sakura-blossom
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< フジソニックに行ってきたのよ | main | Kazuya Yoshii Beginning & The End@日本武道館に行ってきたのよ >>

Kazuya Yoshii Beginning & The End@ZEPP NAMBAに行ってきたのよ

実は一週間前までこの日のチケットを持っていなかった。今回のツアー4カ所が発表になって、私にとっては何よりも武道館が最優先事項で、そのためにもっとも休みが取りにくい日程に休みを入れなければならず、あと行けるとすれば大阪か名古屋なのだが(乗り継ぎ次第ではかかる時間がほぼ変わらないという恐怖物語)どちらも平日、行けても開演時間に間に合うか間に合わないか、それでスタンディングかあ、行ってもほとんど見えないよなあ、実際間に合うかもわかんないしな…となんとなく見送った態勢のままだったのだ。それなのに、なぜ、先週いきなり「やっぱり行こう」と思ったのか自分でもよくわからない。

最初、吉井さんはとても緊張していた。していたように見えたし、声にもそれが現れているように思えた。実際、中盤で「やっとなんかホッとした」とも言っていた。その緊張がうつったからなのか、短く、黒めの髪で、ちょっと痩せてる風情がそれに拍車をかけたのか、ソロになってはじめてのツアーのことを思い出さないではいられなかった。

吉井さんの緊張がだんだんとほどけて、ぐんぐん羽をのばしていくような姿を目の当たりに出来て楽しかったし、その「調子に乗ってきた」感じがこんなにも客に伝わるというのもすごいですよね…とも思った。でも、緊張の余波もあったのかもしれないが、絶対王者君臨、というような佇まいというよりはなんとなくかわいらしいとでも評したくなるような空気があったと思う。私は普段はそういう甘えた感じを毛嫌いしているところがあるのだが(心の狭いファンで申し訳ない)、今日は終始そのかわいさにほだされっぱなしだったような気がする。

ほだされたのはやはりその、最初のツアーのことを思い出したのと無関係ではないんだろう。当たり前だけれど、吉井に限らず、人の前に立って何かする、ということは相当な勇気を要することで、あのスタンドマイクの前でただ二本の足で立っていることが精いっぱいだったあの頃からずっと、この人はそこを逃げずに引き受け続けているんだなあとおもうと、それが安いセンチメンタリズムだとわかっていてもその感傷に引っ張られてしまったところがあった。

今回は事前のアンケート企画があって、「あなたが選ぶ吉井和哉2015」(本人談)を中心に選ばれたセットリストになっていたんだけれど、これ、単純に上から選んだだけではないですよね、と思ったのですがどうなんでしょう。吉井は「逆順でやろうかと思ったけど、あんまりつまらないセットリストになるので」と言っていたが、順番が違うだけでなく、上位に入っても外れた曲もあったのではないだろうか?というのも、あれは絶対入ってるよねと思う曲がなく、何曲か「これが上位に?ホント?」という曲があったからだ。っていうか、私がアンケートで選んだ曲がまさかのまさかで今回のセットリストに入ったのだが、この曲がそんな人気あるとは…そんなこと言ったら怒られますか。いやでも、ねえ?とはいえ、イントロでうっそお!よしいちゃん!あいしてる!と心の中で叫んだわたしだ。うれしかったよ。よもややってくれるとは、だよ。

こういったリクエストを募る企画そのものに懐疑的なむきもあるだろうし、それよりも吉井の考えた「さいきょうのおれ」的なメニューを堪能したい、と私も思っていたけれど、でも実際今日のライブを観て、こうした不作為によってこそ見つかるものもあるんだなと思えた。こうした企画でなければこの曲がこの位置にはこないだろう、と思うものがあるからこそ、もう一回その曲と向き合うような体験ができた気がする。そしてそれはとりもなおさず、この日のライブでも、自分のサイトでも吉井が言っていた、僕はいい曲をつくってきたよ、という自信に裏打ちされているから出来ることでもあるんだなと思った。

あと、自分の手の内にない楽曲を選ばざるを得ないからこそ、アレンジも工夫も必要で、途中で佳史さんに「いっぱい練習したよなあ!」と言っていたけれど、そんな風に格闘したあとが伺えるのも、この企画ならではの楽しさだったと思います。まあ、だからこその緊張と、あり得ないほどの歌詞ぶっ飛ばし(さすがにやり直した!)だったのかもしれませんが。

そう、あとやはりジュリアンに来てもらえたということで考えられたアレンジも随所にあった。ジュリアン相変わらずソーラヴリーとしか言いようのないステキさだったし、本当なら4年前に来てもらって一緒にやるはずだった曲たちをできることがうれしい、という吉井の言葉はとてもよかった。

初日なのでMCの場所も決まってない、と言っていたけれど、確かにメンバー紹介が本編とアンコール2回あったりして、探り探りではあったのかもしれない。そういえば関西弁講座とかもうやんないのかなと思っていたら、終盤「吉井和哉は関西の方によく『シュッとしてはる』って言われる」との発言からの「シュッとしてはる」連呼はそうとうにかわいらしかったです。佳史さんの「ぷっとしてはる」淳吾の「モッとしてはる」までは通すとしても、鶴ちゃんに「つるっとしてはる」それ形容やない!名前や!とツッコミましたし、挙げ句バーニーさんに対して「…思いつかない!」諦めはやい!

視界的に吉井しか入ってこない、という場所で見ていたというのもあるけれど、2時間半あまりほぼ、吉井しか見ておらず、目や手や顔で煽ったり、よく動く手と指だったり、赤いサスペンションライトに囲まれて一瞬婀娜なおんなの顔を見せたり、シャツのボタンを外す仕草やネクタイをゆるめる仕草だったり、そのたびにカッコイイ、カッコイイ、カッッコイイイ!!!と血が沸き立つような自分がいて、ほんとにこの人のかっこよさ、飽きない、私、と改めて思ったりしました。

ライブの間中何度か、私は最初のツアーのことを思い出してました。その頃はまだ南港の川縁にあったZEPP OSAKAや、ツアーDVDに映し出されていたそのツアー初日の新潟PHASEでの姿のことを。あの時も、今日と同じような場所で見ていたんじゃなかったか。

あのツアー、私はZEPPOSAKAでライブを見ていて、今でもはっきり覚えているのだが、突然アンコールの前にいたたまれなくなって一旦外に出てしまったのだ。ライブが楽しめなかったわけではなく、本当に突然、いいや、出よう、と思ってそのまま出てしまった。アンコールの1曲目を閉じられた扉の前でぼんやり聴き、ふと我にかえって最後の曲は会場のいちばんうしろで聞いた。あの時私は吉井和哉というアーティストとの距離の取り方がわからなくなっていたんだと思う。バンドを離れたことで、もういい、と切り捨てられるわけでもなく、かといって自分の中のバンドの残像を否定できるわけでもなかった。

そういったすべてを今日、面白いように思い出した。名前というのは侮れないもので、Beginning & The Endなんてツアタイをつければ、やっぱりそういうライブになるのだ。

長くひとつのことを好きでいるのは簡単なことではない、それは本当にその通りだとおもう。そのむずかしさの要因のひとつは、好きになったり嫌いになったりするパワーそのものが喪われるということにあるんじゃないだろうか。あのとき、アンコールの前に会場から飛びだしてしまった私は、ある意味苦しんではいたが、そのパワーだけは無尽蔵にあった。吉井さんのことを、大好きにも、大嫌いにもなれた。その時の自分を、懐かしく、どこか羨ましく思えたのは、今日が初めてだ。おわり、はじまり、おわり、はじまり。吉井さんにとってはどんなおわりで、またはじまりだったのでしょうか。私はまさかこんなにもノスタルジーとセンチメンタルに振り回されることになろうとは、思ってもみませんでした。
01:18 | comments(14) | -

スポンサーサイト

 | - | -
 
あー、やっぱりぴーとさんの吉井さんへの愛に溢れたレポ大好きです〔はーと〕そしてセトリを書かないというファンへの心遣いもさすがです!
私も「さいきょうのおれ」を堪能したい派なので若干不安だったんです〜これで安心して武道館参戦できます(何様っ)
思わぬ気持ちに翻弄されたようで、そういうお話を聞けて、ちょっとだけ自分もそんな気になっておセンチになったりして、幸せです〜(人´ω`)
みんみん | 2015/12/17 09:12
ぴーとさんも来られてたんですね(´w`*)
お疲れ様でした。

私は 2階からの参加ではありましたが
とても楽しかったです!

行くまでは 今までみたいに楽しめるかな〜
なんて (^^ゞ
自分で自分がちょっと不安なとこもありましたが

この夜のライブで
一抹のもやもやもなくなりスッキリ!
私の中で 吉井さん完全復活の
素敵な夜になりました。
行って良かった〜(●>v<●)
ぴーとさんも書かれてましたが
初日ならではの
ステージの色合いも感じる事ができ
初日初体験の私には うれしい限りでした。

関西弁講座!
ありましたね(笑) 懐かしい〜
また復活するといいなぁ♪

ちょっと遠目だったので
今日 ぴーとさんのレポ読みながら
あの日のなんばの記憶を ゆっくりと
照らし合わせる事ができました。
ありがとうございました(●´ω`●)



みけ | 2015/12/22 15:07
今回10年ぶりに武道館参戦するのですが、いまいち吉井スイッチが入らず…だったんですけど、ぴーとさんのおかげでとっても楽しみになりました!
ソロ初ツアーの時、すでに数本こなしていた札幌参戦でしたが、ふてくされ精神で参戦したのもあってか、からだは覚えているけど何かが…何かが…何かがー!!って気持ちで観ていたのを思い出しました
ノスタルジーとセンチメンタル…得意分野なので楽しみです!笑
めぐみ | 2015/12/23 22:23
ぴーとさん、お疲れさま&レポありがとうございます♪
私、NAMBAは初めてだったのでドキドキでした。次は武道館ですね。

私はドMなので、ドS吉井ちゃんが大好きです。
NAMBAの緊張感と手探り感も愛おしいですが、みんなが選んでくれた曲を歌ってみますね、ではなく、オマエらの聞きたい曲を歌ってやるから聞いてみろよ!という、オラオラな吉井ちゃんもお待ちしております。
@ | 2015/12/25 00:19
>みんみんさん
ありがとうございます、レス遅くなってごめんなさい!
私も直前まで行くかどうしようか迷っていたんですが、ライブハウスはライブハウスならではの楽しさもあって、思わぬセンチメートルな物思いにふけったりもして、やっぱり行ってよかったなーと思いました。
武道館ではまた違う感じになったりするのかな?そのあたりも楽しみです!
ぴーと | 2015/12/25 22:07
>みけさん
みけさんは2階でご覧になっていたんですね〜!
ほんと、初日ならではの空気感にあふれたステージでしたね。私もそういう吉井さんを堪能できて楽しかったです。
「シュッとしてはる」は相当気に入ってはりましたねw
ぴーと | 2015/12/25 22:10
>めぐみさん
なんと、10年ぶり!よかった、テンションをあげるお手伝いができてよかったですw
ふれくされ精神わかりますよ…wほんとあの頃はなんというか、一言じゃ言えない!ってこういうこと言うのか!って精神状態でしたよねえ…
ぴーと | 2015/12/25 22:14
>@さん
私が勝手に思ってるだけなんですけど、吉井さんて「おなじみ」とか「マンネリ」みたいなのに自分が一番テンション下がっちゃうところがあるんじゃないかなって気がしますw
そういう意味では今回のセットは新鮮さはあったのかなーと思います。
そのうちオラオラもきっとやりたくなるでしょう…w
ぴーと | 2015/12/25 22:19
ぴーとさん いつも詳しくも楽しいレポ
そして記事 ありがとうございます。

今年は 吉井さんに関しては
揺れに揺れた私でしたが
平穏に新しい年を迎えられそうです(笑)

今年もあと少しですね。
ぴーとさんも 良いお年をお迎えくださいね。
そして 新しい年も
吉井さんのお話 いっぱいできたらいいな
と思ってます(●´ω`●)
みけ | 2015/12/30 20:32
明けましておめでとうございます!

windows10に変えたらブックマークが消えてしまい、ここを探す時に配給エクスタシーと入れてしまったことをお許しください。…自分で吹いた!笑←反省してるのか?

zeppナンバ、私も参戦しました♪番号悪いし腰痛いしさすがにもうキツイ、今度こそムリ!…と思っていたのに…結局いつもどおり、前の方へ吉井さんの方へ行ってました…そしてエンジョイ♪笑 寄る年波にも吉井さんは効きますね!
選曲、やっぱりそうですよね、理解しがたい部分ありましたよね?少なくとも私は、zeppで聴きたい感じではなかったな…いや城での方が嫌かな、座っちゃうな。笑
因みに私が選んだ曲は演りませんでした。

巷では明日のことが話題になってるようですね。ただの噂なのかなんなのか。私は真実がわかってから騒ぐことにします☆

いつも長くなってごめんなさい、
今年もお邪魔させてくださいね♪
aya | 2016/01/07 00:46
久しぶりにコメント致します。ぴーとさんもZEPP NAMBAに来られていたのですね!そして、最初のツアーZEPP OSAKAにも。私も、最初のツアーのあの、独特な…なんと言葉で表現したらよいのか…センチメンタル。やっぱりこの言葉かな。
あの感覚が蘇ってきたライヴでした。

なんどもココに来ては、かつてのあの興奮と熱狂の残像を探していました。全曲感想も、ご飯のおかずにしてたくらい!

そして1月8日を迎え。
また、ココにきてしまうのですよ!
にいな☆ | 2016/01/09 00:48
>ayaさん
遅ればせながらあけましておめでとうございます!
配給エクスタシー(爆)オトナ!オトナの世界!目指したいところですね(目指すんかい!)
私も、スタンディングには年々及び腰になってしまっておりますが(物理)、行ったら行ったではしゃいでしまう悲しいサガ…
ちなみに私が選んだ曲は「魔法使いジェニー」でした!
ぴーと | 2016/01/12 00:11
>みけさん
平穏に…ならなかったですね(笑)
今年もよろしくお願いいたします!
ぴーと | 2016/01/12 00:13
>にいな☆さん
全曲感想をご飯のおかず!ありがたい話です。嬉しいです。
実は今自分で自分のblogを読み返すという自家発電作業にはまっています(おいおい)
今年は残像ではなく、実像を追いかける一年になりますよう!
ぴーと | 2016/01/12 00:15

Comment