sakura-blossom
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< THE YELLOW MONKEY@RIJF2016に行ってきたのよ | main | THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016@真駒内セキスイハイムアイスアリーナに行ってきたのよ >>

THE YELLOW MONKEY@SUMMER SONIC OSAKAに行ってきたのよ

サマソニ出るよ、土曜日は大阪だよ、って第一報が出てその土曜日がちょうど自分の誕生日、その週末は予定なし、しかも地元大阪、そりゃやっぱり…行っとかなあかんやろ!ということで2週連続のフェス参戦。

 

しかし、過酷でした!いきなりそれかいと言われるかもしれないけど、あの暑さ、日陰の極端に少ない立地、動線のまずさやトイレの少なさ、これで1日乗り切るのはほんと困難を極めると思いました。同じ会場には以前ロックロックで来たことがあって、そのときもほんっっとに暑かった…!(でも9月だったので、まだマシといえばマシ)という記憶はあったんですが、いやもう、マジでこれはきちんと考えて行動しないと倒れまっせ、というぐらいの過酷さ。

 

私の目当てはもちろんOCEAN STAGEのTHE YELLOW MONKEYだったのですが、15時50分からの予定で私が会場に着いたのが14時だったかな?その前のTWO DOOR CINEMA CLUBが14時半からだったので、そのまま直行するか、どこかのステージに寄るか迷ったけど、なにしろ暑いのとこれで入場規制とかなって入れなかったらシャレにならんな、と思ったのでそのままOCEAN STAGEに向かうことに。

 

このメインステージが入り口から最も遠い(相当!歩かされる)というのと、おそらく今日ほとんどの人がヘッドライナーのレディオヘッド目当てで来ているだろうということを考えると、レディオヘッドは全部諦めるか、見るとしても遠巻きで30分から1時間ぐらいで撤収しないと、最後のシャトルバスでしぬ思いをするだろうなという気がしました(そして実際、その予感は正しかった)。

しかし、この酷暑の中、殆ど日陰のないメインステージを組んでいるのに、そのエリアで利用できるトイレがあれだけしかない(女性が14、男性が半分の7ぐらい)というのを目の当たりにして、うーんこれは…となりましたし、熱中症予防のためには水分をたくさん補給しなくてはと思うのにしかしいざトイレに行きたくなったらどうしよう、と思うと水分補給をセーブしてしまいそうになるし、いやもうあれはちょっとマジでどうにかしないと…と思いました。男性も女性も転換時間かそうでないか関係無く常に長蛇の列でした。

 

ということでとりあえずここでトイレに行っておくしかないかとTWO DOOR CINEMA CLUBを横目で見ながら(すごく楽しかった…もっと前で見たかった)トイレミッションを完遂させて、THE YELLOW MONKEYの出番を待つことに。最初、かなりの人数が入れ替わったので、もう少し前に行こうかなーと割と突っ込んでみたんですけど、人が増えるにつれ気温と人いきれで体感温度がぐんぐんあがるし、背が低いので風も当たらずなんかもう、酸素が薄く感じるし、日差しは容赦ないし、私の中のひとが「総員撤退」を指示していたのでおとなしくそれに従いました。攻撃だけが職務ではない…!(シン・ゴジラ病)

 

わりと下がり目で見たので、周りはおそらくレディオヘッド目当てと思われる男の子が多く、それこそ「あまりよく知らないけどせっかくやるなら」という感じで見ているひとが多かった感じでした。ほぼ定刻開始だったかな?モニタに登場してくるメンバーが抜かれてたんだけど、最初に映ったアニーが「あっちい!」と言ってるのが口の動きでわかって笑いました。いやまあステージの上の気温は相当高いだろうけど、でもなあ!待ってる俺らはもっと地獄なんだよ!と言いたい私だ!

 

セットリストはSUCKのオリジナルバージョン、BURN、ROCK STAR、ALRIGHT、SPARK、楽園、バラ色の日々、パール、LOVE LOVE SHOW、JAM。ひたちなかと較べると球根がなくなってBURNが入りましたね。炎天下ということを考えるといいチョイスだったと思う!吉井はあの例の蛇をも殺す派手なピンクのシャツに黒いジャケットでしたが、BURNのなんと間奏で脱ぎ捨てるというちょっぱやぶり。いや1曲ジャケットありで歌っただけでもすごいよ…!吉井、なんか左耳を出してて、そういう髪型めずらしいな…なんかかわいい…とか思う心の余裕もだんだん生まれて来つつあり。

 

THE YELLOW MONKEYとしてはサマソニは初めて、大好きなアーティストたちと同じ場所でやれることを光栄に思う、知ってる曲があったらどんどん歌ってください、と最初のMCで言ってました。ひたちなかの時も思ったけど、やっぱりこの、ヒット曲、「皆によく知られた曲」が数ある強みって如実にあるよなあ。そういう曲ばかりで畳みかける是非はともかく、まあ再集結イヤーのフェス参加ということを考えれば、ものすごく真っ当に組んだセットリストだったなあと思います。しかし、この炎天下だし、太陽が燃えているをやるのでは!?とか思ったけどやらなかったなー、福島ではやるのかなあ…!

 

風が海からステージに向かって吹いていたので、割とメンバーの頭髪が容赦なく吹き荒らされていて、吉井もあの「わかっていてもおいしくいただいちゃう」デコ出しスタイルが本日限りの大特価セールってぐらいバンバン出てたし、でてたって言うかもう後半むしろずっとそれだし、き、貴重なものを見ている…のか…?と瞬間我に返りながらもやはりおいしくいただきました。ありがとうございます。

 

ALRIGHTのイントロのところで「人生はリベンジの連続で、俺たちにとって今日も明日もそのなかのひとつ」と言っていたり、楽園のときに「愛と勇気と絶望を」って歌いながら顔を覆った時の手が、ほんとに、さすが石膏にして保存しておきたい手ナンバー1…!と思うような美しさだったりしたのがすごく印象に残っています。ラブショーのとき、アニーのまわりに3人集まるんだけど、なにか面白いことがあったのか、歌いながら吉井がわらって「ちゃんとやれw」つって、そのまま「あなたのために歌を歌おう」をアニーをビシィ!と音がしそうなほどに指さしながら歌ってた光景とか、フェスのこんな大きなステージでも良い意味で肩の力が抜けているんだなあと思いました。

 

肩の力が抜けているといえば!最後の曲だといって俺たちのロックンロールアンセムを聞いてください、ってJAMをやったんだけど、途中「外はつめたい風」\暑い!/「街は矛盾の雨」\いいお天気!/「君は眠りの中」\起きてる!/と、何を思ったかひとりボケツッコミみたいなフレーズがぶっ込まれていやあもうめっちゃ笑いました。笑いました。新しすぎるやろ…!

 

でもね、さすが、名曲の威力。最後には猛然と客席を曲の世界に巻き込んでいてさすがでした。私の周りはほんと、吉井にシンガロング促されても1フレーズしか知らない(歌えない)って感じのコが多かったのだけど、でも吉井に誘導されて楽しく歌ってた(知ってるところはより大声で)のがかわいかったし、パールのブリッジのところで手拍子になったりするのも、そうかこういうノリになるんだな〜!と新鮮でした。

 

それにしても、THE YELLOW MONKEYを待ってる間のじりじりとした暑さがほんとに地獄で心が折れそうになりましたけど、いや実際何本か折れたけど、最後のJAMを聞いてる時に、自分の誕生日にこうしてこの曲を聞くことができてよかったって思いましたし、過酷さも含めていろいろと思い出深い1日になりました。なんだかんだこの曲にいろんなところに連れていってもらってるなあ、と改めて思ったり。

 

終わったあとはだいぶ日も傾いてきてて若干過ごしやすくはなっていましたが、いやーほんと、よくがんばった、俺!凍らせたペットボトルを持っていってよかったです、あれで命を繋いだといっても過言ではない…!日暮れまでサカナクションを密集地域を逃れてのんびり聴き、レディオヘッドはいつでも離脱できる態勢でほんの少しだけ拝見しました(スタートが押したのよねー)。20時ぐらいにバスに乗ったかな〜、その時はまだバス待ち列はほとんどありませんでした。しかし、深夜にはレディオヘッド終わりでシャトルバスに乗ろうとした人がとんだ地獄絵図を体験したと聞いて、あの過酷な状況を耐えて最後にその仕打ちかヨー!っていう。なにもかも手を引いてくれる親切なフェスがすべてではないけど、せめて生命身体に関わること(トイレとか!帰りのバスとか!)はもう少しホスピタリティをもってもバチはあたらない…!と思います!
 

22:21 | comments(9) | -

スポンサーサイト

 | - | -
 
お誕生日おめでとうございます。
大阪の暑さに命の危機を感じました。ステージのアーティストも相当だと思います。それでもサマソニ行って良かったと思います。サイドの方から見てたので、周りはファンじゃない人の方が多いかなという感じでしたが、やっぱり盛り上がってたのでこのセトリはフェスではベストだなと思いました。周りも楽しんでくれてるとやっぱり嬉しいですね。終わったら、天候、帰りの人混みが気になりサカナクション見たかったけど帰りました。
ぴーとさんのRIJFのレポを読んでなかったら、そこでセトリを知らなかったら、行かなかったので、本当にありがとうございました。
あのJAMは吉井さんの言わずにはおれないぐらいの大阪のいろんな意味での暑さに対する思いだと受け取りました。思い出になる誕生日プレゼントですね^_^誕生日ライブ素敵。
二週続けてのフェス参加体調管理大変だったのではないでしょうか。まだまだ残暑は続きますので、お体気をつけてくださいね。
今回も楽しく読ませて頂きました。ありがとうございましたm(_ _)m
コイケダ | 2016/08/21 22:53
ぴーとさん お誕生日でしたか…
遅ればせながら
お誕生日おめでとうございます(●´ω`●)

サマソニ 行けばいいやんというダンナの言葉にも
心が揺るがないほどの暑さでした(笑)
今まで フェスなど行った事ない私。
なので 今回も
ぴーとさんのレポ 
真剣に読んでしまいました(〃 ̄ω ̄〃ゞ
トイレ問題は 切実ですよね…
そして やはり暑かったみたいで…
その後お疲れ残ってませんか?
でも 素晴らしいステージを観れたみたいですし
何より 吉井さんのデコ出しスタイルが
本日限りの大特価セールって感じで
拝めたというのが羨ましかったです(#^^#)

炎天下のライブ
いつもながら軽妙なテンポで
詳しく書いてくださり
読んでるだけで
太陽のジリジリとステージの熱気を感じられました。
いつも ありがとうございます!
そして 本当にお疲れ様でした。
みけ | 2016/08/22 16:44
>コイケダさん
サマソニ…!おつかれさまでした…!ほんと命の危機を感じる暑さでしたね。
今までそれなりにフェスに参加してきましたが、大阪サマソニがたぶんいちばん過酷です…それを乗り切ったらもうこわいものはなにもない!
私もさすがに翌日の日曜日はなにもせずに休息につとめました(笑)
ぴーと | 2016/08/24 00:40
>みけさん
「心が揺るがない暑さ」…わかります。いやほんと暑い!暑かった!大阪のフェスは10月ぐらいにやってほしいです!
でもホントこの日は吉井さんのデコ出しをこれでもか!これでもか!というぐらい拝めてありがたかったです。ありがたい…?ありがたかったです(時々正気に返る例)
ぴーと | 2016/08/24 00:42
ぴーとさん、お誕生日おめでとうございます!
ステキな熱い(暑い)日はプレゼントですね!
JAMは比較的?真面目に歌う吉井さんだと思っていましたが、ぶっこんでしまうくらい暑かったんですね…笑
モンキーがフェスってなるとやっぱりフジロック出演後のバックステージでの吉井さんの顔が浮かんでしまうけれど、RIJFもサマソニもSNS等で高評価されていてなんだか安心したのと、吉井さん、良かったね!
リベンジ出来て良かったねー!って思いました
ぴーとさんも暑い中お疲れ様でした!
めぐみ | 2016/08/24 08:47
お誕生日だったんですね!これはこれは!おめでとうございます!!

サマソニは私も行きたくてうずうずしましたが、
ぴーとさんも行かれたというロックロックで9割失神状態で吉井さんを観たもので(全然覚えてなーいイエー)、
すっかり炎天下恐怖症で、去年からスタンディングに備えてこつこつ鉄分を蓄えているにも関わらずやっぱり乗り越えられる自信がなく諦めました。
当日もそわそわ、友人の行ってきたよー♪の投稿にもいいね!をためらうほど切なかった…。
なので冒頭の暑さきつさのお話に、行かなかった後悔の気持ちが救われました。正しい判断だと思えました、なんかありがとうです!
そしてぴーとさん倒れなくて良かった!

諦めようと自分を納得させる言い訳としてsuedeとレディヘが重なってるのもありまして。両方観れる感じだったらもっと迷ったなー。やばいやばい。

吉井さんのでこ出しについては他でも何度か書かれてるのを目にしましたが片耳出しヘアもあったんですね!それはかわいい!どちらも猛暑の希少なメリットですね。でこや耳や手で女子をドキッとさせるって、すごい人だ。なんとカラフルな色男なんでしょう。←?

改めましておめでとうございました♪
&大変お疲れ様でした!

aya | 2016/08/25 16:45
あ、片耳出しヘアは普通にアップされてましたね、失礼しました、そしてかわいい。
aya | 2016/08/26 00:25
>めぐみさん
ありがとうございます!台風接近の影響もあってすっかり涼しくなっt今日この頃、「あの日が暑さのピークだったのでは…」という疑念が拭い去れません…w
いやーあのJAM、相当面白かったです。私も吉井さんは暑さでヤケになっていたのではないかと思っています(笑)
しかしRIJFもサマソニもなんとか天候にも恵まれて、私も胸をなで下ろしました!
ぴーと | 2016/08/29 23:36
>ayaさん
ありがとうございます!
スタンディングに備えてコツコツ鉄分を…泣ける!いやあの日の大阪ほんと軽く地獄の3丁目でしたので無理は禁物です!
そうそうsuedeとレディオヘッドかぶってましたねえ。レディオヘッドが開演押したので、あーsuede見てくればよかった…って書いてる方もちらほらいました(でも、ギリギリだと入場規制に引っかかりかねないってあたりがこれまた)。
なんかね、夏フェス以降耳出しスタイルで行ってるみたいで、いやーふつうに、か、か、かわいいっすよね(弱い!)
ぴーと | 2016/08/29 23:49

Comment