sakura-blossom
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

食い尽くせ!

姉がうちにV6のDVDを持ってきてとてもとてもカッコイイから森田剛の「Fly」を見ろと言う。ので見た。
うんまあ、たしかに格好いい。てか悪くない思ってたより。
でもこれは私の考える格好良さやセクシーさではないのだよ、じゃあどんなのがあなたにとってのセクシーなのだ、ということでなぜかイエローモンキーのビデオを引っぱり出して見せてみた。
そうそう、これが私の考えるセクシーさなのよ・・・と最初はちらっと見るだけのつもりだったのにものすごく久しぶりに見たら吸引力が凄くて思わずTRUE MINDとメカラ7と追憶の銀幕ガン見。
なんだろう。
なんなんだろう。
吉井が格好良すぎてなんか・・・もう・・・えええええ!みたいな。
特に追憶の銀幕の美しさは身贔屓抜いても人外魔境だと思う。
あの頃から見るといまはもうただのおっさ(以下略)

イエローモンキーのライブは楽しいとこのページを始めてから100回は書いてる気がするが、もう100回だって書いてやる。イエローモンキーのライブの楽しさは、尋常じゃなかった。
毎年夏に行ってるSMAPのライブの楽しさはわーい木村くーん慎吾ちゃーんつよぽーん、みたいなつきあい始めたばっかりの彼氏と遊園地に行くような健全な楽しさですけれどもイエローモンキーのライブはまるで麻薬のような危険だけれども気持ちいい楽しさだったんだなあと思ったりしてみる。
もう何十回も見たビデオみてまだ「うわっ今の吉井はヤベーー!!」とか叫んだりのたうち回ったりできるあたり、なんだかんだ文句言いながらも吉井マジックから解放されていない自分を感じるよ!

あの尋常じゃない楽しさがもう一度戻ってくるとは思ってないし思えないんだけど、「あの頃は楽しかった」とアーティストとファンが慰め合う傷の舐めあいライヴももしかしたら悪くないのか、も(笑)
それとも思い出に生きるにはまだ、早過ぎるんだろうか。だよな。もうちょっとお互い、がんばらんとなあ。

2004.06.19
01:01 | comments(0) | trackbacks(0)

親の欲目

よっすぃ君のソロアルバムが今日発売でした。
なんだかんだと言いながら一応前日にちゃんと手に入れているあたりが、もう愛というか業だなと。
初回版にはDVDもついていて、なんだか久しぶりに動いてる吉井さんを拝みました。
相変わらず思うことは吉井は手がキレイだなあ、とか。
いや本当に、男の人で一番好きな手は吉井の手だろうなあ、と思う。と、ファンの人なら頷いてくれるはず(笑)
TALIがかっこよくなったよーとはしゃぎ回ってる吉井にバカじゃないのと思いながらうるっときたことは本人には秘密だ(当たり前)。

そういえばCCCDやめたんだねえ。
最初のシングルは確かCCCDだったと思ったんだけども。
私は余りよくわからんのですが、音楽ファンの友人には好評なようです。東芝EMIでCCCD回避はえらい!ってさ。
よかったね。

新星堂で買ったら小冊子みたいなのも貰って、インタビューもなんか久しぶりに読んだんだけど、パブリックなものよりパーソナルなものを志向するのは相変わらずでそこはすごく好きだ。
・・・奥歯にものの挟まったような言い方しかできないでアレなんですけど、奥歯にもの挟んだまま好きだとかキレイだとか嫌いだとか信じないとか言ってみるのが私なりの愛情表現だって事で。
やっかいやっかい。

2004.02.11
01:01 | comments(0) | trackbacks(0)

原因は一体・・・

ぎゃーーーー!!!
DVDプレイヤーとポータブルMDプレイヤーが壊れたーーー!!!!

ところで吉井和哉の詞ってエロいですよね。藪から棒ですいません。
いやこの間の狂乱の一夜の際カラオケにも行かせていただき(あんなに喋っていたのに他のことをする時間があったとは驚き!)、物凄く久しぶりにイエローモンキーなんぞ歌わせていただいたのですが、歌いながらああ吉井の詞ってなんてエロいんだろう!とかしみじみ思ってしまいまして、ちなみにその時歌ったのは意味もなく「ピリオドの雨」というファンにも非ファンにもぬるぬるの選曲だったんですがなんだか久しぶりにライヴの映像とかCDとか聞きたくなっちゃった訳なんですよ。
でまあSICKSなんて聞いていたらあまりのエロさに通勤途中で赤面しそうになるシマツ。
どうなの。
私は余り音楽に造詣の深くない人ですがあんなにエロい歌詞って当たり前なの?
「そんなことよりこっちへディナータイムは君がいい」だの
「ディープキスより深い罵声をハートまでさしこみたい」だの
「だらしないくらい何度も何度も下さい」だの
放送コード大丈夫なの!?
と言いたくなるぐらい婉曲に直球で(意味不明)エロいんですが!!
とか言ってたらMDプレイヤーの左のヘッドフォンから突然音が聞こえなくなりました。
その前まで聴いていたナカカズの時はなんにもなかったくせにーーーー!!!
しょうがねえ家で久々にTRUEMINDでも見るか。
とか思ったらDVDプレイヤーまで壊れました。
というかモンキーのDVDを認識してくれません!
ディスクを入れても入れても「ディスクを入れて下さい」と表示されやがる。
やっと認識したと思ったらもーのーすーごーいー再生のされ方(上手く表現できない、強いて言えば貞子が出てきそうな感じ)で、前衛芸術を見ているのか吉井を見ているのか目を悪くしているだけなのかよくわからないことになってしまいました。

結論。
吉井のエロは家電をも壊す!!(決めつけ)

2003.05.01
01:01 | comments(0) | trackbacks(0)

デジタルってすご〜い(笑)

家のものを追い出し、朝からDVD三昧(爆)
DVD何がいいって、どっからでも好きなとこから見えるのがいいねぇ〜。
CLIPS3なんてパールばっかり観てるシマツ(笑)
好きな部分を繰り返し!なんていうのも思いのままだからさぁ〜、もうTRUE MINDなんて見てたら、I love you,Babyでフロント3人はヘドバンし続け、FATHERで吉井は回り続け、See-saw girlで髪をかきあげ続け、太陽が燃えているではエマは吉井に微笑みかけ続け、そしてあげく夕日にガッツポーズとり続けるなんてことになるわけです(笑)

ちなみにTRUE MINDは特典映像が95年年末のLIVE DI;GAなんですけどね。
これ、多分昔LIVEyで放送されたことあるんだよね。あたしも裏ビデオで見た覚えが(笑)
でさ、実をいうと私が吉井に落ちたのってこのLIVE DI;GAの"I"がきっかけなんですよ。
でやっぱり今見てもこの時の吉井はちょっとおかしい(笑)エロ光線でまくり。フェロモンでまくり。
ああーーもうやっぱりエロくて大好きだ!と再認識いたしました(爆)

2001.03.18
01:01 | comments(0) | trackbacks(0)

長くなったらごめんよ

ドームのライヴのことをちゃんと書いておこうって思ってるんだけど何から書いていいのかわかんない。
だからもうとりあえずね、だらだらと。

前日は友達の家に泊まらせて貰って、昔のビデオを見たりラジオを聴いたり。
自分クイズ懐かしかったなあ。「君のことを好きな俺はだーれだ!」「お前だよ!」(爆)
彼女と別れて一人になってホテルにチェックインして、着替えたりなんだりしてたらすごく緊張してきてしまって。
間違って今テンションあげすぎないようにしようと自分に言い聞かせるシマツ(笑)

今回は「メカラ・ウロコ8」だったので、大阪で見るまでどんな曲やるんだろうな?ってかなり考えてたのね。やっぱり古い曲も聴きたいし(笑)でも期待しすぎないように考えすぎないように!と思ってあまり「これやらないかなー」とか思わないようにしてた(笑)だって、思っててやらないと結構がっかりするからさーーー。勝手なんだけど。
でもそれでもTHIS ISはやるよね?って思っちゃっていたオレ(爆)
で、セットリストがああいう感じだったので、やっぱりちょっと思惑が違ったところもあったです。正直。けどそのおかげで東京ではかなりフラットな気持ちで見れて良かったなぁと。
本当に心底楽しめたし。すっごい楽しかった。マジで。
席なんて、大阪の方が全然良かったけど、楽しかった。
メンバーも、大阪より楽しんでいたんじゃないかなぁ。大阪の時は、今思えばメンバーもちょっとキンチョウしてたよね。それはそれで貴重な気もしますけど(笑)SHOCK HEARTSの時楽しすぎて涙が出てきた。あそこが一番自分的にやばかった。
あとはもうライヴたのしーー!!で気持ちは終始してたなぁ・・・・・。

そうそう、アンコールの時ウエーブ起きたでしょ?あれ、私の斜め前あたりの一団の子たちが始めたの。で、最初なかなか繋がらなかったんだけど、あたしも頑張って声出してやってたらとうとう繋がって。拍手が起きてさ。楽しかったな。幸せだった。

こうなってみると、集大成的なライヴじゃなくてよかったのかなぁって気もしてきます。
だってそれじゃあ本当に最後みたいじゃんね・・・・・。
なんかね、帰ってくるかどうかわかんないし、あたしもやっぱり不幸体質なだけあって信じ切れてないし、たとえもう一回帰ってきても、その後やっぱりダメになっちゃうんじゃないの?とか考えるんですけれども。

でもやっぱり好きなのさ。だから帰ってきて欲しいのさ。
奇跡が起きればいーなって思ってるのさ。
甘いかもしれないけど。

今回は終演後に初めてアンケートをちゃんと書いてみた。
もーー芝居の時はあんなにだらだら書く癖にーー。初めてってどうよ?(笑)
や、”I”やってくれ!!とか大書きしたことはあったけど(爆)
つか今まで言葉にできねーなって思っていたのね、この気持ちは。だけどあえて言葉にしてみた。

続きを読む
01:01 | comments(0) | trackbacks(0)

JAPANを読んで

私はイエローモンキーが大好きである。
知ってるって。というツッコミはとりあえずありとして。
好きで、好きで、好きである。この気持ちは
♪こ〜んなにす〜きにさせといて〜
勝手に好きになったはないでしょう〜〜♪
と歌う人の気持ちがよくわかるぐらいの好きさだ。
何故、茶化して書くのか。茶化さないと、かけねえ。

なんで、最近、ふとした瞬間にも黄色いお猿さん達が頭をよぎって大弱りだ。
ヨシダさんというお客さんに「ヨシイさーん」と呼んでしまったことも今ではいい思い出だ。って、今日の話だろ。
まるで、男に振られた時みたい。そうなのか?やはり、イエローモンキーは、彼氏の代用品?でも、正直に言うと、恋を失ったときほどは、つらくない。すまん。ちゃんと食ってるし。出してるし。

あまりに考えすぎて休止後どうするのかとかまで想像してしまった。まあ、聞いてくれ。
まず吉井。
奥田民生とユニットを作る。ユニット名はもちろん「吉井和哉奥田民生」だ。逆も可。
どっかで聞いたことある?しらんしらん。
次。椎名林檎とユニットをつくる。
アルバム名は「横綱ユートピア」。略してYYだ。ちゃんと吉井のこだわるYの字をとるあたり、気が利いている。
そんなユートピア、行きたくないが。
ヒーセ。
8月の新感線公演に出る。根拠はふたつ。まずこの間秋味の楽日見に来てたから。
で、夏の新感線公演タイトルは「大江戸ロケット」。ヒーセは「江戸前ベーシスト」。ほらな?
うふふふ、イエローモンキーファンよ悔しがるがいい。私は泣く子も黙る新感線FC会員だ。
ヒーセ側最前にはいつも私がいると思え。
菊地兄弟。
もちろん、二人でユニットを作る。ユニット名は、そう、「K−BLOOD」だ。
一発目のシングルには「高尾山で会いましょう」が内定しているという噂だ。
「薔薇天狗麗奈」も候補に挙がったが、意味がわからないということで却下されたらしい。

と、こんな風に現実逃避にワッショイしてしまうほど、彼等のことを気にかけているのだ。ほんとかよ。
って、なんで休止でそこまで動揺するんだよと言われそうだ。
つーか、自分でも、おいおい、おっちゃん、休止なんだからね?とツッコミを入れるシマツだ。
でもあえて言おう。
私はこの休止を自分の中でほとんど解散だと思っている。

・・・・・・うわーーーーー言ったぞーーー言っちゃったぞーー知らないぞーーー。
最初、FCからのDMを見たとき、そう思い、ヒーセと菊地兄弟のラジオを聴いて、おっちゃん、考えすぎてたよ、と思い、JAPANで、やっぱりそうなのかと思った。
考え過ぎならいい。ま、もともと私は考えすぎるタチだ。
今までの4人には、1/8でいったんサヨナラだと私は思っている。というか、そう思わないと、つらいのじゃ。
無期限の約束なんて、できねーよーーーー。ごめんよーーおっちゃん弱くてーー。
だって、吉井はもう一度4人でやることを願っていると思えるが、信じているとは思えないんだもん。
だから、もう一度4人が、心の底から一緒にやりたいと願っている4人が
私の目の前に現れたら、それは奇跡だと思うことにする。
で、奇跡が起こることを、願っている。
同じじゃん。つか、よけい、たちが悪いな。あたす。

幸福な瞬間など、何度でも、作ってやる。
壊れたら、また作ればいい。本当に怖いのは、壊れることより、壊れることを怖れることだから。

と、鴻上尚史は言った。
いいこと言うぜ。鴻上さん。さすが、あたしのトラウマ。
でも、こんな、わかったような事書いていても、ほんとは泣きそう。
泣きそうで苦しくてしょうがない。
だから、いま、日記を書いている。
イエローモンキーに出会ってからの日記だ。
長い。なにしろ、一太郎の40×40のページが、5枚になっても、まだ序盤なのだ。
ま、改行改行だから、言うほどのことはない。ってどっちやねん。
それを書いて、いったん、ケリをつけよう。
そこまでする必要ないんだろうけど。でも、自分、不器用ッスから。

2000.12.26
01:01 | comments(0) | trackbacks(0)

至福の夜 悲しい夜

今私の隣には今日買ってきたばかりのイエローモンキー/スプリングツアーのビデオがあって、同じように今日買ってきたばかりのイエローモンキー「BURN」の本が並んでます。
今からあったか〜いミルクティーを淹れて、おいしいクッキーとか並べて、ゆっくりじっくり彼らの声や姿を堪能するわけです。
至福だよな〜〜〜〜〜〜。

でも、こんな風に本や雑誌やビデオやCDで、新しい彼等に会うことはもうしばらく・・本当に、ライヴが終わってしまったら本当にもうしばらくないんだろうなと思うと、なんだかすげー泣けてきたり。
まだ終わってない今が一番楽しいんじゃないかとか考えたり。
そういう自分って情けねえ!とか思ったり。
最後な訳じゃないのに何一人で落ちてんのさ!という声が聞こえたり。
でも泣けるのよ。いーんだもう。しょうがないよ泣けるものは。

「BURN」の方は、実は帰りの電車の中で一番最新のインタビューは読んでしまったんだけど、吉井のインタビューは本当に苦しい。苦しいようううう。でも、本当に一番にファンに言ってくれたんだなぁと思うと、あの素っ気ないDMを許す気になりました(笑)

で、まあ何しろヒーセに泣かされた。ヒーセって・・・ほんと、マジで、いい男。ほんっっっっとにいい男だ。廣瀬って書いて、「いい男」って読むのよ。ってぐらいに。そんぐらいのイキオイ。

インタビュー読んで、またいろいろ考えちゃったけどさ。
待つか待たないか、期待しているのかしてないのか、諦めているのかいないのか、自分でもわからーん。
どうなんでしょうね。ほんとにね。
わかんねーや。
でも、こんな風に思うまで一個のバンドを好きになったことは少なくともないなぁ。

2000.12.08
01:01 | comments(0) | trackbacks(0)