sakura-blossom
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016@広島グリーンアリーナに行ってきたのよ | main | THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016@大阪城ホールに行ってきたのよ >>

肯定と興奮

広島のライブが終わって、新幹線に乗るために拾ったタクシーの中で友人に、「この3時間の『生きてる』感がすごすぎて、現実に帰ってこられない」と私は言ったのだった。

広島でTHE YELLOW MONKEYを見るのは初めてだった。会場自体はユニコーンを見るために一度来たことがあった。アリーナの後方の座席で、1日目はそれでも結構開けた視界で見ることができたのだが、2日目はかなり限定された視界でのライブになった。

でもそれが、しぬほどたのしかったのだ。

ライブ中、球根から空の青のイントロまで、ヴィジョンが隠れて見えなくなるが、そのときの感覚が、遠くにいて、メンバーの表情とかももちろんわからないけど、でも最高に興奮して楽しんでいた過去のライブのいくつかをいちばん甦らせる瞬間でもある。こういう距離感で楽しむTHE YELLOW MONKEY、がわたしの中に基準としてあるのかもしれない。

あの、ステージで何をやってるか実際の所よくわからないのに、天井知らずにブチあがるこの興奮はいったいなんなんだろう。THE YELLOW MONKEYが解散してから、私はどこかでこういう興奮をずっと求めていて、でもそれはやはりどこか違って、何が違うのか、そういうことをつらつら考えてみたこともあったけれど、結局よくわからなかった。そして歳月が流れ、私はだんだんもう「あのときの興奮」の名残を自分の中に探すことが難しくなっていたとおもう。それは自分が過去の事実を美化しているだけなのではないかと思うようになっていたからでもあるし、さらに言えばそれを確認することはもうできないのだろうとどこかで思っていたからでもある。いや、思うようにしていたと言った方がいいのかもしれない。「確認できる日が来る」と信じ続けているのはあまりにも不毛で、逆につらいように私には思えた。

今年の初め、THE YELLOW MONKEY復活の予想と希望がネットを駆け巡った時、私はとにかく、次に来る波がなんであれ、それに全力で乗っかる、ということをかなり早い段階で決めていた。それが自分の求めているものではないのではないかという想像はもちろんした。周囲がどのように思うのかが気になりもした。けれど、ここまであのバンドのことをしがみにしがんできた、こういうブログをやってきた人間として、この波に乗らないのは、すくなくともこの波に斜に構えたような態度を示すのは、違うだろうとおもったのだ。

代々木で15年ぶりに彼らを見て、ほんとに15年の距離が一瞬でゼロになるって思ったし、こういうものが見たかったんだよ、こういうとこが好きだったんだよって何回も何回も何十回も思ったけれど、あの日広島で、遠いステージを見ながら、私は天井知らずにブチあがっていて、そしてこの興奮こそが、何よりも私が飢えに飢えていたものだったのだと気がついたのだった。

THE YELLOW MONKEYを見ているときに感じる、生きていることの肯定と興奮は私にとってはやはり得難いものだったのだなと改めて思う。

帰りの新幹線の中でTHE YELLOW MONKEYのライヴ音源をシャッフルでかけて聴いていた。メカラ7の真珠色、大好きなPearl Light Of Revolution。淋しがりは激しいジョークをほしがるのさ 君は素敵 空の上で始まるオーケストラ…。とつぜん、涙がこぼれて止まらなくなった。THE YELLOW MONKEYがかえってきた、かえってきた、かえってきた…

そんなふうにおセンチの花を満開に咲かせたくなるほどに、心からいいライヴでした。

広島との愛ある癒着が激しい民生せんせいの名曲(この歌詞には「興行」というもののすべてがつまっている!)のフレーズをお借りすれば、「きみんとこに行くまでだんだんすごくなるよ」のまさにいま、途上!これからきっとどんどんすごくなるにちがいない、これから続いていく、ということの代えがたい喜びを、この先いろんな会場で実感できることが、なによりも楽しみです。

 
23:59 | comments(8) | -

スポンサーサイト

 | - | -
 
ぴーとさん こんにちは(´w`*)

先ほど広島のレポ 読んできました。
レポありがとうございました。
今回も一気に ぐぐっと読んでしまいました。
広島2日目の吉井さんのビジュアル!
好評みたいですね。
私も見たかったです(#^^#)

ツアーも進み
参加された皆さんの数も増えてきて
しかも皆さん 絶賛の嵐で…
まだ参加できてない私は
ジリジリとする日々を過ごしていました。

そんな中 今日のぴーとさんの
「2日目はかなり限定された視界でのライブになった。
でもそれが、しぬほどたのしかったのだ。」というのを読んだ途端
心がドキンと動きました。
さらに
「遠いステージを見ながら、私は天井知らずにブチあがっていて、
そしてこの興奮こそが、何よりも私が飢えに飢えていたものだったのだと
気がついたのだった」のあたりでは 
まだ イエローモンキーのライブは
一度も体験した事がない私ですが
なんだか活気ある胸騒ぎを覚えてしまい
ますます大阪が楽しみになってしまいました(〃 ̄ω ̄〃ゞ



みけ | 2016/06/18 15:42
いつもぴーとさんの記事を読んできました。

イエローモンキーを失った時、
興奮を呼び戻したかった時、
懐かしく想った時、
彼らへの気持ちを共有したかった時。

私もあの味わった事のない、
大げさでもなんでなく
至上の興奮と楽しさと幸福を味わえるあの瞬間を、
ずっと探していたように思います。
もう二度とあの感情はは蘇らないかもしれないと
自分に言い聞かせながら。

きっと同じ気持ちのファンの方が、
たくさんいるんだと思います。

私は名古屋での参戦になりますが、
現在進行形で彼らを体感できる日がやってきたんだなと日に日に現実味が増してきました。

さすがに緊張します。笑

ぴーとさんの記事を読みながら、
これからのイエローモンキーを追いかけていける事が嬉しくて思わずコメントしてしまいました。

私も早くブチ上がりたいなぁー!

これからもブログ楽しみにしています。



じゅじゅ | 2016/06/20 23:36
イエローモンキーがいなくなった15年、私は再集結を諦めていたので、今しんでもいいって思ってしまうほどの狂気のような興奮をもう2度と味わうことが出来ないんだ…と思っていました。
それが今…(ニヤニヤ)こんなことって…(ニヤニヤ)
4人が健康でしかも超絶かっこよくて「ALRIGHT」という新曲まで聴かせてくれて…
まだ代々木しか参戦していないので、正直夢だった?って気持ちもありつつ…埼玉ではまた夢のような現実を…
めぐみ | 2016/06/21 21:17
>みけさん
吉井さん、だんだん髪の毛も伸びてきて、い〜い感じのビジュアルになりつつありますよね…ウフフ、次のライヴでどうなってるか今から楽しみです。
大阪、わたしもまだまだだな〜と思っていたのに、今日チケット発送のおしらせがきて、きゅぴーん!もうすぐやん!とにわかに色めき立ちました。
大阪とTHE YELLOW MONKEYの相性はめっちゃイイ、と勝手に思い込んでいるので(いや、でもホントにそうだと思いますヨ)、私も大阪、めっちゃたのしみです!!
ぴーと | 2016/06/21 22:51
>じゅじゅさん
うれしい、うれしいコメントありがとうございます。
しみじみと何度も読み返させて頂いています。
あのバンドをずっと心のどこかに置いているひとたちが、たまさかこのブログを見て、過去をみずみずしく思い出してくれるきっかけになれればこんなにうれしいことはない、と思って続けていたようなところがあります。
名古屋、マジで、もう目の前ですね!!代々木の前、今から思い返すと本当にそうとうとっちらかっていたので、じゅじゅさんもこのとっちらかり気分を存分に味わって下さいませ!
ぴーと | 2016/06/21 22:55
>めぐみさん
ほんと、ほんとそうですよね。わたしも、特にここ何年かは、本当にもうすっかり諦めてしまわないとつらいだけだぞ、と自分に言い聞かせる日々でした。
それがまあこんなことに…(ニヨニヨ)
さいたまで思う存分、ブチあがっちゃってください〜〜!!
ぴーと | 2016/06/21 23:00
今日の城ホール2日目が私の初日です。
いやーー、ふつうに振る舞おうとか、普段どおりとか、、
ほんま、できひんしーー!!
…という事情で、ぴーとさんのブログand日記を読んで気を落ち着けようと企みましたが、、、

ヨケイニ上がってるしーー!!笑

ああ。夢か現実か。脳内妄想力が鍛えられた15年。現実が妄想を超えるよ今夜!!
にいな☆ | 2016/07/06 10:02
>にいな☆さん
テンション爆上がりな感じがよく伝わるコメントありがとうございます!
どうでしたか?
現実は妄想を超えましたか?
ウフフ〜超えたに決まってますよねウフフ〜〜
ぴーと | 2016/07/07 01:44

Comment