sakura-blossom
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 | - | -

30周年が来たりて笛を吹く #30「未来はみないで」2020.02.11京セラドーム大阪

30 memorable shows of 30 years、その名の通り30周年になぞらえた30回のシリーズ企画だったので、今回で最終回。東京ドーム公演が延期(もしくは中止)となってしまったので、この企画もどうするのかな、30回と言わず続けてくれてもいいけどな…とひそかに思っていたが、最初の企画の趣旨通り、30回でピリオドが打たれることに。

 

というわけで今回はバンドの最新曲「未来はみないで」。この最終回が4月10日ってことを考えても、おそらく本来なら東京ドームの映像が使われるはずだったんだろうなあ…などとおもう。今回の映像は京セラドームのもので、先日Love musicでも同じ映像が放送で使用されていた。

 

この楽曲をめぐるエピソードとして、2016年の再集結第1弾として用意されていたけれど、直前にできあがったALRIGHTが第1弾の椅子に座ることになった…という話が明かされているが、しかし今のこの状況、つまり世界中が明日をもしれぬ運命の嵐のただ中におり、何もかもが不確かなこの時に、最新曲としてこの楽曲が世に出たのは、運命とひとことでは済ませられないような、なにかこのバンドのもつ引力めいたものを感じないではいられない。

 

「未来」を「みないで」とする語感だけをとらえると、ややもすればネガティブなイメージになりそうな気もするし、これを再集結第1弾に?と思うと若干センチメンタル成分が多いのでは…という感じがするが、個人的にはこのタイトルを聞いたとき頭の中で連想したのはオーデンの「見る前に跳べ」という詩である(私が知ったのは大江健三郎からですが)。Look if you like, but you will have to leap(好きなだけ見ていてもいい、だがきみは跳ばなければならない)。「跳ぶ」前にいろいろなことを…それこそ、彼ら自身にしかわからないいろんなことを考えたであろうことを想うと、この曲を再集結第1弾の楽曲として候補にあげたのも、わかるような気がしてくる。

 

この京セラドームでの演奏は文字通り人前での「初出し」演奏で、かつてメカラウロコや、パンチドランカーツアーの終盤などで、「ライヴの最後にいちばん新しい今の自分たちを見せる」ことをよくやっていたバンドの空気が感じられる。初出しならではの丁寧さが楽曲を彩っていて、とてもよい。

 

吉井和哉はかつてソロのアルバムリリース時のインタビューで「アルバムの最後の言葉がいちばん言いたいこと」と語っていたことがあるが、シーズン2の最後の言葉がいま、彼のいちばん言いたいことなのかもしれない。この言葉で楽曲が締めくくられていることに、やはり、このバンドのもつ引力のようなものを強く感じる。「また会えるって 約束して」。

19:25 | comments(2) | -

30周年が来たりて笛を吹く #29「審美眼ブギ」1993.08.17 日清パワーステーション

日清パワステ、THREE DOG NINGHT最終日のドーベルマンDAYから「審美眼ブギ」いただきました!こんなんなんぼあってもいいですからね!この日の映像は20周年のときにBSフジ(フジNEXT)が製作した「メカラウロコ20・完全版」で、この日のみの登場となった「ジョアンナ」の「最後のワンピース」の映像をちらっと拝見したことがあるくらいで、この審美眼ブギはまるっと初お目見えな気がします。おれ いえろーもんきーの みたことないえいぞうみるの すき…(そうだろうよ)

 

紹介文にもあるとおり、この曲はメディアへの痛烈な風刺をこめた作詞が印象的な曲なんですよね。「キリンの首をちょん切って馬にする」…って、まさしくマスメディア!「審美の目玉が割れてるよ」「あんたの批評が大好きさ」ああ、たまらん。特に最後の、「ライター!リスナー!DJ!I’m gonna suck you!」のときの吉井のキレッキレのまなざしは披露される年代を問わず共通していて、この曲を作った当時の叩きつけるような情熱を感じさせるところ。それにしてもこの頃の吉井さんの美貌、すごいね。

 

「長さは50.56センチ」が1stアルバムのトータル・タイムになっているのは、再集結当時に公式が企画した「TYMS検定」(すでに懐かしい)でも設問にとりあげられてましたね。

 

しかし、予定ではこの企画、あと1本で終了となるんですが、今回が審美眼ブギだったのは最初から決まっていたのかな。この曲の最後で吉井さんが東村山音頭の志村けんさんのギャグ(ワーオ!)をやるのが恒例だったりしたので、そういうささやかな献花的な意味合いもあったりするのかな…とちょっと思ったりしました。

23:39 | comments(0) | -

30周年が来たりて笛を吹く #28「WELCOME TO MY DOGHOUSE」2001.01.08東京ドーム

解散前最後のライヴ、2001年1月8日東京ドームのラストナンバー。ここでは入っていませんが、この曲に入る前に吉井がアコギで発売前だった「プライマル。」の一節を弾くところがTHE YELLOW MONKEY LIVE AT TOKYO DOMEのDVDでは確認できます。

 

この段階ではあくまでも「休止」でしたのでファンは「これが最後」という聞き方をしていなかったですし、解散を発表したあとの東京ドームでJAMをやっているので、厳密にいえばこれはTHE YELLOW MONKEYの解散前最後の1曲、ではないと言えるんだけど、あとから振り返ればこのWELCOME TO MY DOGHOUSEこそがTHE YELLOW MONKEYの最後の1曲だったんだなと思いましたし、この曲に始まり、この曲に終わる、というのがこのバンドらしいところだなと思ったことを思い出します。実際、2017年の東京ドーム公演のときに、この曲で幕開けを飾ったのも、ご当人たちにもその意識がおありになったからではないでしょうか。

 

私はこの曲を「犬小屋」という愛称で呼ぶのが大好きなんですけど、文字通りバンドの誕生の時からずっとライヴにおける「極め付き」の1曲の座を譲らずにきた楽曲ならではの貫禄が大好きです。この楽曲をやっているときの彼らは、天井知らずにかっこいい。どれだけカッコよさを積み上げても、必ずこの曲でそのカッコよさの最高到達点を超えてくる。

 

2019年8月6日に行われたLa.mamaでのスペシャルライヴでも最後の曲はこの犬小屋でしたが、この曲の歌詞「華やかに見える道化師の黒い見世物小屋へようこそ」はまさにあの低い、黒い天井を見ながら歌うためのものとおもえるし、それをもっとも大きなハコである東京ドームで同じように「ここから早く出たいよ」と歌って絵になるのが、本当にこのバンドのドラマチックなところだなと感心してしまいます。

 

来月の東京ドームは延期にむけて調整中となりましたが、またいつかこの極め付きの楽曲をあの場所でぶちかましてくれることを信じて待っています。

22:09 | comments(0) | -

30周年が来たりて笛を吹く #27「ネバーギブアップ」2000.08.06石川県森林公園

でました!公式の紹介文にもあるとおり、今まで2回しかライヴで演奏されたことのない、それも解散前のフェスでやったきりという、超レア楽曲「ネバーギブアップ」。ちなみにこの時はタイトルも決まっていなかったと思われ、後日発売されたロッキンオンJAPANに掲載されたセットリストでは「MTV」というタイトルで載っていました。

 

楽曲自体は解散前ラストシングルで、休止のドーム公演後に発売された「プライマル。」のカップリングですから、当然、ここにいる観客の誰ひとり、この曲を知らない。そして今回この映像が陽の目を見たことで明らかなとおり、楽曲自体も生まれたてのほやほや感がすごい。2016年に再集結したとき、同じくロッキンオンJAPANのインタビューで「(フェスで)歌詞うろ覚えのやつとかやんないですから!変な新曲のカップリングとか交ぜないからだいじょぶです!」と吉井が言っていて、おまえはどこのネバーギブアップの話をしとるんや…と思ったもんでした。

 

ポップヒルの方がひたちなかよりも1週間早いので、この時がアニー短髪のお披露目だったのかな。以前吉井が休止前のライヴでのエマのことを「武士みたい」とたとえたことがありましたが、こうしてみると全員にその空気がありますね。DJブーンもステージ上にいてリアクションしてくれているのがわずかな癒しといったところ。

 

歌詞が発売されたものと大幅に違うので、これはオタクにはたまらないやつだし、貴重資料!という感じ。とくにこの部分

「どうせ男は足りないから欲望にただ敏感だ それで女は悲しいから思い出だけが肝心だ」

「どうせ男はかよわいから欲望にだけ敏感だ だけど女は図太いから思い出だけが肝心だ」

吉井節!という感じですばらしい。思わずメモりました。それにしてもクッソどえろい歌詞ですね。「あたしもうダウン」のときの吉井のエロさ、なんか法律にひっかからないですか。大丈夫ですか。発売されたものも相当ヤバイけどこのほぼ仮曲みたいな状態はさらにヤバイ。いやーレアなものをありがとうございます!

20:09 | comments(2) | -

30周年が来たりて笛を吹く #26「ロザーナ」2017.12.10東京ドーム

2017年の東京ドーム2days公演から、ドーム公演に向けてリリースされた「ロザーナ」。BIG EGGのDVDにも収録されております。東京ドーム公演に向けての映像ドロップって感じでしょうか。

 

この30memorableのシリーズも残り今回入れて5本ですが、毎回、どんな映像があがっても決まって思うのが「吉井和哉の髪型の変遷の激しさ」と「ヒーセの安定の変わらなさ」。そうでしたあの頃こんな髪型だったんですね吉井ちゃん…今見ると新鮮…!加えて、文字通り「ハレ」のドーム公演ということもあって全員のお衣装がゴージャス&ゴージャス。全員がこんなにも派手な衣装を着こなして似合うってほんとすげえな!?

 

ロザーナは吉井ちゃんのタンバリンプレイ(正しくプレイ)が拝めるという点でもいい曲ですよね。どこかの雑誌のインタビューでTHE YELLOW MONKEYに新しいボーカルが…みたいな冗談話の流れで「そうなったら歌うの?」と聴かれて「いやタンバリン(をやる)」と仰ってたぐらいだからきっとご本人もおれとタンバリンは一心同体ぐらいに思ってらっしゃるかもしれません(そこまでか)。

 

さて、どうなるんでしょうね東京ドーム。積極的に口にするひと、そこはあえて触れないひと、やってほしいと思うひとやるべきだと思うひとやるべきじゃないと思うひといずれにしても早く決めてくれと思うひと、きっと参加する人数の分だけ事情があって、だからこそ意見もわかれるしぎりぎりの折衝が続いていたりもするんでしょうね。今は開催するかしないかというフェーズだけれど、開催するとなれば次はわたしたちに行くか行かないかという決断のフェーズがやってくる。難しい話です。どういう方向になろうとも、誰かを、何かを責めたりしないこと、自分が正義の側に立ったつもりになって、誰かを何かをジャッジして言葉の刃を振り下ろしたりしないこと、今のところ私が決めているのはそのふたつだけです。

00:21 | comments(4) | -

30周年が来たりて笛を吹く #25「SO YOUNG」1999.03.10 横浜アリーナ

1999年3月10日、今からちょうど21年前の今日、パンチドランカーツアー最終日の横浜アリーナでのラストナンバー。文字通り、113本を締めくくった楽曲である。「3.10横浜アリーナ」のDVDにももちろん収録されている。

 

思い出がありすぎて…と言葉にすれば途端に陳腐に聞こえるような話だが、私にとってこのパンチドランカーツアー最終日、3月10日、横浜アリーナ、という単語の連なりにはどうしても思い出がありすぎて、この映像を客観視してああだこうだと語ることはできそうにない。後年彼ら自身の口からこのツアーについて語られた決してポジティブなものばかりではない想いも十分知っているし、懲役のようだったとまで言われたことや、このツアーによって確実にバンドの中の何かが疲弊し、それがひとつの引き金だったのでは、というのも、当時のファンは少なからず考えたことがあるだろう。今振り返って、この時の彼らの姿に何を感じるのか、疲れている、切ない、そうした想いを抱く人も少なくないだろう。

 

でも私はこのとき、楽しかった。私はこのツアーに夢中で、心の底から入れあげていて、傍目にみればとち狂っていると言われてもしょうがない温度で熱狂していた。私の思い出はそういう思い出だ。その気持ちをすげ替えるつもりはまったくない。そしてそういう思い出だからこそ、このツアーのタイトルの通り、自分たちこそがファンの愛情という拳で彼らを疲弊させていたのではないかという思いが、多分この先も消えることはないだろうと思う。

 

しかし、もう二度と聴くことはできないだろうと思っていた、パンチドランカー、離れるな、そしてこのSO YOUNGと、このツアーを象徴する楽曲がまたふたたび現在の彼らの手によって演奏される未来にいま自分がいることに心底驚く。きっと10年前の自分にこのことを言っても、一笑に付したにちがいない。

 

名づけというものは本当に恐ろしいもので、パンチドランカーというタイトルはまさに名は体を表すものになったわけだけど、「パンドラ」というその略称のとおり、いろんな災厄がその箱から飛び出したとしても、箱のなかには「希望」が残っていたのだから、やはり、名づけとはおそろしい。

 

23:14 | comments(2) | -

30周年が来たりて笛を吹く #24「球根」1998.05.02 神奈川県民ホール

パンチドランカーホールツアーさなかの1998年5月2日、神奈川県民ホールの「球根」。この映像はテレビ神奈川のLiveyで放送され、その映像が「ライブ帝国」というDVDに収録されています。片隅に「映像協力tvk」の文字があるのはこのためですね。

 

1998年5月2日はhide氏の命日で、2018年に放送されたSONGSの特集に吉井和哉が出演した際、まさにこの当日のことを語っていた。突然の訃報を会場に向かう途中で聴いたこと、年は上だけれど同志的な心情を抱いていたこと、そしてhide氏が「球根」を高く評価していたこと…「その日のことはよく覚えている」と。

 

そういった背景を知っていても、知らなくても、このパフォーマンスの前にはもはや言葉はいらないのではないだろうか。これほどまでに切実で、これほどまでにこの楽曲が奏でる生と死を、エロスとタナトスを響かせることができているパフォーマンスがあるだろうかと思う。亡くなったひとりのすぐれたアーティストへの想い、長い長い、本当に長いツアーのまだとば口に立ったばかりというこの頃に抱えていた彼自身の、そしてバンドの想いが、こうして20年近くを経た今、画面を通して見ていてもこちらを飲み込むような気迫で迫ってくる。

 

土の中で待て命の球根よ 悲しいだけ根を増やせ…そう歌った後、息を大きく吸い込むときの吉井和哉の眼が、私の脳裏に刻み込まれてしまっている。何度見ても、まるであの世とこの世の端境を見ているような眼だと思わないではいられない。

23:05 | comments(2) | -

30周年が来たりて笛を吹く #23「アバンギャルドで行こうよ」1993.01.26 日清パワーステーション

開口一番の「みんな!アバンギャルドに生きようね」で「カワイイッ」と叫んでしまったことを白状いたします。しょうがない。だってかわいいから。そのあとの「大ヒットするからね」もカワイイですね。さて1993年1月の日清パワステのライヴから「アバンギャルドで行こうよ」です。この日のライヴはLIVE DVD BOXのボーナスディスクにLOVE IS ZOOPHILIAが収録されてますね。見るたびに、「エマがニットの王子さまみたいなやつ」と私のなかではジャンル分けされています。いやほんとにニットなのかどうかわかんないけど、むちゃくちゃインパクトありますよね。しかもそれを着こなしているのがすごい。あのマフラーに巻かれて眠りたいと思ったおなごはどれだけいるのか。まったく罪な男だぜ!

 

公式の紹介文でも「年末といえばこの曲!」と書かれているとおり、吉井和哉がアンコールでアコギを引っ張り出しジャカジャカ鳴らし始める、それが12月28日の風物詩という感じですね。ライヴでこの曲を経験した方はよくご存じのとおり、アバンギャルドに行こうよは「おそそブギウギ」とセットで演奏されるのが恒例。おそその意味は自分で調べてね!お父さんお母さんに聞いちゃだめだぞ!

 

さらにこの曲のアウトロで吉井が「今年のうちに〜!」(今年の汚れ今年のうちに)と叫ぶのも恒例で、いやーこれを聴かなきゃ年は越せないですよね!という感じすらします。いやマジでTHE YELLOW MONKEYファンにとってはクリスマスよりも大晦日よりも12月28日に聴くこの曲ほど「今年も終わるな」感をもたらすものはないと思う。

 

吉井さんの、素肌にジャケットを直で着るスタイルはこの頃よくやってましたね。青年館の追憶の銀幕とかもそうだもんね。表情にも目にもギラッギラッと鋭い光が浮かんでいて、これからのしていってやるというかれの野心が炎となって見えるような気さえします。

22:32 | comments(4) | -

30周年が来たりて笛を吹く #22「Foxy Blue Love」1992.07.30 渋谷ON AIR

前回から一気に時を遡りましてこれまたかなり初期のレア映像でございます。この渋谷ON AIR(この時まだEASTついてなかった)でのライヴはテレビ神奈川のLIVE TOMATOで一部放送されたことがありますね。本当にテレビ神奈川(とテレビ埼玉)はTHE YELLOW MONKEYレア映像の宝庫だね!

 

オタクの性として、THE YELLOW MONKEYにハマりたての頃、目の色を変えて過去映像の蒐集に血道をあげたわけですが、あまりにも短期間に大量の映像を集めたため「なにがなんだかよくわからなくなる」とこれまたオタクあるあるの現象が当然起きたわけですね。で、当時はVHS(!)だった映像をDVDに焼くときに、番組名とか曲名だけじゃなく自分でどのライヴかわかるようにメモを付け加えてたんですが、このLIVE TOMATOにつけたメモが「エマの服が妖精」だったという。

 

改めて見てもエマの衣装、いつシェイクスピアの夏の夜の夢の妖精パックでございといいだしてもおかしくない(んなこたない)ファンタジーぶりですごい。襟だけじゃなく、袖にもひらひらがあしらわれているのがまたすごい。でもこれよく見ると、エマだけじゃなくてメンバー全員それこそ「クセがすごい」衣装ばかりですよね。もう個性メーター振り切ってる。ヒーセもヒーセで頭のてっぺんからつま先まで組み合わせが濃厚すぎる。

 

私はFoxyが大好きで目の中に入れてもいたくないほどかわいいんですが、最新のライヴでも27年前のこのライヴでも全く変わらないグルーヴ感があって、つまりこの頃からほぼ完成形、というようなところに到達していたんだなと思います。「人格を殺し仮面をつけて」へ至る楽曲の展開、何度聴いてもゾクゾクしますね。後年はこのアウトロにSLEEPLESSのイントロが繋がり、タンバリンが飛んでくる…というのも、ファンにとっては大好物の展開。

 

この日の吉井さんはちょっと声が焼けていて、いつもよりもがなるような歌い方になっているのがまた新鮮。いまはこういう歌い方しないもんなあ。そういうねじ伏せるようなやり方は、確かにこのときの彼らの若さをあらわしているよなあと思います。

15:01 | comments(0) | -

30周年が来たりて笛を吹く #21「悲しきASIAN BOY」2019.12.28ナゴヤドーム

撮りたてほやほや未公開!昨年末にナゴヤドームで行われた30th Anniversary DOME TOURより、オーラスの「悲しきASIAN BOY」がご登場です。いやーこの企画が始まった時にさ、折角未公開映像出していく場所があるんだから、ドームのライヴ映像をすぐその場で公開とかしたらいいじゃんって思ってたんですよ。だってさ、観客の心理として、「そのライブの映像を一番欲しているとき」ってライヴを見た直後じゃない?と思っていたら!これだもの。仕事できるね!公式!

 

さて楽曲はもはや何を語ることがあるというのだろう、文字通りTHE YELLOW MONKEYにおけるライヴのド定番、私にとってのTHE SONG OF THE YELLOW MONKEYである。本当に、実際に数を数えたわけではないけれども彼らのライヴでもっとも演奏された曲ではないかと思うし、本編ラストだったり、オーラスだったり、ともかく「最高潮!」というときに演奏されることがほとんどなのも、この楽曲のすごいところ。

 

長年にわたってライヴ経験値を積んでいる楽曲なので、いわゆるライヴでの「お約束」が多い。観客側からするとサビのワイパーとラストのコールぐらいだが、「THE YELLOW MONKEY」の電飾に始まり、冒頭の特効、イエッサー!での敬礼、吉井の拳を振り上げる動き、「牙を立てる」で吉井が胸をかきむしるところ、匍匐前進、貴様と俺とは同期の桜、ラス前でのエマとヒーセがセンターで寄り添うところ…と、文字通り枚挙に暇がない。これが武道館になると「日本国旗に敬礼を」が冒頭に差し挟まれたり、「暁に目を向けて」と歌ったりするし、ドームでこの曲といえば…紙吹雪でしょう!ということで、この日も盛大にきらきらと銀テ金テが降りそそいでいる。

 

ちなみに、この日は珍しく、ASIANでのお約束中のお約束の「介錯」をやっていない。夢よ飛び散れ花となれ、のあと、首を落として、それを高く掲げるのも、この楽曲のお約束のひとつ。

 

この日のラストの曲なので、50オーバーのメンバー全員が約3時間のライヴをやったところだというのに、エマやヒーセの前を文字通り失踪する吉井だったり、最後にドラムをぶっ叩くアニーだったり、もちろんエマもヒーセもゴリゴリに元気でピカピカに輝いている。本当に客前であればあるほど輝くひとたちだよなあとおもう。

 

これは完全なる蛇足ですけれど、バンドが解散している間、吉井和哉は自身のソロ活動のなかでバンド時代の楽曲をやる機会が少なからずあったが、この悲しきASIAN BOYはその中には入らなかった。再集結初日の代々木でのライヴで、ついにこの曲を聴けたときの「本当に帰ってきた」という胸をつらぬくような感慨を、今でも鮮明に思い出します。

23:20 | comments(4) | -