sakura-blossom
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

spring tour'00 名古屋レインボーホール1日目

初日というのは色々と予測がついてないので結構どきどきものだったんですけれども、ある程度メカラのツアー版?とか思っていたのですがまあそんな感じでした(笑)
ジャガーがめっさ多くてねー!でもメカラじゃなくてツアーでジャガーやる、っていうのはホントに久しぶりだろうし、そう思ったらやっぱこういう選曲になるんかなー。
しかし吉井、頼むから半袖はやめれ(爆)
ASIANやSUCKでシャツをめくってお腹を見せてるんだけど、半袖のTシャツでめくられると病院で聴診器あててもらうみたいなんだもん〜〜(笑)
めくるんでは色っぽくないのよーー!はだけないとダメなの!
二の腕も半袖で見せるんじゃんくてまくって欲しいのよ!腕をね?!わかる!?←何様?
それに較べてエマはアンコール白いシャツでさ。完璧じゃないですか。
あたし今まで白シャツは吉井の方が似合う!って言ってたけど今回はエマに軍配、つーぐらいかっこよかったッス。
しかもエマ様もう腕回す回す。ギター弾きこむ弾きこむ。しばらくエマから目が離せなかったさ(笑)いいなー白シャツ。吉井も着てくれや・・・。
怠けたファンの私はSHOCK HEARTSをまだ買っていなくてカップリングを知らなかったんだけど、そのあたしの知らない1曲以外にも知らない曲がいっこありました。新曲なのかなーー、と思うんだけど吉井が何も言ってくれないのでわかりません(笑)でもけっこいい感じの曲でした。
SHOCK HEARTSはライヴで楽しいだろうなーって思っていましたがホントにそのとおりでした。でもカップリング(だとあとで知った)もよかったーー。ちなみに今回初めてモンキーのライヴに誘ったあたしの友達はちゃんとSHOCK HEARTSも聞き込んできててさっきのがカップリングだよーと教えてくれた!面目ねぇ〜〜!(爆)
ブリージアっていう謎の席だったんですけど、程良い傾斜でちっさい子には優しい席だったです。まあアリーナの後ろなので表情は見えなかったんだけども、でも吉井はすごい機嫌良かったように思ったなぁ。「甘い経験」で下に降りてたし。まあ降りれるように作ってあるのかもしれないけど。
途中のMCで「僕たちもだんだん元気になってきました」って言ってて、やっぱあのツアーで失ってた元気も少なからずあったのね〜とか思ったり。
まあでも一番の感想はたのしかったーーー!!!です(笑)
なによりまた明日もある、というこの続いていく感じがツアーならではで・・・シアワセだーーと思った。アンコールがもう一回あると更にいいんだけど! ←欲張り(笑)

2000.04.08
01:01 | comments(0) | trackbacks(0)

We are Petticoat Laner de 公演

FC限定ライヴ。
まずFC限定っていうのがどういうのか想像つかなかったんで、メカラよりもはじまる前緊張したなぁ。友達と二人で武道館に向かう。メモリアルチケットにかえてもらおうと思っていたので結構早めに行ったつもりだったんですけど、九段下の駅からすんごい人が並んでて、何・・・?って思ったらなんと物販に並ぶ列だった。すごく時間があったので、何を売っているのかも確認しないまま並んでみた(笑)
並んでる間にチケットはかえてきました。結構カッコイイーーーー。
さんざん並んだあげくでなんなんですけど物販は大したもんありませんでした(爆)せっかく並んだからなぁーーと思ってストラップとポストカード2000円也をお買いあげてみたんですけど、これがもうアンタ、おいーーーー!!!ってかんじの代物でした。
通販で出るかどうか知らないけどやめた方がいいよ。ほんと。

会場前の喫茶で偶然友達を見つけてちょっと喋りました。二人で顔を作ってらっしゃったんですけど(笑)すんごくかわいくしてたーー。光ってた。ライヴだなーーって感じ。なんかあたしまでわくわくした。

今日こそはロマンティストかな?って思ってた一曲目は(←しつこい)ななななんと!
あのオルガンのメロディが・・・。え?うそ?ほんとに?と思うまもなく、
♪ながくおびえた世界は歌う〜でした。smileでした!!!
いやーーん!うそーーーん!って感じ・・・ホントに吉井さん吹っ切ってくれたのかしら!とか思った。しかも、あたしの席は北西だったので見えなかったんですけど、紗幕にあの女の子の映像が出てたらしいです。そんでsmile!smile!smile!で幕が振り落とし。いやーんまんま初武道館じゃーーん!
その後はもちろんボンジュールジャポンボンジュールジャポン♪で!ああーーこれが二日続けて聞けるとわー!そして一度は諦めた"I"の野望再び!

中盤、A HENな飴玉、Chelsea Girl、薔薇娼婦麗奈と続いてもうこの時点で首が痛くなってた。麗奈はやるだろって思ってたんだーー。根拠ないけど(笑)紫の炎以来ですよね、麗奈。あの時はジャガーのアルバムがそんなに好きじゃなくて聞き込んでなかったんで
今回は思いっきり「麗奈!」と叫ぶことができて嬉しかったです。

さすがFC限定!って思ったのはMOONLIGHT DRIVEとWedding Dress、LOVE ME TENDER、あとインディーズ時代の毛皮のコートのブルースをやってくれたことかなぁ。LOVE ME TENDERはまだやるかもって予想はあったけど(ジギースターダストかどっちかやるだろうと思っていた)、Wedding Dressはびっくりした(笑)びっくりしすぎてわからんかったっつーの。最初。
あ、あと昨日でなかったThis Is For Youも今日出ました!えへへへーーー、何回聞いても好き!最後さ、エマが去年みたいにワンコーラス歌ったんだけど、この時の二人がすごく可愛くていいのん。最後歌い終わって二人で照れてさ、こつんとおでこをぶつけたのね。エマが。失神しそうになったっつーの。かわいくて(爆)吉井も失神しそうになってたが(笑)

アンコールでASIAN BOYのあと、普段はけてしまうメンバーが残っていて、「本当ならここで終わりの筈だったんだけど・・・・」「ヒーセが『お前あれだよ?FCのライブでこれやらなくてどうすんの』って言うので急遽やります・・・きみたちと俺達のロックンロールを・・・」といって、JAMをやりました。
本当に、墓場まで持っていきたい。この曲。ヒーセありがと(笑)

昨日の最後がバラ色の日々だったんで、もしかして最後1/26に出る新曲かなぁって思ったんですけど、そうだったらやだなぁ、とも思ってたの(笑)というのもあたし最後は絶対これにして欲しいって曲があったので。
でも最後吉井がアコギを持っていなかったのでえええ!ってがっくり来たんですけど「これで本当に1900年代最後の曲ですね・・なにやろうか・・・やっぱこれでしょう」と言って後ろにギターを取りに!
もちろん最後は「Welcome〜!」
もう最高!やっぱ最後はこれじゃないと!ほんっと嬉しかった!この二日間で出たどの曲より興奮した(笑)
10年やって、113本もツアー回るようなバンドになって、武道館も横アリもいっぱいにできるアーティストになって、それでも1900年最後の曲にWELCOME TO MY DOGHOUSEをやる。10年たった武道館でもまだ「ここからはやく出たいよ」と歌えるバンドであって欲しいって言うのが、もう一個の願望ですらあったので。この1曲は本当に嬉しかったです。

ライブ全体通してなんだけど、多分5割ぐらいの人は思っていると思うんだけど(笑)28日のメカラとセットリストがかなりかぶったのね。
28日と29日、全然違うセットリストだって思いこんでたんですよ。あたし。
というか、FCのセット決めてから、メカラのセットをアレンジしたというか。そういう印象を受けました。29日の方がセットの流れが自然だったのでそう思ったんですけど。セットがかぶった時点で、勝手に思いこんでたあたしが悪いんだけど(笑)あ、全然違うって訳じゃないんだーと思っちゃって。勝手に期待してて勝手にがっくりするなよって感じですが(笑)でも楽しかったのよ。ほんとよ。言い訳めいてる?そりゃ"I"やらなかったけど(笑)←根に持ってる

あと、これは少数派だと思うんだけどさ(笑)FC限定ってさぁ・・・っていうのも思っていたのだな。実は。FC入っているかどうかでわけるって言うのがどうも(笑)生理的に受け付けないというか・・・。や、こういうのってやるのが常識なのかもしれないけど。あたしなんせモンキーがFCバージンだから。
でも、やってみてあーー違うなぁと思いました。1万人全員FCっていうのは違うわ。FC入ってる人って、ただ5000円たくさん払ってるだけの人じゃないのね。やっぱ全員がポジティブにイエローモンキーってものと関わりたい!と思っている人たちなのね。当たり前だけど。
見てる間中、1万人が乗せ上手だーーーって思った(笑)全員が楽しもう!としてる感じ。うん、これはこれで、いいもんだな、と。
でもFC入ってる人しか行けないライヴっていうのばっかじゃ困るよ、とは思っているけどね。相変わらず。

2日間通して、なにしろ吉井さんは歌いたくて仕方ないんだなーって想いがすごく伝わってきました。メンバー全員楽しそうで・・それもすごく嬉しかった。にこにこ笑っててさ。ヒーセとエマの掛け合いは可愛いし。吉井が元気になってくれたのも嬉しかったし。4人ともホントかっこいいし。
この2daysはメカラ、FC、とか言うよりも、「9ヶ月待たせたなっ!これから見てろ!」っていう決意表明ライブのような気がしました。だから4月からのアリーナツアーがめちゃくちゃ楽しみ。
頑張っていっぱい行くわーーー。お金貯めて(笑)。

1999.12.29
01:01 | comments(0) | trackbacks(0)

メカラウロコ10

3/10から9ヶ月あまり。待ちに待ったモンキーのライヴ。だったんですけど、まあ相も変わらずチケット大激戦ってこともあり最後までいろいろバタバタしてまして実は直前まであんま実感というか・・・テンションがあがってなかったんですけど、27日の朝だったかなぁ、去年メリークリスマスやったなぁって突然思い出して、そしたらなんか去年の熱に浮かされたような興奮をおもいだしまして。
そんでテンションあがったはいいんだけどあがりすぎて落ち着かせ方がわかんなくなっちゃうシマツ(笑)久々だからさーーー。ライブ前の振る舞い方っていうの?そういう感覚が戻ってこないのよ!

28日は仕事だったんで例によって定時と同時に会社を飛び出しまして。いやーーしかしあたしのカッコ会社で浮いてたわ(註:ボルドーカラーのベルベットのドレス)。みんなに「どうしたの?」と聞かれたので「宮中で晩餐会が・・・」っていっときました。説明すんのめんどくさいんだもん。
久々の武道館。っていうか1年ぶりの武道館。
今日は南西の席で、まあ後ろだったんですけど結構よく見える席でした。去年北東だったしなぁ。

あたしは今日の一曲目をロマンティストじゃないかって思っていたんですけれど、というか、いままでメカラでセカンド・ファーストの1曲目をやってて、サードのSECOND CRYは2回ともやってるしそしたら本来なら次は4枚目のsmileなんだろうけど、スマイルをドタマには持ってこないだろうと思っていたのね。
だってメカラ10でさ。10年目の節目でしょ?smileじゃないよなぁと。やってくれないだろうなって思っていたの。
SEがね、死ね死ね団のテーマだったんで、ああ、こうきたかーーーと。やっぱSICKSまで飛んじゃったかと。でもRainbowmanすっごい好きなんでめちゃくちゃ嬉しかったけど。今日はSICKSいっぱいきける!って。
ところがさ。次がさ。ボンジュールジャポンって聞こえるの!空耳・・・?って思ってしまいましたよ、一瞬(笑)ちょっとこの時点であたし的にはメカラウロコ落とさせていただきましたって感じで。うれしかったなー。
っていうかね。ここでマリーに口づけってことは、今日はアレが出るかも!って思ったの!アレって言うのはもちろん"I"!なんですけどね!(笑)

SICKSからの曲を結構やってくれました。I CAN'T BE SHIT,MAMAとか。創生児とか。で、smileからの曲も結構やってくれました。吉井の叫びからSee-Saw Girlがはじまって狂喜しました。アリーナツアーの後半でお預けくらってたしな(笑)
メカラウロコ楽団の代わりに今年はホーンセクションがはいってて、そのせいかアレンジとかかなり違うのも多かったんですけど、球根をやったときに、3/10のときの球根を思い出して、あの時吉井が声が出なくて下で歌ったなぁっていうのを思い出して、そしたら凄くよくのびた声の球根を聞いて泣けて来ちゃいました。
吉井さん元気になったなぁって思ってさー。弱いファンだねぇほんとに(笑)

あとスマイルから・イエ・イエ・コスメティック・ラヴをやってくれました!イントロ聞こえた瞬間叫んじゃいました(笑)私の友達でずーーっとイエイエ聞きたいなぁって言ってた子がいたので、よかったなぁって思った。
武道館でのファーストライヴのビデオみたいに、♪午前0時には〜のとこ後ろ!とかアリーナ!とか言ってくれてた。そういう細かいところが嬉しかったりするんだよ!そうそう、熱帯夜もやったなぁー。ほんとスマイル多し。今までじゃ考えられない。真冬の夜に聞く熱帯夜も最高でした。

MCで、この曲をやるのも1900年代最後ですね、と言ってJAM。
パンチのツアーで何回も何回も聞いたのに。何回聞いてもこんな夜は会いたくて会いたくてのところで涙が出る。感動するっていうだけじゃないなんかがこの曲にはあるような気がするな・・・・。

SICKSも多かったのでアンコールでは人生の終わりが来るかなぁって思ったんですけど今回あたしの読みははずれっぱで(笑)
シルクスカーフがきました。あたし実はこれが初シルク。
最初の♪ジャガーはライフルで・・・のとこ、吉井の声がすごくて、ほんとにすごくてまっすぐ胸に刺さるかと思った。鳥肌たちましたよ。
いい曲だなー。ずっと聞きたいって思っていたので嬉しかったです。
SUCK OF LIFEがはじまる前、私は何故かアニーを見てたので(何故かってことはなかろう)あ、SUCK来る!って一瞬前に気がつきました(笑)
絡みのシーンでなんとヒーセとエマがゴンドラに乗って北ブロックに出現!
後ろってやっぱかなしいもんなー。嬉しかったろうなと思います。

2回目のアンコールでバラ色の日々をやってくれました。
なんかね、いい曲。すごい好きかも。泣けたもんな。特にわけもないのに。

全体としての感想なんですけど、最初にも書いたけどとにかく久しぶりすぎて自分のテンションをどうしていいかわかんなくなってた。
興奮してるんだか落ち着いてるんだか自分でもちょっとわかんない感じ。
あと、パンチのツアー113本やって、最後の横アリの一体感ってやっぱすごかったんだなぁっていうのをあらためて思いました。
113本やったからこそできたライブっていうのはあるんだなぁっていうか、あんなに客とアーティストがあうんの呼吸だったライブってやっぱ特別なのねって。その時はわかんなかったけどね。
あと、審美眼ブギとかフォクシーとかがいつもより遅かったような・・・・?いつもライブのときって「はやっ!はやっ!」って思うんだけど今回はそうでもなかった。ホーンセクションが入ってたからかなぁ?
それから"I"は出ませんでした・・・結構ショックでかい(涙)

でも、やっぱライヴいいなぁっていうのも思いました。つーか足りねー。こんなもんじゃ。これがパンチドランカーならぬライヴドランカーになるってことなんでしょうかね?(笑)

1999.12.28
01:01 | comments(0) | trackbacks(0)

蟻の人

おそらく、ネット上でのイエローモンキー私設サイト最大手(だった)「蟻地獄でヤりましょう」が本閉鎖されました。
全然常連なんかではなかったし、毎日チェックするサイトでもなかったですが、一瞬PCの前で動きが止まるぐらいの感慨はやっぱあります。
イエローモンキー好きで、ネットをやってていっぺんも見たことない、名前も聞いたことないっていうひと殆どいないと思う。
かなり前からウェッブマスターのつきのさんがサイトを運営していくなかで逡巡してらっしゃる感じではあったけれど、とうとうこの日が来てしまったかっていう感じです。

とにかく、お疲れさまでした。
つきのさんの見えないところで、届かないところで、つきのさんの「蟻地獄」を楽しんできた1人としてはそれしか言葉がないです。
こういう言葉さえもつきのさんの見えないところでしか言えませんが。
01:01 | comments(0) | trackbacks(0)

最初の一歩

今日、実はオフィシャルHPに初めて書き込みをした。
返信だったんだけど、意見を聞きたいと言われたので意見を書いた。
その意見を聞きたい、といった人からさっきメールが来ました。
感謝のメールだった。
ちゃんとポリシー見せてくれてありがとうっていうお礼のメール。

あたしがネットをはじめて最初に落ち着いたのは睡蓮のAntinomy syndoromeだったのですが、ウェッブマスターの睡蓮が、自分のところのBBSの注意書きとして書いてくれている文章があって、今はもうBBSは使えないんだけど、その注意書きだけは見ることが出来ます。
あたしはよく、それを読みに行く。
あたしは今までネットでいろんな人の書いたものを見たけど、その中で一番感銘を受けた文章だと思う。感動したとかではなく、感銘を受けた。なんか、背筋が伸びる感じがした。最初に読んだとき。
魑魅魍魎、有象無象渦巻くネットの世界であえてあれを書いた睡蓮はすごいと今でも思う。たとえ、甘いといわれようと、だ。たとえ、それは結果的には失敗したかもしれなくても、だ。

略称のこと。プライバシーのこと。ライブのマナーのこと。
確認の取れていない発言をすること。
何が正しいのかなんてわからん。
ただ、あたしはあたしなりのこだわりを持って行動したいと思う。
それが、インターネットという世界の中での私のポリシーだ。
それが睡蓮があたしに教えてくれたことだ。

ネットも、BBSも難しい。開かれた場所であろうとすればするほど難しい。
でもあたしはオフィシャルHPは、やはり、開かれた場所であるべきだと思う。
それがあたしの考えだし、ポリシーだ。
今は迷っていても、いいサイトになって欲しいなと思います。
続きを読む
01:01 | comments(0) | trackbacks(0)

[再録]カテゴリについて

「再録」のカテゴリにあるものは、私がユリイカ!という日記で書いていたイエローモンキーやら吉井さん絡みのものでまあちょっと残しておきたいかな、というものをこちらに移しているものです。以前は日記で書いていた日付でこちらにも載せていましたが、サイドバーがやたら長くなってうざいので(プルダウンにするとかいう頭はない)、このblogを開始する前の2006年4月1日の日付で統一してまとめております。紛らわしくてスイマセン。
00:00 | comments(0) | trackbacks(0)