sakura-blossom
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

全曲感想途中経過にあたってのメモ

さて、「恋の花」をもちましてYOSHII LOVINSONならびに吉井和哉名義の曲に関する全曲感想、すべて終了いたしました。いたしました、はずです(笑)えーおめえアレやってねえじゃん、ってやつがありましたらこっそり教えてください、こっそり追加します、ってこれ前にも言ったな(笑)

さて、このソロに関する全曲感想についてほんの少し補足というか、メモというか。実は、といいますかそれとなく感じ取っていた方もあるかと思いますが、THE YELLOW MONKEY全曲感想を書き終わった時点では、このソロに関する全曲感想を書くつもりはありませんでした。理由は簡単、彼個人の名義によるソロの楽曲たちは、今まさにこれからボトムが下がっていく曲たち、「今競技中」の曲たちだからです。以前実施したアンケートでいちばん多かったコメントは「ソロの全曲感想もぜひ」という涙が出るほどありがたいお言葉でしたが、その時点では、私はソロの全曲感想はちょっと無理かもな〜と思っていたのです。

それがどうして、ということですが、それは一言で言ってしまえば「友情の発露」ということになるのかもしれません。以前エントリでもあげましたが、THE YELLOW MONKEYに関する全曲感想を本にして私に贈ってくれた友人たち、彼女らのお誕生日に贈る「お返し」に頭を悩ませたあげく出た答えが「本には本で」。せっかくなら、まだ誰も読んだことのない本にしよう、そうしよう、じゃあ、書いていなかったソロの全曲感想を収めた本にすればいいじゃないか、そんな、まさに「ひょんなきっかけ」でした。

これを書いたのは2007年の12月の吉井武道館前から、DHMTが始まるあたりにかけてです。なので、微妙に感想がアップデートされていないな、というものもあったかと思います。そのあたりはやはり、「今競技中」の曲ならではの難しさでした。人間は日々変化し、それにつれてその心の中の曲の立ち位置も変化していく。それを書き留めるという作業は確かに難しくはありましたが、これから起こる未来へ思いをはせるきっかけにもなり、やはり、やってよかったなと思います。

とはいえ、私の書く「全曲感想」は本当にこれが最後です。このあと、吉井さんはさらなる素晴らしい楽曲、いてもたってもいられなくなるような、艶やかなロックを奏でていくと思いますし、それを確信していますが、それに対する思いをまたこのような形でまとめることは多分、ないでしょう。これは私の思い込みかもしれませんが、私のこの「全曲感想」というスタイルは、すでにピリオドが打たれた曲にこそ有効であったような気がするのです。そして私は、彼の生み出した素晴らしい楽曲たちに、できることなら永遠に、ピリオドなんて打たれないでほしいと願っているのです。

だから、全曲感想を完走したとは言いません。これは途中経過です。
永遠に途中経過。
それもまた、吉井和哉さんらしいのではないでしょうか。

地味な更新を、ずっと読んでくださった方、気にかけてくださった方、楽しみにしてくださった方がいたら、おつきあいありがとうございましたとお伝えしたいです。心からの感謝とハグを。そして吉井和哉さんにも、心からの感謝とハグを!

本当にありがとうございました!
00:01 | comments(16) | trackbacks(0)

恋の花

39108 (初回限定盤)(DVD付)
39108 (初回限定盤)(DVD付)

39108収録。
THANK YOU YOSHII KAZUYAツアーのアンコール1曲目で、この曲の前のMCでひとつネタ(ネタいうな)をご披露するのが恒例でした。DVDのDisc2に、その名も「恋の花MCコレクション」として全会場分が収められていますが、中にはカメラが固定で映像引きっぱなし、みたいなものもいくつかありますので、その隠し撮り感も含めてご堪能あれ。

ツアー当初は、普通にやっていたのだが、途中から「日本の客はバラードになるとすぐしんとする!」などと妙なことを言いだし、合間合間にイエー!とか叫ばせていましたが、はっきり言って邪魔でした。

もともとは「踏みつぶしたい恋の花」というような、サディスティックな歌詞だったそうで、そっちのバージョンも聞いてみたいような気もします。

39108初回限定版(まったく39108はフォーマットややこしくて嫌)、のドキュメンタリDVDでは、吉井がソファに座ってこの曲を弾き語りしている(音はCDですけど)映像があって、これって恋の花のPVじゃね?ぐらい完成度が高い。実際、なんかちょっとうるっときた私です。

あなたと見ていた景色の色や
音も匂いもわたしの明日
23:52 | comments(0) | trackbacks(0)

欲望

WHITE ROOM
WHITE ROOM

WHITE ROOM収録。
もともと曲自体は1stの頃からあったらしいのだけど、at the BLACK HOLEには入らず2ndにスライド。ドラムのジョシュ・フリーズもお気に入りの1曲らしい。

at the WHITE ROOMのツアーの時、一番前のブロックで見ていましたが、この曲になった途端に殆どモッシュかと思うような激しい動きがあって慌てて集団から離脱。でもこの曲はそれぐらい客も激しくアピールするのが似合っていると思う。スタンディングのライブでは男子の諸君に頑張って貰いたい!と思う曲ですね。

すっごく好きだし、何よりカッコイイし、こういう曲こそフェスとかでどんどん織り交ぜていって欲しいなあ、なんて思います。

脂ぎってギラギラ傲慢で
コレステロールがいっぱいだ

22:04 | comments(0) | trackbacks(0)

発光

WINNER
WINNER

WINNERのカップリング。
これを書いている現時点で、いまだにライブでのご披露がない。
歌詞は凄くいいので、ライブで聴きたいなあ・・・とも思うけども、できればその前に録り直した音源(があるなら)で聞かせてみてくんないかなー、と思う曲でもある。
CDの音の感じが、どうもいやなんですよね。

ライブでやったら絶対かっこいいと思うので、まあいつかやってくれるだろう!と期待して待っています。

これで終わりじゃない
歌い続けてたい
春に開いた花のように
強い色でいたい

00:30 | comments(0) | trackbacks(0)

人それぞれのマイウェイ

39108 (通常盤)
39108 (通常盤)

39108のオープニングナンバー。
吉井さんご自身はBELIEVEの歌詞がお気に入りだと言っていましたが、私がこのアルバムの中で一番歌詞が好きなのはこの「人それぞれのマイウェイ」。相当に完成度の高い言葉で綴られていると思うし、字面ではそうとは思えなくても、口に出したときにどんぴしゃではまる感じがする、このしっくり感も大好きです。

夏フェスツアーではオープニングを、THANK YOU YOSHII KAZUYAツアーでももちろん披露されていました。「オーライオーライと言った ほんとに俺はオーライか」を、DVDになっている12月28日の公演の時は普通に歌っていますが、27日の時は「頂戴頂戴と言った ほんとに俺でオーライか」とエロ親父バージョンに。ドキュメンタリの方にもこの曲のリハが映っているのですが、ピー音で消されていて何を言ったのか謎のままです。すくなくとも、頂戴頂戴レベルのエロさじゃないってことですね(笑)

3年前から平凡な人生がいいと思った
人間の道はいろんなルールやモラルがあるから
23:37 | comments(2) | trackbacks(0)

上海

シュレッダー
シュレッダー

Hummingbird in Forest of Space収録。
アルバムリリースの前に「シュレッダー」のカップリングとしてリリースされ、そちらには同曲の「エルビス風バージョン」が収録されている。これはこれでたいへん面白い仕上がりなので是非ご一聴を。ちなみに、エルビス風に歌ったときにGacktさんみたいだと言われたらしい。

バンド時代の「見して見して」を思い出すようなストレートなエロさに満ちていて、なにしろ歌い出しから「垂れる上海舌で吸い」である。このエロ親父。

GENIUS INDIANツアーでも勿論セットリストに入っていたが、走るパンダ嘘みたい、でいつもジュリアンかバーニーを指さしていた。個人的には黒いパンダ熊じゃない?で毎回「熊だよ」と冷静に突っ込んでしまいます。

性愛駆け引きに使いたいときもあり
相愛してるフリ 腹黒い時もあり

23:43 | comments(0) | trackbacks(0)

黄金バッド

39108 (通常盤)
39108 (通常盤)

39108収録。
懐かしの黄金バットと間違えられやすいが、「黄金バッド」である。THANK YOU YOSHII KAZUYAの時はバックのLEDに蝙蝠が飛び交っていたから、もちろん意識はしているのでしょうが。

39108の初回限定版CD(プレミアム盤とは別)に付属のレコーディングドキュメンタリには、この黄金バッドを録音したときの様子も収められているが、この曲のジョシュ・フリーズのドラミングに吉井が思わず「これは(日本で)再現できねーなー・・・」と呟いてしまうほど超絶で、素人が見ていてもタムの速さとクリアさに(というか手を見ていてもいつタムを叩いてるんですか?と思う)ただただ圧倒。

2006年のRSRだったか、暗闇の中黒いスーツでこれまた薄ら笑いを浮かべながら演っていた時の吉井さんはなんというか、ええまあもう最高でした(なんだそれ)。

憂鬱になり凶暴になり
優しくなり冷たくなり
コンピューター社会になり
世界は今発展途上って

23:35 | comments(0) | trackbacks(0)

雨雲

Hummingbird in Forest of Space(通常盤)
Hummingbird in Forest of Space(通常盤)

Hummingbird in Forest of Spaceの最後を飾る曲。
シングルカットされたこともあって、「バッカ」のほうが何かと取り沙汰されがちではあるけれど、個人的にこのアルバムの中でもっとも重要な曲はこの雨雲だ。
吉井和哉はこういう曲を今まで書いてこなかった、という点でもそう思うし、ここに辿り着くことが出来たのか、という点でも感慨深い、いや、感慨深い、などという言葉では言い表せない思いがある。

誰かに語りかけるようなこの曲の歌詞は、8mmという言葉から一気に書き上げたと語っていたが、その8mmというのは昔雑誌の連載でも語っていた、彼の父親が映っていた8mmフィルムのことであり、彼の今までの家族と、これからの家族を繋ぐ歌でもあるんだろう。

例の、アルバムの最後が自分の一番言いたいこと、という法則に従えば、このアルバムで彼の一番言いたいことは「I LOVE YOU」だということになる。

夢が叶えば夢に騙され 雨雲広がって
本当の夢を探すことこそ夢だとわかった

00:13 | comments(0) | trackbacks(0)

ワセドン3

Hummingbird in Forest of Space(通常盤)
Hummingbird in Forest of Space(通常盤)

Hummingbird in Forest of Space収録。
またハミング・・・(みなまで言うな)
この時のアルバムインタビューで笑ったのが、曲名を知ったロッキンオンJAPANの山崎洋一郎さんが、ワセドン???と思ってぐぐったところ4件しかヒットしなかったというエピソード。「4文字で今どき4件なんてありえない」と言っていたが、まさにその通りですよねえ。
ちなみに今では9300件がヒットします。

Hummingbird in Forest of Spaceの世界観を象徴するような1曲だし、歌詞もいいし、個人的にも好きな曲ではあります。吉井によれば、ワセドンはムーミントロールのような妖精をイメージしているらしい。とは言っても、アニメのあのムーミンじゃなくて、ヤンソンの描いたムーミンの方がイメージに近いでしょうね。あのちょっとおどろおどろしい感じ。

吉井自身も相当お気に入りなんだろうと思うけど、モバイル会員限定ライブとなった温野菜・前夜祭での観客のボルテージ最高潮!いよいよ開演!でいきなりマイナーコードのこの曲をやった時の大受け具合に気をよくし、その後もそのパターンを楽しんでいる節が伺えます。

現実逃避の漫画を読みあさる
両親が共働きでいないのかい?


00:41 | comments(0) | trackbacks(0)

ルーザー

Hummingbird in Forest of Space(通常盤)
Hummingbird in Forest of Space(通常盤)

Hummingbird in Forest of Space収録。
しかしカタカナ始まりの曲はハミングばっかだな!
このアルバムの中にはWINNERという曲もあり、勝者と敗者が同じアルバムの中に共存しているのもおもしろいところ。吉井自身は「俺はルーザーだけどね」と語っていたが、それを言うとWINNERリリース時に「みんなWINNERだ」といった話と違ってきちゃうじゃないですかー、と思ったけど口にはしなかった(してるやん)。

「六つ目の朝」っていうのは橋幸夫さんの「子連れ狼」の詞なんですよと嬉しげに説明していたが、勿論知りませんでした。今も反省していない。そういえば、また「出口は入り口だ」を思わせる歌詞が入ってますね。

スタンプは何個たまりました、の時にライブではスタンプぺったん、のアクションをしているのが毎回おかしい。ほんとに当てぶり大好き吉井ちゃんである。

興味ないって言わないで
知らなくてもいいや

14:23 | comments(0) | trackbacks(0)