sakura-blossom
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016@さいたまスーパーアリーナに行ってきたのよ

THE YELLOW MONKEYにとっても初めての会場、このど田舎に(私が言ったんじゃないよ!吉井が言ったんだよ!)こんな立派なアリーナが、というわけでヒーセのfacebook情報によれば今回のツアーで一番大きな会場だそうです。

 

開演前のアナウンスで「収録が入っているのでお客様が映り込む可能性がございますー」的なことを言っていましたが、両日カメラは入っていたけど残るのは2つめのほうなのかな?吉井さんが終演後のメッセージサービスであんな風に言うってことは(形になったらいいなと思います=形になることが決まってますの意でほぼ間違いなし)、2日目の映像が残るんだろうな〜。

 

この2日間は個人的にも本当に感慨深いものになったので、ライブの感想というよりはちょう個人的な思い入れに終始してしまいそうだけどいちおうメモ書き残しておきまっする。以下曲バレしてまっする。

 

・時系列無視でまず書きますけど、2日目の犬小屋の「麝香の手首の手首」痛恨!すぎた!

・円盤になったとき音かぶせるのかな…まさか収録しないとかやめてね!?そんなことしないと思うけどさ!?

・あそこ、いっつも手首をマイクスタンドにこすりつけるようにするのが最高にえろくていいんですよね…

・そしてこれも時系列無視で書きますけどヒステリックカウボーイはどこに行った!?

・しかも2日間ともすっ飛んだ…どんだけハングリーサバイバー言いたいんや…わしはランダムにシューティングが大好きなんじゃ…

・あとこれ、初日からずーっと思ってたんですけどgimme your neckのとき必ずコーラスしてるエマかヒーセかにカメラがスイッチングするけど、ダメ!ここ吉井録ってなきゃだめ!(個人の好みを声高に主張する会会員)

・大阪での絶好調という調子の波に乗ってさいたま初日から飛ばす吉井ちゃん。っていうか収録が入ってるってのもあったんでしょうが2日目のほうが優等生というか、コンパクトですっきりまとまりもよく(MC的に)、演奏の方もここまで培ってきた阿吽の呼吸が各所で炸裂するという感じで非常に高得点!という感じでしたが、そのぶん1日目の自由人ぶりがすごかったです。もはやメンバーに甘え放題だしメンバーもメンバー同士甘え放題だし。仲良しかよ!

・1日目は久しぶりにモニタに対して腰をふりたくる吉井が見られてワーこれこれ〜!おかあさん見てあの人えろーい!みたいに喜んだ私だ

・セットリストはちょうど大阪1日目2日目の逆転でしたね。初日の衣装は皆ニューバージョン?だった気が。吉井はこの間のMUSIC DAYで着てた蛇をも殺す派手なピンクのシャツで、エマはグリーンのラメラメパンツだった。でもってヒーセのあのシャツを、どこかで見た気がしてしょうがないんですけど、どこでしたっけね…!(遠い目)

・そうそう、例のALRIGHT前の言葉は「タイマーは回り続けています」と「ARE YOU A BELIEVER?」だったので、どんどん歌詞から持ってきてますねっていう

・「見てないようで見てる」が思惑通りどんどん速さを増していっていて、いいぞいいぞ!と思っているのですが、1日目の吉井の煽りがほんと自由すぎて爆笑しました。「もっと奥まで、もっと根元まで」とかはまあいつものことなのでいいんですけど、そのあとの「だんだん気持ちよくなってきた〜〜、おとのさま〜〜〜!!!」爆笑。2日目は「最高、きみたち最高!」だったのでこっちの方がほんと優等生ですよね

・しかし私は「見てないようで見てる」が大好きすぎるのであった。こういう曲こそ、こういう曲でどんどん飛距離を伸ばしていって観客を興奮の坩堝に叩き込むところこそ、この人たちのライヴの真骨頂があると思う私です

・ところで「花吹雪」で背景の幕が赤青に二分するんだけど、あそこ色の重なる部分がちょっとした3Dに見えるよねという話を開演前に披露してあのドシリアスな名曲が笑いを提供する場になってしまったことを反省している

・1日目の「花吹雪」で鶴ちゃんのソロの前に吉井の吐息が入ったのエロくてクソビビリました

・かと思えば2日目はSUCKの最後でわざとブレス音を聞かせるという技を繰りだして私たちを轟沈させた吉井ロビン和哉

・吉井ロビン和哉といえば、といえばじゃないが、SUCKの途中で「THE YELLOW MONKEYの吉井和哉です」「もうオレはこの冠を一生取るつもりはありません」「THE YELLOW MONKEYの吉井和哉がフルネームでもいいぐらいです」「なんなら吉井はミドルネームでもいいぐらいです」「THE YELLOW MONKEY・の吉井・和哉」「これからは『の吉井』と呼んで下さい」ほんと何を言ってるんでしょうかこのひと(にこにこ)

・SUCKの絡み、あのリボンタイでマイクを結ぶのどんどん手際良くなってて笑うし、そのリボンでエマの手結んで、かつエマの左手をぐいっと引っ張って拘束してトグルスイッチ(調べた)(毎回言う)弄りに専念してた2日めのやつはなかなかでした。あれ映像に残るのよかったねー

・しかし私たちの斜め前にいたノッリノリの男子があの絡みのときマジで硬直してて、あっ、ごめんねごめんね、これ結構長く続くけどごめんねごめんねと老婆心が顔も出しましたがその後無事ノリノリに戻っていて胸をなで下ろし(余計なお世話)

・そしてどんどん長くなる各メンバーのソロ

・個人的に犬小屋のアウトロとかはもっと短くていいんだぞ!?と思います。みんな折り返しすぎて自由度に加速装置がついててとどまるところをしらない

・エマは初日の指さしがもんのすご高い位置から炸裂してて「高っ!」ってなったし、2日目は2日目で波打ちからの1.5往復指さしいただきました。ありがとうございます。毎回の新技美味しく頂いております

・2日目のヒーセの紹介のときに、さいたまはとても思い出深い街で、いろんなライブハウスでライブをした、朝まで飲んで、始発で帰って、寝過ごして、また戻って、また寝過ごして、いつまで経っても着かない、って笑いながら話していたのがすごくいい光景で、この2人の間にあるキラキラしたものが垣間見えるようでした

・こういう2人だから「ならず者アイムソーリー」みたいな曲ができあがるんだろうなって

・吉井とヒーセだけじゃなく、4人ともこの土地に思い入れがあるだろうし、それ以上に「初めての会場」っていうのも4人の昂ぶりを左右した大きな要因だったのかなって思ったりしました。やっぱり4人とも、自分たちにとっても未知のこと、というのにココロが高まっちゃう人たちなんだろうなって感じがします

・吉井の「一生解散しない」発言がツアーから2ヶ月たってyahooのニュースになってるのは代々木では入れなかったメディアがたくさんいたってことなのかもなー

・吉井はMCで、再集結してファンの人からいわれる言葉で嬉しかったのは、THE YELLOW MONKEYのいる人生が戻ってきたってこと、またみなさんの人生のBGMに僕たちを加えさせて下さい、と言っていた

・今回のツアーでは代々木以来、最後にアニーがマイクを通してひとこと何か言う、ってのが慣例になってるんだけど、2日目の最後にアニーは、「おれもねえ、言われて嬉しい言葉があって、それは『生きててよかった』ってやつ。オレも生きててよかった。生まれてきてよかったです。ありがとう、大好きだよ」と言ったのだった

・20周年のときだったかな、JAPANのインタビューで、アニーが、だから俺は死ねない、THE YELLOW MONKEYの再結成はないとしても、お前のせいで可能性をゼロにするな、って言ったことを思い出さないではいられないし、そのほかの様々なことも思い出さないではいられないし、ほんと、アニーったら!アニーったら!

 

最後にアニーに涙の海に沈められて、さいたまスーパーアリーナ2日間は終わりました。ライブは素晴らしく、見たかったTHE YELLOW MONKEYがそこにいました。さいたまは、最初の先行でチケットを1口4枚で申し込むことができたため、この日は友人4人と並んで見ました。

 

THE YELLOW MONKEYが活動を休止すると発表した日、わたしは会社のロッカーを殴って凹ませ、解散のあの白い手紙が届いた日、文字通りどん底に叩き落とされて涙も出ず、やり場のない怒りに身を浸していたことを思い出します。

 

休止から数えると15年半の歳月、THE YELLOW MONKEYのいない世界で、それでも自分のホームページの日記で彼らの思い出の縁を噛みしめたり、自分のblogで全曲感想を始めとするさまざまなエントリを書いたり、そういった愛情、情熱は、私の中に自然にあったものではなく、勝手に育っていったものでもありませんでした。私がこの15年半、未来を期待すること、期待しすぎることに一種の恐怖を覚えながらも、それでもあのバンドを諦めずにいられたのは、同じようにバンドを愛し、興奮し、時には茶化し、それでもあのバンドが自分にとって代え難い人生の一部であったことを否定したりせず、その気持ちを分かちあってくれる友人がいたからに他なりません。

 

そういった15年を過ごしてきた友人たちと同じ時間を過ごし、興奮して顔を見合わせ、手をにぎり、笑い合い、ほんとになんて変わったバンドなんだろう、なんでこんなに楽しいんだろう、どうしてTHE YELLOW MONKEYはあんなにカッコイイんだろう、そうやってライブの前にも後にも飽かず語り合って時間を過ごす。

そういう時間がもう一度、自分の人生に帰ってくる。

 

「ほんとうはわかってる 二度と戻らない美しい日にいると」「幸せな時は不思議な力に守られてるとも気付かずに でももう1回と願うならばそれは複雑なあやとりのようで」どちらも小沢健二の曲の歌詞ですが、そういった人生に必ずある、かつては確かにあり、でも今はもうすでに喪ってしまった美しい日を、わたしはこのさいたまスーパーアリーナで、もういちど体験することができました。楽しかった。幸せでした。

 

生きててよかったし、THE YELLOW MONKEYのいる世界が帰ってきたことが嬉しいし、そしてなにより、その時間をかけがえのない友人たちと共有できたことが幸せでした。

どうもありがとう。

23:29 | comments(10) | -

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016@大阪城ホールに行ってきたのよ

THE YELLOW MONKEYが大阪城ホールにやってくる!ヤァ!ヤァ!ヤァ!というわけで行ってまいりました大阪城ホール。いろいろと引越を重ねていてあまり地元意識がない私でもやはり城ホールには思い入れがあります。だって最初にTHE YELLOW MONKEY見たの城ホールだしね!

 

このあとさいたま福岡神戸と怒涛の勢いで続くので、もうレポっていうかメモ書きっていうかいやメモですらない、書きたいことだけ書いておくアレです。アレってドレだ。以下曲バレしてますのでお気をつけ下され。

 

 

まずなによりも2日目にROCK STARをやったこと!名古屋と仙台で出たのは知っていて、1日目にZOOPHILIAがきたから2日目にやってくれるのではないか?と期待はしていたのだ。期待はしていたのだけど、ROCK STARはいずれやるだろうなーと思っていた楽曲でもあるし、めっちゃレア!という感じもしないだろうと思っていたのだけど、実際に今日あのイントロを聴くとうわあああ私が思い上がってましたああああって気持ちになった。っていうかまだツアーのうち3回しか披露されていないとかマジ無関係の安定感、そして爆発力、THE YELLOW MONKEYのライヴを支え続けた屋台骨の威力をまざまざと感じた。だってラブコミと入れ替えで、シングル曲でもなんでもないのにあっという間に沸点にもってきますもん。自分のブログを引用するとかMAJIでKIMOWOTAにもHODOがあるけど、でも全曲感想の時に書いた、あまりにもそこにあるのが当たり前で、聴けることが当たり前で、その「当たり前さ」は最後の東京ドームまで変わらなかったし、だからこそTHE YELLOW MONKEYが解散したことで喪われたもののもっとも大きなもののひとつが、このROCK STARだったんじゃないかって思ってる。いや、思ってた。あの、両手を交互に挙げるモンキーダンスのような動きはROCK STARでないとやりたくないんだい!とか意固地になっていたこともあったげな…って遠い目になったり。

 

吉井も最初のMCで「やっぱ2日目だな…」とかぼそっと呟いてたけど、ROCK STARやったからなんでは!?と思ったり思わなかったりらじばんだり。

 

吉井は、でも、大阪ぜったい好きだよね…!初日の開口一番が「帰ってきたぜ城ホール!」だったのめっちゃぐっときたし、おおさかーーー!!!のご当地コールが出る出る、大阪のオーディエンスの反応欲しがる欲しがる、煽る煽る。指で煽ったり(しかもカメラに向かって!)すんのも何回も出たなあ。

 

ツアーを重ねていくうちにお約束ができあがっていく感じが本当にたまんない。見てないようで見てるのヒーセとエマのおでここっつん(で、目と目をバッチリ合わせる)、ホテル宇宙船での吉井とエマのハイキック(とそのあとの仮面ライダーごっこ)、Tacticsの最後、吉井とエマが寄り添ってギター弾くとこ、ラブショーでエマとアニーがDメロのときずーっと兄弟でニッコニコ首振りっこしてるのとか。ASIANの最後に、エマとヒーセがアウトロをステージの中央で弾いてくれるのはお馴染みの光景なんだけど、吉井がそこでふたりを両腕でがっと抱き寄せるのとか!あれ後ろのアニーが画角におさまってスクリーンでほんとに最高の絵になってて、そのままARE  YOUに入っていくんだけど、私の野望としては吉井がそこでころっとWE  AREつってくれたり…しないか!しないかなー!でもそれ聴いたらほんともう成仏しちゃうなきっと私…

 

そうだ!もう、え!今更!?みたいな話でほんとアレだけど、ASIANの最後さ、吉井が「夢よ飛び散れ花となれ」でマイク振り下ろして拳をかかげるじゃない?あれ、介錯してんだね。介錯して、首をかかげてるんだね。いやもちろん、三島の影響下で書かれたものであることは百も承知だけれど、そうか、首をかかげてるのか…!って、しかも吉井がその首(を持ってるテイの左手)にマイクを向けたんだよね。さらにそのあと、その首をドラムの前に置いたんだよね。んもう、わーーーっつって、こういう、ところが、おまえ、ほんと好きぃぃぃ!!!ってなりました。なりましたとも。

 

歌詞の中の、君、とか、今夜、みたいなのを強調して歌ってくれるの大好きなんだけど、そういうアレンジがいっぱい出るとあーっ調子いいんだな!って思う。JAMで「ふたりの愛」じゃなくて「おれたちの愛」って歌ったの新鮮だったな。見てないようで見てるのときの、15年間ずっと見てたぜ〜!もよかった。そういえばホテル宇宙船のときのあのマイクぐるんぐるんするやつなんなんだろ?めっちゃかわういかったけど。ホテル大阪城ホールは叶姉妹!ってもはやなんの歌なんか意味わからんけど最高です。なんか、ちゃんとコーラスがんばってるヒーセにエマと吉井が寄ってってちょっかいかけるのとかなんだおまえら!仲良しか!ってならざるを得ない!

 

そういえばエマは昨日が白のロングジャケットで、今日がニジマス(と勝手に呼んでいる)衣装だったんだけど、白の時の方がよりくるくる回ってる気がする。あれかな、裾がひらひらするのが楽しいのかな。女子かよ!

 

ほんとに自分の言いたいことしか書いてないけど、それはそれとして空の青のヒーセがマジかっこよすぎるのでみんな見てね。っていうかあの曲、ほぼベースがメロディラインじゃない!?それを淡々と弾いてるヒーセの渋さ神級じゃない!?でもってアウトロのエマのやらずぶったくり感と羽根を広げたり(休めたり)の静の吉井のバランス最高じゃない!?

 

あとLOVERS ON BACKSTREETにはTHE YELLOW MONKEY48手が全部入っているそうです。そうそう、LOVERSの前のMCではなかったと思うけど、今回はいろんな世代のひとたちに楽しんで頂けるようにセットリストを考えてこんな感じになりました、でも自分で言うのもなんだけどねえ、まだまだいい曲あるんですよ…!って吉井が言ってて、知ってる…!ってなりました。待ってるよーいつでも待ってるよー

 

SUCKのメンバー紹介での菊地兄弟のソロがどんどん長くなってる件。さすが陶酔兄弟。吉井はアニーのスネアがおまえらの恥骨を砕くとか、固すぎず柔らかすぎずこれが大人のペニスだとか言いたい放題でした。今日はエマの紹介のときに「まだ復活してから流し目ビーム出てない、明日は七夕、出るか!?流し目ビーム!その日にTHE YELLOW MONKEYはほんとうのTHE YELLOW MONKEYになるという…とかこれまたてけとう極まりない。エマ、乗っかってくれたけど、それは流し目ビームではないと思う!流し目ビームは、あれです、追憶の銀幕とかで見られるやつ(具体性とは)。やってくれたのはお得意の指さしだったんだけど、下手から上手に舐めるように指したあと、反転するかな?と思いきやそのまま腕をうしろに回して無人の客席に向かって指さしビーム発してたのでマジこの人かっこよすぎて相当おもしろいと思いましたマル

 

SUCKの絡みでトグルスイッチ(調べた)(もういい)を弄るのお約束になりつつあるけど、個人的にはタチのままエマの首根っこつかんで顔引き寄せるパターンのやつが好きです。って真顔で何を言っているのかわたしは。今日は弾いているエマの指れろれろしてたねー

 

1日目も2日目もROMANTISTのときに、オリコン初登場173位(今日は203位)だったTHE YELLOW MONKEYのデビュー曲やりまーす、って言ってたんだけど、私が初めて大阪城ホールでTHE YELLOW MONKEY見たとき、ダブルアンコの最後がROMANTISTで、「大阪にいっぱいキャンペーンにきたのに○○○枚しか売れなかったデビュー曲です!」って言ってたのを、なんか懐かしく思い出したりしてね。

 

明日が七夕で、7月7日はTHE YELLOW MONKEYにとってもエポックな出来事が重なっている日付だけど、吉井くんなんか言うかな〜、いやでもなんか解散なかったげな感じで最近話進んでるからそういう話しないかな〜、といろいろ考えてたんだけど、来年には25周年、25周年つっても間ほとんどいなかったんだけど…って話になって、明日は七夕で、THE YELLOW MONKEYが解散した日であり、再び集まった日でもあり…解散したときに、本当にたくさんのひとを悲しませたから、ぼくだけでもその重い十字架は忘れないでいたい、いや、背負っていきたいだったかな。なんかそんなことを言い出したので、思いもかけず落涙してしまった私だ。

 

そんな十字架背負わなくてもいい、だって帰ってきてくれたじゃない、とか言えたらすばらしいんだけど、そんな十字架背負わなくても…うーん、いや、背負わなくてもいいとはわたしはやっぱ言えないな。言いたいのは、ぼくだけでも、ってところのほうで、それは吉井だけじゃなくてメンバーがみんな背負ってるし、私たちも背負ってるんだよ。バンドってそういうものなんじゃないかなっておもう、ある種ひとつの運命だから、だれかひとりのせいで、おかげでってことはそこにはなくて、好きになったらもうどうにも巻き込まれずにはいられない。

 

だって、わたし、どんだけしつこいと言われようと、あの夏の日のあの手紙をもらったときのこと、今でもまざまざと思い出せるし、この長い不在の時間のことも、まだぜんぜん抱きかかえたまんまだけど、でも帰ってきたからもういいんだよっていうのではなくて、私もその荷物持ってるし、これからも持っていくつもりだし、たぶんみんなそうなんだよ。そう思うよ。私たちをぜひ共犯者にしてくださいな。

 

ああ、もう時間がない(リミット決めて書き始めたので)。FINE×3のリボンを使った首吊りの木が最高だったとかそういえば1日目の麗奈で吉井が「この世は金 金さえあればこわくないね僕の麗奈」のあと「お願いだ」に行かずさらに「この世は金」って繰り返してどんな、どんな、どんな間違え方だヨ−!ってずっこけたとか、間違いでいえば1日目の犬小屋もここで!?ってとこでハナモゲになってびっくりしたとか、ほんとにこのバンドの両ウィングの派手派手しさ最高だし、そのぐいぐいくる両ウィングと後ろの重戦車を従えて圧巻のライブモンスターぶりを炸裂させていてやっぱ大阪の吉井最高じゃね!?とかほんといろいろあるんですけど、お時間でございます!THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR、本日大阪をもっていよいよ折り返し!次の約束の地はさいたまだー!
 

01:39 | comments(14) | -

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016@広島グリーンアリーナに行ってきたのよ

今回のツアー西日本とっぱちの広島!行ってきました。お好み焼き食べて広島と民生先生の愛ある癒着ぶりを噛みしめてあなごめし食べて満喫しまくりマンだったよ!遠征たのしい!以下、例によってネタばればれのメモ書き!

・代々木も長野も思ったけど本当に男の子増えたよね〜、男の子って言うか、男性というか、それも男性同士二人連れ、というのを良く見る!これはあれなのかな、バンドが活動していた時から気になってたけどいろいろ自意識の塊が邪魔して素直にライブに足を運べなかったボーイたちが満を持してって感じなのかな(勝手な憶測が過ぎる例)
・とにかくまず特筆しておきたいのは広島2日目の吉井のビジュアルがどちゃくそ好みだったってことです!メイクをばっちりしてたってこともあるし髪型がキマッてたってこともあるけど
・これは言い過ぎだって自覚しながら言いますけどちょっと追憶の銀幕の時を…あっごめんやっぱり言い過ぎました
・セットリストは代々木と変わらず!どこかで変えてくるのか(宮城あたり変えそう〜)(勝手な予想)、それとも基本固定路線でいくのかどっちなんだろ。なんか、パンチのツアーの時にぐんぐん変えまくっていた印象がまだ残ってるのでずーっと同じということはないのではという気もするのだけども
・しかしセットリストが変わらずとも楽しさが倍々ゲームで増えていくというこれぞTHE YELLOW MONKEYのライヴ…!
・吉井が1日目に「また来年も(広島に)来ほうがいいのかね?」とか「もっとちっちゃいところでもやって、おおきなところでもやって」とか言い出して、それに観客が歓声で応えると「ほんとに来てくれるぅ?信じるよ?」ってのを2度ほど繰り出していた
・「信じるよ?」て…
・100%こっちのセリフや!(ぴーとさんの中の輩が目覚めました)
・1日目のSUCKのときに「こんな男ですいません、生まれてきてすいません」とか太宰台詞をドヤ顔で決めながら言うてましたけど、でもって「こんな男だけど、これからはTHE YELLOW MONKEYに人生を捧げます」っていってましたけど、
・信じるよ!?
・っていうかこの15年亡きバンドの欠片を縁に生き延びていたわたしたちまだ信用されてないのかよー!吉井のそういうとこ好きだけどねー!(好きなんかい)
・そういえばALRIGHTの「ひとつに集めて」、1日目は半分客席に託してくれたんだけど、途中で「あっまだだめか」と思ったのか吉井が引き取り、2日目はハナから託してもらえなかった(笑)くっそお、さいたまあたりではなんとかいけるんじゃないかと思うんですけどぉ〜!
・あのスクリーンに出た言葉は1日目が「最高の出会いを感じていますか?」で2日目が「ひとつに集めましょう。」2日目の結構なドラゴンボールみ
・2日目の吉井は結構歌詞忘れがあったんだけど、中でも突出してたのがA HENとカナリヤ。A HENはえっそこ間違えるって新しいな…?っていう感じだったし、カナリヤは「そこには悲観が転がっていた」がすっとんだ。つまり「先には小さな花が咲いていた」×2になった。新しい(感心している場合か)
・しかもA HEN(か、FINE×3)でエマがギターソロでフレーズが吹っ飛ぶという。思わず「エマ!?」って声に出たわ。間違えたっつーか、すっぽ抜けたというか。
・しかしそんなあれこれをも吹っ飛ばす格好良さに「うむ、かまへんかまへん!」となってしまう俺なのであった
・空の青は中盤のハイライトだけど、広島は両日ともアウトロで吉井が客席に背中を向けて手を広げていて、それがまーほんと…きれいだったんだよな〜。美しいというか、なんというか、あの撓った背中や腕やはだけた胸元とかほんと、きれいで、はー、ばかみたいだってわかってますけどちょっと天使みたいだね…と傍から見ると完全に痛い子ちゃんなことを思ったりしたのであった
・そうなのよ、会場内の気温が結構高めだったんじゃないかと思うけど、1日目の吉井はかなりシャツをはだけさせていて(もうちょっとで肩脱ぎになるのでは?ってぐらい)それがまー奥さんえろいえろい
・広島はほんと全般的に吉井のエロさ炸裂してたと思う
・エロといえばSUCKですが(直結かよ)、1日目のリボンタイでマイクをお包みしてしずしず膝歩きでエマに近づくの面白かった。面白かったけど、なんか初めてTHE YELLOW MONKEY見ますみたいなコが結構周りにいたので「あっ、なんか、ごめんね…!」みたいな気持ちになった。大丈夫すぐ慣れるから…!(フォローになってない)
・そんなファンの気持ちはどこ吹く風の二人はギターのトグルスイッチを上げたり下げたりいじりまくってよろしくやっていたのであった
・個人的には2日目の笑いが少なめの絡みのほうが好みですね(真顔)
・というかトグルスイッチのカバーをくわえちゃった吉井に「ぺっしなさい」みたいな顔で手を差し出すエマ保護者みある…
・あとなんといっても2日目に吉井、鶴ちゃんのメンバー紹介飛ばしちゃった事件ね!もうめんぼー紹介とかジョンソンめんぼーとか言ってる場合じゃない!
・私たちはもちろんエマのあとに吉井が「オンベース!」と言った瞬間に「は?」となっていたのだが、これがあえてなのかなんなのか、ヒーセのあとで戻すのか、それとも時間が押しがちだからそういうテイにしたのか、とぐるぐるしたわけですが、最終的に単に吉井が間違えたてただけだったっていう…ヒーセ結構動揺したんじゃない!?
・ブリリアントのキーボードソロの前に「キーボード鶴谷崇〜!」っていちおう罪滅ぼし的なコールをしていた吉井ちゃん。宮城では「鶴谷の紹介を2回やる」とか言ってました。でも終演後ステージからハケるときに鶴ちゃんの肩をぐっと抱き寄せて頭にちゅってキスしてたのすううごく絵になっててかわいかったのでゆるす!
・SUCKのメンバー紹介、広島ではなぜかエマを「うちの阿部寛」と呼ぶのがブームだったらしく、重ねて「うちのテルマエロマエ。エマノマエ。エマノウシロ」などと言いながらエマの前に出たり後ろにかぶったりと中2か!みたいなことを嬉々としてやっていた。なんなんだ
・ヒーセを「僕の叔父にあたります」つったのはいつもの通りだけど、それに「うちの叔父と、伯母と、オバマ」とかかぶせてきてて時事ネタにも敏感な吉井ちゃんである
・ヒーセの紹介の時に世界中のサンダーバードを集めてリフィニッシュしちゃう…っていうのは代々木の時から言っていたけど、今持っているリフィニッシュした白のサンダーバードじゃなくて、本物の白を彼は手に入れると言っています、そのとき彼は初めて本物の僕の叔父になる、とか高らかに宣言してましたけどほんと何言ってんだって感じで最高ですね
・さらにヒーセは酢の物がきらい、もずく酢きらい、ちらし寿司ファック、でもにぎり鮨最高、とか笑いました。笑いました。
・っていうかホントこれ毎回言いかねないけどヒーセさん…かっこよすぎない!?ジャガーの曲の時の淡々としつつもゴリゴリくる感じも好きなんだけど、最近の一番のお気に入りは空の青のときのね、あの屋台骨を支えるベース…!まじ抱いて!案件すぎですしおすし
・吉井が「いいんだよ?ロビンって呼んでいいんだよ?」つったのSUCKの時でしたっけね。なんか、これニュアンスを文字で伝えるの難しいんだけど若干調子に乗った感がすごくてコイツメ…!ってなったんだよな(笑)「ロビンが難しいならモンキー吉井でもいいんだよ?」呼ぶかーい!
・2日目は全体的にアニーのスピードがちょっと前のめり感があったのも私のツボだった要因のひとつのような気がする
・でも見てないようで見てるはもうちょっと早くてもいい。っていうかもっと早くてもいい。見てないようで見てるへの期待値の高すぎるわたし
・アリーナ内の看板をただ、読む!(マンション管理は〜を何回言うたか)という新しい煽り。でもただ、読み、そして「見えてるぜ〜、見てないようで見てるぜ〜」につなげるのちょっとうまいとおもった
・2日目に「宇宙でいちばん愛してるぜ〜!」の煽りが入っていいだけきゃあきゃあ言ったわたしだ。あの、アンタあの子のなんなのさ!のところね!
・ラブショーのとき、エマとアニーがニッコニコしながら向かい合って左右に首振ってわっちゃわちゃしてるの鬼カワだったよね…なんなんだよ菊地兄弟…SUKI…
・アニーなめのカメラがあるおかげでアニーを見るエマをばっつり見られるの本当にGJとしかいいようがない
・1日目、私のとなりで見ていた男性が、バラ色のときに、それまでも本当に楽しそうにライブを見ていらっしゃったのだが、バラ色のあの吉井の「ビューティフォー!」の叫びで、なんというか堰を切ったかのように泣いていて、泣きながら、大きな声でバラ色を一緒にうたっていた。それが本当になんというか…万感胸に迫るというのか、このひとがこの曲に対して抱えてきた思いというか、そういうのを目の当たりにしたような気持ちになって、これは完全にもらい泣きしてしまったのだった
・いや、妄想乙と言ってくれていいよ
・1日目のJAMのとき、吉井が「俺たちの最高のロックンロールを」と言ってくれて、あの「俺たちと君たちのロックンロール」という形容が大好きだったわたしはそれだけでちょっと浮き足だつほどうれしかった
・ALRIGHTでのあのペンライト、長野のときにも最後のJAMで結構点灯しているひとがいて、その時は正直「せっかく赤い照明なのになー(そして赤い照明が世界一似合うバンドなのになー)」と思ったりもしていたのだが、広島のときはその前の「俺たちのロックンロール」に気を良くしていて、いいんだ、この曲はおれたちときみたちのロックンロールだからな、だから好きにやんなよ、という気になっていた私なのである
・ま、そもそも、こういうものを売ってる時点で(注意書きも一緒に配布されているとはいえ)、これを強制的に止める手段はないだろうよと思うので、だったらもう前向きに捉えたもの勝ちかなあとおもっています
・そういえば吉井が2日目のMCで「THE YELLOW MONKEYを表す形容詞はいくつかあるけど、まあ1番は『エロい』だけど、その中に『絆』っていうのもこれからは感じてもらえればって言ってたな
・メンバーと、そして自慢のスタッフと、こうしてこれだけたくさんの人が集まってくれて、世界で一番幸せな再集結じゃないかと思ってます、メンバーも全員、一生THE YELLOW MONKEYのメンバーでいてくれるんじゃないかと思う、とも
・まったくもーーー
・信じるよ!?(秘技!信じるよ返し)
23:52 | comments(2) | -

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016@長野ビッグハットに行ってきたのよ

ツアー2カ所目、通算3本目、地方公演1本目、の長野ビッグハット!行ってきました!長野県自体は吉井ちゃんの塩尻とか歌舞伎で松本とかわりと足を運んでたんだけど、長野駅に降り立ったのはひょっとしてパンチ以来…?いやそんなまさか…などなど思いながらの遠征でした。以下例によってメモ書き!曲バレしてるおー

・会場に入ったら紗幕はあるけどカウントダウンされてなかったので、「あっやっぱり(全会場定時開演のわけないよねーそりゃそうだよねーTHE YELLOW MONKEYだもんねー)」などと思った俺
・しかし開演10分前に諸注意のアナウンス、そして同時にカウントダウン開始!マジか!
・疑って悪かった、さすがTHE YELLOW MONKEY SUPERなだけある
・っていうかこれほんとに全会場定時だったらすんばらしい快挙だよ!
・そしてほんとに定時開演だった
・代々木ももちろん激熱でしたが、地方には地方なりの「待ってました感」がマグマのように渦巻いていて熱気すごかったです
・アリーナの後ろのほうだったので、あの紗幕に映る影の全景がようやくしっかり見えた!影の演出が大好物な私は大興奮
・あっ、セトリは代々木1日目と同じでした
・チェルシーのいつだって私が大好きな「あなたにもあげたい」のところで下手から上手に4本?5本?のムービングライトが走るの初めて気がついた!ぜったい吉井の動きをイメージしてくれてるよねアレ!(大興奮)(2回目)
・アリーナとはいえこぢんまり感のある会場だからかかなり気温があがってて、吉井のネクタイプレイも早々に飛び出してました。ネクタイプレイっていうか…リボンタイプレイ?
・しかし告白すると私がこの日一番長くロックオンしていたのは多分ヒーセであった…
・ヒーセの いぶしが 銀すぎて(イミフ)
・オラオラ感と渋みの絶妙なブレンド…特に淡々と弾く楽曲とかで魅力爆発してた…こういうときモニタ4分割マジありがたいよね…
・「ここでも言っておかないとね…ただいま。」
・記念すべき地方初夜だぜー!とか、こういうバンドですから、下ネタもそれなりに…(会場拍手)大丈夫なの!?性にはうるさい長野県でしょ!?むっつりが多いとも聞いてるぞ!?
・吉井の偏った知識の仕入れ先は誰なんだ せっちゃんか(濡れ衣)
・A HENの「子どもは針千本」であの仕草やってくれたー!あの、左手まくって、さすさすっていう、あれ!はぁ〜〜ん(ため息)
・A HENのときモニタにちょっと効果がかかるの良し悪しだよな〜、個人的にはこの曲全員かっこいいとこしかないからそういう効果を入れないで見たい気もするマン
・地方公演1本目にしてすでに「復活後最初の!」みたいな空気じゃなくて「ツアー3本目ですが何か」って空気になってるんだよなあ。なんなのあの当たり前感
・代々木1日目のとき、ホテル宇宙船のアウトロで吉井がやるハイキックにエマが2回だけ合わせてくれたのがあって、いいだけぎゃんぎゃん喜んだんだけど、2日目はエマすっかりあさっての方見てて合わせてくんなかったのよね(そこがまた、エマなんだけど!)。それを吉井がぶーたれたのかなんなのか、この日はちゃーんと今か今かと合わせてくれていた。あっはっは。
・でもエマのきまぐれで合わせたり合わせなかったりってのもかわいくて良いよね
・ホテル宇宙船で「かのうかのう!かのうしまい!」言うの気に入ってるんだね吉井ちゃん…w
・空の青のアウトロの時の吉井、いつもみたいにマイクスタンドに身を預けたりとかしないで、ずーーっと1点を見つめてた。かなり長いアウトロだけど、ほんとに視線がまったく動かない。モニタではアップでその顔が抜かれてて、なんともいえない表情をしてた。わかりやすい感傷でもないし、わかりやすい決意でもないし、なんていうか…人間の顔だったなあ。これだけの観客の視線を浴びて、音を引き受けて、ああやってそれを受け止める強さってすごい。この日一番印象に残ったシーンかもしれない。
・ALRIGHTの前の逆回し、あそこで出る言葉が代々木1日目、2日目と違ったのでもしや全日違うのか?と注目していたら!違いました!
・長野1日目は「熱く燃えていますか?」だった!
・私が行けない日の分もコンプリしたいので皆さん積極的についったとかで呟いてください!探しに行きます(笑)
・ALRIGHTの「ひとつに集めて」はできれば観客に託したい感じがするんだけど、吉井ちゃんまだちょっと様子見してるよね!さいたまとかではもうこっちに投げてくるような気もしてるんだけどもー
・SPARKからの見てないようで見てるは多分あとひと声!っていうか、あっもうすこしいける…!って感じがまだある。この2曲のポテンシャルこんなもんじゃないでしょっていうか。最終的に見てるこっちが這々の体になるぐらい踊らせてくれるはずだ!っていう
・例によって全部盛りのSUCK、本日も順調に尺を取っております!(満面の笑み)
・今日は吉井がエマのレスポールのトグルスイッチ(調べた)のカバー?をはむっとくわえたのが面白かったです。何がってエマの顔が最高に面白かったです。ちょwwwおまwwwなにやってんのwwwみたいな。しかも吉井がそのあと「ちゃんと見えた?大きい会場でも細かいことやっていかないとね!」とかどや顔でのたまっててウケました
・アニーのメンバー紹介のときに「この人じゃないとTHE YELLOW MONKEYのグルーヴじゃない!」って言ったのがなんかめっちゃ嬉しかった私だ
・エマは「THE YELLOW MONKEYの叶姉妹」って言われてたけどお気に召さず、最終的に「THE YELLOW MONKEYの官能小説」「ひとりで歩くラブホテル街」とか言われてましたね
・そういえばパンチのときラブショーでエマの肩を抱きながら「知らないホテルに行こう」つって歌ったんじゃなかったかなー(突然の回顧録禁止)
・ヒーセのとき、ひさびさ!「私の叔父にあたります」が飛び出した!わあ!思わず「久しぶりに聞いた!」って口走ったら後ろの人もまったく同じこと言ってて笑った
・でもって「おれは北区でおまえ足立区…」とか節つけててけとう歌詞で歌ってたら面白くなってきちゃったらしく「エレカシみたいだったな!」「く〜だらねえと〜、つ〜ぶやいて〜」と「今宵の月のように」を一節歌ったのでびっくりした!
・なんなの?ROOTS66で共演して親しみ感じちゃった?うれしいけども!
・ヒーセのソロの間もなんかいろいろぶっこんでたよー
・鶴ちゃん、先代三国よしたかよしたか、よしたかちゃ〜ん(白目つき)になぞらえて、「つるたかちゃ〜ん!(白目つき)」と呼ぶことにしたそうです
・ASIANは「あかつきにー!」でうおーー!!、電飾でうおおおおーー!!!、特効でうおおおおおおおおお!!!!!!!って感じにぶちあがっていくのがいいよね!
・そうだ!ASIANの最初のコーラス、ヒーセ側でエマとヒーセがマイクシェアしてたんだよ…めっちゃいい光景じゃった…
・ROMANTISTでね、終わらないためにキミのために、って歌ったの、うひゃあ!って喜んでしまった。もはや、「キミ」の方で刷り込まれすぎとる!
・ブリリアントの「爪で 皮膚で 指で 手のひらで」のとこ、モニタに腰掛けて当て振り吉井ちゃん炸裂だったんだけど、最初の爪、皮膚、指の差別化が極めて難しく難航していたことをここにご報告しておきます。端的に言うとずっと指をこすり合わせている人になっていた(厳しい!お前の見方は厳しい!)
・あとつけ加えるならば「腕で」で自分の肩をトントンしてしまったため、次の「肩で」でまた同じ振りになり、若干のラジオ体操みがあったとか言わないよ絶対
・(肩で、はクロスして自分の肩を抱きしめればいいんだよ吉井ちゃんとか言わないよ絶対)
・ラスト前の犬小屋。あのさ、ほんとこれ毎回同じこと言いかねない気が私の中でしてるんだけど、ほんと犬小屋の格好良さって特別だよね。ほんっとに、この4人じゃないと絶対にこうはならない、って格好良さの濃縮還元だと思う。「私の哀れな背中を見て」のときの吉井の顔、顔ったら、かっこよすぎて首がかゆくなったわ!もう!
・JAMのあとだったかなー?吉井ちゃん、モニタに向かってウインク決めてた。でもって終演後誰よりも縦横無尽にステージを歩き回り他のメンバーと絡むアニー。おお、アニー、アニーよ、ほんとにほんとにたのしそう!でもって最後にマイク通して〆たのもやっぱりアニーだったよ!ユー!味を占めたな!!

この日も「もうTHE YELLOW MONKEYは解散しない」って吉井は言ってて、まあでもそれを「わーーーっ!」って諸手挙げて受け止めてきれない自分がいるわけですけども(信用していないとかじゃなくて、なんつーんだ、そういう言葉に対して一種の恐怖感があるって感じです)、でも吉井が「国宝級なんて冗談で言ってるけど、でも君たちの中で俺たちが国宝になればいいよ」とか、「俺たちはTHE YELLOW MONKEYの楽曲を演奏する人、君たちはTHE YELLOW MONKEYの楽曲を感じる人」とか、かつて名言製造機の片鱗もほの見えたりして、そういうのは掛け値なしに嬉しかったな。ちょっと不遜とも思えるような(注意してそうならないように気を配ってるところが見えるのが、歳月といえば歳月!)吉井ちゃんの発言が大好きなのよね、わたし。

長野2日目は残念ながら不参加で、どーしても1日目しか行けないけど、どーしても行きたかったのは、長野ビッグハットがやっぱり思い出の場所だったからです。98年の11月。まだ周りになんもなかったよなとか、そういうこと覚えてるんだけど、でも会場に入ったら思ったよりも小さくて、私どの辺で見てたんだっけとか思いにふけったりしていました。
こうしてひとつ、またひとつ、目詰まりを起こしていた思い出を指通りよくしてゆくんだなあ。それにさびしさがないとは言わないのだけど、でもその思い出を新しい「SUPER」で上書きできることがどれだけめぐまれた、ほとんど僥倖と言っていいことなんだってことは重々わかっているつもり。

THE YELLOW MONKEYが1998年も、2016年も、飛び切りかっこいいってことが私の幸せ。それを実感した長野でした。
次は、広島じゃい!
 
00:17 | comments(8) | -

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016@国立代々木競技場第一体育館に行ってきたのよ

行ってきたのよ…とかそんな牧歌的なテンションでいいのか!おい!そう、行ってきましたツアー初日&2日目!行った!見た!勝った!

再集結が発表されてからというもの、生活の照準を5.11に合わせて、合わせすぎて、この日までは、この日までは、這ってでも物理的にも社会的にも生き延びなければ、と大袈裟でなく思っていましたし、体調に気をつけようと思うあまり体調が悪いような気がしてくるという典型的な自家中毒の様相を呈しておりました。つまるところ緊張がハンパなかった。当日午前中は仕事して新幹線に飛び乗ってきたんですが、新大阪から品川までの距離がこんなに長いと思ったのも初めてでしたし、品川に着いた瞬間、もうこっちのもんだ、ここまでくればなんとかなる、と小さくガッツポーズまででる始末でした。

そうそう、入場時の身分確認ですが、初日は開場直後に入りましたが特に何もチェックされず、2日目は30分すぎに入りましたが、そのときはほぼ全員が身分証チェックされていましたね。でも入場列が長蛇にもなってなかったし、両日とも入場は非常にスムーズだった印象。

以下、具体的な曲名を含む感想です。バレ回避中の方はお気をつけて。
続きを読む
21:51 | comments(29) | -

Kazuya Yoshii Beginning & The End@日本武道館に行ってきたのよ

いやもう、今その話!?と思われるのは百も承知なのですが、でもいちおうここは自分のためのものなので、すくなくとも行った記録としては残しておきたいの介。

しかし、実際今回のツアーのセットリストがファンからのアンケートに依ってるというのは周知としても、結局最終的な順位は教えてもらえないのだろうか?(私が見る限り中間発表の順位しか見つけられなかった。どこかにUPされてるのなら教えてほしい!)大阪で、上位の曲を逆順でやろうかとも思ったけど、あまりにつまらないセットリストになるのでやめた、と吉井が言っていたところを見ると、上位に入らずとも選ばれた楽曲もあるのではと推察するのですが。そういえば、大阪の時には(上位に入る曲は)カップリングが多い、とも言っていて、それはまあ、わかる、とも思ったり。

ちなみに私はこの投票を締め切り15分前に送ったのですが、私が投票した1曲というのが「魔法使いジェニー」だったのです!いやもうこんなこと言うのもあれですけど、絶対やってくれないだろうと思っていた!上位に入るわけないとも思っていたし…(オイオイ)だって、宇宙一周の時にやって以来ずーっとセトリに入らなかったじゃないですか。もう忘れられてるもんだと思ってましたよ。私はこのジェニーがすっごい好きなんですけど、投票したときのコメントに「吉井さんのライブには絶対こういうパーティーチューンが必要!」って書いたんですよね。突き上げるパワーだけで持っていくような楽曲。でも実際、吉井さんもやってみたら楽しかったんじゃないかと思うんだけど…どう?大阪の時もジェニーのあとで「やっと緊張がほぐれてきたw」つってたし、武道館もジェニー、MUSIC、点描、スタライの吉井お得意ぶち上げ祭りのボルテージとしていい起爆剤だったんじゃないかと思う!の!(必死か)

このアンケートによる上位曲を中心にセトリを組む、ということ自体賛否両論があったと思いますが、私としては大阪での感想で書いたとおり、アンケートという不作為が入ることの面白さを感じられたところがよかったですし、それは武道館で見ても変わりませんでした。まあでも、大阪のときはライブハウスということもあってソロの最初のツアーのことをものすごく思い出したけど、武道館ではその色合いは薄かったかな。

そうそう、大阪でのことを少し付け足しておくと、欲望のときにとんでもなく歌詞がすっ飛んで、やり直したんだよね…あれはひどかった(笑)あと点描のときにタンバリンをまさにドヤ感満載でオラオラと突きだしてみせるところちょう笑いました。客もタンバリン見せつけられて「きゃー!」言うてるし。このアーティストと客の阿吽の呼吸よ!

武道館では北東/北西/北の1階部分をカーテンで覆っていて、これは絶対映像映すんだよね!そうでないと費用対効果が!と開演前からブチ上がっていたわたしです。あれはちょっとヒキで見た方がキレイだったろうなー。照明といえば朝日楼のときの赤いサスで取り囲まれるやつがかなりお気に入り。置屋の格子みたいで、歌詞にも合ってるし、あの歌を歌う時の吉井の雰囲気ともすごく合っている。

途中のMCで、去年はカバーを中心に武道館でやったけど、これがまあ評判わるいわるい!とか言い出してすげー笑いました。カバーをお金もうけのためだとかいうやついるけど、なんもわかってない、あれほとんど自腹です!あったまきたので宣言するけど俺はもうずーっとカバーを作り続けます、ってここで「作らない」とか言い出さないのが吉井よなあ!基本負けず嫌いつーか、こなくそ魂あるひとだよね、うふふふ。でもカバーばっかり評判良くてそればっかり求められるよりいいじゃないの、カバーばっかり求められたら求められたでへそ曲げるくせにーなどと思ったとか思わないとか。

今回、いつものツアーのセトリと違ってアンコールがアンコールじゃないというか、アンコールと言うよりほとんど第2部って感じでしたね。大阪で見た時、だいたいいっつもアンコールって3曲ぐらいだよなーと思ってたので、黒馬のあとにノーパンがきて「…ノーパン最後じゃないよね!?」ってめっちゃびびりました。アンコール最初のトブヨウニ、スイキャンあたりはジュリアンありきのアレンジという感じで新鮮だったなあ。

ラスト2曲が血潮、MY FOOLISH HEART。これがアンケートのワンツーだったそうです(大阪ではその話もしたけど、武道館のとき順位まで言ったっけ?記憶薄)。血潮はともかく、MY FOOLISH HEARTが1位になったのはきっと吉井さんも意外だったんじゃないかと思いますし、もしこういうアンケートというものがなかったら、この位置でこの曲をやることは絶対になかっただろうと思う。私が感じた面白さはまさにそこでした。とはいえ、ベストアルバムを発売する時のustでも、この曲は東の大関でファンに選ばれており、人気の高い曲ではあったのだ。その時吉井は「あんな心折れた男の歌を?」と不思議がっていたが、まさに「だからこそ」ファンの人気が高く、こうしてアンケートで1位を取るということにもなったんじゃないかと思う。そういえば、血潮にもMY FOOLISH HEARTにも「怯える」という単語が入っている。さよならいつも怯えていた私。怯えるなMY FOOLISH HEART。この歌を最初に武道館で歌っていたときの吉井は、これを自分に言い聞かせていたけれど、でもこの日ステージにいたのは自分に怯えるなと言い聞かせていた吉井和哉ではもはやないのだった。そう思うと、なんつーか、ファンの業の深さというかね、そういうことに思いを馳せないではいられない。

ところでMY FOOLISH HEARTではハムレットの有名な台詞が引用されているけれど、実際あの台詞は「生か死か」というような単純な二元論の話ではなく、重要なのはそのあとの台詞にかかっている。このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ。どちらが立派な生き方なのか…このまま心のうちに暴虐な運命の矢弾をじっと耐えしのぶことか、それとも…?

このあとに起こることを知ったうえでの後出しの発言であることを重々承知のうえで、ロビンソンから吉井和哉になる、そのツアータイトルでもあったMY FOOLISH HEARTを最後の曲に、そしてBeginning & The Endというツアータイトルを考えると、やっぱり名は体を表すじゃないけど、名をつけるってほんとよくよく注意しなきゃいけんよ、なーんて。

来年も12月28日はここに戻ってくる、と早々に宣言し、来年は火曜日なの?え?水曜日?どっちにしても平日だよね?何曜日でもいいから来てーって言ったの、すっごいかわいかったし、行くよーって大きな声で答えた私である。かわいいこというなあ、なんてデレデレしてしまったけど、しかしこういう事態になると、12月28日はどっちなの、バンドなのソロなの、セクシーなのキュートなの、といろいろ色めきたってしまいますね。でもどっちにしても行きますとも。私は12月28日に吉井和哉というひとが武道館に立っているということ自体が嬉しいので。ほんとうにそのことが、今までの私を支えてくれたといっても過言ではないので。なので、早々にこの約束をくれたことに、ほんと感謝したいです。
16:38 | comments(4) | -

Kazuya Yoshii Beginning & The End@ZEPP NAMBAに行ってきたのよ

実は一週間前までこの日のチケットを持っていなかった。今回のツアー4カ所が発表になって、私にとっては何よりも武道館が最優先事項で、そのためにもっとも休みが取りにくい日程に休みを入れなければならず、あと行けるとすれば大阪か名古屋なのだが(乗り継ぎ次第ではかかる時間がほぼ変わらないという恐怖物語)どちらも平日、行けても開演時間に間に合うか間に合わないか、それでスタンディングかあ、行ってもほとんど見えないよなあ、実際間に合うかもわかんないしな…となんとなく見送った態勢のままだったのだ。それなのに、なぜ、先週いきなり「やっぱり行こう」と思ったのか自分でもよくわからない。

最初、吉井さんはとても緊張していた。していたように見えたし、声にもそれが現れているように思えた。実際、中盤で「やっとなんかホッとした」とも言っていた。その緊張がうつったからなのか、短く、黒めの髪で、ちょっと痩せてる風情がそれに拍車をかけたのか、ソロになってはじめてのツアーのことを思い出さないではいられなかった。

吉井さんの緊張がだんだんとほどけて、ぐんぐん羽をのばしていくような姿を目の当たりに出来て楽しかったし、その「調子に乗ってきた」感じがこんなにも客に伝わるというのもすごいですよね…とも思った。でも、緊張の余波もあったのかもしれないが、絶対王者君臨、というような佇まいというよりはなんとなくかわいらしいとでも評したくなるような空気があったと思う。私は普段はそういう甘えた感じを毛嫌いしているところがあるのだが(心の狭いファンで申し訳ない)、今日は終始そのかわいさにほだされっぱなしだったような気がする。

ほだされたのはやはりその、最初のツアーのことを思い出したのと無関係ではないんだろう。当たり前だけれど、吉井に限らず、人の前に立って何かする、ということは相当な勇気を要することで、あのスタンドマイクの前でただ二本の足で立っていることが精いっぱいだったあの頃からずっと、この人はそこを逃げずに引き受け続けているんだなあとおもうと、それが安いセンチメンタリズムだとわかっていてもその感傷に引っ張られてしまったところがあった。

今回は事前のアンケート企画があって、「あなたが選ぶ吉井和哉2015」(本人談)を中心に選ばれたセットリストになっていたんだけれど、これ、単純に上から選んだだけではないですよね、と思ったのですがどうなんでしょう。吉井は「逆順でやろうかと思ったけど、あんまりつまらないセットリストになるので」と言っていたが、順番が違うだけでなく、上位に入っても外れた曲もあったのではないだろうか?というのも、あれは絶対入ってるよねと思う曲がなく、何曲か「これが上位に?ホント?」という曲があったからだ。っていうか、私がアンケートで選んだ曲がまさかのまさかで今回のセットリストに入ったのだが、この曲がそんな人気あるとは…そんなこと言ったら怒られますか。いやでも、ねえ?とはいえ、イントロでうっそお!よしいちゃん!あいしてる!と心の中で叫んだわたしだ。うれしかったよ。よもややってくれるとは、だよ。

こういったリクエストを募る企画そのものに懐疑的なむきもあるだろうし、それよりも吉井の考えた「さいきょうのおれ」的なメニューを堪能したい、と私も思っていたけれど、でも実際今日のライブを観て、こうした不作為によってこそ見つかるものもあるんだなと思えた。こうした企画でなければこの曲がこの位置にはこないだろう、と思うものがあるからこそ、もう一回その曲と向き合うような体験ができた気がする。そしてそれはとりもなおさず、この日のライブでも、自分のサイトでも吉井が言っていた、僕はいい曲をつくってきたよ、という自信に裏打ちされているから出来ることでもあるんだなと思った。

あと、自分の手の内にない楽曲を選ばざるを得ないからこそ、アレンジも工夫も必要で、途中で佳史さんに「いっぱい練習したよなあ!」と言っていたけれど、そんな風に格闘したあとが伺えるのも、この企画ならではの楽しさだったと思います。まあ、だからこその緊張と、あり得ないほどの歌詞ぶっ飛ばし(さすがにやり直した!)だったのかもしれませんが。

そう、あとやはりジュリアンに来てもらえたということで考えられたアレンジも随所にあった。ジュリアン相変わらずソーラヴリーとしか言いようのないステキさだったし、本当なら4年前に来てもらって一緒にやるはずだった曲たちをできることがうれしい、という吉井の言葉はとてもよかった。

初日なのでMCの場所も決まってない、と言っていたけれど、確かにメンバー紹介が本編とアンコール2回あったりして、探り探りではあったのかもしれない。そういえば関西弁講座とかもうやんないのかなと思っていたら、終盤「吉井和哉は関西の方によく『シュッとしてはる』って言われる」との発言からの「シュッとしてはる」連呼はそうとうにかわいらしかったです。佳史さんの「ぷっとしてはる」淳吾の「モッとしてはる」までは通すとしても、鶴ちゃんに「つるっとしてはる」それ形容やない!名前や!とツッコミましたし、挙げ句バーニーさんに対して「…思いつかない!」諦めはやい!

視界的に吉井しか入ってこない、という場所で見ていたというのもあるけれど、2時間半あまりほぼ、吉井しか見ておらず、目や手や顔で煽ったり、よく動く手と指だったり、赤いサスペンションライトに囲まれて一瞬婀娜なおんなの顔を見せたり、シャツのボタンを外す仕草やネクタイをゆるめる仕草だったり、そのたびにカッコイイ、カッコイイ、カッッコイイイ!!!と血が沸き立つような自分がいて、ほんとにこの人のかっこよさ、飽きない、私、と改めて思ったりしました。

ライブの間中何度か、私は最初のツアーのことを思い出してました。その頃はまだ南港の川縁にあったZEPP OSAKAや、ツアーDVDに映し出されていたそのツアー初日の新潟PHASEでの姿のことを。あの時も、今日と同じような場所で見ていたんじゃなかったか。

あのツアー、私はZEPPOSAKAでライブを見ていて、今でもはっきり覚えているのだが、突然アンコールの前にいたたまれなくなって一旦外に出てしまったのだ。ライブが楽しめなかったわけではなく、本当に突然、いいや、出よう、と思ってそのまま出てしまった。アンコールの1曲目を閉じられた扉の前でぼんやり聴き、ふと我にかえって最後の曲は会場のいちばんうしろで聞いた。あの時私は吉井和哉というアーティストとの距離の取り方がわからなくなっていたんだと思う。バンドを離れたことで、もういい、と切り捨てられるわけでもなく、かといって自分の中のバンドの残像を否定できるわけでもなかった。

そういったすべてを今日、面白いように思い出した。名前というのは侮れないもので、Beginning & The Endなんてツアタイをつければ、やっぱりそういうライブになるのだ。

長くひとつのことを好きでいるのは簡単なことではない、それは本当にその通りだとおもう。そのむずかしさの要因のひとつは、好きになったり嫌いになったりするパワーそのものが喪われるということにあるんじゃないだろうか。あのとき、アンコールの前に会場から飛びだしてしまった私は、ある意味苦しんではいたが、そのパワーだけは無尽蔵にあった。吉井さんのことを、大好きにも、大嫌いにもなれた。その時の自分を、懐かしく、どこか羨ましく思えたのは、今日が初めてだ。おわり、はじまり、おわり、はじまり。吉井さんにとってはどんなおわりで、またはじまりだったのでしょうか。私はまさかこんなにもノスタルジーとセンチメンタルに振り回されることになろうとは、思ってもみませんでした。
01:18 | comments(14) | -

フジソニックに行ってきたのよ

私事ですが、7年前まで清水に3年ほど住んでいたことがありまして、なので今回の会場はかつて知ったる、毎日通勤で目の前を通っていたところなんですよね。この会場でその昔ダイノジが「マグロック」というイベントをやって、そのときもピロウズやトライセラや怒髪やビークルや、錚々たる顔ぶれではあったんだけど、なんつーかほんと、フェスって言葉で想像できる規模のステージじゃなかった。手作り感溢れたアットホームな、田舎のイベントという感じだったんです。なので、そこに今回吉井やらせっちゃんやらがくるっていうのがどうにもうまく想像できなくはあったんですよね。

でも来てみたらワーッ、フェスだ!って思いました。いやもう運営は人手のかけ方も金のかけ方も段違いだったのでは?企業協賛も入ってたし、ほんと想像とまったく違っててびっくり。いやこれでも大型フェスに慣れたひとから見るとずいぶん牧歌的に見えたろうとは思いますが、過去のイベントとはほんとに雲泥の差でした。

運営についても特にストレスなく見られたんですけど、ひとつだけ!今回チケット代+ドリンク代500円というスタイルになってて、それはそれでいろいろ事情があると思うのでいいんですけど、そのドリンクチケットで買えるドリンクにノンアルコールが少ない!っていうか、売り切れるのが早い!子供も未成年もたくさん来るフェスだし、たぶんドリンクチケット退場のときに使おう…って思うお客さんも少なくないと思うので、そのあたりお酒を飲まない参加者にも優しくあってくれい、と思いました。

相変わらずのんびり出勤だったので、拝見したのは森高さんからです。かわいかったね!声にまったく年齢を感じさせないのがすごいとおもった。前方で見たのはせっちゃんと電気と吉井かな。なにげに電気グルーヴのライブを見たの初めてだったんですけど、やー楽しかった…!卓球かっこいい!!そしてふんだんに盛り込まれるご当地ネタ!学生服のやまだのCMソングを大合唱させてご満悦の瀧とかすごい面白かった(し、観客の一糸乱れぬ「やまだやまだ〜♪」にめっちゃ笑いました)。笑いのないところに本当の格好良さはないって言いますけど、ほんと格好良さと笑いが波状攻撃で押し寄せてくる、貫禄のステージ。去り際がまためっちゃかっこいい、何アレ!?

せっちゃんは黒のハットをお召しになって登場。ハットにIn the beginning, there was Jack,って書いてあったからあとでぐぐっちった。ハウスミュージックの代表的な文句なんですって。髪の毛伸びたなー。各アーティストとも持ち時間が30分(おそらく、後半のデリコ以下は40分)だったので、なんかアッという間に終わってしまった感じだったなー。せっちゃん、開口一番「どうも〜〜、よしいかずやで〜す」久しぶりだねそのネタ(笑)このあともMCでちょっとつまると「よしいかずやで〜す」ってもう!完全に定番ギャグ化しとるやないか!かわいいけど!

メンバー紹介のとき、隅倉さんが実は静岡出身で、しかも実家がこの会場から歩いて2分ぐらいのとこって仰ってて、やんやの大喝采。そういえばせっちゃんがMCで「ここからは富士山見えないの?」って言った時も(靄ってなければ見える、見えるというか湾越しに半島をかすめてどど〜ん!ときれいな富士を拝むことができる)隅倉さん見えるよ見えるよってフォローしてくださってたもんなー。しかしこの日は裾野も見えていなかったので、せっちゃんは「どこ?どっち?」と半信半疑なうえ、観客があっちあっちと指さすも「ふ〜ん…富士山が見えない静岡県…どうなの?」とドSの顔を覗かせたのであった。いやーこれはぜひせっちゃんにここからの富士を見てもらいたいよー!めっちゃ綺麗に見えるんだからー!だってニア世界遺産みたいなもんだよー!(言い過ぎですか)

今回ドラムが小田原さんで、紹介するとき「最近レベッカも復活して」って話になったんだけど、そのまませっちゃんが「フレンズ」のフレーズ弾き出すからびっくりした!弾き出すだけじゃなくて歌った!わー!!当然小田原さんが叩いてくれているのでなんかすんげえボーナスもらったような気持ちになった…いやもうがっつり世代ですけん…ワンコーラスばっちり歌ってくれて、ありがとうありがとうと三拝九拝の心持ち。

個人的にはベリベリのアウトロでのせっちゃんがちょうかっこよくて、かっこいいっていうかえろくて、何がってあのギター弾きながらぐっとこらえるような顔になるの私いつ何時でもおいしく頂ける準備ができているんですけど、あのアウトロ速さもあいまってその表情がたんと拝めるんですよ。ああかっこいい。かっこいい。

でもって吉井ちゃんは今回トリをつとめたんですけど、あのよくフェスとかでね、本気か冗談かわかんないけど、みんなトリは嫌がるとか言うじゃないですか。トリの人は最後まで飲めないからとか。でもたぶん、私思うに、吉井ちゃんはトリが好きだと思う。いや、トリが好きというか、「トリを任せてもらえる」ことが好き、そういう期待感を示してもらうことが好きっていうか。今回も前日のモバイルでの書き込み、もう気合いはいってるって文面からも伝わってきてたけど、ほんと、出てきた瞬間から「勝敗を決する最後のプレイ」を託せる男の顔をしていた。

セトリ先に書いておきます。

(Everybody is) Like a Starlight
楽園
ビルマニア
超絶☆ダイナミック
BURN
点描のしくみ
バラ色の日々
やさしくなりたい(with斉藤和義)
LOVE LOVE SHOW(with斉藤和義)

うむ、トリを任されたからにはサービスしまっせというその姿勢やよし。この日の衣装はキラキラした模様のジャケットに黒のてろんてろんのシャツ、そしてゴールドの細ネクタイ。もちろん、金髪ふわふわ和ちゃんである。やっぱほんとおまえはナチュラルボーン金髪だよ…どうせまた戻しちゃうのはわかってるけどせめて武道館まで短い春を味わわせておくれよ…

ああ、しかしそれにしても、ヒーセのなんという格好良さよ。見ながら、ほぼ格好良さに頭を抱えるか涙ぐむかどっちかしかしていなかったのではないか私。そう思ってしまうぐらいかっこよかったです。1曲目のSTARLIGHT(ていうか吉井が「新曲です!」とか言うからてっきり超絶かと思ったじゃん!)、あの「天使と悪魔」のとこでネックをガンガン振ったりするのとか見るだけであっ、もう、ダメ、みたいな気持ちになってましたし、しかもそのあと楽園でしょ!?あのイントロのベース…!間奏のときは前に出てくれて、低い姿勢でおさおさアピール怠りなし。んもう、いいだけギャアギャア言った。あ〜あ〜あ〜のとこでベースを立てたりするのもさ、そうなんだよこれなんだようおうおうって興奮しっぱなしだったよ実際!

ほんとこの日はものすごくヒーセを見てたんだけど、ヒーセってほんとよくドラム見るし、見てアイコンタクトするし、ドラムだけじゃなくて吉井やギターをすごくよく見てるんだよね。見て、あの笑顔でにっこにこしてるんだよね。そういうことのいちいちがすごく懐かしかったし、バンドの雰囲気を支えるひとなんだなって改めて思ったなあ。

吉井は吉井で楽園のときだったかビルマニアの時だったか、イントロでご当地演歌らしきものをかぶせて歌ってみたりして、うんうんわかるよこういうのが出るってことは調子良いんだね、調子も機嫌も良いんだね!って思いました(勝手に親戚のおばさん目線)。ビルマニアのときは「フジマニア」って替えてたし、そのほかにもちょくちょくご当地ネタ放り込んでたような気がします。そうそう、ビルマニア恒例のあの、客に歌わすところあるじゃないですか、あのとき歌詞を「流れるままに」とか「生涯愛を」とかリードして読んでて、一瞬「新しいキャンプファイアー…?」とか思ってませんほんとうです。いや真面目な話、地元のお客さんが多かったと思うし、知らない人にもついてこれるようっていう吉井ちゃんの優しさライセンスだよね!わかってるYO!

そうそう、吉井はもちろん最初「斉藤和義でーす!」って堂々宣言してました。うんうん仲良し仲良し。あとせっちゃんのMCを受けて「富士山の見えない静岡県…どうなの?」恥ずかしいです!今日ぐらい見えてほしかった!」って言ってたり、これ万一せっちゃんのを見てない人いたらナンノコッチャだよな!ドラゴンボールの主題歌やってるって話もしてたねいちおう。カメハメ波ポーズもやってたね。ってかあんな腰の入ってないカメハメ波あるか!(あさっての方向からのダメ出し)。

今回のサポートメンバーは佳史さんと淳吾くんのスケジュールが合わずってことで、ベースがヒーセ、ドラムにCzecho No Republicの山崎正太郎くんが参加してくれたんだけど、私ドラムの彼は今回初見でした。それでね、吉井が、いろんなキャリアの曲があるんで、ってBURNのイントロが始まってね、照明が真っ赤になって、わーっ!ってテンションあがって、それでびっくりしたんですよ、ドラムに。正確に言うとイントロではなくてAメロのドラムに。これこのblogでも何回も言ってますけどBURNの命ってドラムじゃないですか。異論は認めない。アニー自身が「自分の代名詞のような」ってあのリズムを評していたこともあるぐらい、BURNといえばドラムなんです私の中で。それがほんと、あのリズム、わああって、これだああああってなったもの!

終演後に山崎さんがツイッターで、今日のステージに賭ける思いというか、イエローモンキーは自分の青春だったって書いてらしたのを読んで、なんか得心したというか、そういう音だったよなって、「あの時」を愛してくれたことのあるひとの音だったんだなって思って、それがもーほんと泣けるほど嬉しかった。そんなドラムでさ、ヒーセのあのベースでさ、間奏で吉井が真っ赤な照明の中であのフラメンコのような独特の踊りを踊ってさ、夢かって、思うよそりゃ。しかも、コーラスがヒーセなんだよ!!心憎すぎる!!もうこのあたりから正直涙腺の蛇口いかれっぱなしだったよ…。

点描のときも、ヒーセはことさらアピールするわけじゃないんだけど、やっぱ目がいくというか、あのリズムで頭を揺らしてリズム刻んでる姿がめっちゃ絵になるし、私の見てる角度からだとドラムの山崎さんとヒーセのふわっふわした頭がシンクロして揺れてるのがんもーーーーーすっげえええかっこよくて、この曲もう、終わらなくていい!とか乱暴なことを思ってしまうほどだったよ。今日はステージの袖がスペースないからなのか、スタッフさんステージ上まで出てきてて吉井のタンバリン受け取ってた。そしてあのタンバリンプレイの間、ヒーセが髪の毛直したり観客にアピールしてたりしてるの激カワだった。激カワだけど、タンバリン投げたあと曲に戻る時にネックをぶいん、って振るのがまた激かっこよかった。なんなのあの人!

相変わらず曲間はギリギリまで詰めてて、このあとのバラ色に行く時も吉井はギターかけてもらいつつで準備に入ってて、できるだけたくさん曲をやろうとしてくれてたのかなーなんて思う。バラ色、すごくよかった。まあもう、この曲のときはヒーセと吉井しか見てなかった。バラ色のベースは特に印象的というか、ヒーセの音だよなってCDで聴いてても実感するのに、それがこうして生で聴けていることがうそみたいだったなあ。バラ色ほど、バンドのときとそれ以降で曲の持つイメージが変わった曲も珍しいと思うんだけど、この曲が生まれたときはバンドはまさに試行錯誤の荒波のまっただ中で、ヒーセにとってもいろんな思いが交錯する曲だろうなって思ったし、私自身もそうならざるを得なかった。ちょっとふんわり目の吉井の金髪がまたあの頃を思い出させたってのもあるのかもしれない。このふたりがこうして今また並んでステージに立ってくれている、そのことが勿論嬉しかった。でもその嬉しさの中には、こんなにかっこいいひとがあと2人いたあのバンドを、私はもう見ることができないんだって切なさもあったと思う。ほんとおセンチ野郎で申し訳ない。

でもねえ最後の、I WANT POWER、I WANT FLOWERS、I WANT A FUTURE…って歌う吉井はほんとに力強くて、そういう私のセンチメートルを根こそぎぶったぎっていくような力があったと思う。私がこういう吉井はいつ見ても大好きだって思う、あの全身から絞り出すように音と言葉を叩きつけていく気迫があって、その気迫にずいぶん救われたような気がします。最後に、吉井がヒーセと肩を組んで手をふったときの笑顔にも。

いったん、ここで締めてからアンコールでせっちゃん呼び込みなのかなー?って思ったけど、時間が惜しいのか、「ボクのLINE仲間紹介します」って(笑)これをね、静岡弁で、グループLINEで800ぐらいやりとりしてるって言ってたんだけど、冷静に考えてそんなグループLINE怖すぎます。メンバーみんなほんと大丈夫!?LINE疲れとかなってない!?そして呼び込みの時はもちろん「よしいかずやー!」せっちゃんはせっちゃんで「よしいかずやでーす!」うんうんもうこの遊びをやめるわけにはいかないか(笑)

「ダブル和ちゃん」(by吉井)でのセッション、せっちゃんが譜面台にipadをセットしたので、吉井が「あっ…ipad…(ブルータスよお前もか的な)」せっちゃん「うん…おぼえられないからね(はあと)」吉井「おぼえられないよね(はあと)」おいおい吉井せつこに甘すぎだぞ!でもまあここで、覚えられない、つってるからには吉井の持ち歌やってくれるんだろうなと思ったわけで、そのあとに始まったのが「やさしくなりたい」だったので、ってことはもう1曲あるね!と思った私であった。チャウ大でもやさしくなりたいはカバーしてたけど(あとJOIN ALIVEのときもやってたね)、2番をせっちゃんが歌う時に「ほんものー!」って煽るの可愛すぎるし、あとせっちゃんが歌ってる間の手持ち無沙汰感すごい。笑いました。笑いました。とはいえ、センターに吉井とせっちゃんが並ぶっつーのはんまあ目の盆と正月同時襲来でしたね。絵になるわあ、と思いながら見ていたら曲終わりで吉井がとことこせっちゃんの横に並んで、ほっぺにちゅってやりおった。やりおったぞ!!その時の私の気持ち「いつかこうなるんじゃないかと思ってた!」そして「せっちゃんファンの人ごめん!唇でないだけゆるして」(何言ってんだ!)
せっちゃんがハットをかぶっていたので、吉井がこう、ちょっと下から狙う(狙うってなんだ)みたいな感じになって、せっちゃん、たぶん内心は「わっ」と思ったかもしれないけど、顔はめっちゃテレ笑いで可愛さ無限大だったし、結果、オーライだよね!かわいかった!ふたりともかわいかったとも!!

吉井とせっちゃんが話すと必ず最後シモに落ちるというか、この日も吉井が「本物のロックスターに来てもらってるんで」って言えばせっちゃんも「いやいや〜〜、ロックスターはあなたでしょぉ〜〜〜」吉井「いやいやそっちでしょ〜〜」せっちゃん「いやいや〜、相変わらずちんこ大きそうなくせに〜〜」って「文脈とは…?」って考えてしまいそうなフリになぜか照れて笑う吉井っていう。なぜ!否定!もしくは謙遜!しない!そうでもないですぐらい言え!(何言ってるの私)あと「若いバンドもいいけど50近いミュージシャンもいいよっ!ねえ?」って吉井が振れば、「うんうん、しっこのキレは悪いけどね!」と返すせっちゃん。吉井「そういうことを言わない!」せっちゃん「なんでぇ〜」吉井「うん、まあ、悪いけどキレは!悪いです!みなさん!」まさかの公衆の面前での宣言ktkrっていう。ま、吉井ちゃんはせっちゃんのそういうとこも大好きなんでしょ!知ってる知ってる!

ラスト、こういう場でアッパーに締められる曲といえば、でやっぱりきたラブショー!イントロで吉井が「ダイノジカモン!」って呼び込んで、あのトレーナーを着たダイノジのおふたりもステージ乱入。エアギターふたりも入り乱れてお祭り感すごかった!客も当然テンションMAXだし。個人的にダイノジ大谷さんがヒーセと並んでエアギターしてて、ラブショーのコーラスをヒーセとマイクシェアするっていう、おいおいなんつーうらやましいことになってんだよっ!と思いました。あとねえ、ラブショーのドラムがね、あのDメロのところで速いっ!って思うあの感じもすごく久しぶりで、ほんとこういうなんでもないことのひとつひとつがこの日の楽しさを作り上げてくれてたなって思います。

最後に、吉井がせっちゃんとハグして、下手に来て、ヒーセとハグして、でもう1回ヒーセとハグしたの。まあなんだ、そういう光景を見ているときの気持ちをさ、言葉で言い表すことなんてどだい無理なんだよね。泣いちゃう、って思ってもう実際私泣いてたけど、ふたりともすごく良い笑顔だったな。ステージのみんな楽しそうで、それが観客にも存分に伝わっていたと思う。

これは私の勝手な想像というよりはほとんど妄想だけど、こんな風にヒーセとステージに立って、自分が引っ張るのでも、引っ張られるのでもない、血と肉をわけあったようなひとと長い時間ステージに立って、そういう感覚は吉井さんにもすごく久しぶりだったんじゃないでしょうか。もちろん、そういうところを脱けた場所で居場所を作ろうとして長い時間戦ってきたわけだけれど、だからこそこのヒーセと共にステージにいた時間は、吉井さんにとっても懐かしく、うれしく、たのしい時間だったのではないかと推察します。さっきモバイルを見たら、「安心する」って書いてて、すこし笑いました。あれは39108のときだったかしら、吉井がタワレコで偶然ヒーセにあって、その写真と一緒に「ヒーセに会うと安心する」って書いてたのを思い出したりして。でも、実を言うと私も安心してたんだよね。いつもフェスって場所になると、いまだに強力なトラとウマが暴れ出したりするんだけど、なんかこの日はどこか安心してたような気がします。

また、って願うことや、それを口に出すことがいいことなのかわるいことなのか私にはわかりません。だからこれからの話をするのはよしておきましょう。ただ楽しかった。いろんなことを考えたし思い出したし、いろんな感情にあふれのまれた一日でしたが、なにより楽しかったなって思います。自分が人生の一時期を過ごした場所で、吉井さんにとっても思い入れのある土地で、すばらしいパフォーマンスを見せて下さったことに感謝します。いい一日でした。とっても。とーーーっても。
23:33 | comments(12) | -

氣志團万博いってきたのよ

房総遠かった!電車を何度も乗り換ええっちらおっちら木更津まで。ROLLY+HEESEYに吉井ゲストときちゃ見に行かないわけにいくまいて…と重い腰をあげていってきました〜

この間まで寒い寒い服装どうしようとか言ってたのがウソみたいな晴れ間と暑さ、いやでも雨じゃなくてよかった…前日まで結構な降りだったものね関東地方。誰だか知らないけど晴れ男ありがとう。しかし足元は相当にぬかるんでいたため、前方突進はそうそうに諦めた私たちなのであった。花道の近くぐらいが精いっぱい。

文字通りバラエティに富んだ出演者が次々に現れるうえに、左右のサブステ、花道先のセンステと場所を入れ替えてやってくれるのでセット転換の待ち時間がほとんどない!というのが翔やんのサービス精神をうかがわせますなー。個人的に初めて見たキュウソネコカミのボーカルのひとの煽りっぷりや、モー娘。OGを私たちの前で観ていた男子二人組が(たぶんお目当ては違ったぽいが)かわいい、めっちゃかわいい、と連呼しており、最後には「今日イチたのしかった…」と感想をもらしていたのが印象的でした。あっもちろんグループ魂もがっつり見たよ!ああいうところで「中村屋!」って心置きなく言えるのたのしかった。あと破壊のナチュラルボーンドSみたいなキレ味のMCも満喫したし、そうだ!職質やってくれたんだ…思わず飛び跳ねて喜びました。ポーズ決めてるのにバイト君の準備に時間がかかって「早くしてくんない?結構カッコつけて待っちゃったよ」っつー破壊さんもよかったです。そうそうネタにされていたのは長渕剛富士山麓ライブでした。暴動が「俺たちのちからで太陽引っ張り出そうぜー!つってたらしいですけどそれ昨日もあがってたやつですから」って冷静に斬っていた。破壊の浴衣はそれほど萌えないんですけど(個人的感想です)暴動の浴衣めっちゃ萌えますよね(個人的感想です)。そういえば石鹸は音チェックのときに自分がでてきてたなー最後お手振りして去ってってたなーかわいかったなー

ROLLY+HEESEYはちょっと日がかげって風が出てきたかな?というナイスな時間帯でした。各アーティストの前に翔やんの魂のこもった煽りVTRがあり、どれもこれも素晴らしかったんですが、この煽りVで使われている吉井の素材が紫の炎西宮、FIX横アリ、96.1.12武道館と、涙を目の幅で流さんばかりの「わかってらっしゃる」ぶり。さすがだぜ!

ヒーセがセトリあげてくれてたんで書いておきますね

01. Introduction〜恋のマジックポーション
02. たどりついたらいつも雨ふり
03. BURN 
04. 恋のロマンティックブギ
05. LOVE LOVE SHOW 
06. タイムマシンにおねがい 
(03〜06:with 吉井和哉)

のっけから恋のマジックポーションだったのでお友達ときゃんきゃん喜んだし、なによりROLLYのゴージャスさとヒーセのかっこよさだけで飯食える状態でした。フロントどこ見ても華やかな人しかいないってすばらしいですよね。ROLLYが「1972年に何してましたか?」つって72年のヒット曲「たどりついたらいつも雨ふり」をやってくれたのが個人的にテンション突き抜けるほどうれしかった。これ吉井はもはやなにも関係ないんですけど、第三舞台のね!81-91っていう私が文字通りテープ伸びるまで見たビデオの最後でこれにのせてダンスシーンの映像があるんですよ(つーか鴻上さんが好きな曲なんだよねコレ)。ギターのイントロであんなに喜んだの袖ヶ浦海浜公園で一、二を争った自信あります。

BURNから吉井登場だったんだけど、すでにお写真が各所で出ている通り、学ランに金髪アフロの白カラコン(最初はサングラス)っていう、誰!?状態だったのですが、のっけから何に笑ったって団旗振り回したあと、んもうもんのすごいナチュラルに、つるつるっと花道出てきてセンステで右見て左見てのアピールが激しかったことです。っていうかあいつ4曲しかやってないのに2曲花道出てきてた。もう花道があったら出てこないではいられないんでしょうな!そこに山があるから的なやつやんな!

BURN聞いたの久しぶりだったかなー、野外で聞くBURNはどうしても紫の炎の感じを思い出してしまうなーと思いつつ、なんだろうね、気持ちよさげに歌ってはりました。古い歌ですけど…ってすかんちのセカンドシングルやりますってROLLYが紹介してくれたとき、これ流れからして吉井歌うんだろうけどまたもや歌詞カードガン見の刑なのでは…!?と一瞬ふるえましたがあにはからんや、ぜんぜんそんなことなかったですね。なかなかにのびのび歌ってはりました。とはいえ、全体的に先輩のまえでじゃっかん緊張気味…みたいな空気(借りてきた猫的な空気)もところどころあり、その緊張ゆえにか訳のわからない自己紹介をしてスベるといういつか見た光景的なアレもあり、まあいつもの吉井ちゃんだったよ!(強引なまとめ)

吉井がそそそっとヒーセのとこ寄っていってちょっかいかけてたり、三国さんにちょっかいかけてたり、いやまあヒーセと吉井が並んでるのだけでも私にとっては相当な御馳走だったわけですが、ROLLYとバーニーがギターでガンガン前に出るのも楽しかったし(っていうかバーニー相当バカテク寄りのひとだと思うけど、でもROLLYのギターの方が音が前に出る感じすごいよね!)、ROLLYとヒーセが背中合わせで弾いたりしてる姿も、それだけであーきてよかった、って思わせるにじゅうぶんでした。ROLLYと吉井はもちろん、ヒーセってほんと華のあるベーシストだよなーってしみじみ感じ入ったりしたなあ。

こういう場で誰でも知ってるアッパーソング、ってことでラブショーはもちろん最高にもりあがった(そして吉井はやっぱり前に出てきた!)んだけど、個人的にこの日のハイライトは間奏に入る前、吉井が「みくにさーん!」ってコールして三国さんのソロになった瞬間でした。もうねえ、ほんと目の前の光景がパタパタとパネルみたいに17年前に戻るような、圧倒的喚起力だったよ。あのキーボードの音すごいな!ラブショーなんてソロになってからも何回も聞いてるけど、あのキーボードでこんな風に感じたことなかった。

でもって吉井はもうラブショーの2番をライブバージョンでしか歌えないっていうね!でもって私たちももうそっちで刷り込まれすぎてて音源がどんなだったか忘れつつあるっていうね!

最後のタイムマシンにお願いも個人的に(奇しくもこれも第三舞台がらみ!)思い入れがあり、あーいろいろ(勝手に)もてなされてるな!って感じたパフォーマンスでした。吉井ちゃんの現行ブロンドヘア拝みたかったけど、まあ氣志團万博っていう場である以上、ひとネタ入れ込んでこなきゃいけん的な気合いだったのかもしれない。

10月4日のフジソニックも行くことにしているので、今年の夏はこの氣志團万博とフジソニックが吉井ちゃん的行事なんだけど、次はいちおう吉井ソロ名義(いちおうってなんだ)なのでそこにヒーセがどうはまるのかなってのも楽しみです。

夏フェスとかもうちょっと縁遠くなりつつあるよなーという心境だったんだけど、この組み合わせの妙には重い腰をあげずにはいられなかったし、前日までの雨という事態はありつつもホスピタリティにあふれた運営ですごく楽しんで一日を終えることができたなーと思います。翔やんの木更津愛を感じた一日だったぜい!
20:41 | comments(4) | -

フェスティバルホールは今夜

この二日間を自分の中で一言でまとめると金髪狂想曲だった。モバイルで徹底的にブリーチして色抜いてるけんね、という自撮りがあがって以降、マジで金髪なのかただのフカシなのかと戦々恐々としてました。バカみたい?そうですね、自分でもそう思います。でもわたし吉井の金髪大好きなんです。明るい髪の色大好きなんです。あいつがその昔、もう髪の色染めたりとかやらんけん、的なことを言っていた時昭和は遠くなりにけりじゃないけど、私の夢は遠くなりにけりと思ったもんだった。撮影のためらしいですがなんの撮影なんでしょうか、昨日会った友人は「スーパーサイヤ人しか考えられんのやけど」と言っていた。
 
続きを読む
01:19 | comments(10) | -