sakura-blossom
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016@大阪城ホールに行ってきたのよ | main | THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016@マリンメッセ福岡に行ってきたのよ >>

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016@さいたまスーパーアリーナに行ってきたのよ

THE YELLOW MONKEYにとっても初めての会場、このど田舎に(私が言ったんじゃないよ!吉井が言ったんだよ!)こんな立派なアリーナが、というわけでヒーセのfacebook情報によれば今回のツアーで一番大きな会場だそうです。

 

開演前のアナウンスで「収録が入っているのでお客様が映り込む可能性がございますー」的なことを言っていましたが、両日カメラは入っていたけど残るのは2つめのほうなのかな?吉井さんが終演後のメッセージサービスであんな風に言うってことは(形になったらいいなと思います=形になることが決まってますの意でほぼ間違いなし)、2日目の映像が残るんだろうな〜。

 

この2日間は個人的にも本当に感慨深いものになったので、ライブの感想というよりはちょう個人的な思い入れに終始してしまいそうだけどいちおうメモ書き残しておきまっする。以下曲バレしてまっする。

 

・時系列無視でまず書きますけど、2日目の犬小屋の「麝香の手首の手首」痛恨!すぎた!

・円盤になったとき音かぶせるのかな…まさか収録しないとかやめてね!?そんなことしないと思うけどさ!?

・あそこ、いっつも手首をマイクスタンドにこすりつけるようにするのが最高にえろくていいんですよね…

・そしてこれも時系列無視で書きますけどヒステリックカウボーイはどこに行った!?

・しかも2日間ともすっ飛んだ…どんだけハングリーサバイバー言いたいんや…わしはランダムにシューティングが大好きなんじゃ…

・あとこれ、初日からずーっと思ってたんですけどgimme your neckのとき必ずコーラスしてるエマかヒーセかにカメラがスイッチングするけど、ダメ!ここ吉井録ってなきゃだめ!(個人の好みを声高に主張する会会員)

・大阪での絶好調という調子の波に乗ってさいたま初日から飛ばす吉井ちゃん。っていうか収録が入ってるってのもあったんでしょうが2日目のほうが優等生というか、コンパクトですっきりまとまりもよく(MC的に)、演奏の方もここまで培ってきた阿吽の呼吸が各所で炸裂するという感じで非常に高得点!という感じでしたが、そのぶん1日目の自由人ぶりがすごかったです。もはやメンバーに甘え放題だしメンバーもメンバー同士甘え放題だし。仲良しかよ!

・1日目は久しぶりにモニタに対して腰をふりたくる吉井が見られてワーこれこれ〜!おかあさん見てあの人えろーい!みたいに喜んだ私だ

・セットリストはちょうど大阪1日目2日目の逆転でしたね。初日の衣装は皆ニューバージョン?だった気が。吉井はこの間のMUSIC DAYで着てた蛇をも殺す派手なピンクのシャツで、エマはグリーンのラメラメパンツだった。でもってヒーセのあのシャツを、どこかで見た気がしてしょうがないんですけど、どこでしたっけね…!(遠い目)

・そうそう、例のALRIGHT前の言葉は「タイマーは回り続けています」と「ARE YOU A BELIEVER?」だったので、どんどん歌詞から持ってきてますねっていう

・「見てないようで見てる」が思惑通りどんどん速さを増していっていて、いいぞいいぞ!と思っているのですが、1日目の吉井の煽りがほんと自由すぎて爆笑しました。「もっと奥まで、もっと根元まで」とかはまあいつものことなのでいいんですけど、そのあとの「だんだん気持ちよくなってきた〜〜、おとのさま〜〜〜!!!」爆笑。2日目は「最高、きみたち最高!」だったのでこっちの方がほんと優等生ですよね

・しかし私は「見てないようで見てる」が大好きすぎるのであった。こういう曲こそ、こういう曲でどんどん飛距離を伸ばしていって観客を興奮の坩堝に叩き込むところこそ、この人たちのライヴの真骨頂があると思う私です

・ところで「花吹雪」で背景の幕が赤青に二分するんだけど、あそこ色の重なる部分がちょっとした3Dに見えるよねという話を開演前に披露してあのドシリアスな名曲が笑いを提供する場になってしまったことを反省している

・1日目の「花吹雪」で鶴ちゃんのソロの前に吉井の吐息が入ったのエロくてクソビビリました

・かと思えば2日目はSUCKの最後でわざとブレス音を聞かせるという技を繰りだして私たちを轟沈させた吉井ロビン和哉

・吉井ロビン和哉といえば、といえばじゃないが、SUCKの途中で「THE YELLOW MONKEYの吉井和哉です」「もうオレはこの冠を一生取るつもりはありません」「THE YELLOW MONKEYの吉井和哉がフルネームでもいいぐらいです」「なんなら吉井はミドルネームでもいいぐらいです」「THE YELLOW MONKEY・の吉井・和哉」「これからは『の吉井』と呼んで下さい」ほんと何を言ってるんでしょうかこのひと(にこにこ)

・SUCKの絡み、あのリボンタイでマイクを結ぶのどんどん手際良くなってて笑うし、そのリボンでエマの手結んで、かつエマの左手をぐいっと引っ張って拘束してトグルスイッチ(調べた)(毎回言う)弄りに専念してた2日めのやつはなかなかでした。あれ映像に残るのよかったねー

・しかし私たちの斜め前にいたノッリノリの男子があの絡みのときマジで硬直してて、あっ、ごめんねごめんね、これ結構長く続くけどごめんねごめんねと老婆心が顔も出しましたがその後無事ノリノリに戻っていて胸をなで下ろし(余計なお世話)

・そしてどんどん長くなる各メンバーのソロ

・個人的に犬小屋のアウトロとかはもっと短くていいんだぞ!?と思います。みんな折り返しすぎて自由度に加速装置がついててとどまるところをしらない

・エマは初日の指さしがもんのすご高い位置から炸裂してて「高っ!」ってなったし、2日目は2日目で波打ちからの1.5往復指さしいただきました。ありがとうございます。毎回の新技美味しく頂いております

・2日目のヒーセの紹介のときに、さいたまはとても思い出深い街で、いろんなライブハウスでライブをした、朝まで飲んで、始発で帰って、寝過ごして、また戻って、また寝過ごして、いつまで経っても着かない、って笑いながら話していたのがすごくいい光景で、この2人の間にあるキラキラしたものが垣間見えるようでした

・こういう2人だから「ならず者アイムソーリー」みたいな曲ができあがるんだろうなって

・吉井とヒーセだけじゃなく、4人ともこの土地に思い入れがあるだろうし、それ以上に「初めての会場」っていうのも4人の昂ぶりを左右した大きな要因だったのかなって思ったりしました。やっぱり4人とも、自分たちにとっても未知のこと、というのにココロが高まっちゃう人たちなんだろうなって感じがします

・吉井の「一生解散しない」発言がツアーから2ヶ月たってyahooのニュースになってるのは代々木では入れなかったメディアがたくさんいたってことなのかもなー

・吉井はMCで、再集結してファンの人からいわれる言葉で嬉しかったのは、THE YELLOW MONKEYのいる人生が戻ってきたってこと、またみなさんの人生のBGMに僕たちを加えさせて下さい、と言っていた

・今回のツアーでは代々木以来、最後にアニーがマイクを通してひとこと何か言う、ってのが慣例になってるんだけど、2日目の最後にアニーは、「おれもねえ、言われて嬉しい言葉があって、それは『生きててよかった』ってやつ。オレも生きててよかった。生まれてきてよかったです。ありがとう、大好きだよ」と言ったのだった

・20周年のときだったかな、JAPANのインタビューで、アニーが、だから俺は死ねない、THE YELLOW MONKEYの再結成はないとしても、お前のせいで可能性をゼロにするな、って言ったことを思い出さないではいられないし、そのほかの様々なことも思い出さないではいられないし、ほんと、アニーったら!アニーったら!

 

最後にアニーに涙の海に沈められて、さいたまスーパーアリーナ2日間は終わりました。ライブは素晴らしく、見たかったTHE YELLOW MONKEYがそこにいました。さいたまは、最初の先行でチケットを1口4枚で申し込むことができたため、この日は友人4人と並んで見ました。

 

THE YELLOW MONKEYが活動を休止すると発表した日、わたしは会社のロッカーを殴って凹ませ、解散のあの白い手紙が届いた日、文字通りどん底に叩き落とされて涙も出ず、やり場のない怒りに身を浸していたことを思い出します。

 

休止から数えると15年半の歳月、THE YELLOW MONKEYのいない世界で、それでも自分のホームページの日記で彼らの思い出の縁を噛みしめたり、自分のblogで全曲感想を始めとするさまざまなエントリを書いたり、そういった愛情、情熱は、私の中に自然にあったものではなく、勝手に育っていったものでもありませんでした。私がこの15年半、未来を期待すること、期待しすぎることに一種の恐怖を覚えながらも、それでもあのバンドを諦めずにいられたのは、同じようにバンドを愛し、興奮し、時には茶化し、それでもあのバンドが自分にとって代え難い人生の一部であったことを否定したりせず、その気持ちを分かちあってくれる友人がいたからに他なりません。

 

そういった15年を過ごしてきた友人たちと同じ時間を過ごし、興奮して顔を見合わせ、手をにぎり、笑い合い、ほんとになんて変わったバンドなんだろう、なんでこんなに楽しいんだろう、どうしてTHE YELLOW MONKEYはあんなにカッコイイんだろう、そうやってライブの前にも後にも飽かず語り合って時間を過ごす。

そういう時間がもう一度、自分の人生に帰ってくる。

 

「ほんとうはわかってる 二度と戻らない美しい日にいると」「幸せな時は不思議な力に守られてるとも気付かずに でももう1回と願うならばそれは複雑なあやとりのようで」どちらも小沢健二の曲の歌詞ですが、そういった人生に必ずある、かつては確かにあり、でも今はもうすでに喪ってしまった美しい日を、わたしはこのさいたまスーパーアリーナで、もういちど体験することができました。楽しかった。幸せでした。

 

生きててよかったし、THE YELLOW MONKEYのいる世界が帰ってきたことが嬉しいし、そしてなにより、その時間をかけがえのない友人たちと共有できたことが幸せでした。

どうもありがとう。

23:29 | comments(10) | -

スポンサーサイト

 | - | -
 
ぴーとさん 大阪に続き
さいたまお疲れ様でした (=^_^=)

今回の吉井さんの衣装は
あのMUSIC DAYのシャツだったんですね。
蛇をも殺す派手なピンク(笑)
私的には すごく似合ってるなと
お気に入りの1枚です(^^ゞ

そして ♪Romantist Tasteは 
かなりグダグダだったようで(笑)

サンキューメッセージの
の吉井って…??  と
チンプンカンプンでしたが
ぴーとさんのお話読んで 
そうだったのか(笑)としっかり結びつきました (〃 ̄ω ̄〃ゞ
そしてさらにもうひとつわかった事は
映像に残らない方が さらにおいしいという事…(笑)

しかし ぴーとさん
いつも細やかなレポで 有難い限りです。
今回も ニヤニヤしながら読み終えました(///ω///)

私なんか
今回こそいろいろまるっと覚えておくぞ!と意気込んでも
終わってみれば まるでザルのように
記憶が隙間から落ちていってしまってます(〃 ̄ω ̄〃)



みけ | 2016/07/12 14:22
ぴーとさん!ありがとうございます!いろいろ蘇って、読み終わるのがもったいない…
の吉井さんがSUCKでエマの左手を拘束する所やロマンティストで歌詞ぶっ飛んだりHotel宇宙船で、の吉井さんがクルンとする左足とか悶絶する所はたくさんありましたけど、最後のアニーの言葉は忘れられないですね。そしてぴーとさんと同じく「だから死ねない」と言っていたことを思い出していました。でも今あんなにかっこよくそして笑顔でいてくれことが私達もとても幸せだなぁって。そんなことを思いつつも、の吉井さんの「麝香の手首の手首」が思い出されて「そこ間違える&#8265;&#65038;」って思ったり、頭の中が忙しいです笑
めぐみ | 2016/07/13 10:50
レポありがとうございます!
いざ文章にしようと思うと感情だけが優先されちゃうのですが、ぴーとさんの文章は感情と記憶が甦ってきて、いつもすごいなぁと思っています。
さいたま2日目に私も参加できて、バンドが初めての会場を一緒に体験できることの感動と、あの1万8000人を一体にして、どこまでも響くグルーヴに胸が震えました。
ぴーとさんが前に言っていた「ALRIGHT」の会場に任せてくれたのありましたよね。他の会場ですでにあったのかもしれませんが、心の中で「ぴーとさんの読みばっちりだなぁ!」と吉井さん並みに親指を立ててました。
色んな思い出ぃが駆け巡る、幸せなツアーですね。
まるまるこ | 2016/07/16 00:47
>みけさん
「の吉井」って、いきなりサンキューメッセージで見てもなんのこっちゃ!?ですよね(笑)ご自分では気に入ってらっしゃるのだろうか…
いやー有り難いお言葉ですけど、今回のツアーで日々何を実感しているかって記憶力の低下です。昔はもっと覚えてられたんだけどなー!
特に2days参加するともはやすべてがあやふや状態でお恥ずかしい限りです…
ぴーと | 2016/07/16 09:50
>めぐみさん
そうそうあの、ホテル宇宙船のマイクをくるんくるんするやつ、たぶん大阪からじゃないかと思うんですけど、観る度に激しさを増していておかしくてしょうがないですw
最後のアニーの言葉は文字通りヲタを涙の沼に沈めましたね、ええ…
麝香の手首の手首はマジで痛恨でした(笑)
ぴーと | 2016/07/16 09:52
>まるまるこさん
さいたまおつかれさまでしたー!メンバーにとっても初めての、しかも今回のツアー1番の大きな会場ということですごく気合いを感じたライブでしたね。
やっぱりTHE YELLOW MONKEYデカいとこ似合うなーなんてしみじみ思いました。
ALRIGHTは聴く度にツアーの中核を為す曲になっていてすごく楽しいです。
これからもっともっと育ってくれそうな予感!
ぴーと | 2016/07/16 09:55
レポ、いつも楽しく拝見させてもらっています。
初めてコメントさせて頂きます。
この日7月10日は志村正彦の誕生日だったのと、ツアーの折り返しということもあり、「Four Seasons」が演奏されるのでは…と少しだけ期待していたのですが、今回のツアーはこのセットリストで貫きそうですね(笑)
12月28日の武道館に淡い期待を抱きたいと思います。

今週末は、福岡に参戦されるのでしょうか。
地方公演は盛り上がるので、楽しんで来て下さい♪
しき | 2016/07/16 18:01
こんばんわ。「誰そ彼」に通りすがりでコメントしました者です。
それ以降のブログ読んできまして、内容に「ホントそれな!」なのと、引用のアレコレがいちいちツボです。笑

私は代々木埼玉のみでしたが、やっぱイエローモンキーのライブって性行為だなぁと。ライブが性行為なら彼らは性行為バンドなのか…あながち間違ってないな、とか。
代々木の初夜の優しさが埼玉では(色んな意味で)もう手慣れた感でしたね。しかしどっちも良い!もっとくれ!

そして私の中で過去イチで高騰する(本当よう喋るようになった)アニー株。笑
末っ子アニー筆頭にファン含めみんなが幸せそうで、愛しさと切なさと心強さと的な所に消せない一抹の不安、みたいな。

すみません、この熱量を解放する場がない為、長くなりました。汗
今後のレポも楽しみにしています!ありがとうございました!
POCO | 2016/07/18 02:05
>しきさん
初めまして!コメントありがとうございます!
FOUR SEASONS…!うおー、そう思えばなんでやってくんなかったんだヨォ、って気持ちになりますね…!私も聴きたい。できれば、フジファブがトリビュートでやってくれたアレンジで聴いてみたいです。
福岡の夜は熱かった(そして暑かった)ですよー!
ぴーと | 2016/07/19 00:31
>POCOさん
再びのお越し、ありがとうございます!
そうそう、昔から言われてましたよね、THE YELLOW MONKEYのライブのあとはセックスしたくなる!とか!なんでしょう、本能的なところに左右するのかな。もう1回、もう1回って見たくなるのも、性行為っぽい(笑)
ほんと、何がいちばん違うってアニーのぐいぐいくる感、そしてアニーの「楽しくって仕方ねえなあ!」感ですよね。あの楽しそうな顔は観る度に幸せになります。
またぜひ遊びにいらしてくださいませ〜!
ぴーと | 2016/07/19 00:36

Comment