998.07.20ロンドンアストリア

98年ロンドンアストリアでのラブショー。未公開の映像ではなく、2013年12月にリリースされた「パンドラ」のDVD初回限定盤にこのアストリアでのライヴのフル映像がついてます。とはいえ通常盤ブルーレイにはついていないし今Amazon見たら中古にふざけんなって値段がついていたので公式でこうして見せてくれるのはGJと言わざるを得ない。悪いこと言わないからほかも全部見せなさい。

 

この英語バージョンはもともとSICKSのUK版リリースのときに収録されたものですが、その後BURNのシングルのカップリング、あとMOTHER OF ALL THE BESTの初回盤にも入ってましたかね。映像ではRED TAPEにも入ってるんですけど、こちらは同じアストリアでも1997年の方。どっちもかっこいい(聞いてない)。

 

映像でLOVE LOVE SHOWを見る時の楽しみはなんといっても音源だけじゃぜったいに味わえないその速さなわけですが、この98年アストリアの頃はパンチのツアーでしぬほど繰り返しやっていたこともあって、もはや限界です!って感じの速さが味わえます。この映像を見た後でFIX THE SICKSの(リリース直後の)映像とか見ると「て、丁寧…!」って驚いちゃいます。

 

再集結後も何度となく演奏される曲ですけど、最近は花道でパフォーマンスしたりおねえさんと絡んだりな印象が強い中、この映像見るとそうだったこれ吉井がめっちゃギター弾くやつなんだったって思い出すし、あのイントロのピックスクラッチも吉井がやってたんだよなー(今はエマ)と懐かしくなります。たまにはこんなふうにかき鳴らしてくれてもいいのよロビン(なぜか急にロビン呼び)。

 

あとなんといってもエマのオスみがすごいよねこの頃。ひれ伏したくなる。間奏の三国さんのキーボードのスペーシーな音もこの人ならではだな〜って感じで良いっすよね。ちなみに歌詞は普通にネットで検索して出てきますのでみなさんぜひ語呂合わせぶりも含めて楽しんでくだぱい!

 

22:24 | comments(2) | -

30周年が来たりて笛を吹く #4「Four Seasons」1996.07.21NHKホール

4回目の更新にして初の非・未公開映像。いやーよかった今回はホッと息がつけるね…って

んなわけない!(卓袱台ひっくり返し)

ということでTOUR FOR SEASON“野性の証明”から「FOUR SEASONS」です。この映像はその昔「TRUE MIND」というライヴビデオに収録されのちにDVD化、現在は黒箱に収録されているほか、TRUE MIND NAKEDとして発売されたDVDにもこの7月21日のライヴが収録されており、そちらでも見ることが出来ます。ど頭のアニーのカウントが入ってるので、これはNAKEDの方の映像ですね(TRUE MINDは入ってない)。

 

率直に申し上げて、人生でこんなにも繰り返し見たライヴ映像はほかにはない、というのが私にとっての「TRUE MIND」で、もちろんこのFOUR SEASONSも全部のショットをなぞれる、というぐらい、繰り返し繰り返し見てきました。それだけ繰り返し見ていても、何度でも驚きとともにバンドのかっこよさを味わうことができる1曲ですよね。「人さまに迷惑とコーヒーはかけちゃいけない」からの吉井和哉のアップ、あの目線、なんかこう、この世のものではない美しさがあるというか、毎度見るたびに「仏像めいた神々しいかっこよさがある」と思ってしまいます。そこからのマイクスタンドをなぎ倒すスタンドプレイ(意味違う)も、この曲をやるたびに絶対私が凝視してしまうポイント。

 

ちなみにこれは豆知識ですが、吉井さんがこのとき着ている白いシャツは今、志磨遼平さんがお持ちです(吉井さんからのプレゼント)。

 

そしてもうひとつ豆知識!この映像の編集をされているのはTVKに所属されていた山本浩市さんという方で、2012年にあったニコ生の24時間特番とかリリースパーティとかにもゲストで来られていたことがあるんですけど、私にとって「THE YELLOW MONKEYのライヴ映像撮らせてこの人の右に出る者未だなし」というひとだし、なんなら私はコーイチにファンレターまで書いたことがある!吉井にも書いたことないのに!(ないんかい!)その山本浩市さんが24時間特番のときに仰っていたコメントを一部、引用します。

映像を作っていて思うのは、とにかく4人ともどんなときでもかっこいい。それはもうエマさんを撮ろうが吉井さんを撮ろうがヒーセさんを撮ろうがアニーさんを撮ろうが、楽曲の最初から最後まで全員がどこを切り取ってもかっこいい。だからこういう仕事をしている人間からするとこんなに仕事がやりやすいことはない。もうどこを撮ってもかっこいいから、あとはただその映像をどこをとりあげてよりかっこよく見せるかってことだけで、基本的にアクションにしても表情にしても、どんな瞬間を切り取ってもかっこいい。だからすごく仕事がしやすかったという印象があります。

23:54 | comments(2) | -