sakura-blossom
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 吉井和哉さんお誕生日おめでとう | main | 夢の片道切符 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 | - | -

THE YELLOW MONKEY SUPER FC PARTY 2017 DRASTIC HOLIDAY@レクザムホールに行ってきたのよ

THE YELLOW MONKEYのファンクラブツアー、題してDRASTIC HOLIDAY!最初ファンの皆さんとイベントを…みたいなこと書かれててイベントて…何…と慄いていたら吉井が普通にツアーだよ!それしかできませんよ!と早々に言ってくれて助かりました。短いツアーですがちょうど折り返しあたりで地元香川に来てくれる!つーことで楽しみにしておったのですが、まさかの憂鬱の台風21号到来っていう。遠征組のかたにはなかなか過酷な状況になってしまいましたね…。

 

例によって一切セトリばれを踏んでいないので、やーなにやんのかな!レア祭りっていうし!と期待しておりました。が、1曲目はSubjectiveツアーのときと同じでDRASTIC HOLIDAYなんじゃねーの?と思っていた私。まさかの不愉快な6番街へ始まりとはー!うそー!吉井黒のシャツにパンツ、鮮やかな黄色のジャケット、スニーカーは黒で靴紐だけが黄色といういで立ち。そして!サングラスをかけていた…!あのふぁふぁパーマでサングラス…ちょうお似合い…なんかもけもけしたやつ持ってたよね良く見えなかった。あと不愉快な6番街へ普通にかっこいい…エマがね、なんとも形容しがたい柄のスーツだったんだけど、アクセサリーもじゃらじゃらつけてて、いつも以上にオラオラ感あるうえに、今回メインで(初期曲が多いから?)フライングVを使っていたので男オーラ増し増しな空気だったよ…SUKI…

 

2曲目にSUCK OF LIFE(オリジナルバージョン)!すごいな再結成後のこのSUCKの登板率!ハイキックするときに黄色い靴紐が鮮やかに目立って効果絶大でした。でもって赤裸々GO! GO! GO!で畳みかけだよ〜〜〜いつ何時出ても嬉しい赤裸々…下手の花道に吉井が出て来て、「小指の先からあの世の果てまでキスしていいんだ」で客席のコの手にちゅーってやってはりました。でもって「指切り…してくれよーーーー!!!!」のパターン!ありがとう!!だいすきだ!!!「したはずだーーー!」のパターンも大好きなのでいつかお願いしますね!(強欲)

 

最初のMCで、今日は台風でね、ほんと大変なところを来てくれて…もうずーっと一緒にいよう!台風が去るまで!(いえーいいえーいと盛り上がる客席)とか言ってくれてましたね。いいんだよ…朝までやってもいいんだよ…(無茶言うな)。始めてできたバンドの曲、でLOVERS ON BACKSTREET。これ再結成いっぱつめのツアーでやってくれたからなんかこうして割と冷静に受け止めてるけど、LOVERSてほんと日替わりとかで出たら大騒ぎしてたよなー昔!とか懐かしいことを思い出したのはホールだからかもしれない。とか感慨にふけっていたら!ら!
See-Saw Girl!!!
うっそーーーー!!!YABAI!あっそう!そうですか!そっちの扉開ける感じですか!Smileの時代が来る感じですか!いやーこれ、吉井の書いた歌詞でもかなり好きな部類にはいるやつで、でも「社会の行方よりセクシャルなことが好き/社会の悲鳴よりセクシャルな声が好き」って、なんかもう歌ってくれる気持ちになんないかもなーとか勝手に考えていたこともあったので、思わず座り込むほどうれしかった…。しかも、後ろ向きな姿勢が財産、のときに髪の毛書き上げて腰を突き上げる例の動きをまんまやってくれてほんと…おまえのそういうとこ!好きにならずにいられない!曲の最後でステージ中央でエマに寄り添ってギターのネックぐっと押さえつけてたのよかった(でもシタガミジカイ歌わなかったことない?)。そして私の見間違いでなければエマのくびもとの汗を拭って舐めてたね!あとこの曲はヒーセがどちゃんこかっこいいのだ…ヒーセ今日のお召し物も最高キュートで、黒ベルベットでラペルとカフスがイエローラメのスーツ、シャツはドレッシーなイエロードット…と完全に隙なし態勢だった。さすがでございます!

ここからアコースティックコーナーということで、メンバーにも椅子が用意され、吉井が「ふだんやらないTHE YELLOW MONKEYの楽曲をアコースティックスタイルで」「ちょっとどう?(客席も)座ってみない?」と促し。さくさく座りだす観客に「ほらーすぐ座る」っておぬしが!座れと!言うたんや!「そうだよね座りたいよね、じゃあ俺ら立とうか」アニー「待って俺叩けない」吉井「ストレイキャッツを見習え!」


吉井が1997年のヒーセの誕生日にリリースした…というのであっラブショ―を?これで?と思ったら「カップリングの…」でどびえーーー!!!!!吉井「そりゃそうでしょラブラブショーこれでやらないよ、そんな気の利いたバンドじゃない」あっスイマセン(笑)

 

この曲をリリースしたときは、本当にバンドが上り坂というか、どんどん環境も変わっていって、自分たちの生活も変わっていったころで…でもなんにもなかったときのこと、お金もない、部屋も狭い、そういう時代のこと、あと若いころなにもなかった両親のこととかね、そういうことを考えて、作った気がします、といって、NAI。

 

カップリングに名曲が多いのはTHE YELLOW MONKEYあるある(吉井和哉あるある)だけど、NAIはそのなかでも白眉というか、ほんとうに極めつけの名曲だと思うし、この楽曲を深く愛しているひとがたくさんいるし、私もそのひとりです。吉井和哉の書く楽曲の美しさが結晶となって目に見えるような曲だ。演奏が始まってしばらくしたらぽけーと勝手に涙がぽろん、とこぼれたけど、何かを思い出したとか、悲しいとかじゃなくて、ただ美しさに打たれて涙が出た、という感じだった。

 

ひとつだけ!ダメ出しをさせてもらえるとするならば!吉井ちゃんもうちょっとギター練習しよ!(きびしいファン)

 

次にアコースティックバージョンのO.K.。これ新鮮だったなー。最後O.K.のリフレインになって、それを吉井が例の吐息爆発歌唱で歌うもんだから「あっお前…それを俺らが好きだと知っててその所業…好き…」ってコロッと転がされたわたしだ。

 

このアコースティックコーナーは終始リラックスというか、楽屋モードというか、とにかく吉井!お前が楽しいのはもう、わかったから!と言いたくなるぐらい楽しそうだった。なんかほんと孫を見る目で「よかったねえ、たのしいねえ」と目を細めてしまいそうになった俺である。もともと今日のホールは香川県民ホールで、ネーミングライツで「レクザムホール」となっているわけだが、それを吉井が「今日の会場レクザムなんだよね?」と話を振り、レクザムで合っているのだが、袖から「レグザム」だって言ってるよーうそーどっちだよー楽屋はレクザムだったよね?レクザムのとことレグザムのとことある…って4人がわちゃわちゃ喋るっていう、
ハイきみらが静かになるまで1分かかりました
と小学校教諭の気分になるところであった。最終的に吉井が「よし!中間でいく!」とわけのわからない宣言をし、「REXAM」となんだか発音がいい風な空気を装っていました。何の時間だったんや!で結局話したかったのは、このホールはパンチドランカーっていう解散前にやってたツアーの時に来て、っていうか解散の原因になったツアーなんだけどね!(てへっつ)(おまえその解散ギャグいつまでも許されると思うなよ)その時この会場で具合悪くなっちゃって!袖で倒れて救急車で運ばれたっていう。歩ける歩ける!って言ったのに救急車で運ばれたっていう。でもって、ひとりでやってたときも体調崩してここ飛ばしちゃったことがあって(筆者注:2006年の39ツアーで静岡香川愛媛が吉井の体調不良により振替公演に。ちなみに愛媛はエマの誕生日ライヴになるはずであった)、そんでもう大丈夫だろう!と思ったら今日は台風!でもね、今日はみんながこうしてきてくれたからー、ライヴも無事できるし!もう苦手な感じは払拭した!なので今日はすごく機嫌がいいです、とか言っててかわいかったです。あとエマがソロで飛ばした話のときに「ん?」みたいな顔してたんだけど、突然思い出して「あっそうだったね、あったあった」吉井「あったじゃん、っていうかあなたいたじゃん!」エマ「そうだったー」吉井「ひとりでっつーかふたりでやってたんですけどねB’zみたいに!」よくもそんな口から出まかせを…ww

 

1stアルバムの最初の曲をこれからやるんですけど、1回やったことあるんだけどね?もーずーっとファルセットなもんだから声が全然でなくなってガッサガサになって。帽子叩きつけて「もう二度とやんない!」って(アニー小声で「それべつのときじゃない…」アニーさんそこちょっとkwsk)でも今日はメンバーの皆さんがキーを下げてくれるというので〜と言いながらスツールでくるくるしつつ、しかし、1stは売れなかったねー!と言い始める吉井。しばらく四国これなかったよね、俺の記憶ではSmileの頃まで海峡を渡らせてもらえなかった…とまた!ここで!4人が!一斉に喋る!いやーこのときほんと「今なんの時間…?」てなりつつも、この4人が一斉に喋る(しかもツアーのMCの時間に)っていうのがすごく新鮮だったし、あとなんかもうこっち(観客)置いといて4人がホント楽しそうでしたよ…。キーを下げるためエマがギターにカポをつけているのを紹介しながら吉井「カポって、カポさんが考えたんだよね」エマ「(またなんか言い出した…)うそだよね?」吉井「ホントホント。カポ・タストさんから名前がついたんだよ。じゃ曲行こうか」っておまえ…ほんとに息をするようにホラを…!

 

Song For Night Snailsをやったのはメカラ9でしたが、エマは初めてこの曲をライヴでやれたのが印象深いと当時言っていた記憶があります。個人的にはミラーボール欲しくなっちゃう曲でもあるなー。しかし、途中まで歌ったところで吉井がやおら「このあとアニーの絶品のフィルが入るから、みんなアニーに注目して」(エマもヒーセも注目する)さらに調子に乗った吉井、舞台袖まで捌けて「おれがAh,snail,job…つったらフィルだよ」アニー「ねえちょっと聞きたいんだけどさ、これ今曲の途中だよね?」爆笑。こうなったら止まらない吉井は「これさーフィルのあとになーいすねーるずあーんぷらーすちっくぶぎー、って歌って出てきたらなんか歌謡ショーみたいだよね!」とか言い出すし、挙句アニーに「どうする?一回失敗しとく?」律儀なアニーはちゃんと1回失敗してあげたんだけど、その時に確か「腹に力が入って…」みたいなことを言ったのよ。そしたら吉井が「会陰ね!わかる」とかぶっ込んできて「阿吽じゃなくて会陰です」何言ってんだこの人はと思わず真顔になりました。そのあと延々「会陰て知ってる?ここのね…」場所を説明し「会うに陰って書くんだよ!」と文字を説明し、ほんと何の時間なの。曲の途中ですよね!そんなに4人でわちゃわちゃやってるのが楽しいのか!おっちゃんも楽しいわ!(ダメなファン)もはや何の曲だかわかんなくなった頃合いにようやくAh,snail,job,job,job,…(ひとりエコー)で曲に戻りました…とんだ長丁場!

 

釜山の映画祭に行ってきた話とか、オトトキを四国ではやらないとか(吉井「映画館ないの?イオンは?」あるわ!イオンもあるわ!)ヒーセのおじいちゃんの故郷が高松だとか、じゃあヒーセが映画館作れば?みたいな話になるわ、ほかにもいろいろあったんですけど、ほんとトークの地図…どこ…ってなりました。あとイオンあるよーって客席から飛んだ声に吉井が「よかったねー(棒)」で返したの笑いました。笑いました。

 

菊地兄弟がTHE YELLOW MONKEYの前にキラーメイってバンドでデビューしてるって話を紹介して、網タイツ(ここに来るまでに客席に弁当のひとつも配りたい、弁当と蓋つきのお茶ね、あれもうみなくなったよねーあれと網に入ったミカン!みたいな話をするエマと吉井)とかはいてたよね?エマ「おれはぎりぎり穿いてない」アニー「私は嬉々として穿いてました」吉井「デビューしてどうでしたか、いい思いした?」エマ「うんまあそれなりには」吉井「したんだ!具体的にはどんな」エマ「うーんバブルの頃だったからねえ…」とマジで話始めて慌ててストップをかける吉井「待って!この人結構毒あるから!」「この兄弟はねえ、結構毒持ってんのよ!」アニー、俺はそうでもないと主張するもお兄さんからもヒーセからもブンブン首を振って否定されるの巻。っていうか網タイツ!どこいった!トークの地図今誰が持ってるのー!?

 

で何が言いたかったかというと、アコースティックコーナーをやるにあたって何かカバーを、って話になったんだけど、折角なのでキラーメイのデビュー曲であるFuckin' with a Virginをね!やりたいと思います!と宣言し、みんな歌詞を知らないだろうから!僕が読み上げます!とクリップボードの歌詞を読み上げる吉井…これ、まあちょっと言葉でどう説明したらいいのかわかんないけど、吉井の上に「チョーたのしい!」って吹き出しをつけたくなるほど楽しそうでした。レイノの紹介とかもしてて(真似もしてて)歌う時の声も寄せてたよなー。なんだろうね、ああいうふうにみんなでわっといろんな曲をやってみるみたいな時代や、その空気が楽しかったんだろうなっていうのがよく伝わってくるステージでした。ほんと…「腰が砕けるぜ」のときの吉井の顔をプリントしたいわ…(笑)曲の途中でみんなが立ち上がりかけたので「バージンの人は立って!」と言ったら座り始めるひとがいて(爆笑)あわてて「バージンの人は座って!」とか言いなおしてたのもめちゃ面白かったです。

 

間髪入れずにNeurotic Celebrationへ。大好きーーー!とびきり真っ赤なバナナを真っ赤な会陰に口づけをって歌っててそういう反射神経きらいじゃないぜむしろ好きだぜと思いました。途中のブレイクで、吉井がやおら「この曲はね、昔はここでぼくがI LOVE YOUと何回か言って、黄色い声援が飛んで、それでエマのギターが入るって流れだったんですけど、もう年月も重ねていて声援も…だんだん茶色く…ということで!より黄色い声を出しやすいようにエマさんに…えいんまさんに!えいんまさんに言ってもらいましょう!」気に入ったネタは天丼で使う吉井である。しかもエマがまったく臆さずI LOVE YOU連呼するのでほんと…笑いました。笑いました。基本的に絵に描いたようなgdgdでしたがみんな楽しそうだったのでよしとします(笑)汚いお金はちょと欲しい、って歌ってたかなー歌ってたような気がするんだけどなー。しかし年末感あるなこの曲!

 

続いてイエ・イエ・コスメティック・ラヴ!!!これも!また!Smileの扉が!と狂喜乱舞。イエイエなー、ほんと出ないときは出なかった…(おばあの感想)。間奏でヒーセとエマが中央に寄るところもまんまだったなー。吉井がその時に「昭和30年代生まれ〜!」って煽って、そのあと吉井はドラムのとこ寄って、アニーと「昭和40年代生まれ〜!」ってやってたのかわいいが過ぎました。ほんとSmileなにげに好きな曲多いんだよ…まだ1曲超弩級にすきなやつ出てないんですけどね…これ今回出なかったとなるといつチャンスが…吉井ちゃんお願いしますよ…(ってここで言ってもな!)

 

パールの前に吉井が髪をぐしゃぐしゃとかき乱して、なんつーのあの、濡れた犬みたいに首を振って、ジャンプして歌いだしたのがすごくよかったな。パールの間奏、かがわー!のご当地コールに客席もすごい歓声で応えてて、あのパール独特の、駆けあがっていくセンチメンタリズムにうっかり打たれて本日二度目の涙をぽろりと流してしまった私だよ。パールのおセンチメートルはまったく意図しないところで襲ってくるからこわい!

 

今回はじめてのファンクラブツアーをやってみて、またこういうこともやってみたいと思っています、その時もまた来てね、と吉井が声をかけ、そしてファンクラブの名前になった歌詞が入っているこの曲を、とバラ色の日々へ。いやー、ALRIGHTをのぞけば、これで再結成後のツアーで必ずセトリ入りしているのはSUCKとバラ色ってことになるわけで(たぶん)、バラ色は特にバンド不在の時間にその存在感を増してきた楽曲だというのがよくわかる。

 

アウトロで吉井がマイクを外したので、あかつきにー!かな?と思ったら、太陽がー!燃えているー!だった!ホールは確かに太陽が燃えているが似合うよね〜!エマが下手の花道まで来てくれて、ほんとこのひとそういうところがおさおさ怠りないと思わずにいられないのだけど、1階席の客にアピールしつつ、ふと目線をあげて2階席にびしいっと音のしそうな指差しをくれちゃうところがほんとね…ちょうど延長線上にいたので久しぶりにまともに正面から見た…やっぱヤベエよこのひと…とひとりごちた次第である。でもって吉井は上手の花道で「耳元でささやくのさ」で客にささやこうとしたらマイクがハウって「マイクが〜ハウってる〜」と歌詞を変えていて笑いました。あと何回見ても「同じ場所でまた会おう」でここ、ってステージを指さしてくれるのが本当に大好き!

 

本編最後がALRIGHT。イントロで客を煽るときに年末のライヴのこともふれつつ、おれたちは準備オーライだけど君たちはどう?って投げかけとコールアンドレスポンスからばっつりのタイミングで曲の入りにつなげていくのほんとすごいね。一種の本能なんでしょうね。「ひとつに集めて」のときに吉井が客席を指さすんだけど、アニーがまったく吉井と同じ動きで客席を指してて、そのシンクロ具合が美しかったなー。ここの間奏でメンバー紹介をやってしまうのもすっきりしててよかった。

 

アンコールはわりとあっさりめに、Ziggy StardustとDRASTIC HOLIDAYの2曲。吉井のZiggyは何度か聞いているけど、歌い始めるまえに両手を合わせて捧げるような姿勢をしていたのがとても印象的だった。そして最後にツアータイトルであるDRASTIC HOLIDAY!最後この曲なのすごい不思議な感じ!そして漂う年末感!年末ライヴやるからね、遊びに来てね、そして今日は来てくれてありがとう、気をつけて帰るんだよって曲前に言ってくれてました。終わった後も、ヒーセやエマやアニーがステージ前方まで出てきててハイタッチとかしてて、吉井はうしろでニコニコ見ていて、もっかい気をつけて帰ってね、ケガとか事故とかないようにね、と声をかけてました。うんうんありがとうきみたちもね!最後は鶴ちゃんも入れて5人で(鶴ちゃん鮮やかなイエローのシャツお似合いだった〜)肩を組んで一礼…二礼…三礼までしたところで5人がふははっとわらってのけぞったの、ちょういい光景でした。最後はヒーセとアニーがおっきいハートを手でつくってくれてたよ。ほんとかわいいなきみら!

 

ほんとに楽しいメンバーの顔ばかりにあふれた楽しいツアーでした。FCツアーということで、やっぱり一種独特の、というか、「わかってもらえてる」ひとたちの前でやるツアーという空気感があり、それはたとえば去年のアリーナツアーのような、ぜんぜんTHE YELLOW MONKEYを知らないひとでもぐんぐん巻き込んでいく、みたいなものとはやっぱりちょっと趣が違ったものだったと思います。でも再結成してすぐにそういう「わかってもらえてる」ひとたちに向けてだけのツアーができるなんて、すごいことですよ。で、当然ながらこの「わかってもらえてる」空気の中で培ったものを、年末の大舞台三連発で他者をぐんぐん巻き込んでいく、攻撃型のTHE YELLOW MONKEYにシフトチェンジしていくわけで、楽しみにしていますというほかない。12月はTHE YELLOW MONKEYの季節、今年もそれを味わえそうなのが嬉しい限りです。

 

 

THE YELLOW MONKEY SUPER FC PARTY 2017 DRASTIC HOLIDAYセットリスト
不愉快な6番街へ (Unpleasant 6th Avenue)
SUCK OF LIFE
赤裸々GO! GO! GO!
LOVERS ON BACKSTREET
See-Saw Girl
NAI
O.K.
Song For Night Snails
Fuckin' with a Virgin
Neurotic Celebration
イエ・イエ・コスメティック・ラヴ
パール
バラ色の日々
太陽が燃えている
ALRIGHT 
アンコール
Ziggy Stardust
DRASTIC HOLIDAY

23:58 | comments(10) | -

スポンサーサイト

 | - | -
 
ぴーとさん お疲れ様でした。
台風だったので 
参加組ではなかったのですが
昨日は なんだかいろいろ心配で
気になってました。

風雨が段々強くなってましたが
ぴーとさん
帰りは 大丈夫でしたでしょうか…

でも 悪天候ではありましたが
やはり楽しいひとときになったみたいで
良かったです(*´ω`*)
ヒーセやエマやアニーが
ステージ前方まで出てきててハイタッチ(゚д゚)!
うれしいですね〜
会場の皆さんはもちろんメンバーも
昨夜は特別な気持ちだったんだなぁって。

気になってたので レポうれしかったです。
ありがとうございました。
アコースティックコーナーの
立ったり座ったりしたとことか(笑)
参加した米子のあの空気を重ねながら読んでました(^^ゞ。

O.K ぴーとさんも 新鮮と書かれてましたが
私も このバージョン
とても気に入ってしまいました。
またどこかで 聴きたいな(///ω///)

最後の
「やっぱり一種独特の、というか、
「わかってもらえてる」ひとたちの前でやるツアーという空気感があり‥」
ところ。
FCツアーは 初めての体験でしたが
参加して良かったなぁと思いました。
毎年は無理かもしれませんが
また いつかこんなツアー 
やっていただきたいなぁ+。(〃・ω・〃)。+゚
みけ | 2017/10/23 15:19
読み応えあるレポありがとうございました&#128522;
耳があまり良くない 私は びわ湖ホールの時も
曲はもちろん楽しめるんですが メンバーのわちゃわちゃ
会場が笑いに包まれてるのに 笑いのツボが分からず
少し 寂しい想いも&#128517;
ぴーとさんの笑い満載レポで納得できました
そりゃ 会場が違うので 内容は違うと思うけど 面白い
この 緩〜い感じがファン限定ライブですね

実は私は オープニング曲 不愉快6番街へがだいすきなんです&#128536;
それ聴けただけで 満足&#10084;この時 持ってたものは黄色い 頭蓋骨ですね

私はよく分からないんですが どなたかのオマージュですかね?



しんまま | 2017/10/23 15:24
ぴーと様
 おしさうごじゃります。以前コメチマチタ栗鼠公園です。私の近況報告をてみぢかに。
 長野后わSLS某コンニビ申込み数十秒で瞬札に泣きくづれる(自爆)、松戸にてシャツをゲットダゼ
 メカラウロコ27わ武道館場外正面玄関(マケヲシミチョヲ存〜ニャシィト)ヨリ堪能、パンドラ他半ナマで聞けて感無量でチタ。スタッフサソやや白ひ目に…ヲリのせいで今年わ福岡?
 デヴィッドボヲイ展行テきたのヨ〜トイレが中に無かったのが辛かタザンスが、レコード代であの情報量わお得でしたロビンサンがどんだけ見格好で影響うけてたか、衣装を見てウナウナナ〜ウナヅキマ〜チ コア ノマ〜チ
 ベスト盤購入、吸盤でわなく休符でぃも泣く、旧譜と較べると、やや落ち着いた、大人びたSoundですネ。ダメ元でドウム予約抽選を試みたら、当選っチアパッチ舞いました〜ヤタ〜〜ヤタ〜ョ〜ヲ〜ぅヲウ、ハヂメテ〜ノヲ〜←ヤメンカ ああ、全然てみぢかぢゃあ内視。ホントスンマセン。もう一日もぴ さんにて。
 先月わヒーセオヤビンのマークボラントリビウトライヴに行ってメリヤスた。三國サソもいらしゃり、お二方ともスゲェ距離から拝めて至福の一時アリガタヤァ〜オヤビンとちう出場でしたが、ステェヂにシンデレラ階段があって、そこに上がって4弦掻き鳴らしたトキャモヲ〜牛
 ヂョ カピヴィラサソのラヂヲ番組を先日ヱアチェツク、最新曲のスタ ツそりわ会社名デショ、ならぬスタアヅを配信ヨリいち早くチェック芻。プライマル。をしたぢきにしたにをいのする、ネットリ感もときをりオトトキ醸し出す楽曲ッスネ。ドウムのTシャツが、何で曼荼羅ナニョ加賀分かりやした調いまチた
〜すりのみョ、蟻、の蟻を、ロビンサソライヴで蟻アリアリ〜と人間リヴァヴをヱヘクトしそう、とほくそ笑み。
 昨日は夜中ヌ横浜公演を録画出来ちょをでしたが、1ぢかんはみぢかすぎッショ
とまあこんな床でした。
 ああ、スンマセン、ヤッパシイッパシ長くナッチマッチマッタヒ〜&#8252;
 そうですか、ぴーとさん、今回の地方巡業にも行かれたのですネ……一発目わ♪りぇ〜でいまどを〜〜ンニァや〜デシタカ。何かメカラウロコを各地で展開されているやうデスナ。
&#160;O.K.わアコギ版でしたか、あこぎデスナ〜ナンチテ
 こぢん的にわ、2デイヅで、熱帯夜、嘆くニャリ(ニヤリ、玄人"ニヤリ)〜とヱレキなO.K.が聴けたら理想的です、上半期わ控え目な活動で、ぢらされ感がございましたので、残り3連戦わ 慰焦(サカサニヨメヴァムフフノフ)らしく演奏って貰えると今年のヨゴレが一掃できます。
 メカラウロコ、福岡に転勤か出張したひ、12月限定デ&#8252;ぴーとさんのメカラウロコBOXの段、段だけに、暖、 まりました、とても染みました。
 すづしくなりました、ご健在の黄猿愛を犇々感ぢるライヴなブログ、言葉におこしていく作業は凄く大変かと思いますが、黄猿さん達と共に老けていっても、影で応援しています。ご自愛ください。♪大卵で遭いませうぅGoゴヲ〜♪赤裸々で嘘つきニャ チョッ8カイ的にイッてる残念なコメにお付き合いありがとやンした〜m(_ _)m×20
栗鼠公園 | 2017/10/23 17:25
ぴーとさん、こんばんは。
ライブ後すぐのレポありがとうございます!3回呼んでぐっすり眠りにつきました☆
私は今回米子と香川に参加しましたが、同じツアーに複数参加するのは初だったんですけど、同じセトリでも楽しさがこんなに違うなんて( ≧∀≦)
FC限定というのもあって、メンバー全員が喋ってくれて本当に楽しかったです〜♪
Fuckin' with a Virginの歌詞の読み上げもあんなに面白かったのに、あんな良い曲だとは(笑)
アルバムに入らんかなーと思ってしまいました(*≧艸≦)
私はこれで今年のライブは終了なので、残りはぴーとさんのレポを心待ちにしておきます!いつか絶対メカラとドームに行きたい!
それまでこのブログでしっかり予習復習させていただきますね(^^)
moca | 2017/10/23 20:01
>みけさん
ありがとうございます〜。私はおそらく、あの会場にいた人の中でもかなり恵まれた部類(会場から家まで余裕の徒歩圏内)ですので、ものすごく楽に参加させてもらえました。遠征の方は帰りの手段もふくめて、きっと気が気ではなかったでしょうね…
アコースティックコーナーの吉井さんは座れっつったり、座るんかいつったり、非常にめんどくさい男の本領発揮でしたね!あっはっは
ぴーと | 2017/10/24 23:38
>しんままさん
今回、MCで全員がわちゃわちゃ喋るので、余計聞き取りづらいところはありますよね!私も「頼む順番にしゃべってくれえ〜」と何度か思いました(笑)
いやしかし今回最大のサプライズですよね、不愉快な6番街へ!まさか聴ける日がくるとは〜!と私も感激しました。しかも、かっこよかったし!
吉井さんが持っていたのは頭蓋骨だったんですね〜、どなたかのツイートで拝見したところ、どうやらボウイのオマージュみたいです!
ぴーと | 2017/10/24 23:55
>栗鼠公園さん
コメントありがとうございます、台風に見舞われながらもなんとかFCツアーのライヴに参加できてほっとしています。
今年前半の凪がウソのように、後半怒涛怒涛の露出なので、がんばって12月28日まで追いかけまわしたいと思います!
ぴーと | 2017/10/24 23:58
>mocaさん
歌詞の読み上げはほんとーーーーーーーーに!!!面白かったですね。文字通り爆笑しました。ウケるとどんどん調子に乗る吉井ちゃんが拝めて良きかな、良きかなでした。
ここは巨大な楽屋なのか!?といわんばかりのリラックスしたメンバーが見られて楽しかったです。このあとは大箱3連発なので、ここでみんな(ファン)に可愛がられた愛を栄養分に炸裂してほしいと思います!
ぴーと | 2017/10/25 00:04
こんばんは!
読んでて、私の時もこんなに楽しかったんだっけ…と焦りましたが、コメントで会話がうまく聞き取れなかった方が他にもいらっしゃって、私の老化が原因ではないとわかって安心しました!
琵琶湖、吉井さんの声がすごく響いてて聞き取り辛かったんですよね…しかもツアー始まったとこだから絶対後半に向かうにつれてネタがくられていってるはずだし!
そのわちゃわちゃ感は絶対的大好物なのに、存分に味わえなくて本当に勿体ない!
でもこちらで毎度の通り記憶と照らし合わせながら楽しませてもらえました、ありがとうございました!
aya | 2017/11/02 00:59
>ayaさん
こんばんは!ありがとうございます、楽しんで頂けてうれしいです。
いやー今回のトーク(?)コーナー、みんながいっぺんに喋るから「今なんて!?」みたいなことがたくさんありました…たぶん本人たちがいちばん楽しいやつ…いいことだ…(笑)
ぴーと | 2017/11/08 23:24

Comment