sakura-blossom
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

生まれ変わってもまた会おう

同じ場所でまた会おう。

 

FM802のBINGTANG GARDENという番組に4人がゲストで出て、「9999」リリースを記念して9つのクイズを出し、それぞれの回答が一致するかしないかでシンクロ率を確認しましょうみたいな企画をやってくださってて、んまーものの見事に全9問、かすりもしねえよ!って感じでひとつも全員一致の回答がなくて、まあその全員一致がひとつもないってところがTHE YELLOW MONKEYらしいよねっていう。みんな好き勝手話してて最高に笑えて楽しかったし、ツアーも始まり9999のプロモーションもなんとなくここらで打ち止め、って感じですが、DJの深町絵里さんはこのバンドにひとかたならぬ思いがおありのようで、でも番組中「自分語り」は一切なさらずに時には鋭いツッコミもあって、こういう番組によばれるのも4人の縁だし運だよな〜と思いましたし、日曜日の夜をゲラゲラわらってすごせて最高に楽しかったです。

 

きょうのラジオの中でアニーは「メンバーの中で生まれ変わるなら誰がいい?」って質問に「自分」って答えてて、その理由が「ライヴのこと考えたら他の楽器できないなって思っちゃう。うしろから前の3人を見ているのがすきだから生まれ変わってもあそこがいい。」ってことだったんだけど、この後ろから3人を見ているのが好き、みたいな話は以前もしていて、私の中ですごく印象深いのが、普段(ライブ中の)メンバーの顔は見てないけど、ときどき吉井が気合の入った顔のまま振り向くことがあって、その時はドキッとする、こんな顔をして歌ってるんだなとおもう、って話をしていたことがあったんですよね。今日のラジオでそのアニーの発言をちょっと思い出したりして。

 

で、わざわざブログを書き始めたのはそのラジオのことってよりも、そのラジオの中の発言がすごくアニーらしいなって思ったのと、実は(実はってこともないか)アニーはインタビューとかでむちゃくちゃいいことを言ってくれるんですよねってことが書きたかった。

 

先月発売された「音楽と人」の中のアニーのインタビューで心に残ったところ。

俺、何の才能もないけど、人を見る目があったんだよね。(中略)その引きの強さと見る目でそこまでいけた。でもそれでしかなかったんですよ。THE YELLOW MONKEYが一回成功したことで夢が叶ってしまったし、その先のヴィジョンを何も考えていなかった。それがなくなるなんて、考えてもいなかったしね。

で、2013年にロビンからメールをもらうんだけど、その時は本当にやるかどうかまだわかんなかったんですよ。でもね、そのTHE YELLOW MONKEYでもう一回叩けるかもしれないって光が見えたときから悩みみたいのが吹っ切れたんだよね。それでわかったの、俺はドラマーでもバンドマンでもなく、THE YELLOW MONKEYのメンバーでありたかったんだなって。それが自分のなりたかったものなのかなって。

-「音楽と人」2019年5月号より引用

 

インタビュアーも思わず「いい話ですね」って言っちゃってたけど、ほんと、もちろん「今だから言える」「ここだから言える」話でもあり、でもアニーらしい(この素直さは本当に得難い)なって思うし、そのアニーが見た光は私にとっても光だったんだなーと思ったりします。

 

このインタビュー記事を読んでて思い出したのが、バンドが解散中の、そう、ちょうど10年前ですね。THE YELLOW MONKEYが結成20周年てことで、メカラBOXが出たり、トリビュートが発売されたりといった企画があった中で、ROCKIN'ON JAPANがすでに解散したバンドを表紙にするのは初!という企画で特集を組んでくれたときのことです。そのときにも4人全員に個別のインタビューがありました。インタビュアーは井上貴子さん。

 

私は必要以上に執念深く、しつこいファンだったので、バンドが解散してからも吉井さんをはじめメンバーが雑誌とかで語る内容には極力目を通していたし、その中には今でも諳んじるくらい心に残っているものがいくつもあります。いい言葉だけでなく、ときには傷つくこともあったけど、でもメンバーそれぞれにあのバンドに対して愛情があったことは十分に感じられるもので、それは執念深いファンにとってはありがたいことだったなと、今振り返って改めて思います。

 

なかでも、このときのJAPAN誌上でアニーが答えてくれた内容は、誰かに「こんなふうに言ってほしい」と思っていることをそのまま言ってもらえた、という気持ちがしたこと、文字通り「涙なくしては」見られないものだったことを思い出すし、こういう言葉があったから私はここまでこれたんだなあということを思わないではいられません。

 

いやだからこれ言っていいかどうかわかんないけど、俺、絶対死ねないんですよ。わかるでしょ?そのために生きているわけではないけども、それは俺の義務だし、俺はいつでもドラムを叩けなきゃいけないし。っていうのを勝手に自分に課してるだけかもしれないけど。やっぱりTHE YELLOW MONKEYっていうのは自分の背骨であって、そこで青春を通り越してきて、おかげでそれなりの生活もできて、うん。それがもう半分以上、自分であるからね。勝手に投げ出したり絶対できないし、投げ出したくもないし。だからもうちょっと、そういう意識でもよかったなと思う時期もありますよね。その時の自分はそう思っていたんだろうけども、『いや、もっとだよお前、もっと自覚したほうがいい。THE YELLOW MONKEYの再結成はないにしても、おまえのせいで可能性をゼロにするな』。っていう。それだけはみんな感じてるんじゃない?

-ROCKIN'ON JAPAN 2010年1月・2月合併号より引用

 

このときの雑誌では他の3人にもそれぞれ「バンドをもう一度という可能性」についての問いかけが形を変えてなされているけれど、このアニーの答えは、当たり前のようでいて、でも解散したバンドのメンバーが解散したバンドについて語る言葉としてはあまりにもまっすぐで、だからこそファンにとっては得難いものでした。

 

それだけ愛情深く、生まれ変わってもまたステージのうしろで、フロントの3人を見ていたい、そう言ってくれるひとをメンバーに持てているということは、本当にこのバンドの大きな大きな力のひとつだなあと改めて思わせてくれた今日のラジオでした。

 

01:52 | comments(10) | -

9999プロモーションラジオメモ FM802 & FM COCOLO(2019.03.27)

昨日のFM802とFM COCOLO(どっちも在関西)のラジオ番組に生出演したのを夜中に聞いてメモりながら「今関西にいるってことは明日の視聴会ほんとに全然でないのかな〜?なんか1曲ぐらいやりそうとか思ってたのに〜、そういうの得意じゃん〜(トラとウマを起こす発言)」とか思ってたら。

ら。

1曲どころじゃなかったってよ!!!!!!

全曲生演奏だったってよ!!!!!!!!!

 

いやーやってくれますね。やってくれる。そこにしびれるあこがれる。あとこの間追加公演発表になったけどあの人ら最後の最後まで今の武道館をしがんでしがんでしがみ倒す気満々ですわ。いやそれでこそだよ!!ニューアルバム発売まであと1か月!盛り上がってまいりました!ということで昨日の2番組のメモ書きUPしておきますね。今日この後FM802に視聴会後のインタビューが流れるっぽいのでそれもあとで付け足しておきますね。

 

◆2019.03.27 FM802 UPBEAT!(メンバー4人生出演)◆

・明日の視聴会を控えて今の心境。吉井「うれしいのとドキドキするのとあるよね、リアクションも気になるし。19年も待ったのにこれかい!みたいな。あっこういうこと言っちゃいけない、直さないと直さないと」アニー「いやそれがいいところじゃない」アニーのおさしみ…いややさしみ(今にして思えばそりゃドキドキするだろう!よ!っていうアレ)

 

・アルバムが完成して、できあがってみたらドキュメンタリ色の強いアルバムになっていたことに驚いているし、自分でも発見があるという吉井。「われわれもわかんなかったですもん一度聴きじゃ。ジワジワくる…エマ聴いてた?いま目つぶってなかった?」突然ぶっこまれるエマへのツッコミ。エマ「起きてるよ!いや午前中だから」どういう言い訳よ

 

・吉井「フォーナイン、さいだいげん?さいだいすう?」アニー「4桁の最大数」アニーのおさしみ。もうおさしみでいい。

 

・LAで輝いていた瞬間は?吉井「ヒーセは買い物でしょ」ヒーセ「そこで輝いてどおするんだよお」3人「いや輝いてたじゃん!いい買い物するともう顔が違う」吉井「深呼吸したカエルみたいな顔になってる」エマ「深呼吸したカエルの顔がわかんない…」そうねエマほんとそうね

 

・アニー「ヒーセはバロメーターだからね、ヒーセが元気だとTHE YELLOW MONKEY元気だから」ヒーセ「よかったフォローしてもらえて」なにこの優しい世界

 

・エマの輝いていた瞬間。エマ「これ言っていいのかな?フライングVの…」吉井「どうぞどうぞ」エマ「ぼくマイケル・シェンカーってギタリストが大好きなんですけど、メンバーの知り合いが偶然(マイケル・シェンカーのギターを)持ってて。それを借りることができたんだけど、それでレコーディングしちゃったから」ヒーセ「それは輝きますよねえ!」吉井「結構長いソロをそれで弾いて」曲はBreaking The Hideだそうです。エマちゃんの曲なんだって!

 

・アニーさんがキラキラしてた瞬間は?と聞かれてアニー「ぼくはもうみんながそうやってキラキラしているのを見ているのが楽しくてしょうがないですね」DJ加藤さん思わず「天使…!」

 

◆2019.03.27 FM COCOLO AFTERNOON DELIGHT(メンバー4人生出演)◆

・アルバムタイトル「9999」に込められた思い、という話から「19年前のアルバムが『8』、シンプルに8枚目のアルバムだからってことだったんだけど、そのときは…まだ活動休止は控えてはなかったんだよね、作りながら活動休止になっていっちゃったんだよね、哀しいアルバムだね」哀しいアルバム言うな

 

・ヒーセさん最近お買い物されました?ヒーセ「最近?ドライフルーツ!はまっちゃって」吉井「ヒーセは最近マーシャルを…」ヒーセ「あっそれを言えばよかった」絵に描いたようなてへぺろが見えるヒーセのかわゆさ

 

・ヒーセは最近マーシャルのアンプを買った。吉井「もう耳が遠くなってきたからね、マーシャルがちょうどよくなってきた」言いたい放題である

 

・アニーと吉井は同じジムに行っている。吉井「きのうね、アニーは宙づりにされてましたよ」エマ「でも逆さになるのはいいらしいね?」吉井「逆さにはなってないけどね?」いや宙吊りって言われたら逆さと思うでしょうよ

 

・28日は武道館で視聴会。吉井「すごいよね武道館で。いいのかねそんな使い方して。神聖な場所を」アニー「マジで聴いてみたいよね」吉井「なんで城ホールはないんだっつー話ですよね。じゃあ、次作で!「10101010(テンテンテンテン)」で!」適当極まりない

 

・ツアーの見どころ!トランプのマークに従って4種類のメニューがある、同じライヴではないのでそこを見逃さないでほしい。吉井「もうねえ、(新曲を)生で聴いたらヤバいと思うよ?」アニー「もうリハ始まってるんですけど、新曲のヒーセのベースのドライヴ感がたまんない」ヒーセ「いやいやあなたのドラムに乗っかってこそのですよ」「いややっぱ吉井さんの歌が…」「あと兄貴の…」なんなのこの仲良しバンド!おあとがよろしいようで!

 

◆2019.03.28 ROCK KIDS 802◆

802は在阪のラジオ局なのにこの日に限って渋谷のスタジオからお届けとかいうからええっ!?まさか生出演なの!?とおもったらそんなことはなかったです(いくらなんでもそりゃ働かせすぎ)。しかし!視聴会直後のメンバーインタビューを録って出しで流すという!!すごいなFM802!802とTHE YELLOW MONKEYの蜜月おそるべし!ということでご本人登場の視聴会?試演会?(歌舞伎か)直後のいんたぶーめもです!

 

・視聴会ご本人登場ということで、いつから企んでたんですか?吉井「19年前からです」アニー「このために解散したといっても過言ではない」出ました解散ギャグ

 

・吉井「19年ぶりのアルバムだったので、視聴会はやりたいねって話があって。会場は武道館どうだってことになって、我々にとっても神聖な場所なんで、そこでCD流すってのもどうなのよってことで実際に演奏しようという話になった」前日のインタビュー内容が思い出されますな…アニー、武道館で視聴会なんてすごいよね!聴いてみたいよね!とか言ってたよね…どどどどの口がー!すっかりだまされたー!すきー!(どさくさ)

 

・昨日FM802に生出演頂いて、今日のROCK KIDS 802に出るってこともアナウンスされてたので、関西の皆さん全員「あ〜メンバーは大阪にいるんだな」と思ってたと思います、と言われて吉井「僕なんかね、自分のブログにバス釣りの写真まで載せてアリバイ工作までしてますから」趣味と実益を兼ねたアリバイ工作

 

・だめですね、やっぱライブバカだから…というアニーのうしろで「ライブバカ」「ライブバカ」「ばーか!」「ばーか!」と連呼するヒーセと吉井…バカって言う方がバカなんだぞ!?

 

・視聴会ってことでMCはあんまりしないつもりだったってことも途中仰ってましたけどもと言われて吉井「はい。それが裏目に出ましたね!もう休んで喋ってやらないとだめなんだなって。年も年だから!」アニー「いやお客さんにも大事だと思うんだよね、そういうインターバルというか」アニーどこまで優しいのよ

 

・実際生演奏でやってみてどうでしたか?と聞かれてエマ「いやーやっぱね、新曲もいっぱいあるから、冷静に聴かせよう聴かせようと思ってたけど、実際オーディエンスがいると盛り上がっちゃうところありますね」吉井「エマなんで声枯れてんの」エマ「今日コーラスがんばったから…(*'ω'*)」かわいいが天元突破しとるし、そのエマに「がんばってたがんばってた、ヒーセもがんばってた」と声をかけるアニーのこの天使みがすごい2019

 

その他にも、視聴会だからメンバー向かい合って(客にお尻を向けて)やろうという話があったとか、全員トレーナーとデニムでやろうって話もあったとか、実際演奏してみての新しい気づきはあったかと聞かれてエマが「なんか…すごい奥の方まで見られてる感じある…」とか言って聴いてるこっちが照れるわ!とか、明日はMCを入れてやろう、明日ってどこで!?城ホール!?やるつったらやらないんだろう!ぎゃはははは!とか、なんしか終わった解放感でメンバーのテンション爆高案件すぎました。

 

いやーしかしそれにしても、4/17に向かってプロモーションも佳境というか、どんどん出てくる露出情報。すごい。さすが19年ぶりのアルバム、本気がすごいわ。しかもなんだかんだ、あと2週間で発売ですってよ!奥さん!ひー!待ちきれない!

 

22:01 | comments(0) | -

9999プロモーションラジオメモ FM NORTHWAVE「XROSS JAM」(2019.03.12)

メンバー4人でコメントオンエア。

 

・北海道のラジオということで…といいね!行きたいという声に「北海道に愛人でもいるの?」「愛人はもう各地にいる」「そういうこと言うんじゃないよ!」「愛する皆のためにツアーに行くんだから」「ああそういうこと?」頼む誰か落ち着きの4文字をこの4人にくれ(無理だろ)

 

・吉井「90年代の一番売れてる時はさー、楽屋に純連がきてくれたよね。楽屋純連とカニみそ風呂に入れたら一人前。山本さん(昔からお世話になってるイベンターの方やね)が言ってたよ」ヒーセ「無口になってひたすら(カニを)食べてたときもあったね」吉井「毛ガニを捌きすぎて指が切れて、翌日のギターに響いたっていう」エマ「要注意だね北海道!」無邪気か!

 

・着手が言えず「ちゃしゅ」と可愛く噛んでしまったヒーセ。吉井に冷たく「話の腰折らないでもらえますか?」重ねて「地固めよりも歯固めしてください」誰がうまいことを言えと

 

・吉井「仲が良いことしかうちは取り柄がないので」うへへへへ

 

・台湾で天道虫のMVを撮って数日後にLA行きだったとのこと。ヒーセ「もう成田、成田」吉井「成田三樹夫!」昭和の男よ

 

・吉井「我々スタイルを維持しなきゃいけないのでLAでも食べ物にも気を遣ってて…」エライ!「赤身肉とかサラダとか、大きなスーパー行ってね?自炊したりして。割とコントロールしてるにもかかわらず!美味しいチョコレートや!美味しいクッキーや!美味しいグミやらぱくぱくぱくぱく食べちゃう」えっ…待ってこのオーバー50のおっさんら…KAWAIIが過ぎん…?

 

・エマ「コーヒーにまぜるやつあったじゃん。バニラあじの。あれもうとりこになっちゃった」エマの発言はついひらがなで書いてしまう私であった

 

・映像特典のDVDについて吉井「これがもうすげえかっこいいんだまじめに!おれ毎日リピートして見てるもん」えっすごい!えっホントに?(感心したあとから疑うパターン)

 

・アリーナツアーで北海道に行きます!のあと嬉しそうに「いちばん!食べ物がおいしい!いい時期だしね!!!」確かに北海道は食の王国!!!

 

・北海道のライヴは5/11、5/12。吉井「これは何の日なんですか?」ヒーセ「再集結いっぱつめのライヴが5/11だったから」吉井「再婚記念日みたいな?あんまり言わないけど。いや違うわ再婚初夜か」アニー「再婚記念日は1月8日だ」吉井「離婚記念日もほぼ1月8日みたいなもんだ。いや7月7日か」テメエその解散ジョーク…と思ってたらエマさまの「結構初夜まで時間あったね?」のひと言があっておあとがよろしいようで!!!

00:42 | comments(2) | -

9999プロモーションラジオメモ J-WAVE SELLECTION(2019.03.11)

吉井さんがご自身のモバイルで「取材爆盛り」と書かれてましたが、ここから先もうラジオのコメントだ雑誌だ地上波だ(あるの?)なんだかんだと大波小波がざんぶざんぶと寄せられることは想像に難くない!そのすべてについていけるとは到底思えませんが、今やradikoでエリアフリーとタイムフリーをかけ合わせれば大抵のラジオをエアチェックできる時代、せっかくの19年ぶり!のTHE YELLOW MONKEYのアルバムのプロモーションなんだからしがんでしがんでしがみ倒しておきたいものよのうということで、プロモーションで見聞きしたこととかをちみちみ記録しておこうかと。

 

いや、というのも日曜日にオンエアしていたJ-WAVE SELLECTIONが思いのほか濃厚こってりで、私の「これどこかに残しておきたい」欲がボウボウメラメラと…わるい癖だぜ…でもそれでこのブログ生き残ってきたからさ…という自問自答。以下ラジオでの吉井さんの発言を中心に書き起こしたものです。ちょっと発言を再構成している部分があります。

ーまず思い浮かべていたのはライブやもちろん作品作りも含めて、総合的にTHE YELLOW MONKEYを同じベクトルで進めるって感覚ではあったんですか。

 

「えとまず僕が思っていて伝えたかったのは、別に名前はTHE YELLOW MONKEYじゃなくてもいい。きみたち4人とやりたいんだと。それがまず先にあったので、過去の楽曲なんか別にもうどうでもいいし…って贅沢な、もったいない話なんだけど、心意気としてはね?新バンドをきみたちと作りたいから、どこでやりたいとかそうことじゃなくて、とにかくもう一度俺とバンドをやってくれないかと。バンドをやるには君たちがベストだと、君たちが宝だということをまず伝えたかった。ちょっとクイーンの映画みたいだね?

だからまあボヘミアン・ラプソディも見ましたけどメンバー全員。みんなもう号泣してて、マスクの中が加湿器みたいでしたもん。いや身につまされるなんていったらおこがましいですけど、もう我々にとっては痛いほどわかる話なわけですよ。パンドラ、オトトキ以上に我々のドキュメンタリー映画なんじゃないのぐらいな。」

 

ー15年の間のTHE YELLOW MONKEYという存在との距離感はどういうものだったんですか。

 

「最近思うんですけど、僕ら4人はロックの憧れがすごく強くて、ちょっと日常的じゃない恰好をしたロックバンドに憧れてバンドを始めて、日常的じゃないことをしたくて曲を作って世界観をアピールして、だからやっぱりロックミュージシャンとかロックンローラーとかロックスターになるためのツールというか、もっと言うと変身ベルトみたいな、ロックミュージシャンになるためのツールだったんですよ、THE YELLOW MONKEYが。それで2001年の実質最後の東京ドームでそのベルトを奪われちゃった。奪われたというか、ぼくの中で振り返るとそのときロックバンドというものが機能しなくなった時代ではあったんです。4人で生のライヴで演奏するというのがその時の流行りじゃないというか、ドラムをエディットしたりヒップホップが入ってきたり、ロックバンドがロックバンドでいることが恥ずかしい時代に感じていて、そういうところでTHE YELLOW MONKEYを続けていくことがつらかったっていうのもあって、そこでぼくはボタンを押しちゃった。一回ナシにしたい気持ちがあった。

 

そんな中で時の試練としてほそぼそと活動するのが本当はかっこいいんだけど、やっぱり周りの大人もそうはさせてくれないし焦る人もいるし、いやいやバンドなんだから色んな時期があるし色んな季節があるから、別に今の時代食っていけなくてもいいじゃん!ってみんなが共通して決めれなかったのかもしれないね。

 

我々はロックゆとり世代だから、90年代に成功しちゃって、だってものすごい巨額なものが入ってくるでしょ?100万枚簡単にCDが売れたりだとか。今ありえないから。その代わり2000年以降、特に今の若いロックバンドの子たちってすごくフレキシブルだし、自分のコラージュとしていろんなものを吸収して音楽として表現してるじゃないですか。それはそれですごくうらやましく見えるんですけど、でもロックの莫大な夢と希望みたいなものを知ってる世代でもあるからつらかったというか。

 

4人バラバラだとどこにでもいる普通の人間、でもTHE YELLOW MONKEYがこの4人で集まるといろんなものが味方するんですよ、昔から。」

 

この、ロックバンドというものが時代に有効なものではなくなった、という趣旨の発言は、わりとそれに近いことを解散前にもしていたことがあって…というか、私は今でも吉井さんが「古くさく見えた」と言ったときの憤怒の感情を忘れてないんだけど(しつこい!お前はしつこい!)、時間が経ったからこそ当時の感情をかなり距離をおいて冷静に振り返っていらして、ご自分の中でも整理できたところがあるんだな〜と。

 

そこから「そこでほそぼそと活動するのが本当はかっこいい」でも「それができなかった」というあたりがね、いやーなんとも、苦しい気持ちを感じないわけじゃないけど(何しろトラとウマが寝ない寝ない)、でもわかるなぁ…という気持ちにもなったりしてね。これが歳月ってやつなんですかね。

 

番組ではまたも吉井&アニー、エマ&ヒーセの組み合わせで、わちゃわちゃ年下組とほんわか年上組のトーク楽しかったです。アニーと吉井は再集結とっぱちの代々木の話もしていて、人間の口の中ってあんなに乾くものなのか!!とふたりであのときの緊張ぶり熱くふり返っておられました。

 

あとボヘミアン・ラプソディのくだりはね、聴きながらそうでしょう!!!!そうでしょうとも!!!!!と私は首を縦に振りすぎてもう痛い、首が。リッジファームでのそれこそ「最高だね、これがずっと続けばいいね」的風景だったり、あのソロを言い出す空気、もう一度自分とバンドをやってくれと持ち出す場面、あとライブエイドでドラムを囲むように立つシーンとか、いやこれ思い出さずに見るの無理ゲーですがな!!!って感じでしたもんね。ご本人たちの口からそのことが聞けてよかったです(笑)。

21:45 | comments(2) | -
1