sakura-blossom
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< YOSHII KAZUYA STARLIGHT TOUR 2015@名古屋国際会議場センチュリーホール レポート | main | フェスティバルホールは今夜 >>

言葉はいつも思いに足りない

メンバーのプライベートについて、知りたいと思うのも自由。
それが自分にとって、すごく重要なことなのも自由。
THE YELLOW MONKEYに求めるものは、それぞれ違うから。
同じように、メンバーのプライベートについて、知りたくないと思うのも自由。
それが無意味なことだと思うのも自由。
THE YELLOW MONKEYの捉え方は、それぞれ違うから。


この文章引用するのたぶん三度目です。結局のところこういったことがあると私はいつも睡蓮の書いたこのテキストを思い出すのだった。

ツイッターに「吉井の中の人には興味がない」と書いたけど、それは今回のことで思ったわけじゃなく、もう長い歳月をかけて追いかけているうちに「私はほとほと吉井の中の人に興味がないな」というのを実感していた、いや、させられていた。そしてそれは吉井に限ったことではなく、私という人間の性癖みたいなものなんだなあというのも思っていた。これは一種のコンプレックスに近い。日渡早紀さんの「記憶鮮明」という古いマンガのなかで、「片目をつぶって好きでいるぐらいがちょうどいい」というような台詞があったのだが、わたしは二次元においても三次元においても、オンでもオフでも、その「片目を閉じて好きになる」タイプなのだ。これはわたしの人格における欠損のひとつだとおもうし(欠損が悪いというのではない、人間皆どこかしら欠けていてどこかが過剰だ)、そういう意味でコンプレックスに近い、ということになる。

結婚、おめでとう、ともツイートしたけれど、実際心の底から「おめでとう!」と思っているかというともちろんそうではない。だって他人だからね。赤の他人の結婚を自分の知己の出来事のように喜べるほど博愛主義ではない。

ただ結婚のニュースを聞いて私が最初に思ったのは、あー、ツアー始まっててよかった、ってことだった。どこがだよ、最悪のタイミングだよ、という人もいるかもしれないし、確かにできればツアーが終わったあとのほうがよかったのかなと思いもするが、しかしツアーが始まる前だったらこれはもう最悪だっただろう、わたしにとっては。

このblogが、もはや新譜が出てもなんのエントリもあげないblogになりさがっている現状を見ても、私の中に彼を追いかける必死さや情熱が薄れているという自覚は多分にあった。なにがきっかけだというわけでもない。ひとつ思い当たるのは、どこかの時点で、「いつまで好きでいられるかわからない」というような飢餓感のかわりに、「私はなんだかんだ言いながらこの人のことをずっと好きだろう」と思ってしまったことがあると思う。だから吉井の投げるアメを全部欲しがったりしなくてもいい、結局のところこの距離感は変わらないのだから、というような、どこかで一段降りたような感覚はきっとあった。

私はかつてTHE YELLOW MONKEYに対する思い入れについて「一生返済しきれないぐらいの負債を負ってるといっても過言ではない」と書いたことがあるけれど、そういう意味ではアルバムのリリースもツアーもなかったこの2年あまりで、わたしはかなりの借金を返したような気さえしていたのだとおもう。

しかし今回のツアー、わたしにとっての初日だった神戸で、私は借金を返すどころかさらに負債を増やしたような気がする。この4月で転勤になり、いままでと勝手のちがう仕事や責任に、私はお得意の開き直りをすることができずにいた。こんなんで、この仕事この先保つのかな、と自分で自分に疑問符を抱いたりもした。吉井のライブを楽しめるだろうか、はたして。アルバムだってほとんど聞き込んでいなかった。

けれどステージのうえにいた吉井は、ほんとうにありえないほど、私をブチ上がらせてくれたのだった。「点描のしくみ」のときの、自分の中を電撃のように駆け抜けていったあの興奮。どうでもいい、と私ははっきり言葉にしておもった。世界なんてどうでもいい、仕事なんてどうでもいい、明日のことなんてどうでもいい。今ここにいること、吉井の音楽を聴いていること、生きていることの興奮。吉井よりも素晴らしいアーティストは星の数ほどいるだろう、けれど、私をここまで興奮させてくれるひとはほかにはいない。あのとき私は、あえて陳腐な表現をするが、ほんとうに吉井に「救われた」のだった。

ツアーが始まったあとでよかった、と思うのは、たとえ何があっても、今の吉井が最高にかっこいい、という担保があるからだ。こんなにかっこいい吉井でいてくれるなら、もうあとは好きにしてください。

私にとって吉井和哉は大切なひとだ。中の人に興味がなくても、思い込みや幻想をそこに見ているだけだとしても、やっぱりわたしにとって誰にも代えがたい大切なひとだ。彼がいたからこそ体験出来た感覚、経験できた世界、たくさんの興奮と絶望がもし自分の人生からごっそり抜け落ちたらと想像するだけで足元が崩れていく思いがする。これからも私にどんどん負債を負わせて、一生返しきれない借金を抱えさせてください。私の願いはそれだけです。
23:08 | comments(10) | -

スポンサーサイト

 | - | -
 
今回 吉井結婚報道でまず思ったのはタイミングの悪さでした。
でもツアー前じゃなくて良かった 個人的にはライブ神戸 大阪 名古屋が終わてて良かった思ったのも本音。

私は吉井に対しておめでとうコメントしていません^^;
しんままさんは吉井に対して何があってもブレないねぇって言われました。
でも それは吉井の中の人に それほど興味がないからかもしれません。
ファンなんて無責任 つくのも離れるのも自由 無理は身体に悪いといつも思います。
ピンクに激反応することもないし、そこは冷めてる自分がいることも事実
私のブログのエントリー頻度も極端に減ってもいますし
ファン友さんも吉井から離れて行った人もいて寂しい気持ちもあります。
でも ライブ本当に楽しくて 信じられないぐらい自分が興奮してるのがわかる まるで魔法にかけられたみたいに(笑)
いまのところ これほど元気貰える人は他にいないってことで
それだけで 充分です。
しんまま | 2015/06/30 07:10
熱愛報道からモヤモヤしていましたが、こうなればスッキリしました。祝福の言葉は出ないですけど。
今回のライブを観てるときに、もうどうでもいいから長生きしてこういうライブを1本でも多くやって欲しい!!って思ったんですよね。
報道後も、やっぱりその気持ちの方が強かったです。
イエローモンキーが解散した時に比べたら、このくらいなんでもない。って思っている自分もいるのかも…
めぐみ | 2015/06/30 08:04
コールミー企画とか、バックヤードに行けるよ企画、あと手形もらえるとか。そういうのに応募をしないけど、ライブには必死で行く。
それは、吉井ちゃんという人を追いかけるんじゃなくて、一度も見ることのできなかったTHE YELLOW MONKEYを追体験したかったのと、このツアーの吉井ちゃんがカッコよくて他のことがどうでもよくなるという思考回路になることを味わってしまったからです。
札幌のライブの後、「吉井がカッコよすぎてどうでもよくなりました。仕事辞めたい」と友人に連絡したくらい。で、翌日から大変なこと続きで本当に昨日、辞表を書くというww。
吉井は、今、カッコいい。それが事実で、今、それを見て私は大変幸せ。だから、他はもういいかなー。
@ | 2015/06/30 08:29
ぴーとさんのお言葉を借りれば、私も一段降りた所でファン的な顔をしているかもしれません。
今回のことも朝のテレビで知りましたが、おいおい赤ちゃん大人になる頃68才よアンタ、と寝ぼけながら思ったのが感想と言うくらいで。

ぴーとさんのブログで申し上げて良いことでは無いかもしれませんが、ここの所の吉井さん周辺の売りだし方と言いますか、販売戦略と言いましょうか、ちょっと苦手な動きもあります、個人的には。

でもとりあえず新譜が出たら手に取っていて、するとやっぱりライブへは行って。
私はそれ以外で吉井さんに求めるものが特に無いんでしょうねぇ。
下手な小細工的なことはスルーして、欲しい所だけ頂いてます。

ものすごくハンパなく美味しいスイーツがあったとして、何度もお店に行くし行列にも並ぶけど、それを作ったパティシエの私生活には興味が無くて、ポイントカードも常連さん待遇も要らない、と言うようなスタンスで今吉井さんには向き合ってます。

…とても楽です(笑)
真響 | 2015/07/01 02:00
私は まだもやっとしてます。
というか 
自分の気持ちもよくわからなくなってます(^^ゞ

明日 明後日と
大阪フェスティバルホールに行くので
そこで ようやくスッキリできるかな…
と思ってますが。

にしても 
吉井さんの髪の毛が気になります〜(笑)
みけ | 2015/07/01 16:15
吉井の中の人がどうだろうと別に良いのです。
ハナから ろくでなし だと、むしろ 黄金のろくでなしおおいに結構!そんなつもりでいたのに今回の件で自分でもびっくりな位がっかりしたりモヤモヤしたり。
それはやっぱりプライベートの安っぽい真実よりもそれにまつわる対応の不味さに苛立ってたんですね。青木ぃ〜チーフマネならちゃんと仕事しろや〜!とかw

で、昨日のフェスで序盤こそはお互い様子を伺ってる感じがしたものの中盤以降の盛り上がりにいつの間にかしっかり楽しめたので楽になりました。
金髪ロビンちゃんで許して貰おうとかホンマにこいつはーと思いつつもやっぱ舞台の上では最強無敵なので降参するしかないのです。


az | 2015/07/03 10:47
私もタイミングが悪いって思ってました。
でも、昨日liveでかっこよくて愉快な(笑)いつもの吉井さんを観れて、ツアー中で良かったって思えました!
今日のliveでこのツアー参戦は終わりですが、そんな時に次のliveの予定が知れたのも救いです。私の精神状態、綱渡りです。笑
チケット取れますように!
あとは余計な情報がメディアから流れてこないことを願うばかりです…。
aya | 2015/07/03 11:26
>しんままさん
そうですね、ファンはファンの文法でした対象を見ないって思いますし、それでいいんだと思います。
私は今回のツアーですっかり呼び起こされました(笑)


>めぐみさん
ああ〜、それはありますね。私も、やっぱり解散のとき以上にショックなことってないですし、これからもそうなんだろうなと思います。
ぴーと | 2015/07/04 01:30
>@さん
そうだ、手形私も申し込んでなかった(笑)いや、引っ越しのときに邪魔だろう…とか思っちゃう自分がいますよね…(笑)
しかし本当にこのツアーの吉井ちゃんかっこいいです。かっこいいおばけがでそう。

>真響さん
わたしはただのいちファンなので、いつだっていちばんおいしいところだけを頂くつもりですし、たぶんこの先もこのスタンスなんだろうなーと思います。
でもって私にとっていちばんおいしいところはやっぱりライブなんですよねー。
ぴーと | 2015/07/04 01:35
>みけさん
大阪二日間で落ち着かれましたか?
私は吉井金髪にアテられてまったく落ち着きを失っております(笑)

>azさん
久しぶりの吉井金髪、自分で自分の浮き足立ちっぷりに笑いました。笑いました。
あんなかっこいいってもう一難どころか百難ぐらい隠すわあ…

>ayaさん
うん、やっぱりちゃんとライブ行ける機会が直近であるのって悪くなかったなって思いますね。
しかしZEPPは相当な激戦になりそうで今からコワイ!
ぴーと | 2015/07/04 01:40

Comment