sakura-blossom
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1/12放送のABCラジオ「よなよな…」緊急特番180分イエローモンキー大特集が素晴らしかった件 | main | TYMS検定をもっと楽しむ(はずだったのに) >>

運命のタイマー、回る

どや!とばかりにデザインを変えてみました。たぶん4年ぶり?ぐらいだヨ!目にも眩しい黄色からなんだか春っぽい!春っぽい!サクラサク的な!といってもスマホでご覧になっている方にはなんのこっちゃですね。スマホは赤チェックにしてみたよ!意味はない!ただ、かわいいから!

前回更新から1ヶ月あまり、皆様いかがお過ごしですか。この間の金曜日には遂に来た!FC第一次先行の当落発表があり、悲喜が交々ってらっしゃる今日この頃でしょうか。私はといえば検定を受けてキャッキャしたり新曲聞いてキャッキャしてたりしつつも、喉の奥に引っかかった小骨のように「当落」「当落」の文字がちらつき、あまりのことに発表になるまで「当落」って言っちゃいけないんじゃないか的な自己暗示にかかって難儀しました。そこまでか!そこまでです。人それぞれバンドに求めるものは違うと思いますが、それが新曲という新しい何か、である人もいるように、私にとってはそれがライブなので、あのバンドに求めている最大のものはそれなので、「私が行けなくても、みんな楽しんできて〜」みたいなホトケの気持ち、になれるわけない!そんなこんなで長かった申し込み期間、長かった当落発表までの時間、ようやく一山越えて文字通りひといきつきました。いや、まだ越えなきゃいけない山残ってるんですけどね。でも一次発表まではどれぐらいの確率でくるものなのかまったく読めない、全落みたいな悲しい事態もひょっとしてあり得るのかとか疑心が暗鬼だったもので、すくなくとも一次終わって少しは傾向対策というか心構え的なものは定めやすくなった感があります。結果を詳らかにお話しするのもはしたないのであれですがSUPERは外れたけど指定はけっこういけた、という感じです。当落発表までにできることはやっておこう、とすでに予定遠征先の宿泊と押さえられる足は先に押さえてあるのであとはチケットよついてこーい!的な心境です。何カ所行くつもりかどうかは聞かないで!安心してください、全通じゃありませんよ(安心できないよ!)

ところで新曲、今のところ真っ当に聴けるのは公式サイトのストリーミングだけなわけですけど、10日にラジオで流れるよ!ってときのTLをあとでさかのぼったらすごく楽しそうでわーん会社やすめばよかった、なんて思いました。無理なんだけど!みんな言ってると思うけど、ラジオで、しかもそれぞれ番組に時差があって、みんなが携帯とかPCとかもちろん車のラジオとかからどうにかこうにか時間をひねりだして愛しいバンドの新曲を聴かんと耳を澄ませているってその絵面がすでに最高ですし、そこで流れてきた曲があれなんだからそりゃもう最高オブ最高に決まってます。ブレイクやブリッジ、歌詞のドロッとした手触り、かと思えば突き放したようにドストレートな直球、わーい得意技てんこもりじゃねえかよお!と最初に聴いた時思わず笑いました。人間感情が極端になりすぎるとまず笑う(自分調べ)。でもそのあとの「もう一度運命のタイマーを回して」ってとこで急に感極まってえぐえぐ泣き出したので、ほんと情緒不安定極まりない。大丈夫かこんなんでこの先!

あとねえ、あの、ドラムの音がめっちゃアニーで、ああ、アニーーー!!!って思ったし、吉井のうしろでアニーが叩いてるの見たらこれは泣いちゃうな…ってそうでもなくても泣くやろがい!と思いながらやっぱりそう思いました。

そういえば、検定の回答はまだ教えてくれないんですかね。検定、面白かったですね!完全に勘で答えたものがいくつかありましたが、8割〜9割はできた!んじゃないかと思う!んだけどなー。個人的にアッ、いただき!と思った質問のひとつは「1995年大晦日に渋谷公会堂にて開催されたイベントの対バンにいたのはどれ?」でした。きた!1995年12月31日渋谷公会堂!言わずとしれたLIVE DI;GA!わたしの大好きなやらずぶったくりの"I"がライブ帝国に収録されているアレ!もちろん正解は↑THE HIGH-LOWS↓だし、さらに言えばもうひとつの対バンはウルフルズだった!ワシが!この問題を間違えるわけにはいかぬ!と鼻息が荒くなったとかならなかったとか。いやでも、難易度的にも簡単すぎもせず、難しすぎもせず、なかなかによくできておったよ!と上から目線で褒め称えたいわたしであった。なので回答を早く教えてちょうだい!

今のところ吉井やヒーセがリハやってるよ〜的な情報をチラリズムしてくれてるほかはまだメディア情報一切ないけど、この先いろいろ出てくるのかな〜。それでも、メディア露出一切ないまま代々木でどーん!とかなのかな。それはそれで面白そう。

吉井がモバイルサイトのQ&Aで、THE YELLOW MONKEYを好きになった時にはもう活動休止してて、だから今回のツアーすごく嬉しくて、でもちょうど臨月でツアーに行けそうにない、かなしい運命という問いに、それはかなしい運命ではないでしょ、その子を洗脳して一緒にライブに来て、それまでメンバーくたばらないで待ってますからって答えてて、そうかあ、そういう風に未来を語るのかあって、でもそれはそれでもちろん嬉しくないわけないけど、でももはやあのバンドに、いつまでも続く幸せをくださいなんてことを思うわけではないのだった。それよりも一瞬の、燃え尽きるような興奮をください。死ぬほどカッコイイ瞬間をください。このまま灰になってもいいと思える夜をください。そう、私は控えめなフリをして(どこが!)、とんでもなく強欲な女なのです。
 
22:15 | comments(10) | -

スポンサーサイト

 | - | -
 
ぴーとさん こんにちは。

今日遊びに来たら
きれいな桜の花がお出迎えしてくれて…
いつも見慣れてたページと違ったので
ちょっとびっくりしましたが
待ちきれぬ春 
または待ちきれぬイエローモンキーライブのようで
心躍ってしまいました(^^ゞ

チケットの発表から数日経ち
2次の申し込みもすませ
ちょっと落ち着いてきたところです(●´ω`●)

スーパー
私も ダメダメでした(笑)
でもこうなったら 普通でも
もう行けるだけでいいや…
そんな気持ちになってます(^^ゞ
ただ 今まではチケットが手元に届くまで
すごくいい席が来たらどうする〜?!(●>v<●)
なんて 淡い希望を持てたのが
今回は 今の時点でもはや夢見れずで
ちょっとお楽しみが減った感じで寂しい気持ちです。

ぴーとさんは 検定受けられたんですね (〃゚∇゚〃)
ここで 問題の一部を見て
後追い組の私にはさっぱりな問題ばかりでした。
これは まだまだ勉強しないと!(〃 ̄ω ̄〃ゞ
みけ | 2016/02/23 16:23
素敵なリニューアル!おめでとうございます♪

さて私もSUPERはダメでしたが、生まれて初めてTHE YELLOW MONKEYを見ることが出来ることとなりました。この歳で「生まれて初めて」がある嬉しさよ。
もうコーフンが収まりません。

吉井さんのライブでは、最後列や、お背中の刺繍が良く見える席、演出わからん席など経験済みですので、もはや4人と同じ会場の空気を吸えればいい(笑)
でも強欲にSUPER二次に申し込みました(やっぱりねぇ)

しかし、あのバンドを追いかける日が来たなんて、ホント、生きててよかったわぁ。

@ | 2016/02/24 02:00
間違えてしまったかと思いました
春〜〜

ぴーとさんもSUPPERはハズレてしまったんですね
私も全滅でしたが生イエローモンキーバージンなので楽しみすぎて想像妊娠してしまいそう(笑)
ぴーとさんは何公演行かれるんですか?(聞くなって言われましたがw)わが地元の長野も来られるのかなぁ

10日13時の全国72局一斉新曲解禁
会社でこっそり組の私は、聴きたいけど聴けない、聴いてんだけど聴けてないというような状況ではありましたがワクワクドキドキで楽しかったです
ストリーミングのみなのは今後発売されるであろうアルバムを買わせるための焦らし作戦なのでしょうか

最後の文章、ぴーとさんカッコイイ!!!
モバサイトのQ&Aの返事を読んで あ、一時的な復活ではないのね!?とちょっとびっくりと嬉しさでなんとなく微妙な気持ちになったのですが、ぴーとさんの最後の文章を読んだら私もどちらかといえばこっちがイイなーと
みんみん | 2016/02/24 15:09
>みけさん
実は同じスタイルで写真が違うやつと迷ったんですが、そっちはいかにもうら寂しかったので(笑)、やっぱりチケットの当落もあるしサクラサクでひとつ!って感じでこれにしましたw
THE YELLOW MONKEYについてはもはや「どこの席か」ってよりもなによりも「行ける」ってことが重要なので、行けさえすればそこが最前かのようにブチあがれていた私なので、もう行けるという事実自体が夢のようです。
楽しみですね!
ぴーと | 2016/02/25 19:00
>@さん
すばらしい!おめでとうございます。生まれて初めて、いい響きですね。イエローモンキーバージンをとうとう捧げてしまうわけですね…!
SUPER二次に申し込むのはちっとも強欲じゃないですよ、チャンスがある限り諦めない!そこにこそ運は開ける、と信じましょう。ま、ダメでも行けるんだから、気楽なものです。
いやーほんと、おっしゃるとおり、生きててよかったって思いますね。マジで。
ぴーと | 2016/02/25 19:04
>みんみんさん
あっイエローモンキーバージンを捧げてしまう方がここにも!
長野、実は狙ってます!2日間両方はムリなのですが、土曜日だけでも行きたい〜(ホテルはもうとってある)。思い出のビッグハット!
何公演行くかは…あっはっはっは(笑ってごまかす)

結果的に長くファンもメンバーも楽しめればそれに越したことはもちろんないんですけど、それよりもどかーん!ばこーん!もう明日なんて来なくていい!みたいな興奮をクレクレしてしまうところがあります。いやーどんなライブになるんでしょうね!たのしみこわい!
ぴーと | 2016/02/25 19:10
 はじめまして、実況中継的なブログをいつも楽しみに拝見して、記憶力スゲーすねと驚嘆すると共に、非常に感謝しております。花吹雪と悲しき〜のダヴル意味んグのバック、最高ですね!

 それにつけても、また私たちの前に、ドームから散っていった野良犬達が帰ってきてくれましたね!!!!!

 奇しくも、ロビンさんの永遠のアイドル、デヴィット・ボウイ氏が亡くなってしまいました。ボウイ氏は、生前イエモンの存在を知っていたのでしょうか?私は既に知っていて、素晴らしい彼らのアルバムの数々を聴いて、ほくそ笑んで亡くなったのだと思いたいです。

 名曲の歌詞から引用させて貰えば、ああ、なんて「運命の悪戯」なんだ、なのですが、今年が申年だった事を忘れていました。ロビンさんが古巣の事務所に舞い戻ってきたから、お、そろそろか・・・とは思ってはいました。この辺は当たっていたので、嬉しかったです。映画「パンドラ」でのボーリング大会のシーンも、再集結への予告だったのでしょうね。

 私は解散後からのファンで、ハマってから、丁度10周年目になります。某中古レコード店や某中古本チェーン店で、アルバム、8cmシングルに至っては、そのほとんどをセットで(某中古本チェーン店で入手しました、笑えるでしょ?)、写真集や書籍、バンドスコア、DVD・ビデオ(アーグポリスのビデオを発見した時は、ぶっちゃけ震えました)を格安で手に入れました。イエモンを卒業した皆さんの思い出の品を、逆に拾い集めた類の人間です。ネットでも、2ndと3rdシングルをやっと手に入れました、メカラウロコDVD BOXは買い逃してしまい、去年ようやく入手したというお馬鹿な奴なのです。

 でも、解散前から、リアルタイムでよく耳にはしていたバンドでした。最初に聞いたのは、某アニメのエンディングテーマでしたね。出出しの歌詞が、印象的でしたね。その次が、バイト先の有線でよく聞いた「SPARK」でした。エマさんのギターリフがダークな匂いがして、かっちょいいな、と思っていました。「楽園」もTVドラマのエンディングで聴きました。「パール」「プライマル。」も解散が迫っているとは知らずバイト先でよく流れていました。だいぶ経ってから、3枚組のベスト盤を聴く機会があり、CLIPSを見て面ろいバンドだな、と徐々にその魅力に執り憑かれていきました。

 新曲「ALRIGHT」はファンの皆様が選んだベスト盤のジャケットでお馴染みのダイノジ 大谷さんのラジオ番組を聴きました。同時に十何年かぶりにヱアチェックをしました。実は俄かですがオーディオファンもありまして、中古オーディオ店でFMとAMが高音質で聞けるチューナーを以前購入したのですが、なかなか使用する機会がなかったので、絶好のタイミングでした。また、社会現象にまでなった「あのアニメ」の基礎的なファンでもあり、ネットヲークションで、2回程ハヅレを引いてまいましたが、ようやく手に入れた劇中に出てくるあの良く似たヲォークマンで録音しました。最初はステレオで録音ろうとFMでのチェックを考えていたのですが、あのイエモンの新曲だから、何か変わった録音の仕方がいいな、と直前に思い立ち、AMステレオ機能が付いていたので、AMステレオヴァージョンを巻戻しては聞いている次第です。今行っている仕事が夜勤帯なので、直前に3〜5回聴いています。

 番組で「ALRIGHT」がフルに流れた直後、大谷さんが「サルの名残 イエローモンキーですね、良いですよ」「ソース塗って のところはJAMが入っているな」とこの曲の歌詞の部分を軽く解説してくれていました。
 
 私も何十回とこの曲を聴きましたが、聴けば聴くほど、のするめの乾物的な曲である事に気付き、歌詞とサウンド両面から過去のイエモンの名曲からヲマージュして再構築した曲であると断言できるでしょう。

 歌詞の面では、
 「蛹」は、例のカウントダウンの金の蛹でもありますが、その後の「♪角が生えて〜」蝶々(になる過程)はおそらく「MORALITY SLAVE」の「玉虫色の羽」「高層ビルのバタフライ」「SHOCK HEARTS」のシングルジャケットのイラスト(永井豪大先生)あたりですかね。1stのカタツムリのダブル意味かな?「振り回され 台無し」は「台無し≒ダイノジ→大谷さん」ともとれるし、「魂 鼓動」「命はいつか絶えるだろう」は「楽園」からでしょう。「ソース」は「LOVE SOURCE」も入っていますでしょ? 「♪あなたに抱かれて〜」あたりは「RED LIGHT」のイントロ「♪み〜んな〜」が聴こえました。「球根」も漂います。

 サウンド面では、
 全体的なキーが「嘆くなりわが夜のファンタジー」「熱帯夜」「花吹雪」で、「♪強い
栗鼠公園 | 2016/03/01 11:51
 サウンド面では、
 全体的なキーが「嘆くなりわが夜のファンタジー」「熱帯夜」「花吹雪」で、「♪強い絆が〜」の前の2回続くエマさんのギターリフは「STONE BUTTERFLY」で、上がり具合が「LOVE COMMUNICATION」で、それらを並べた感じ。私なんか思わづ「♪強い絆が〜」でわなく「♪胸を締めつけるぅ〜」といきそうになります。弟さんだがアニーさんのドラムは全体的に「Tactics」、ハモンドヲルガンわ、メカラウロコなんかでいぢられまくられ、可哀想だった三国御大さんでしょうか、やはり「Tactics」の♪なつかしぃ においがしたぁ〜♪「♪角が生えて〜」のメロディは「カナリヤ」のイントロ、もしくは「Subjective Late Show」の「♪Movement Damage」の併せ技でしょうか? そして、エンディングのヒーセ兄さんのベースが、今後のツアーの終盤で久々に披露されるのでしょうか?、「悲しき口笛」でわなく「悲しき ふふふん BヲY」をもじっていたような気があたしにわ認識致しました。♪も〜しぃかいぁしてぇ チミも〜♪

 もうこの「ALRIGHT」は、イエモン版「これが私の生きる道」ならぬ「これが私たちの生きる道」でしょう、きっと。ロビンさんの釣り仲間で、仲の良い奥田民生さんにも捧げている曲でもあるのでしょうね。そして、男女の出会いの曲であると共に、再集結ライヴへの準備はよいか皆の衆!!とのメッセーヂも含まれていると解釈できます。


 最近イエモンのようなギンギンのロックがホント無いように思います。再集結、最高ですね。私にもイエモンを生で見られる可能性とチャンスがわづかですが巡って来た事は、とても嬉しいですし、メンバーの皆様に大感謝です。チケットがゲットできるよう、心からお祈りしてをります。 


 長文で、しかも変てこ感抜群な※ントで大変失礼をば致しました。これからもブログ楽しみにしています。御自愛下さい。


栗鼠公園
 

 










 サウンド面では、
 全体的なキーが「嘆くなりわが夜のファンタジー」「熱帯夜」「花吹雪」で、「♪強い絆が〜」の前の2回続くエマさんのギターリフは「STONE BUTTERFLY」で、上がり具合が「LOVE COMMUNICATION」で、それらを並べた感じ。私なんか思わづ「♪強い絆が〜」でわなく「♪胸を締めつけるぅ〜」といきそうになります。弟さんだがアニーさんのドラムは全体的に「Tactics」、ハモンドヲルガンわ、メカラウロコなんかでいぢられまくられ、可哀想だった三国御大さんでしょうか、やはり「Tactics」の♪なつかしぃ においがしたぁ〜♪「♪角が生えて〜」のメロディは「カナリヤ」のイントロ、もしくは「Subjective Late Show」の「♪Movement Damage」の併せ技でしょうか? そして、エンディングのヒーセ兄さんのベースが、今後のツアーの終盤で久々に披露されるのでしょうか?、「悲しき口笛」でわなく「悲しき ふふふん BヲY」をもじっていたような気があたしにわ認識致しました。♪も〜しぃかいぁしてぇ チミも〜♪

 もうこの「ALRIGHT」は、イエモン版「これが私の生きる道」ならぬ「これが私たちの生きる道」でしょう、きっと。ロビンさんの釣り仲間で、仲の良い奥田民生さんにも捧げている曲でもあるのでしょうね。そして、男女の出会いの曲であると共に、再集結ライヴへの準備はよいか皆の衆!!とのメッセーヂも含まれていると解釈できます。


 最近イエモンのようなギンギンのロックがホント無いように思います。再集結、最高ですね。私にもイエモンを生で見られる可能性とチャンスがわづかですが巡って来た事は、とても嬉しいですし、メンバーの皆様に大感謝です。チケットがゲットできるよう、心からお祈りしてをります。 


 長文で、しかも変てこ感抜群な※ントで大変失礼をば致しました。これからもブログ楽しみにしています。御自愛下さい。


栗鼠公園
 

 

 サウンド面では、
 全体的なキーが「嘆くなりわが夜のファンタジー」「熱帯夜」「花吹雪」で、「♪強い絆が〜」の前の2回続くエマさんのギターリフは「STONE BUTTERFLY」で、上がり具合が「LOVE COMMUNICATION」で、それらを並べた感じ。私なんか思わづ「♪強い絆が〜」でわなく「♪胸を締めつけるぅ〜」といきそうになります。弟さんだがアニーさんのドラムは全体的に「Tactics」、ハモンドヲルガンわ、メカラウロコなんかでいぢられまくられ、可哀想だった三国御大さんでしょうか、やはり「Tactics」の♪
栗鼠公園 | 2016/03/01 11:53
>栗鼠公園さん
はじめまして、熱い熱いコメントをどうもありがとうございます、個人的に桜といえば仰るとおり桜舞い散る九段下ですが、九段下の地に彼らが再び立つことはあるのでしょうか、期待してよいのかな〜。
とりあえず(会社の休みさえもぎ取れば)代々木に行けそうですので、その日を楽しみにしていますが、今のところなんだか実感がございません。
栗鼠公園さんも無事ライブが見られますように、心よりお祈りいたしております。
ぴーと | 2016/03/08 20:50
 ぴーと様

 サウンド面では〜のカキコが何回もダブってしまいまして、スンマセンでした。
ネットは、私自身パソコンを所有していないので、きっと壊れているのかもしれません。

 とにかく、「ALRIGHT」は、他にも過去の名曲の要素が入っている、楽しいしゃれっけあるナンバーです。

 生きている内に、ライブに行きたいっす。「台無し≒ダイノジ→大谷さん」の解釈は、かなりコジツケでした。ダイノジさん、申し訳ございませんでした。

 ♪そ〜〜れ〜ぢゃサヨナラお元気で〜〜♪
栗鼠公園 | 2016/03/09 12:20

Comment