sakura-blossom
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

また会えるって約束して

3月27日18時に来月4日・5日の東京ドーム公演の延期(または中止)が決定した。当初は3月30日に開催可否のアナウンスを予定していると告知されており、事前に日付を指定していたのだが、こうなってみるとそれを前倒して週末に入る前に告知してくれたことはよかったと思う。今日(30日)はとても大きな悲しいニュースもあったし、これでもし開催の可否の発表も今日だったら、いろんな意味で情緒がもたない1日になってしまっていたのではないか。

 

もともとはこのドームツアーでセカンドシーズンの終わり、しばらくお休みに入る…ということだったから、開催できない場合は中止やむなしだろうと覚悟していたが、現在のアナウンスでは「できるかぎり延期の方向で」調整中だという。ありがたい話だし、うまく調整ができることを祈る気持ちだ。メンバーそれぞれに、そしてスタッフそれぞれにも今後の予定もあるだろうに、前向きの努力を続けてくれているというだけで泣きたくなるほどうれしい。

 

この新型コロナウイルスをめぐるニュースが出始めた当初は、私はそれでもまだ「4月は大丈夫だろう」と楽観視していた。それが日が経つごとに「開催できないのでは、できたとしても相当な批判を浴びるのでは」という懸念に変わった。3月19日の専門家会議において、「全国規模の大規模なイベント」の定義は「多数の人の移動が全国規模で発生する」だと知って「ぜったいダメなやつじゃん、いちばんやっちゃダメなやつじゃん」と頭を殴られる思いがした。そりゃ、東京ドームが大規模じゃなくて、何が大規模なんだって話だが、これが正常化バイアスというやつなのか、そうはいっても、東京でしかやらないし…などと考えていたので本当に蒼ざめる。ひとが動く点になるのがもっとも危険なこと、という認識をここで改めて叩きつけられ、文字通り目が覚めた、という感じだった。

 

それからは、「やるか、やらないか」よりも「万が一、開催するとなったらどうしよう」という心配の方が私の心を占めることになった。実際、仕事の方でも、その後こうした県外への「不要不急」の外出を禁じる通知も出たし、そりゃ黙って行けばわからないかもしれないが、その黙って行くというやつが一番いまやったらアカンことなのでは…と悶々とした。自分が、掛け値なしにもっとも入れあげ、骨絡みで愛するバンドの、何よりも大事なライヴという場に「やってもいけないかも」「いっそやらないでくれ」と願ってしまうことが、どんなに苦しく、うしろめたいか、それをひしひしと感じる時間でもあった。

 

でも、私もそうだが、なんとなくはっきりと「中止」と言葉にするのは避けたいというひとは一定数いたのではないか。皆、ぐっと奥歯をかみしめてこの時間を耐えていたと思う。ありがたいのは、メンバーをはじめとする創り手が、このわたしたちのかみしめている想いを「わかってくれている」と感じられるところだ。

 

THE YELLOW MONKEYのファンクラブ名称はBELIEVER.だが、正直なことを言うと、私はこの名称にそれほど思い入れがない。でも今は、こんなにもこの状況に相応しい名前はないんじゃないかとおもう。以前私が参加した、小沢健二さんのライヴで披露されたモノローグで、この言葉についての印象的なものがあった。以下は私のメモ。

Believe、信じること。アメリカのプロスポーツの応援なんかで「I Believe」なんて書いた幕やペインティングを見てもわかるとおり、信じるということはポジティブな意味で使われる。信じると力が出るから。信じる人、 believerを日本語に直訳すると「信者」になって、なんだか途端にネガティブな意味がまとわりつく。(中略)信じないと、力がでない。それはなんだか恋愛にも似ている。良い悪いではなく、何かを信じること。それにしても、「信者キモチワルイ」とひとは言うのに「恋愛キモチワルイ」と言わないのはなぜだろう。どちらもおなじことなのに。

僕はひとが何を信じてもいいと思う。そういう信じる人を僕は応援する。I Believe.と額に書いて9回裏ツーアウトでバッターボックスに立つ選手のように。

我々は今もしかしたら9回裏ツーアウトでバッターボックスに立っているのかもしれない。あるいは逆に、そのバッターを抑えようとしているのかもしれない。いずれにせよ、我々はBelieverである。我々は信じる者である。我々は何を信じてもいい。今できることは、何かを信じて、それによってうみだされた力を次につなげていくことだ。

私が信じているのはひとつの言葉です。

 

また会えるって約束して。

00:20 | comments(0) | -

30周年が来たりて笛を吹く #27「ネバーギブアップ」2000.08.06石川県森林公園

でました!公式の紹介文にもあるとおり、今まで2回しかライヴで演奏されたことのない、それも解散前のフェスでやったきりという、超レア楽曲「ネバーギブアップ」。ちなみにこの時はタイトルも決まっていなかったと思われ、後日発売されたロッキンオンJAPANに掲載されたセットリストでは「MTV」というタイトルで載っていました。

 

楽曲自体は解散前ラストシングルで、休止のドーム公演後に発売された「プライマル。」のカップリングですから、当然、ここにいる観客の誰ひとり、この曲を知らない。そして今回この映像が陽の目を見たことで明らかなとおり、楽曲自体も生まれたてのほやほや感がすごい。2016年に再集結したとき、同じくロッキンオンJAPANのインタビューで「(フェスで)歌詞うろ覚えのやつとかやんないですから!変な新曲のカップリングとか交ぜないからだいじょぶです!」と吉井が言っていて、おまえはどこのネバーギブアップの話をしとるんや…と思ったもんでした。

 

ポップヒルの方がひたちなかよりも1週間早いので、この時がアニー短髪のお披露目だったのかな。以前吉井が休止前のライヴでのエマのことを「武士みたい」とたとえたことがありましたが、こうしてみると全員にその空気がありますね。DJブーンもステージ上にいてリアクションしてくれているのがわずかな癒しといったところ。

 

歌詞が発売されたものと大幅に違うので、これはオタクにはたまらないやつだし、貴重資料!という感じ。とくにこの部分

「どうせ男は足りないから欲望にただ敏感だ それで女は悲しいから思い出だけが肝心だ」

「どうせ男はかよわいから欲望にだけ敏感だ だけど女は図太いから思い出だけが肝心だ」

吉井節!という感じですばらしい。思わずメモりました。それにしてもクッソどえろい歌詞ですね。「あたしもうダウン」のときの吉井のエロさ、なんか法律にひっかからないですか。大丈夫ですか。発売されたものも相当ヤバイけどこのほぼ仮曲みたいな状態はさらにヤバイ。いやーレアなものをありがとうございます!

20:09 | comments(1) | -

30周年が来たりて笛を吹く #26「ロザーナ」2017.12.10東京ドーム

2017年の東京ドーム2days公演から、ドーム公演に向けてリリースされた「ロザーナ」。BIG EGGのDVDにも収録されております。東京ドーム公演に向けての映像ドロップって感じでしょうか。

 

この30memorableのシリーズも残り今回入れて5本ですが、毎回、どんな映像があがっても決まって思うのが「吉井和哉の髪型の変遷の激しさ」と「ヒーセの安定の変わらなさ」。そうでしたあの頃こんな髪型だったんですね吉井ちゃん…今見ると新鮮…!加えて、文字通り「ハレ」のドーム公演ということもあって全員のお衣装がゴージャス&ゴージャス。全員がこんなにも派手な衣装を着こなして似合うってほんとすげえな!?

 

ロザーナは吉井ちゃんのタンバリンプレイ(正しくプレイ)が拝めるという点でもいい曲ですよね。どこかの雑誌のインタビューでTHE YELLOW MONKEYに新しいボーカルが…みたいな冗談話の流れで「そうなったら歌うの?」と聴かれて「いやタンバリン(をやる)」と仰ってたぐらいだからきっとご本人もおれとタンバリンは一心同体ぐらいに思ってらっしゃるかもしれません(そこまでか)。

 

さて、どうなるんでしょうね東京ドーム。積極的に口にするひと、そこはあえて触れないひと、やってほしいと思うひとやるべきだと思うひとやるべきじゃないと思うひといずれにしても早く決めてくれと思うひと、きっと参加する人数の分だけ事情があって、だからこそ意見もわかれるしぎりぎりの折衝が続いていたりもするんでしょうね。今は開催するかしないかというフェーズだけれど、開催するとなれば次はわたしたちに行くか行かないかという決断のフェーズがやってくる。難しい話です。どういう方向になろうとも、誰かを、何かを責めたりしないこと、自分が正義の側に立ったつもりになって、誰かを何かをジャッジして言葉の刃を振り下ろしたりしないこと、今のところ私が決めているのはそのふたつだけです。

00:21 | comments(2) | -

30周年が来たりて笛を吹く #25「SO YOUNG」1999.03.10 横浜アリーナ

1999年3月10日、今からちょうど21年前の今日、パンチドランカーツアー最終日の横浜アリーナでのラストナンバー。文字通り、113本を締めくくった楽曲である。「3.10横浜アリーナ」のDVDにももちろん収録されている。

 

思い出がありすぎて…と言葉にすれば途端に陳腐に聞こえるような話だが、私にとってこのパンチドランカーツアー最終日、3月10日、横浜アリーナ、という単語の連なりにはどうしても思い出がありすぎて、この映像を客観視してああだこうだと語ることはできそうにない。後年彼ら自身の口からこのツアーについて語られた決してポジティブなものばかりではない想いも十分知っているし、懲役のようだったとまで言われたことや、このツアーによって確実にバンドの中の何かが疲弊し、それがひとつの引き金だったのでは、というのも、当時のファンは少なからず考えたことがあるだろう。今振り返って、この時の彼らの姿に何を感じるのか、疲れている、切ない、そうした想いを抱く人も少なくないだろう。

 

でも私はこのとき、楽しかった。私はこのツアーに夢中で、心の底から入れあげていて、傍目にみればとち狂っていると言われてもしょうがない温度で熱狂していた。私の思い出はそういう思い出だ。その気持ちをすげ替えるつもりはまったくない。そしてそういう思い出だからこそ、このツアーのタイトルの通り、自分たちこそがファンの愛情という拳で彼らを疲弊させていたのではないかという思いが、多分この先も消えることはないだろうと思う。

 

しかし、もう二度と聴くことはできないだろうと思っていた、パンチドランカー、離れるな、そしてこのSO YOUNGと、このツアーを象徴する楽曲がまたふたたび現在の彼らの手によって演奏される未来にいま自分がいることに心底驚く。きっと10年前の自分にこのことを言っても、一笑に付したにちがいない。

 

名づけというものは本当に恐ろしいもので、パンチドランカーというタイトルはまさに名は体を表すものになったわけだけど、「パンドラ」というその略称のとおり、いろんな災厄がその箱から飛び出したとしても、箱のなかには「希望」が残っていたのだから、やはり、名づけとはおそろしい。

 

23:14 | comments(2) | -

30周年が来たりて笛を吹く #24「球根」1998.05.02 神奈川県民ホール

パンチドランカーホールツアーさなかの1998年5月2日、神奈川県民ホールの「球根」。この映像はテレビ神奈川のLiveyで放送され、その映像が「ライブ帝国」というDVDに収録されています。片隅に「映像協力tvk」の文字があるのはこのためですね。

 

1998年5月2日はhide氏の命日で、2018年に放送されたSONGSの特集に吉井和哉が出演した際、まさにこの当日のことを語っていた。突然の訃報を会場に向かう途中で聴いたこと、年は上だけれど同志的な心情を抱いていたこと、そしてhide氏が「球根」を高く評価していたこと…「その日のことはよく覚えている」と。

 

そういった背景を知っていても、知らなくても、このパフォーマンスの前にはもはや言葉はいらないのではないだろうか。これほどまでに切実で、これほどまでにこの楽曲が奏でる生と死を、エロスとタナトスを響かせることができているパフォーマンスがあるだろうかと思う。亡くなったひとりのすぐれたアーティストへの想い、長い長い、本当に長いツアーのまだとば口に立ったばかりというこの頃に抱えていた彼自身の、そしてバンドの想いが、こうして20年近くを経た今、画面を通して見ていてもこちらを飲み込むような気迫で迫ってくる。

 

土の中で待て命の球根よ 悲しいだけ根を増やせ…そう歌った後、息を大きく吸い込むときの吉井和哉の眼が、私の脳裏に刻み込まれてしまっている。何度見ても、まるであの世とこの世の端境を見ているような眼だと思わないではいられない。

23:05 | comments(2) | -

ニコ生30時間生特番おつかれさまでした

6日金曜日の15時から7日土曜日の21時まで、THE YELLOW MONKEY 30周年記念30時間生配信というのをニコ生(ニコニコ生放送)でやっていただいておりまして、まあ金曜日からなんで張りついて頭から見るわけにもいかずだったんですが、金曜日の夜と、あと土曜日ラストのメンバーが出てくる前あたり、あとはちょこちょこ思い出した時に今なにやってるかなと覗きに行くというような感じで拝見しました。

 

今回の目玉はなんといってもメンバーご本人登場で、企画のひとつとして「ライヴで聴きたいTHE YELLOW MONKEYの楽曲リクエスト」を募ったりしておりました。いちおうメモったので、発表された1位から10位を書いておきます。

  1. バラ色の日々
  2. 天国旅行
  3. 追憶のマーメイド
  4. 花吹雪
  5. 球根
  6. 空の青と本当の気持ち
  7. NAI(同率6位)
  8. 悲しきASIAN BOY
  9. パール
  10. パンチドランカー

最初に10位から4位が発表になったんですが、アニーにベスト3の予想を聞いたとき、「でもこういうのっていっつも(やる側と)ギャップがあるよね」とポロっと言ったり、吉井が途中で「昔はやってて楽しくない曲もあったけど…」と言いかけ、楽しくないとか言っちゃいけないね!おれもうしゃべんないほうがいいね!と慌てふためき、それをエマが「いやそれはまさに本音ってことでいいじゃない」と助け船を出し、それをまた吉井が「ありがと!いつもありがと!」とおどけてみたりしてて、そういう「ポロっと言っちゃう」空気が楽しかったです。

 

アニーがトップ3に予想したのはWELCOMEだったんですけど、見事にそれは入らず、っていうかSUCKも入らなかったですね。意外。ライヴでやってない曲がこういうアンケートでは上位に来そうな気もするけど、バラ色は必ずといっていいほどやるけど上位に君臨していますね。エマも、以前のベスト盤のアンケートでもトップだったことに触れてました。

 

意外といえば天国旅行が2位に食い込んだことはメンバーにも意外だったようで、吉井は(まあご自身のお気に入りの曲でもあるし)「さすが!わかってる!」とご満悦。アニーも嬉しそうでしたね。追憶のマーメイドはほんっとーに根強い!ライヴでは長いこと(本当に長いこと)日の目を見ることのなかった曲ですが、過去のベスト盤リクエストでも上位になったり、そういうファンの情熱が趨勢を変えた楽曲だなあと思います。あと同率6位のNAIはドラホリツアーで確かやったと思うけど、あんまりやらない楽曲ってことで上位に食い込んだのかな。名曲ですもんね。

 

ちなみに私は"I"に投票したけどかすりもしなかったよ!(しょうがない、しょうがない)

 

いちおう東京ドーム公演に向けたプロモーションの一環(そらそうだ)なので、今までのドーム公演の話も出たんですが、ここまで終えた名古屋と大阪の違いの話になり、吉井がナゴヤドームのときは俺だけトロッコで移動して…という話をして、それがNGだったらしく、そのあと「もうトロッコの話で上層部(誰よ)に怒られると思うと気が気じゃない」と上の空だったのがめちゃくちゃおかしかったです。

 

そうそう、過去のドーム公演で印象深い一曲、をメンバーが選んだんですが、アニーは2017年東京ドームのWELCOME(この人の犬小屋推し…推せる)、エマが2001年東京ドームのASIAN、ヒーセが2019年ナゴヤドームのLOVERS、吉井が2001年東京ドームの真珠色でした。ヒーセは30周年でその誕生日の当日に、ドームという場でTHE YELLOW MONKEYでもっとも古い楽曲をできたのがよかったと言っていて、相変わらず良いこと言うぜぇ〜!と思いました。吉井の真珠色推しも納得。ひとつ大きいステージでやるこの曲の意味合いを愛してるんだろうなーと思います。エマはあのときの紙吹雪の光景にふれ、休止前だったので、切なさもあり…と言っていて、画面のこちら側にいるファンからの「わかる…」の嵐が見えるようでした。

 

時期が時期だけに、メンバーどんな感じなのかなと息をひそめてみちゃうような部分が最初はありましたけど、全員そろって和やかで穏やかで、いつものとおりしょうもないことで盛り上がっていて、笑い泣きになってティッシュを取るエマにモヘアのカーディガン着た吉井が「これでお拭きよ」と袖を差し出したりして和気あいあいそのものでした。もちろん彼らも思うところ、考えるところがないわけないと思うけど、少なくともそういった空気をまったくおくびにも出さずにいてくれたのは本当にありがたかったです。

 

メンバー登場とライヴで聴きたい曲リクエストのほかのコンテンツは、全曲配信、全PV配信にライヴ映像というものになっていて、ライヴ映像は9999の特典だったやつが流れてましたね。あとyoutubeにもあがってるSTORY OF THE YELLOW MONKEYを流してたかな。

 

ニコ生はバンドが解散してたデビュー20周年のときに24時間特番をやってくれたりして、そのときもしっかりお付き合いしましたし、あのみんなのコメントを映像見ながら眺めるのが結構好きな方ではあるんですけど、今は時期が時期だけに、「誰もがすきなようにいろんなこと言う」プラットフォームがちと長時間眺めるにはきつい、という予想していなかった部分もありました。あとこれは致し方ない部分もあると思いますが、制作会社の体力が7年前とは雲泥の差なんだな…というのも、一抹の寂しさと共に感じたりして。

 

ともあれ約1か月ぶりにメンバーの元気な姿を見られたのは何よりの心の栄養剤でした。長時間の特番ありがとうございました!

22:45 | comments(0) | -

30周年が来たりて笛を吹く #23「アバンギャルドで行こうよ」1993.01.26 日清パワーステーション

開口一番の「みんな!アバンギャルドに生きようね」で「カワイイッ」と叫んでしまったことを白状いたします。しょうがない。だってかわいいから。そのあとの「大ヒットするからね」もカワイイですね。さて1993年1月の日清パワステのライヴから「アバンギャルドで行こうよ」です。この日のライヴはLIVE DVD BOXのボーナスディスクにLOVE IS ZOOPHILIAが収録されてますね。見るたびに、「エマがニットの王子さまみたいなやつ」と私のなかではジャンル分けされています。いやほんとにニットなのかどうかわかんないけど、むちゃくちゃインパクトありますよね。しかもそれを着こなしているのがすごい。あのマフラーに巻かれて眠りたいと思ったおなごはどれだけいるのか。まったく罪な男だぜ!

 

公式の紹介文でも「年末といえばこの曲!」と書かれているとおり、吉井和哉がアンコールでアコギを引っ張り出しジャカジャカ鳴らし始める、それが12月28日の風物詩という感じですね。ライヴでこの曲を経験した方はよくご存じのとおり、アバンギャルドに行こうよは「おそそブギウギ」とセットで演奏されるのが恒例。おそその意味は自分で調べてね!お父さんお母さんに聞いちゃだめだぞ!

 

さらにこの曲のアウトロで吉井が「今年のうちに〜!」(今年の汚れ今年のうちに)と叫ぶのも恒例で、いやーこれを聴かなきゃ年は越せないですよね!という感じすらします。いやマジでTHE YELLOW MONKEYファンにとってはクリスマスよりも大晦日よりも12月28日に聴くこの曲ほど「今年も終わるな」感をもたらすものはないと思う。

 

吉井さんの、素肌にジャケットを直で着るスタイルはこの頃よくやってましたね。青年館の追憶の銀幕とかもそうだもんね。表情にも目にもギラッギラッと鋭い光が浮かんでいて、これからのしていってやるというかれの野心が炎となって見えるような気さえします。

22:32 | comments(4) | -