sakura-blossom
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 鬼ヘビ | main | おめでとう >>

DECADE

むしゃくしゃしたのでblogお休みしている間に自分のサイトにあげていた文章を載せる。だからむしゃくしゃしてやったんだって。反省はしてないんだって。

----------------------------------------------------------------

先週の週末は、お友達のお誕生日会にかこつけて、新横浜のホテルに泊まり10年前、つまり1999.3.10を思い起こして3.10のビデオを頭からケツまで流すという、ある意味自虐的な集まりをしてきました。それだけじゃなんなので、ユニコーンのDVD見たり美味しいお菓子を食べたり食べたりして、3.10見ながらでもあーもうげらげら笑えるな!ってことに安堵したり月日の長さを思ったり、横アリまで行っていやがおうにも思い出すな!とか浸ってみたり。たりたり。

去年の9月に静岡→鎌倉→東京普通列車の旅、をやったときなーんも考えずに新横浜に泊まって、それであまりに進んだ新横駅前の再開発っぷりに驚き、そして久しぶりに来た新横で一気によみがえるあれこれにめまいのような気分も覚え、あーもう思い出が目詰まりをおこしておることだよと思ったんでした。そのときに、これは一度「デフォルメした思い出を指通りよくしよう会」でも開かねばなあ、とふと思い立ったのがきっかけ。そしてよくよく考えてみれば、もうあれから10年なのだった。

10年前の私たちはおかしかった。あまりにも夢中で、イレアゲていて、バカで、必死で、みっともなくて、純粋だった。有り体に言えばくるっていた。4日間もある横浜アリーナの公演に、全日参加するということが私の周りの友人の中では『当たり前』のことだった。1999年の3月10日は水曜日、週中のド平日を、年度末のこの忙しい時を、私はなんと言って会社を休んだのか、もうまったく覚えていない。しかし「行かない」などという選択肢はこれっぽっちもなかったのだ。町中の喫茶店からジグソーのスカイハイが流れてくるだけで興奮していた私たちのテンションは、祭りの最後となる3.10の終演後も落ちることがなかった。横アリにほど近い居酒屋をファンで埋め尽くし、知らない人と笑いあい、何度も泣いて、何度も乾杯し、別れ際にまた泣いて、何度も何度も手を振った。思い出の新横浜。

先日発売されたJAPANのインタビューで、吉井はたとえばTHE YELLOW MONKEYの影がちらついたりすることに「もういいかな」「もうないわあ」と発言していて、それを読んだときには一瞬、またそういうことを言うこの人は、といつもの剣呑な心が頭をもたげそうになったのだけど、でも一方でそれはなんとなくわかるな、とも思ったのだった。いま私の中にあるTHE YELLOW MONKEYに対する感情を、無理矢理一言でまとめるなら、やっぱり「もういいやあ」という言葉に尽きるような気がするからだ。でも、この「もういいやあ」という言葉、字面、イメージ、そういうものから思い浮かべるどんな感情も、今の私の気持ちに近いわけではないのだけど、でもあえて言葉にするなら、もういいや、としか言えないような気がするのだ。

もう(再結成しなくても)いいや、もう(4人でやらなくても)いいや、もう(THE YELLOW MONKEYの曲を聴けなくても)いいや、そういう「もういいや」ではないのだ、それだけははっきり言っておきたい。年末の武道館で聴いた天国旅行は、ある意味その決定打だったのかもしれない。あの天国旅行は素晴らしかった。楽曲の持つパワーを、改めて思い知らされた。私は、吉井和哉が天国旅行を歌っている!というセンチメンタルな思いよりも、その楽曲のすごさに圧倒されたと思う。そして同時に、これは吉井和哉という人がTHE YELLOW MONKEYの天国旅行という曲を歌っているという、ただそれだけなのだなとも思った。当たり前だが、そこにもはやTHE YELLOW MONKEYはいないのだ。

もうTHE YELLOW MONKEYはいない、失ったものは失ったままにしておくしかない、その本当の意味が、今ようやくわかってきたのだと思う。それだけのことを本当に「わかる」のに、3.10から10年、最後のライブから8年、最後通牒から4年半かかった。もうTHE YELLOW MONKEYはいない。だから、もう、いいよ。もう解放してあげる。繋がれた鎖の端を、離したつもりでまだずっと握っていた。私はそれに、ずっと気がつかないでいたんだ。

SO ALIVEに収録されている「悲しきASIAN BOY」は横浜アリーナで収録されているが、最終日のものではない。吉井和哉は、ありがとう、横浜ありがとう、最高!と叫んでいる。彼はこのことを覚えているだろうか。113本も回ったあのツアーの、つらい記憶だけが、まだ彼の中に残っているのだろうか。それを思うと、寂しい気持ちも過ぎるけれど、でも彼には彼の、彼にしかわからないTHE YELLOW MONKEYへの愛情があったことを、私は疑ったことはないし、彼が心底あのバンドを愛していたことも、彼に言われるまでもなく真実だろうと思っている。その気持ちは私たちには決して手の届かないところにあって、同じように、私たちのあの10年前の熱狂も興奮も、その記憶も、彼の手の届かないところにあるのだろう。あの時間は帰ってこない。THE YELLOW MONKEYはもういない。

もういいや、とあなたはいえるようになった。
もういいや、とわたしも思えるようになった。
10年。

10年前の私たちはおかしかった。有り体に言えばくるっていた。
そして世界中の誰よりも、幸せだった。

2009.03.10

23:27 | comments(9) | -

スポンサーサイト

 | - | -
 
パンチドランカーツアー、私は、メカラも含めて9本に参加し、
それは決して多いとは言えないかもしれないけど、少なくはない本数だったと。
少なくとも、1年かけたツアーに、いろんな土地に行くほど、1アーティストやバンドにハマったことはなかったし。
参加はできなくても、今日も、どこかでライブやっているんだなぁってことに、思いを馳せたりすることが楽しかった。
でも、失敗だった、つらかった、と語られることに、言葉が足りない為に誤解を招くような発言だったにせよ、
寂しい思いを感じたりもした。

ソロになり、1度は、その音楽に魅力を感じなくなり、離れてしまい、
自分でも悲しかった。
でも、友達に39の武道館に誘われ、7年ぶりに年末の九段の懐かしい匂いを感じられ、
またずっぽり引き戻されちゃいました。
今また、吉井さんの発言に一喜一憂させられながらも、そんな発言も人間らしくて好きだなぁと。

なんか、ちょっと自分の思い出語っちゃいましたね。
毎度長くて、すみません。
あのツアーは、ファンの分だけ、いろんな思いが刻まれた特別なものだったと思います。
多分、彼ら自身が思っている以上に。

ユリイカのサイト、今日で10周年ですよね?
吉井さんの誕生日と共におめでとうございます!!
はな | 2009/10/08 02:12
サイト開設10周年おめでとうございます!
私、確かあの日カウンター10番踏んじゃったんです。
(ビビりなもので書き込めなかった)
あれからもう10年、怖いくらいに早いです。
『もういいかな』『もうないわあ』
この夏くらいに、私も「もういいか」と思えるようになったと感じた時があったんですが、
少し時間が経ったらまた揺らいで来ちゃったんですよ。
『おかしかった』『くるっていた』と
形容出来て、とても羨ましいです。
私は「狂い尽くせていないので」
どうやらまだ現在進行形らしいですわ。
夢から覚めない夢っていうようなのかしら(汗)
ジョナ | 2009/10/08 06:13
皆さんが感じる所の「もういいや」っていう感覚は…吉井さんが最近よくおっしゃってた「これでいいのだ」という言葉と繋がるのかなぁ?とも感じたのですか、いかがでしょう?
HPが10周年なんですって?!
おめでとうございます!
「振り向けば道になる」ですね。
これからも一杯の素敵な思い出が積み上がる事をお祈りしています。
 | 2009/10/08 17:51
うぅ、このような文章を読ませていただいたら、またまた胸がキュンキュンしてきました。
そんな私はまだ、鎖の端っこを手放せないでいるのかもしれませんね。
ただ、今では、私のこの耳と目で感じられなくても良いから、この地球のどこかで歌っていてくれれば幸せだわ、的な感じになってはおります。
今日もモバイルでは、相変わらず吉井さんは、ウザくて可愛くて愛しいです、笑。
skinny | 2009/10/08 21:54
解散発表の年までの10年くらいの【THE YELLOW MONKEYと自分】の記憶がほぼなくて。去年くらいにドームのDVD久々に見て『NO.1…asian』って言ってんのに驚いたくらいですから…はははぁ…あんなに大好きなバンドの最後までをちゃんと見届けなかったことをずっと後悔してました。逃げてましたから。去年の武道館見て後悔してもしょうがないと笑っちゃいました。10年前のあの日が『幸せだった』に泣きました。
しかしグッドなタイミングで胸の内見られてんじゃないかと思うような内容で…好きになりそうです。はーと。
幸せな瞬間にたくさん遭える一年でありますように。
ろんどぅんで仕事ってことはアニバーサリー関係ですかねぇドキドキ
吉美 | 2009/10/08 22:06
もういいや、と思えるようになってから、また世界が広がったような気がして
それも含めて今すごくたのしいです。

ユリイカ!も祝・10周年!これはとてもすごいことだ!
これからもぴーとさんの文章を読めるのを楽しみにしています。
ちなみ | 2009/10/08 23:15
ユリイカ10周年おめでとうございます。そしていつも楽しませていただいてありがとうございます。今日、徹子の部屋で香山リカさんが、人は悲しかったことを思いだしがちだけど、もっと楽しかったことを何度もなんども思い返して幸せな気持ちになればいいんだと言っておられました。私達も楽しかったTHE YELLOW MONKEY との思い出で幸せな気持ちになればいいんだね。
YOKO | 2009/10/09 00:08
>はなさん
そうですね。あのツアーは本当に、参加した人の数だけ思いの深さがあるものだったと思います。正直わたしも、あのツアーがなかったら、こんなトラウマのように彼らのことを延々と思っているかどうか怪しかったかもしれません。そしてそれはおそらく、はなさんが仰るとおり当人たちが思っている以上のものなんですよね。
ユリイカへのコメントありがとう。
とても嬉しいです。
これからもぜひともご贔屓に。

>ジョナさん
そう、私は確かにどこかで「狂い尽くした」というような気持ちがあるのかもしれません。不思議なことに、解散した時点では全くそんなことを思っていなかったのに、です。これってどういう心境なんでしょうね。諦めともまた違う感覚で、正直自分でもうまく言葉にできません。
サイトの方では10年の長きに亘るご愛顧、本当にありがとうございます。これからも可愛がってやってください。

>俊さん
なんなんでしょうね。自分でも本当になんというか、「もういいよ」と言ってあげたい気持ちが出てきたというか。執着や未練が消えるというのとはまた違う感じなんですよね。
お祝いのコメント、ありがとうございます。本当に振り向けば道になる、ですね。歩いてこないと道はできないという当たり前のことを実感しております。

ぴーと | 2009/10/09 00:24
>skinnyさん
ほんとそうですね。いろいろと欲望は果てしがなく、でも結局のところ、彼らが生きて元気で、音楽とともにある生活をしてくれていればそれでいい、と私も心のどこかで思っているところがあります。思い出は永遠だし(笑)、その思い出分だけでも十分なほどの楽しさを貰ったなあなんて。

>吉美さん
ドームをきちんと観ることができなかった、という人は私の回りにも何人かいました。それもよくわかる気がするなあと思います。あの時のドームも、最後のJAMのドームも、好きだからこそ、つらい、と思ってしまうというか。
いろいろと大変なバンドを好きになってしまったものです(笑)

>ちなみさん
そう、私もいろんなことが違う視点で見られるようになった気がします。不思議ですよね、気持ちひとつなのに。
ユリイカへのコメントありがとう。長きに亘るおつきあいに感謝いたします。でもって、これからの10年は一層濃いおつきあいを所望します(笑)

>YOKOさん
ありがとうございます、嬉しいです。人間ってよくしたもので、最後に残るのは楽しかった記憶のほうだと思うんですよね。5年後よりも10年後の今の方が、あの頃がきらきらと思い出されるような気がします。
ぴーと | 2009/10/09 00:35

Comment