sakura-blossom
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Kazuya Yoshii 15th Anniversary Tour 2018 -Let's Go Oh! Honey-@福岡サンパレスに行ってきたのよ

吉井和哉ソロ15周年記念プチツアー初日の福岡にお邪魔してきましたよ!福岡は遠征で何度も足を運んでいるのになにげにサンパレスお初だったわたし。お友達のおかげでとっても見やすいお席だった!ありがたい!ありがとう!以下、具体的な曲名がばんばん出てくるのでセトリバレ回避中の方はお気をつけて!

 

THE YELLOW MONKEYのツアーがとっぱちの5.11復活のカウントダウンに端を発してずっと定刻開演だったので、はてさて吉井ちゃんソロはどうなんでしょうね、と開演前にお友達と話していたのだが、いやー、だって、モンキーで定刻開演しはじめてようやく「時間を守るのって大事だね!」とか言い出したあいつだよ、むりでしょ、などと決め打ちしていた私たち。会場はまだ客電が消えないうちから歓声と拍手、観客も席を立って盛り上がっていて、しかしとはいえまあ押すでしょどうせ、とのんびり構えていたらあーた、ほぼ定時に客電が落ちてまさかの定刻スタートっていう。ごめん吉井ちゃん!どうせ押すとか言っててごめん!

 

派手にぶち上げる感じでくるのかな、しっとり行くのかな、衣装どんなかな、といろいろ想像はしていたんだけど、オープニングのどちゃんこカッコイイSEからまさかシュレッダーで始まるとは意外の介でした。いきなり第一声の吉井の声が裏返ったので一瞬ヒヤリとしたし、前半は結構声がざらついて聴こえるなと思うところもあって、なんだかあのCDJのいやな事件を思い出してしまって、えーん大丈夫かな!と心配したりもしたけれどまあ勿論あんなことにはならなかった。吉井は上下ともに黒一色で、シャツについているゴールドの細いチェーンがアクセントになっていて、すごくシックだった。髪も短いし、色もほとんど染めていないのでは?という感じで、それでも地味、というふうにはならないのがこの人のすごいところだ。

 

2曲目にDo The Flippingがきて、うおっと懐かしい、懐かしいし割とコアなところ持ってくるんだなーと意外に感じました。シュレッダーもそうだったけど、照明がね、ほんと吉井にピンスポ当てるみたいな空気が全然なくて、ストロボフラッシュ炸裂とか、そうそうこういう雰囲気だったねソロのライヴ…と思い出したりしました。3曲めのWEEKENDERは選曲としては意外ではないけど出順としてはもっと後半かと思ってました!っていう。しかしいつ何時でもブチ上がる曲だし、福岡のファンは(開演前の盛り上がりもふくめ)ほんとうに乗せ上手なので、やっぱり初日に相応しい土地だなーと。

 

15周年のプチツアーです、なんか今回チケットとるのがすごく大変だったみたいで、ここにいる人もたいへんな思いをして取ってくれたんじゃないかとおもう、ほんとうにありがとうございます、ってこのMCここだったかな、もっと後半だったかな。いずれにしてもすごく真摯にありがとうと言ってくれていました。いろいろあった15年なので、聴いているみんなもそれを思い出したりするんじゃないかと思います、じめーっとした曲ばっかりだけど!梅雨だけに!じめーっとしてるけど!と笑いながら言って、その中でも明るいふうの曲を…と言ってなんだろ?と思ったらCALIFORNIAN RIDERだった。

 

これもまためちゃくちゃ久しぶりに聴く気がするし、さっきの吉井のMCではないけど、本当にこの日はことあるごとに楽曲と共に過去のいくつかの場面や、そのときの自分の心情を思い出すことになった。CALIFORNIAN RIDERは前やった時にも「ぼくにもさわやかな曲がある!」とえばっていたので吉井さんの中でそういうイメージなんだなと思うと面白い。歌詞の出だしを「小さいマスオくん背番号匙投げて父ちゃんに殴られトランペットのせいだ」って空耳で覚えてしまっているんだけど吉井の歌詞も相当にグダっていたので正解が行方不明。続いてヘヴンリー。これも結構攻めたセトリですよね。

 

絶対やるだろうと思っていたCALL ME、これは本当にいちばん最初のツアーを思い出す。この日に限らず、CALL MEはいつ聴いても、どこかにあの最初のツアーでの、マイクスタンドにしがみつくように歌っていた吉井和哉の姿を思い出す楽曲だ。ソロのライヴでいちばん演奏された楽曲なのではないか?そういう意味でもソロのキャリアにずっと寄り添ってくれた曲だったと思う。

 

母いすゞは吉井和哉のある意味真骨頂のような曲だと個人的に思っているんだけど、この日の母いすゞはまたひときわ凄かった。ボサノバ調のアレンジになっていて、淡々とした歌いっぷりなのに、歌詞で歌われる風情も相俟ってものすごくシアトリカルな空間がうまれていた。間奏で吉井がただ身体を揺らしているだけなのに、ほんとうにこの人の肉体には物語性が染みついているんだなと思い知らされる、大袈裟に言えば一本の短編演劇を見た後のような空気があった。父ジャンとは、の歌詞を2回目は「父親とは」に変えて歌っていて、過去にライヴではそうやって歌っていたことを改めて思い出したりした。

 

HATEはめちゃくちゃ好きなのでやってくれて嬉しかったけど、このあとのクランベリーも含めて、これはマジでどうやらゴリゴリ15年付き合ってきました前提のセットリストだな!と思いました。いやクランベリー一瞬「あれ、これなんだっけ!?知ってるけど(歌えるけど)タイトル出てこない!」てなりましたお恥ずかしい。まあ途中でオー、クランベーリーってやるとこで思い出したけどね(それは思い出したとは言わない)。今回吉井がエレキを持つ楽曲が極端に少ないので、クランベリーの終盤は貴重、貴重。あのがなるように歌うとこ大好き。そこからの点描のイントロで、文字通り客席がわっと沸き立ったし私もヤッターーって思いました。なんで点描てあんなぶち上がるんでしょうね。タンバリン?タンバリンだから?あとこのときでしたっけ、指でクイクイッとこちらを煽って行くぜ福岡ー!つったの。いやこれでぶち上がらないやついないでしょ!

 

とはいえこんなにぶち上がる楽曲なのになんだけど、あろうことかこの点描のしくみで相当に涙ぐんでしまった私。STARLIGHTのツアーの時の自分の状況とか、神戸に見に行った時のこととか思い出して、それであの日も本当に点描でしぬほどぶち上がって、そうして結局のところ私は吉井ちゃんにこうやって一生返せない借金を重ねていくのだわ、と興奮の坩堝のなかで思ったこととか、そういうあれこれを踊りくるいながら思い出してしまったのだった。それにしてもタンバリンを投げるときに袖のスタッフとアイコンタクトしすぎで笑いました。もう投げる投げるって顔が言ってた。そして本当に腰をくねらせて客を煽る吉井は最の高。

 

LOVE & PEACEもやってくれて嬉しかった。つい最近改めて聞き直したりしていて、そしてほんっとうにいい歌詞を書くな!としみじみしていた楽曲だった。ハートのドクロは元気でいる、のときに吉井が右手で心臓の上をぎゅっと握ったのに文字通りハートを鷲掴みにされてしまった。ほんと、なんていい歌詞なんだ。年を重ね時代が変わってもハートのドクロは元気でいる…。そしてやっぱり、この曲とFLOWERは2011年の吉井和哉を思い出す楽曲だし、このひとにとても助けられたし、そういうひとがたくさんいたと思うし、そういう時代を一緒に過ごせたことを思い出す時間だった。

 

血潮はジュリアンのイントロからだったんだけど、ここあれだね、前の曲終わりでもうちょっと間を空けて入ったほうがいい感じがしたな!なんかジュリアンのイントロ聴いているときちょっとどっちつかずの空気になってた気がする。吉井のライヴはバンドでもソロでも曲間というか、曲のつなぎ目の間にすごく神経が行き届いていて、それによって興奮のブースターにどんどん火がつくみたいな感じがあるんだけど、この日はそこまで機能してない感じもあった。まあ初日だからね!血潮のあの吉井の独特の手拍子、ほんとずっと見ていられる、飽きない、とか思いながら見てたな〜(参加してください)。ONE DAYはね、ほんと吉井お気に入りなんだなって思う(笑)この曲の「降りた電車に誰が乗ってたかなんて」ってとこ、いつも聞くたびにバンドのことを思い出していたんだけど、そういう感傷から自由になって聴けるのはまた新しい体験でよかった。Starlightの48回目の反逆だ、を52回目の反逆だ、って歌った後で「まだ51だった!」つったのガチで笑いました。そしてあんときまだ48だったんだなっていう!当たり前だけど!

 

最初のMCのあとはまったくMCをせずにがんがん曲をやっていて(途中オフマイクでありがとー!とかは言っていた)、StarlightのあとにMC…だったかな。なんか、いつももうちょっと余裕あるふうなのに、この時妙にエレカシの宮本せんせいぽさがあるっつーか、あの、あれ、とか大きな手ぶりで話してたりしてたな〜。知ってるひともいるかもだけど、ぼくは中学卒業して東京に出てきて、いい仲間と出会って運よくう…う…(大きい手ぶりをして「売れた」と言わない、なんの抵抗なのか)こうなって、でも一人になってみたら本当にただの、頭の悪い、そそっかしい男で…ほんとうにいろいろ間違えたり、不器用で、いろいろかなしませたりしてほんとうに…ごめんなさい、って、どうしたこの突然の謝罪ってなったんだけど、でもこの時の客席の空気がまあすごく明るくて、なんかそういうシリアスめな言葉も笑い飛ばしちゃう空気があったのがよかった(実際ちょうウケてた。このMCで笑いが起きるところが吉井和哉の素晴らしさ)。

 

本編最後はBELIEVEで、これを本編最後に持ってくるのがちょっと意外でもあり、でも個人的にこの日、いちばん聴きたいと思っていた楽曲なので真から嬉しかったです。ただねー!いやこれご本人も痛恨だとおもうけど、最後、どうにもならないとは思わずに今を駆け抜けたい、が出てこなくて「叫び続けてたい」つっちゃってた。うおううおう。あの歌詞が大好きなだけに惜しい。次回期待しています。

 

今回のライヴはアンコール、っていうより第2部感ありましたね、楽曲も多いし。BEAUTIFULでしっとり始まったあと、ルビーが続いたのでこれまた意外すぎてのけぞりました。めっちゃ久しぶりじゃない?VSのとき、吉井がシャツの袖のボタン外しながら下手(私たちのいる方)にぐいぐい近づいてきたのできゃーーーーシャツにおけるもっとも美味しい瞬間といって過言でないやつをーーーありがとうございますーーーってなった。そしてこれも絶対やるだろうと思っていたビルマニア!あの途中の客に歌を託すところでマイクスタンドこちらに向けてくれる恒例のやつ、吉井がそのあとマイクをスタンドから外してスタンドを放り投げたのが超絶かっこよかった…あいつのスタンドプレイまじ外さない…!

 

WINNERはあのキックの効いたアレンジのほうで、こっちがやっぱり断然好きだなーと思いました。このあとにメンバー紹介だったっけな。ひとりひとり、ナポリタンズのメンバーについていつからのお付き合いか!を含めてカンペガン見しながらご紹介。佳史さんが「すごい古株のようでいちばん日が浅い」とか言ってましたけど、いや佳史さんに収まるまでのドラマー遍歴…紆余曲折したもんな!ってなりますよね。一番変遷が激しくて(それだけドラムに求めるものが大きいとも言える)、でも佳史さんになってから本当に不動なので、この出会いの大きさな〜としみじみ思うます。鶴ちゃんと淳悟くんは同じ39108のツアーからで、というかもうドラム以外はほんとにここで固まった印象だ。ジュリアンの紹介の時、最初に転倒したことを「ハズカシイ…」と言っていたジュリアン。始まる前に大きなチョコレートを食べたことを「ザイカクアン!」と言い放ち、吉井「罪悪感て言いたいみたいです」冷静か!しかもそのあと吉井が「ザイアクカンっていうんだよ」つって指導するも、途中で「ニホンゴヨクワカラナイ」と突き放すやり取りが完全コントでめちゃくちゃ面白かった。バーニーさんがいちばん長いお付き合いなのは言わずもがな。吉井の折々のMCもそうだったし、このメンバー紹介のときもだけど、客席から彼らに送られる拍手が長く長く続くことがけっこうあって、それだけ待っていたファンの存在を感じたし、ステージにいるみんなも嬉しそうで、良い時間だった。

 

ソロもずっとやりたかったんだけど、と口ごもり、やおら「この年でねえ、二股かけるの大変なのよ!」とか言い出したので本当に爆笑したんだけど、いやあーた、かける股があるだけいいじゃないの、かけさせてもらえるうちが花なのよと言いたい私だ。やることをやったらまたソロの新しい曲もつくりたい、でもね、気長に!気長に待って!そんな早いペースで動かないから!って、正直でとってもいいと思います。

 

客席に大きくありがとう、と言ってはじめたHEARTSでまさかのミスがありやり直すっていう、おいー!吉井がバーニーさんのせいにしてたのでいや責任転嫁!(吉井の歌詞がめちゃぐだっていたので)と思ったけどバーニーさんも頭抱えてたからほんとにバーニーさんだったのか!?ONE DAYもそうだし、このHEARTSの「追いつけないほど遠くへいったけど」のところも、いつもバンドを思い出しながら聴いていたな〜という感傷があったし、そういうものを抜きにして、いろんな楽曲とまた向き合える機会があるっていうのはいいものですね。この前のMCがいかにもラストっぽかったので、あれっ新曲やらないのかなまさか?と思ったけど、そんなことなかった。最後はIsland、新曲でした。

 

最初にも書いたけど、この日いくつかの曲で吉井の声がひっかかるようなところがあって、最初は単純に久しぶりのライヴだからかな、とか調子が戻ってないのかな、とか思ってたんだけど、この新曲を聞いたときにあれっと思った。おそらく、この日のどの楽曲よりも声が良く出ていて、しかも文字通りスイートスポットに当たっているようなまっすぐ気持ちのいい伸びのある声だったのだ。なので、単に久しぶりとかそういうことではなく、この新曲こそが今、吉井が歌っててもっとも気持ちのいい音で構成されているからなんじゃないか、つまるところ、過去の楽曲を作った時とそういった声の出し方、声帯、そういうものも変化してるからなんじゃないかと思った。ある意味もっとも、15年という歳月を感じた瞬間だった。そうして、気長に待てと言われた端からなんだけど、またこの新しい音と声にアジャストした吉井和哉の楽曲を聴いてみたいものだと思った。

 

ジュリアンが2曲目で転んでしまったり、鶴ちゃんのイヤモニの装置(?)が途中落っこちてしまったり、まあいろいろと「初日らしい初日」だったなと思います。そうそう、本編最後もアンコール最後も、照明が点ききらぬうちに吉井が袖に捌けてしまって、拍手をじゅうぶんにおくることができなくて残念だったので、次回はそこはもうちょっとたっぷりとお願いしたい。最後までゆっくり見送らせてくれよん。

 

最初のMCで吉井が言っていたように、いろんな楽曲にその時の自分と再び会うような感覚があり、こうした周年記念ならではの感慨がたくさんあったライヴだった。ソロとしては久しぶりでも、ステージ自体が久しぶりなわけではないので、吉井のパフォーマンスもどんどん波に乗っていたし、盛り上げ上手乗せ上手の福岡のオーディエンスは相変わらず最高だったし、楽しくすばらしい初日になったんじゃないかと思います。しかし、TALIをやらなかったのは意外だったな!ファナカンも出なかった(タイトルにHONEYがついてるのに)。こんなふうに終わった後、あれもこれも聞きたかったとなるのも、それだけライヴで沢山の武器をこの15年で鍛えてきたってことなんだろう。

 

とはいえこうしてひとりでステージに立つ吉井和哉、をバンドの再結成を経た今改めて体験すると、同じ人物なのに、見ているわたしの心情も、ステージにいる吉井の佇まいも、ぜんぜん、ちがうよなあ、ということを改めて思いました。こんなにシンプルな恰好をして、ぜんぜんゴージャスでもデコラティブでもなくても、やっぱりこいつめちゃくちゃカッコいいな!とか、しぬほど顔がいいな!とかそんなことも何回も思ったし、でもってこんなにソロの時私は吉井を凝視していたのか…ということに気が付けたのも新鮮でした。

 

15年をおもうとき、どうしてこの、集団に思い入れはするが個人にいれあげることが苦手なわたしが、この人だけはこんなにも飽きずについてこれたんだろう、ということを考えてしまうのだけれど、奇しくも途中で吉井自らが口にしたように、どこか不器用なところがあるのが、それがありつつもこうしてステージに立ち続けているのがこの人のソロワークスの魅力のひとつだったと思う。とはいえ、だ。しかし結局のところ、私はなんにもわからないままなんだろうなということも思った。吉井をひたすら見て、想像して、ときには妄想をたくましくしていたりするが、それは全く本質には程遠く、わかりあっているのですらない。わかりあっているのですらないのに、こんなにも好きでいられることが、ほんとうにすごい。

 

こんなにじっと見ているからかもしれないけど、なんというか吉井和哉という存在は私に言葉を連れてくるんだなあ、と思います。だからこんなに長々と何かを書いてしまうんだろう。そういう存在と15年付き合ってこられたことは私の人生の大きな幸運のひとつでした。15周年おめでとう。これからもどうぞよろしく。

 

続きを読む
00:34 | comments(9) | -

吉井和哉の1228【後編】

いざ鎌倉!ではなく、いざ後編!よろしくおねがいします!

 

2011年【Flowers & Powerlight Tour 2011 〜born-again〜】
タイトル通り、2011年を通して行われたFlowers & Powerlight ツアーのファイナルとして開催された。この年は4月から7月までのツアーに加え、東日本大震災の影響で中止となってしまった東日本を中心に回るborn againのツアーが12月に行われており、かつフルアルバム1枚とミニアルバム1枚をリリースするという、ソロのキャリアにおいてももっとも活動的な1年だったのではないかと思う。
人前に出て人目にさらされればさらされるほど輝く吉井あるあるを証明するかのごとく、鬼のようにビジュアルが仕上がっている。髪の色も長さも完ぺき、かつ明るいブルーのてろんてろんのシャツを着てインナーなし、ストールなしでステージに立っているという…夢か!夢なのか!そんなことが夢に思えた時代もあったんでございます(おばあの感想)。楽曲もツアーを重ねて磨きに磨き抜かれており、全曲高め安定で言うことなしの完成度である。FINE FINE FINEから母いすゞへの流れなど、こんな振り幅でそれがどっちもこれ以上ないほどずっぱまっているのだからすごい。褒めますね!ええ褒めますよ。個人的に今回のBOXに収録されているもののなかでももっとも人さまに安心しておすすめできる1枚である。
バンドメンバーはドラム吉田佳史、ベース三浦淳悟、キーボード鶴谷崇、ギターにバーニーのお馴染みの面々に加え、NCISからギターで生方真一が参加してくれたのが非常に新鮮だった。2011年の夏フェスからサポートに加わってくれていたが、今までのギタリストとはまた違うぐいぐいくるギタープレイで楽しませてくれている。
2011年はダチョウ倶楽部とのコラボで「マサユメ」というデジタルシングルをリリースしており、この日はダチョウ倶楽部も武道館に登場して「マサユメ」を一緒に歌ったのだが、上島竜兵さんの声がガラッガラなのがめちゃくちゃおもしろい。吉井はとにかく楽しそうで上島さんへのくるりんぱのフリまでやっている。あとふつうにかっこいい楽曲に仕上がっているのがすごいですね!
土の中にいても、花は花です。ライヴの最後に吉井和哉はこう言っている。この年のツアーはLOVE & PEACEとFLOWERが本編とアンコールの最後に演奏されてきたが、2011年というこの年に、おそらく誰もが自分の足元を見つめ直すことになっただろうし、今自分が出来ること、を大なり小なり考えることとなったのではないかと思うが、この2曲はある意味吉井の決意表明のような役割を果たしたといえるのかもしれない。この1年のかれは本当にタフで、そのタフさに助けられたひとがたくさんいたこととおもう。ソロのキャリアハイと言っても過言ではない、すばらしいライヴだった。

 

2012年【YOSHII BEANS】
2012年は直前まで.HEARTS TOURをやっていたが、12月22日の大阪城ホールでツアーファイナル、で武道館はというとなんとFC会員限定での武道館という、なんつー豪儀な!FC会員限定というだけあって恒例の生中継も行われなかった。映像もFC限定で発売されたっきりである。
直前まで行われていた.HEARTSのツアーとセットリストをがらりと変える、と宣言していて、なにが1曲目なのかなーなどとのんきに想像していたわけだが、まさかの白シャツサングラスでROMANTIST TASTEをぶちかますという最終兵器に口からエクトプラズムが出たのも今となっては良い思い出だ。武道館でオープニングにROMANTIST…なにしてくれとんじゃ!ありがとう!と言うしかない。しかも、この白いシャツの同型の黒をアンコールで着てくるという、なんなんだおまえは!できる子か!(できる子なんですよ!)
なぜBEANSなのかというと、正直よくわからないが、なぜか吉井は会員限定のライヴに食べ物の名前をつけたがるのであった。SOUP、温野菜、ぜんざい、おでん…何の統一性もないが、ともかくその流れでのBEANSなのであろう。セットリストもソロの新旧とりまぜた構成になっているが、なかでも久しぶりに披露されたFALLIN' FALLIN'は印象的であった。途中の「名前なんてないぜ ないぜ吉井ロビンソン」と歌った後、遠くをみて「元気かい?」と声をかけたのがなんとも言えずいい光景であったし、終わった後に吉井が、あれだね、フォリフォリは意外と盛り上がるんだね、とまじめな顔をして言っていたのもおかしかった。
サポートメンバーは前年に引き続き、ドラム吉田佳史、ベース三浦淳悟、ギターにバーニーと生方真一、キーボードに鶴谷崇という布陣である。
会員限定ということでいつもよりも大幅にリラックスしたふわふわの吉井和哉が拝めるので(どれだけふわふわかというとアンコールいっぱつめのバッカで盛大に音を外してやり直すほどふわっふわ)、かわいい吉井ちゃんがお好きな向きにはおすすめと言えるかもしれない。
そしてダブルアンコールではここで初披露となった「血潮」が披露されているのだが、スペシャルゲストとして沖仁さんが呼びこまれ、文字通りフラメンコギターの第一人者との共演に吉井がどしゃめしゃに緊張していたのが印象深い。この曲では鶴ちゃんもギターを弾いており、なんと吉井も含めてギターが5人!なかなかない光景である。吉井も言っていたが、1曲めがいちばん古い曲、最後がいちばん新しい曲という構成も限定ライヴらしくてよかった。
来年の同日が武道館開催ではないことはすでに告知されており、その武道館としばしのわかれ、という意味もあったのか、客席をバックに写真をとるとき、国旗を見上げてしっかりと敬礼をしてかれは去っていったのだった。

 

2013年【20th Special YOSHII KAZUYA SUPER LIVE】
10年間で唯一の非武道館開催である。場所は福岡マリンメッセ。やるからにはぜったいぱっつんぱっつんに客を入れたる!という前向きの意思表示に余念がないのが吉井和哉だし、1年前から宣伝にも準備にもおこたりなく、おまけにこのライヴのあとは後夜祭と称してZEPPかどこか(自分が興味ないとこんな記憶力しかない)でなんかイベントらしきものも開催されるというサービスここに極まれり状態であった。
2013年12月にはもうひとつさいたまスーパーアリーナで「10th Anniversary YOSHII LOVINSON SUPER LIVE」も行われて、こちらはタイトル通り吉井ソロ初期の1st2ndからの楽曲てんこもり、かつサポートメンバーにジョシュやジュリアンが来たりと文字通りロビンソン集大成であった。対してこの福岡でのSUPER LIVEについては吉井がとにかくもう、すげえのをやる、あれもこれもやる、と豪語しており、いったいなにがー!と期待半分こわさ半分で迎えたわけだが、その言に違わず、バンド時代の楽曲がROMANTIST、楽園、球根、花吹雪…と出るわ出るわ、最終的にはWELCOME TO MY DOGHOUSEとSUCK OF LIFEまで飛び出したのである。SUCKについては以前HEEFESTでいちどやったことがあったが、WELCOMEが出ますか…としばし茫然としたものであった。ちなみにSUCKの絡みではその時グッズで発売していたうまい棒をもってバーニーと絡んでいた。何を言ってるかわからねーと思うが(以下略)しかし、短期間でまったく違う2つのライヴ、楽曲も総入れ替えに近く、延べ50曲近い楽曲で楽しませてくれたところはさすがというほかない。
生中継ではなかったが、後日WOWOWで放送され、FC限定でDVDがリリースされている。吉井は珍しく黒のかっちりしたジャケットに細身のネクタイというスタイルで登場し、これもまた良い具合にビジュアルが仕上がっていてすばらしい。サポートメンバーは昨年、一昨年に引き続きドラム吉田佳史、ベース三浦淳悟、キーボード鶴谷崇、ギターにバーニー&生方真一という鉄壁の布陣。これだけの長きにわたって一緒にやっていると、やはりいろんなところで化学反応が起きてくるもので、このメンバー全体がひとつの生き物みたいな存在感を感じることができたライヴでもあった。個人的にはリリース時にはそれほどピンときていなかったWINNERはドラムのキックのよく効いたこのアレンジで一気にお気に入りに浮上したようなところがある。このメンバーによって磨かれてきた楽曲なんだと思うし、ひとによってそういう楽曲がたくさんあるんだろうなと思う。
ストリングスが入ったり沖仁さんがふたたび来てくれたり(福岡まで!ありがとうございます)大勢の人に吉井和哉のシンガーとしての誕生日を祝ってもらえて、ファンとしてもうれしくたのしい1日だった。自分としては、とうとう悲しきASIAN BOYのフタが開かれてしまうのではないかという予感がはずれ、安心したような、さびしいような、でもやっぱり安心したような気持ちになったことを思い出すライヴでもある。

 

2014年【YOSHII KAZUYA SUPER LIVE 2014〜此コガ原点!!〜】
吉井和哉2年ぶりの武道館は11月にリリースしたカバーアルバムを大フューチャーしたライブとなった。なんとセットリストの半数がカバー曲、かつストリングスが入ったりホーンが入ったり少年少女合唱団がやってきたりと総勢60人にも及ぶという大所帯ライヴである。
このカバー曲てんこもりの武道館だったり相前後したカバーアルバムの連続リリースがファンにとって諸手を挙げての大歓迎、という雰囲気と程遠かったことを意識してか、自ら「不評だった」といってしまう吉井和哉であるが、でもね吉井ちゃん!考えてもみてほしい!オリジナルよりカバーの方が評判よくてもうどんどんカバーだけやってればいいヨ!みたいな反応だったらYOUもっとヘソ曲げちゃうでしょ!?
この年はほとんどライヴが行われなかった(12月にYOSHII APPETIZERと称して広島、仙台、川崎でライヴが行われたのみ)こともあり、私にとってもまるっと1年ぶりの吉井和哉であったし、そういうファンも多かったのではないかと思うが、だからこそこの日のライヴでカバー曲の間に差し挟まれるオリジナル曲への飢えがすごかった。この「待たれている」感たるや。
そういえばアンコールで「アバンギャルドで行こうよ」をやっているのだが、恒例のおそそを笠置シヅ子先生に敬意を表してと東京ブギウギとしてちゃんと歌おうとしたのに、もうおそその歌詞しか出てこないっぷりに爆笑した。そしてもはや年末恒例という気もするが、ライヴの最後には新曲が2曲披露されている。クリアとボンボヤージ。旅立ちを歌っていてもこれだけの振り幅があるのがさすが吉井和哉である。
コロムビアに復帰したあとのライヴということもあり、1996年、あのメカラウロコのときの、コロムビアを離れたときのことをふり返っていたのが印象深い。あの時最後に歌ったのは楽園だった、これから楽園を目指すんだという気持ちでいたけど、でも振り返ってみれば、あの時立っていた場所が楽園だったのかなと思います、と。
それにしても、こうして振り返ってみると面白いぐらい2013年からこっちなんにでもSUPERつけたがっていて、お、おまえ…そういうとこだぞ!?と思いを新たにする次第である。

 

2015年【Kazuya Yoshii Beginning & The End】
2015年はSTARLIGHTツアーだけでなくさまざまなフェスにも顔を出していたが、この武道館公演の前にはさらに Beginning & The Endツアーの一環としてZEPP NAMBA、ZEPP FUKUOKA、ZEPP NAGOYAでのライヴが行われている。ね、皆さん、だんだん読めてきたでしょう、奴の大舞台に向けての行動パターンというやつが…。
タイトルからして不穏ともとられかねない空気があり、またセットリストをファンによる楽曲投票の上位曲を中心にやる!というような趣向が打ち出されていて、投票の途中経過は発表されていたが、最終的な全体結果は把握していない。どこかで発表されているのならばこっそり教えて欲しい。
この趣向からして当然なのだが、すべてが吉井和哉ソロの楽曲で、THE YELLOW MONKEYの曲を演奏しない2回目の「吉井武道館」となった。しかし、今セットリストを見ても並びも並んだりというソロの代表曲がこれでもかと連なる姿はいっそ壮観である。そして、もっとも票数を集めた(途中経過でも1位であった)MY FOOLISH HEARTがラストに演奏されるという構成は、こういった特別企画の元でなければ実現しなかったであろうと思われ、そういう意味でも新鮮さが際立つライヴとなった。MY FOOLISH HEARTの人気ぶりにはかつて吉井も「あんな心折れた男の歌を?」と訝しんでいたことがあるが、しかしだからこそ、これだけの時間が経っても皆に支持されているのだとおもう。奇しくも、投票結果で2位だったという「血潮」のどちらにも「怯えるな」「さよならいつも怯えていた私」と共通する単語が使われているのだった。
途中のMCで吉井が、来年の12月28日は何曜日?火曜日?水曜日?どっちにしても平日だよね?何曜日でもいいから来てねーとかわいらしく私たちを誘って、皆ニコニコと行く行く〜!と手を振り答えていたわけだけれども、この約10日後に我々は阿鼻叫喚のずんどこに叩き落され、たとえ12月28日が何曜日であっても血で血を洗う抗争が繰り広げられるであろうことを予感し打ち震えることになるのである。
しかし、今となってみれば、この先に起こることをわかっていた吉井和哉がどういう心境でこの武道館に立っていたのか気になるところだ。ソロの楽曲への、しばしお別れ、というような気持ちもあったのか、なかったのか…ともあれ、バンドの再結成を経て、新しいツアーで15周年の吉井和哉を拝めるのが、掛け値なしに楽しみである。

 

 

こうしてまとめて振り返ってみると、いやまとめなくてもそう思っていたが、ほんとうに定点観測というか、お決まりの、とか、お馴染みの、みたいなことをやらないし、できないし、したくないし、似合わないひとなんだな、吉井和哉は、と改めておもう。吉井武道館と名付けながら、後半はぜんぜんそのネーミングですらない。いっそすがすがしい。でもまさにその、転がる石のように回り続けるひとだからこそ、私はこのひとに飽きもせずついていくことになったんだなあ、とも思う。

 

逆にいえば、そんな吉井和哉が、この12月28日という日付だけは頑として守り通したこと、そのことがどれほど破格のことなのかということを考えないではいられない。2006年からついに一度も、彼はその日付を放り出すことをしなかった。それが自分のためなのか、ファンのためなのかはわからない。かつて吉井武道館のMCで語ったように、自分だけでもこの場所と日付を守っていけたら、というような使命感めいたものがあったのかもしれない。しかし何を考えていたにせよ、大事なのは、一度も放り出すことなくこの日付を守り抜き、私たちとの約束をくれ続けていたということだ。ツアーを盛んに回る年もあれば、まったくご無沙汰になる年もあったが、それでも12月28日にはこの人に会えるだろう、という約束。それがどれほどありがたいことだったか。


約束と想いのつまった特別な日付、特別な場所で行われたライブだからこそ、過去に訪れたことのあるひと、毎年欠かさず訪れていたひと、今まで訪れたことのないひと、どんなひとにも、それぞれの感慨を呼び起こす10本のライヴなんじゃないかとおもう。ぜひお気に入りのライヴを見つけ、そしてまた猫の目のように変わる吉井和哉の世界を深く堪能してもらいたい。

21:57 | comments(4) | -

吉井和哉の1228【前編】

吉井和哉さんソロデビュー15周年おめ!ということで2006年から2015年までの吉井武道館全集がブルーレイで発売されることになりました〜!やんややんや。年末恒例武道館はフジテレビNEXTとかで中継されることも多く、なんだかんだ映像が手元に残っている割に単体ライヴとして開催されたりツアーの一環だったりして正式なメディア化されたりされなかったりというアレ(ドレ)でもありました。そんなこんなをまとめてどーん!とお出ししまっすってなわけです。みんなもう予約したかな?わしはこれからじゃよ!(さっさとやれよ!)

 

こんな総まくりBOX発売に何を見ても何かを言いたがる私がこのままスルーしていいのだろうか!否!え?スルーしていい?いやまあまあそう言わず。せっかくこの10年に及ぶ1228に立ち会ってきたわけですし、10枚組ブルーレイとか言われても…!と慄いているかもしれないあなたをさらに慄かせる、じゃなかった興味を持ってもらうべくそれぞれの1228をふり返りたいとそう思っているのでごじゃいます。その場にいたひともいなかったひとも楽しんでいただけたら幸いでごじゃいます。ではいってみよっ!

 

2006年【TOUR 2006 THANK YOU YOSHII KAZUYA】 
タイトルのとおり、2006年11月からスタートしたTHANK YOU YOSHII KAZUYAツアーのファイナルとして12/27、12/28の両日開催…というのが当初の予定であったが、ツアー中盤の静岡、松山、高松が吉井の体調不良で振替となり、ツアーファイナルは翌年に持ち越されることとなった。とはいえ、バンド解散後吉井和哉がはじめて「12月28日に武道館に立った」日でもあり、ひとつの記念碑であることは間違いない。
オープニングに当時親交を深めていたKREVA作のSEが本人映像で流れるという派手な幕開け、真っ赤なジャケット、フリルシャツ、明るい髪の色など、なにしろその少し前まで「もうシャツは着ない」「もう髪は染めない」等々言い募っていたこともあり、はぁああ!よしいちゃんが!あかるくなって…!という感慨にふけったファンも多いとか少なくないとか。サポートメンバーはギターにエマとバーニー、ドラムに当時若干21歳の鈴木敬、ベースに三浦淳悟、キーボード鶴谷崇という布陣である。
終盤、バラ色の日々の前に吉井が言った「きめた!12月28日は毎年おれがここでやる。吉井武道館にする、ここを!」という言葉によって、その後10年にわたって続く「吉井武道館」がこの瞬間に誕生することとなった。
ツアーファイナルとして予定されていたからということもあるのだろうが、28日はダブルアンコールがあり、吉井和哉はそこで一人弾き語りで、解散後はじめてJAMを歌っている。今聞いてもたどたどしく、ほほえましい、とさえ言いたくなるような心もとなさがあるが、その心もとなさは吉井和哉がこのとき置かれていた状況そのものだったのかもしれないし、もっと言えばここからでなければはじめられなかったんだろうとも思う。ツアータイトルのTHANK YOUはこのJAMのときに吉井が叫んだように、これを最後に離れるBOWINMAN MUSICへの餞のタイトルでもあった。

 

2007年【吉井武道館2007】
前年の吉井のステージの宣言通り、「吉井武道館」として銘打たれた2回目の12月28日。2007年も12/27と両日開催であった。
この年の吉井武道館は単体開催ではあるのだが、秋からスタートしたGENIUS INDIAN TOUR、そして年明けから予定されていたDoragon Head Miracle TOURとあわせ、3部作として整理されている。
この頃はこうした単体のスペシャルライヴ、しかも2日連続ということもあって試行錯誤していたのか、それぞれ別の前説があったりした。27日はダイノジで、28日はなんか…牧師みたいな人(聞いてない)。バンドメンバーはドラム城戸紘志、ベース三浦淳悟、ギターにバーニーとジュリアン・コリエル、キーボード鶴谷崇。
何といってもこの年は…といっても、28日ではなくて27日の出来事なので今回のBOXには収録されないのだが(振り返る意味ない)、スペシャルゲストとしてスピッツの草野マサムネが登場し、吉井と「大都会」を歌うという大事件があった。これはその年の秋、スピッツの20周年ライヴに吉井がゲストで登場し1曲歌ったということがあって、その返礼みたいな意味合いもあったのではないかと思う。吉井がステージで語ったところによれば「デビュー15周年なんで何かやっていただくわけにいきませんでしょうか」マサムネ「スピッツは年末年始働かない主義なんで」吉井「そこをなんとか」ということで実現したとのこと。ちなみに28日も「大都会」は披露され、バーニーが見事なハイトーンボイスを響かせている。
この日の中盤のMCで吉井はこんなことを言っている。
「ほんとうに思い出の場所で、この28日はほかのひとに渡さずにせめて俺だけでもここでやり続けられたら…でもまあ、それだって、ずっとやっていればこの28日もいろんな使い方が出来ると思うし。人生何があるかわかんないからね」
この年は吉井和哉のデビュー15周年という位置づけだったこともあり、そのことについても、当然おれだけじゃなくて、THE YELLOW MONKEYのメンバーも15周年です、おめでとう!と彼は口にし、バラ色の日々のシンガロングを煽るときには、THE YELLOW MONKEYも一緒に!と高らかに声をかけ、私を涙の海に沈めた。

 

2008年【吉井武道館2008】
前年の12月28日のステージで「やっぱり28日はいいなあ!」と口走ってしまったことも理由なのかそうでもないのか、この年から2daysではなく12月28日1日きりの開催となった。いやまあ、そりゃどっちかと言われたら28日に行きますよねみんな。その代わりといってはなんだが、それに先んじて大阪城ホールにおいて「吉井城ホール」がこの年から行われている。サポートメンバーはギターにエマとジュリアン・コリエル、ドラム城戸紘志、ベース三浦淳悟、キーボード鶴谷崇。余談だが、ジュリアンはサポートにくると上手側(エマ側)のポジションになることが多かったのだが、さすがにこの時はエマが上手に位置し、不動のポジションぶりを見せつけたのであった。
この公演の映像はアルバム「VOLT」の初回限定盤にDVDが同梱されているが、ライヴの全曲収録ではない。本編は上海とCREEPが(CREEPはわかるにしてもなぜ上海も…?)、そしてアンコールはまるっと5曲収録されていない。そして2008年の吉井武道館ト・イエバ!そのアンコールで披露された「崖の上のポニョ」のフジモトコスを思い出す人も多いのではなかろうか。あまりの似合いぶりハマりぶりもさることながら、あのエマが歌ったというのもあって文字通りファン狂乱の一夜となった(本当かよ)。しかし、あのフジモトのコスをした吉井の髪の色といい長さといい、球根リリース時のまんまやんけ…となってしまい、時間が経つほどに違和感仕事して!というぐらい自然に馴染んでいたのがおそろしいところである。
なお久しぶりに映像を見返してみると、なぜ本編の吉井はずーっとサウナスーツみたいなのを羽織ってるんだろうか。すごく…暑そうです。シャツ〜お願いだからシャツ一枚になってくれ〜インナーは着ないでくれ〜と願いなのか呪いなのかわからない願をあの頃ずっとかけていたことをまざまざと思い出してしまった。
個人的にこの年のセットリストでは「天国旅行」をやったことが思い出深い。ドラムの城戸さんが公演後ブログで、エマが涙していたこと、そして当時のファンはどんな気持ちでみていたのか、自分もそうだから気持ちはわかるけど、でもアニーさんと同じようにはできないし、それでもプラスに気持ちが行くような何かが伝わればいい、と書いてくださっていた。そういう思いを持ってステージにたってくれる、そういうひとに吉井和哉の1228は支えられていたんだとおもう。

 

2009年【吉井武道館2009】
前年に引き続き大阪での「吉井城ホール」が開催されただけでなく、大阪と武道館の間にZEPP SAPPOROでのライヴも行われている。今までの吉井武道館ともっとも違う点はまず、そのサポートメンバーだろう。ギターにバーニーとジュリアン・コリエル、キーボードに鶴谷崇、まではお馴染みだが、それに加えてベースにジャスティン・メルダル・ジャンセン、ドラムにあの!ジョシュ・フリーズ!
そして、この年はセットリストにTHE YELLOW MONKEYの楽曲が1曲も入らなかった年でもあった。
吉井はソロでバンド時代の曲をやることにどちらかというと惜しみのないほうだと思われる(やらない人はまったくやらなかったりもするし)が、この年にバンドの曲をチョイスしなかったのはサポートメンバーも理由のひとつであったろうし(彼らはソロの楽曲のレコーディングを通して知り合った仲だから)、吉井としてもそういう気分だったのかもしれない。ともあれ、このすごいバンドの圧を背にがんばっている吉井が見られる貴重な映像でもある。今回が初映像化(生中継はされている)なので、BOXで初めて見るというひとも多いかもしれない。ジョシュの黄金バッドは本当に笑えるすごさなのでぜひその目で確認してもらいたい。
そして2009年の12月といえば、やはりどうしてもフジファブリック志村正彦の急逝を思い出してしまう。この年はTHE YELLOW MONKEYの結成20周年ということで、メカラウロコBOXの発売やトリビュートアルバム、さまざまな特集が雑誌やテレビで組まれるなど、一種のお祭り騒ぎのような状態だった(セットリストにバンドの曲を入れなかったのは、そういう理由もあるのかもしれない)。フジファブリックはこのトリビュートアルバムにFOUR SEASONSで参加してくれていた。雑誌の対談なども組まれ、本当に急速に吉井も親交を深めていたようだった。吉井はおそらく、城ホールのあと、札幌でのライヴの前に、このニュースを知ったのではないだろうか。
個人的に2009年の吉井武道館のハイライトのひとつは「BELIEVE」にあったとおもっていて、大阪の時、かれは今年は本当に色んな別れがあった、と語った後で、この曲を歌った。武道館では、吉井は何も言わず、ただこの歌にその思いを託しているように見えた。ひとは皆星になる そのわけは そのときわかる…。
ライヴ後のモバイルサイトで、吉井和哉は「12月28日はどうしてもTHE YELLOW MONKEYの日というのがあり、何かと比べられたり期待されたりしてしまう、毎年この日にやることを考えてみる必要がありそう」と書いており、もしかしたらこの頃から恒例の武道館、からの脱却を考えていて、それが2013年の福岡での開催に繋がったのかもしれないと今になってみれば思うところである。

 

2010年【吉井武道館2010】
12月23日の「吉井城ホール」と並んで開催。サポートメンバーはギターにバーニーとジュリアン、ベースに三浦淳悟、キーボード鶴谷崇、そして意外なことにドラムの吉田佳史がこの年はじめての吉井武道館参加となった(サポート自体はそれ以前から参加している)。吉井のソロライヴにおける鉄板のバンドメンバーがここでようやく完成をみたことになる。この年も3曲のみThe Applesの初回盤付属のDVDに収録された以外は今回が初映像化とのこと(生中継はされている)。
2006年を彷彿とさせるような真っ赤なジャケットで登場し、やっぱりお前には赤が似合うよと私を狂喜乱舞させた。2010年は通常のツアーがなく、年末単体での開催になるのかと思いきや、10月に携帯サイト会員限定ライヴツアーなるものが組み込まれ、年末に向けて完全に暖まったエンジンで現れた吉井和哉、出来る子である。
翌年の春にリリースされる予定のアルバムを控え、初披露の新曲からソロ代表曲からセットリスト的にも充実の布陣、という貫禄があり、やはりここまでアルバムを積み重ねてくると持ってる武器も増えるのだなという印象がある。毎年武道館では何らかカバー曲が披露されていたが、この年はビートルズのACROSS THE UNIVERSEを吉井作の日本語歌詞で歌っていた。そこから続いたFOUR SEASONS、おそらく、前年のことを思って選ばれたのだろうと思う。なぜなら、オリジナルのアレンジではなく、トリビュートアルバムでフジファブリックが演奏してくれたアレンジで演奏されていたからだ。今見ても、おそろしいほどの気合いを感じる、すばらしいパフォーマンスである。
モバイルサイトでチラリズムを発揮するのはいつもの吉井節ではあるが、このときは25、6のときに作った曲をやるかもかもかもというような思わせぶりぶりなことが書かれたりして、いったいなんだよ!?とファンを、というより私を右往左往させたが、ふたを開けてみればシルクスカーフに帽子のマダムという、文字通り超弩級の楽曲が披露された。しかも、そこからのアバンギャルドで行こうよ。ころす気か。シルクとアバンギャルドて!シルクと、アバンギャルドて!!!(伝われ)
アンコールラストには新曲LOVE&PEACEが披露された。最後を新曲で締めくくるのも往年のメカラウロコを彷彿とさせるし、何より楽曲が吉井らしい美しさをたたえた素晴らしい歌詞でいっぺんで好きになった。私にとってもっとも特別な「吉井武道館」である。

 

書いていたら長くなったので2回に分けます!後編は2011年〜2015年だお!
 

21:03 | comments(0) | -

BRUNO MARS 24K MAGIC WORLD TOUR@さいたまスーパーアリーナに行ってきたのよ

ブルーノ・マーズが日本公演とかきてくれたら行きたいな〜、でもチケット取れないよな〜などと、私のような洋楽ド末端人間でも思うほどの文字通り今や世界で最も輝く男といっても過言ではないブルーノ・マーズ!さいたまスーパーアリーナでライヴあるってよ!マジか!ダメ元で申し込んでみよう!つってほんとに文字通り玉砕したわけですが(だって一般発売前に先行で全席売り切れという凄まじさですもん)、そこに天使が!天使があらわれて「よかったら行きませんか」と声をかけてくださったのじゃ〜!!!

 

ということで行ってきたのよブルーノ・マーズ。いやー楽しかったです。普段の自分の守備範囲とぜんぜん違うライヴだったし、緊張とワクワクで観る前からテンションストップ高でした。さいたまスーパーアリーナはレイアウトによってサイズを変更できるらしいですが、アリーナモードで使用していたような気がする。

 

ちゃんと予習していこう!と思ってセトリも先に見てたしライヴが1時間半ぐらいだよってツイートも確認してて、そのときは1時間半て結構短いな〜と思ってたんだけど、終わってみれば圧倒的な満足度に長さ短さ関係ねえ!って気持ちになりましたね…むしろぎゅーーーっと濃縮還元された時間を堪能できた感。

 

観る前はめちゃくちゃ派手なステージセット組んでたりするのかな!とか思ってたんですけど、これ以上ないぐらいシンプルな、っていうかもう完全に素舞台ですよね!?ってぐらい何もセットはなくて、ステージの背面がスクリーンになったり、照明が独特の動きをしたり(ちょっと言葉で説明するのがむずかしゅい)ってことはあったけど、いずれにしてもめちゃくちゃシンプルな舞台構成でした。バンドメンバーは演奏もすればダンスもすればのオールラウンダー揃いで、あれみんなお気に入りのチームを選んで着ていたのかな?NBAやMLBのレプリカジャージを着てらっしゃいましたね。レイカーズとブルズとニックスはわかった…ピストンズもあったかも。ブルーノはドジャーズの青いレプリカユニでした。ほんとね、自分が野球のレプリカユニ着てキャップかぶってゴールドのごつめのネックレスしてるひとに「ギャーーー!」って黄色い(茶色い)声を上げる日がこようとは!!

 

最初から最後まで息つく間もない感じでヒット曲がずーっとくるのも、逆に短さを感じなかったのかなーと思います。私ブルーノの声ももちろん大好きですけど、あのダンスがね…めちゃくちゃ好きで…かっこいいのはわかってたけどやっぱりかっこいい!!ってなったし、あとほんとセクシーがだだ洩れてた。セクシーもだだ洩れてたしキュートもだだ洩れてた。歌ってよし踊ってよしギター弾いてよし…万能かよ!

 

ブルーノの文字通り一挙手一投足に観客が文字通りどっかんどっかん沸騰するのも面白かったし、みんながスマホのライトをつけて照らすのも普段は携帯の電源を切っているので初体験で楽しかったな。あんなに明るくなるものなんですね。一眼レフや自撮り棒、タブレットでの撮影以外は禁止されていなかったけど、やっぱり折角だから録るより見る方を優先させたいよなーとおもって何度か会場を撮った以外はスマホはしまっておりました。いやーだって嬉しくなってぴょんぴょん舞い上がっちゃうからね、録るとかいってもムリがある(笑)

 

ぐいぐいテンポアップしたMARRY YOUの楽しさからRunaway Babyに畳みかけたところ、めちゃくちゃテンションあがりました。そのあとでWhen I Was Your Manでしっとり聴かせるのがまたもーズルい!あと、個人的にいちばん感心したというかすごいな!って思ったのはラストに向けての構成というか見せ方でした。セットリストを予習していたので、本編ラストにJust The Way You Areがくるのも知ってたんだけど、その圧倒的アンセムぶりもよかったし(みんなで大合唱)、曲終わりでブルーノがステージから去った後、バンドメンバーはステージに残ったまま、ステージの幕が下りる(演奏は続いている)っていうのがめちゃくちゃ新鮮だったんですよね。ライヴでステージを幕が覆ってる場合って、あっ振り落としだな!と思っちゃうタイプのヲタなので、オープニング振り落としじゃないのもそうだし、この幕が閉まって終わりっていうのがなんか、やっぱりちょっと劇的でいいなーと。

 

で!アンコールに皆さんお待ちかね!あの超弩級のヒットナンバーUPTOWN FUNKが満を持して登場だったんですけども、Just The Way You Areでのみんなのブルーノ!みたいな空気から一転、文字通りKINGの雰囲気というか風格というか、他を圧するカリスマ性、オーラ、そういうものがぶわぁ!っとブルーノから放出されているような感じさえしました。またこの曲の途中で、ステッキを持ってパフォーマンスするところがあるんだけど、これがもう完全に王笏といっても過言ではないハマリ具合だし、それでもって客席をビシィ!と音がしそうなキレで指したりするんですよ。あんなん好きになるに決まってるやろうがー!

 

でもって背景のスクリーンに燃え盛る街が映し出されて、消防服を着た男たちがわらわらと出てきて消火活動し始めて、曲は続いていて、ステージに巻かれる消火剤(のテイのスモーク)、見えなくなるステージ、幕が下りてきてしまりきったところで曲がスパン!と終わる。これで終演です。なんつー!興奮の頂点の頂点のところで幕切れ!しかもこのキレ味!!最高か!!!

 

この終わり方があまりにも最高過ぎて、しばらく余韻に浸りまくりになってしまいましたけど、ほんとステージの幕をライヴでも終幕に活用するっていうの皆もっとやってみても良いのではないか!?少なくとも私はめちゃくちゃ好みだということが判明したぞ!と思いました。

 

会場全体にも今日の日を楽しみにしてきた!っていうあくまでも陽性な空気が充満してて、みな一様にハイテンションで、たのしいー!がどんどん放出されているような雰囲気もよかったです。私たちの隣の席には沖縄から家族できた!というご家族がいたりして、なんかみんなうれしいね、たのしいねってワクワクして待ってて、いやーほんと、あの場にいられて幸福でした。文字通り、今この世界で最高の歌とショーをもっているひとを実際に生で体験できて、こんなにありがたい、うれしいことなかったです。すばらしい一夜でした!

01:08 | comments(0) | -

黒い見世物小屋の4人

ふ、ふ、ふ、

 

フラゲ日ですよってにーーー!!!!

 

というわけでリンクはAmazonのブルーレイのほうにしていますが、FCの特別版?の方をちゃっかり買いました。残業ほったらかして帰宅してなんとか受け取れたよぜーぜー。ということでとるものもとりあえずLa.mamaでの無観客ライヴを収録したスペシャルディスクを鑑賞。

 

無観客ライヴって、吉井とか客前でこそ輝く!みたいなとこあるのに、テンションあがりきらないのでは〜?とか思ってたんですけど、それはまあ一部正しくて一部間違ってたね。間違ってたっていうか、吉井のわかりやすさが濃縮還元したような50分でしたね。最初のね、3曲目ぐらいまでは確かにモロ表情硬いし戸惑ってるっていうか若干緊張もあるっていうかな佇まいなんだけど、LOVERSやったことでちょっと落ち着いて、球根でガッと肚に力が入って、そうなったらもうあとは昇るだけでやんす〜!みたいな。もう、吉井和哉と書いてわかりやす子と読みなよってぐらいわかりやすくて笑いました。

 

いやーしかし、これ、ロックバンドのライヴをDVD化します〜というテイでやっておらず、また撮っているひとがそういうセオリー関係なく編集しているというのもあって、めちゃくちゃ新鮮でした。とりあえずアニーのファンはこれ絶対買って損ない。あんなにアニーをぐいぐい映しているライヴの映像ちょっと記憶にない。特に球根なんてアニーと吉井半々ぐらいじゃないか!?っていうかアニーが、あ、あれ?な、泣いてる!?みたいな顔してるなって思ったら撮ってるひともそう思ったのかもうそっからずーっとアニーロックオンだもの。でもって曲のアウトロでシャツ脱いでるアニーばっつりおさえてるもの。あと、よくエマがドラムに寄ってってふたりでニコニコしながらって風景はあるあるだけど、そのニコニコしてるアニーのほうだけかなり長いことロックオンしてるのも新鮮だったな〜!なんつー仏のような顔をしてわろとんのや!幸せか!そうか!幸せなんやな!みたいな顔してたぜ、あいつ。

 

個人的にはTHIS IS FOR YOUがねええ!!!!めちゃくちゃよかった…ずっと、解散している間も「もう一度聞きたかった」って思い続けた曲っていうことをなんかまざまざと思い出してしまって、飲み干したら目が回るようなこの歌をきみに、って、まさにTHE YELLOW MONKEYそのものだよな〜ってずっと思ってたな、とか考えちゃうと、涙腺がやばかったですね。メンバーの雰囲気というか空気もすごくよくて、イントロからエマがちょっとうれしそうな顔しているように見えるのがめちゃかわいいし、アウトロのふたりの!!!!あれ!!!!いやもうこれ何回も言ったり書いたりしていますけど、このTHIS ISこそよしいとえまの曲だよねって私は思うしあのエマが寄り添って、でも吉井は顔を見ないで、エマが吉井の手を追いかけて、最後吉井が振り向かないままエマのほうに頭こつんってやるの…最高!!!か!!!!最高か!!!!!やっぱりこういう狭い空間できくとまた違う空気になる曲あるんだな〜。LOVERSもやっぱりこの半地下の狭い空気だと格別の味わいがあるものなあ。

 

WELCOME TO MY DOGHOUSEは「華やかに見える道化師の黒い見世物小屋へようこそ」って歌いだしだけど、これこそまさにラママで歌うのに相応しい曲だし、インディーズの頃からやり続けて、この小さいコヤでも、それこそドームでも、このバンドの最大級のカッコよさを引き出す、引き出し続けてるっていうのがほんとにすごい。

 

Subjectiveでストリングスがホントなら入るところで吉井がもう反射的っつーか、バイオリン弾く真似を咄嗟にやったり(でも弦は鳴らないのだったw)Chelseaで手持無沙汰のあまりコーラス自分で歌っちゃったり、バラ色でいつもオーディエンスに託すところまんま託しちゃったり、そういう吉井のライヴ反射みたいなものがあちこちで観られたのも面白かったです。さっきも書いたけど、ほんとセオリー通りの撮り方じゃないので、あっヒーセってこのときこんなことしてるのか!とか最後のROMANTISTの途中でなんかヒーセとエマがアイコンタクトしてるなとか、アニーの歌うドラマーぶりが見れたりとか、エマも歌ってたりとか、ちょっといつものライヴの中継やパッケージではなかなかお目にかかれないショットがこのスペシャルディスクにはあると思います。

 

そしてわかりやす子こと吉井和哉はもう最初と最後でぜんぜん顔が違う。なんなんあいつ。やっぱりライヴで輝く人だよね。調子が出てくるといろいろちょっかいかけたり動き回ったりしたい人なんだよね。わかるわかる。

 

私はこのバンドに関しては千の言葉より1曲のライヴパフォーマンスをくれ!と思っているヲタなので、このスペシャルディスクが淡々と楽曲だけが連なっているのがすごく好みでした。まあ欲を言えばこの倍の長さがあってもいいけどってそんな尺ないですよねすまんすまん。オトトキ本編で組み込まれていたFATHERもROMANTISTももちろんよかったです。

 

あの黒い天井の小さなコヤに「今の」4人が再び立っている光景を見ることができようとは、っておセンチの花も咲き乱れそうになるけど、その花が咲き乱れるよりも早くカッコよさの興奮が猛スピードで花を散らしていくみたいな、このバンドのそういうところが私が愛してやまないところなんだなーと改めて思いました。

 

それにしても再結成後のライヴ、最初のSUPER JAPAN TOURのたまアリ以降円盤化する気配がないけど、いやいや〜〜、あんなにもれなく円盤出してくれてたのに〜〜、そんなわけないよね〜〜〜?と思ってるんですけどどうなんでしょう。メカラの27も28もあれっきりこれっきりなんてこと!ないよね!?と言いたい私である。いつ何時でもお待ちしていますよ!

22:19 | comments(4) | -

さよならいつも怯えていたわたし

吉井和哉、2年半ぶりの全国ツアー決定
「吉井和哉 Kazuya Yoshii 15th Anniversary Tour 2018 -Let’s Go Oh! Honey-」
6月12日(火)福岡サンパレスホテル&ホール
6月14日(木)大阪フェスティバルホール
6月19日(火)仙台サンプラザホール
6月23日(土)東京国際フォーラム ホールA
6月30日(土)名古屋・日本特殊陶業市民会館

 

2月1日突然に降って沸いたこの知らせ!昼過ぎに携帯に来ていたメールを見て「マジか!」と声に出た。予想していなかったので、文字通り不意打ちでもあったし、その不意打ちがなんというか、電撃的に嬉しく、ああ〜、吉井、やっぱりおまえはうれしい男だよ、と思えて、なんだかぐっと胸がつまったようになってしまった。

 

今から自分が何を書こうとしているのか、正直書き始めてもよくわかりません。いろんなひとがいろんなことを言うので、自分も言いたくなっただけなのか、それとも…よくわからない。ただ今回の知らせが本当にうれしかった。助かる、と思えた。助かる、というのは私が今個人的に置かれている環境がけっこうキツくて、それだけなら過去にも経験のあったことなんだけど、自分を日常から飛び立たせてくれるものの存在がいまひとつ見えないまま時間を過ごしていたからかもしれない。この2〜3年、THE YELLOW MONKEYの再結成は言うに及ばず、私としては一種「祭り」のようなお楽しみが断続的に訪れていたので、それがふっつりと昨年暮れのメカラで途切れてしまったような気がしていたからかもしれない。

 

ツアーが発表になって、わっと心が沸き立つような気持になって、この気持ちはどこからくるのかなと思ったら、結局のところ、吉井さんに会える!という喜びなんだなーと思った。会えるって言葉そのものの意味というより、ライヴという私と吉井さんの場がある、という喜びとでも言おうか。そして、改めて今更言うのもなんだけれど、私は吉井さんのことが芯からすきなんだなあ、と思ったりした。

 

THE YELLOW MONKEYが2001年に休止して、2004年に解散して、私の愛するバンドはいなくなった。バンドはいなくなり、THE YELLOW MONKEYはこの世から姿を消した。語弊のある言い方かもしれないが、わたしはバンドは個の集合体というよりも、ひとつの生命体だと思っているので、解散はその生命体の死としかとらえることができない。私はその面影を求めて、ずいぶんとみっともなくあがいたと思う。吉井に対してだけでなく、どこかにバンドの縁を探そうとしていたし、そういう行為そのものが吉井や、エマや、ヒーセや、アニーに対して失礼極まりないことなのではないかと思ったこともあった。よく「恋に落ちる」というが、私にとってTHE YELLOW MONKEYというバンドは、まさに「恋に落ちた」バンドだった。かんぺきな、どこも嫌いなところのない、運命の恋人。

 

バンドが解散したあとの、吉井和哉の最初のソロのツアーを、私はZEPP OSAKAで見た。まだ南港の川べりにあったころのZEPP。マイクスタンドがセンターにおかれ、ライヴの間中、吉井和哉はほとんどそこを動かなかった。最初のアルバムのときはツアーをやらず、媒体にも出ず、インタビューも受けなかった。彼も傷ついていたんだろうし、観客もそれはきっと同じだったろう。THE YELLOW MONKEY再結成直前に行われた吉井和哉のツアータイトルは「Beginning & The End」と名付けられていたが、その時の感想で私はこんなことを書いている。

 

あのツアー、私はZEPPOSAKAでライブを見ていて、今でもはっきり覚えているのだが、突然アンコールの前にいたたまれなくなって一旦外に出てしまったのだ。ライブが楽しめなかったわけではなく、本当に突然、いいや、出よう、と思ってそのまま出てしまった。アンコールの1曲目を閉じられた扉の前でぼんやり聴き、ふと我にかえって最後の曲は会場のいちばんうしろで聞いた。あの時私は吉井和哉というアーティストとの距離の取り方がわからなくなっていたんだと思う。バンドを離れたことで、もういい、と切り捨てられるわけでもなく、かといって自分の中のバンドの残像を否定できるわけでもなかった。

 

だが結局のところ、私はその「吉井和哉というアーティスト」との距離を探りながら、この先も彼のことを追いかけ続けることになった。それはなによりも、文字通り吉井和哉が私を安心させたり、飽きさせたりしない、猫の目のようにかわる魅力をたたえたアーティストであり続けたからにほかならない。いろんなことがあった15年だった。自分の好きなバンドのことを、否定されたこともあったし、「もう自分の中にTHE YELLOW MONKEYはない」と言われたこともあったし、「降りた電車に誰が乗ってたかなんて気にするな もう彼らは遠くへ行った」という歌詞の美しさに心を寄せながら、「降りた電車」が何かを考えてうっすらと傷ついていたこともあった。バンドの曲をライヴで演奏してくれることを願いながら、ある曲だけは4人にとっておいてほしいと自分勝手な感傷を抱いていたりもした。モバイルサイトでのファンに甘えたようなやりとりに腹が立つこともあったし、いつまでも引きずるようなバンドの残像に振り回される自分がいやになったこともあった。でもそういうことのひとつ、ひとつを、私はいつも結局はライヴという場所で、私と吉井和哉が出会う場で、その得難い佇まい、しびれるようなかっこよさ、ひび割れた心に沁み込むような歌詞と歌によって乗り越えてきたんだと思う。へんな話だが、THE YELLOW MONKEYのことで私を一番傷つけたのは吉井和哉だが、私をそこから救ってくれたのもまた、吉井和哉なのだった。THE YELLOW MONKEYは私にとって運命の恋人だったが、吉井和哉への気持ちには時間をかけて育ててきた、一種の愛情めいたものがどうやってもうまれてしまっているのだとおもう。

 

2016年にTHE YELLOW MONKEYが帰ってきて、私はもはやそのことだけで、一生返しきれないぐらいの恩があの4人にはある。もちろん彼ら自身も望んだことだろうが、それでもありがたい、ありがとうとしか言えない。もういちど私の運命の恋人に会わせてくれたこと。これ以上のことを願ったことはなかった。こんなにも、生きていることの肯定と興奮をわたしに味わわせてくれるバンドはいないし、これからも現れないだろう。

 

でもそれとは別に、15年の間に育てた愛情の向かう場所もやっぱりあって、その場所で彼がやりたいと願うなら、私はそこに行くだけだなと思う。そしてそこで出会ったものとまた再会できることを嬉しくおもう。それもきっと、これからずっと変わらないんだろう。

 

なんとなくだけれど、きっといいツアーになるような気がしている。最初は、吉井さんも、緊張したりするだろうな。そういうモードの吉井和哉を見るのが、わたしはきらいじゃない。だってかならず、その緊張を乗り越えて、ライヴモンスターの顔を見せてくれるって、わかってるからね。あとはチケットを当てるだけだ(そこが大問題)。

 

結局のところ何が言いたかったのか、よくわからないままだけれど、でもやっぱり書いてみるとなんとなく自分の気持ちが見えてきたような気がするな。こうして(ライヴのレポとか以外で)吉井さんのことを、ああでもないこうでもないとテキストを書き連ねるのも久しぶりで懐かしい。そういう気持ちにさせるひとだよなーと、しみじみとおもう。また折に触れて、こうしていつまでもああでもないこうでもないと言い続けたい。そうしてまた、ライヴという場所で出会って、確認して、どんどん好きになりたいなと思います。いつまでもそれが続きますように。
 

02:04 | comments(8) | -

THE YELLOW MONKEY SUPER メカラウロコ・28 九州スペシャルに行ってきたのよ

今年は東京ドームというビッグイベントが12月にあったし、28日はBUCK-TICKさんが武道館を使われているしで、28日なんもないパターンだったりするのかな?とおもいきや、突如発表されたメカラウロコinヤフオクドーム。12月28日を福岡で迎えるのは2回目ですね。

 

今回は再集結後初!のSUPER指定席の恩恵にあずかることができ、しかもめちゃんこ近い席だったので開演前にひえー近い、近いねと興奮する我ら。しかも、入場時に手渡される袋にメンバーへのサプライズ企画です!みたいなことが書いてあり、配ったバンドに座席に貼ってあるライトを装着してね、スイッチがONになってるかを確かめてね、等々えっこれどっちがONなのー!などといいだけワイワイした。早めに席に着いてよかったぜ…。

 

1曲目が何かなってことはさんざん友達と話したりしてたんだけど、わたしは発想が貧困なのでどうしても吉井がソロでマリンメッセをやったときの印象があり、ROMANTISTかなー、とか、新聞であんだけラブショー推してたってことはラブショーかなーとか言ってたんですけど、友達がメカラ27がメカラ7を踏襲していたからメカラ9を踏襲してもいいんではないかと話していて、とか言ってたら当たらずといえど遠からずというか、踏襲されたのがメカラ10だったっていうね!(いやあんときはRAINBOW MANからだったけど)スペーシーなイントロが流れてSmileじゃねえかよおおおおとなって、メンバー登場して吉井が高々と腕を挙げて、おおおこれはこのままマリーに口づけ?なのか?もしかして?なところに「カモン、ダーリン。」
まさかのWedding Dress。
これ絶対1曲目当てさす気ないww
いやしかしそれこそメカラ10と同年のペチのFC公演でやったきりですよね。あんときも「どレア!」と思ったけど、まさかそれを1曲目に持ってくるとはー!メンバーの衣装、吉井がてろんてろんの光沢のあるリボンタイのシャツでジャケットがお友達曰く「キンミヤ焼酎」みたいな水色の柄、エマがシルバーラメのストライプがはいったド派手なスーツ、アニーが黒いシャツに赤い花の柄、ヒーセは真っ赤なフリルシャツに黒いドレッシーなジャケットで、どれをとっても絶対カタギじゃない感がすごい。そしてそんな派手な衣装を着てきっちりかっこいいところがもっとすごい!

 

今回ステージセットは左右の花道があるんだけど高さが低くなっていて、後方中段にサブステージ。開演前にトイレに行きがてら見てみたけどもうすっかりセットも組んでいてがっつりやる気じゅうぶんて感じだった。メインステージ左右にビジョンがあって、ステージの上に三角形のラインを描く照明が大中小と3つ重なってました。その照明が赤と青と白にキラキラ輝いておフランス!な雰囲気になったところでマリーにくちづけ!わあああああ!!!今日はSmileの風が吹いている〜〜〜!!!そして心をよぎる「この流れで追憶のマーメイドもおねがいしますー!」ヒーセがうきうきと跳ねててめちゃかわでした。また今日のヒーセのお衣装がすごくボンジュールジャポン風味だったからさ!(伝われ)続いてROCK STAR!出ました!安定と信頼のROCK STAR!当たり前のように東京ドームでもメカラでもセトリに入るROCK STAR!こんなに安定と信頼という言葉が似合う楽曲あるでしょうか。あたまはー!と叫んで「新品でーす!」と言う吉井。下り坂になっている花道を歩きながらちょっとずつ低くなるジェスチャーをして「パントマイムをやってみたりして〜」つってたけど、吉井…吉井よ…あれは平らなのに「どんどん下がって見える」マイムなのだよ…と思っていたら「普通に歩けばいいだけだったりして〜」と重ねて歌い、もうなんでもあり感すごい。忘年会か!忘年会だな!そうだったな!最後しんぶん、しんぶん…と連呼しながら、しんぶんとりませんか、西日本新聞、とご当地色を出すことも忘れない。

 

吉井が12弦のギターを持って、メカラウロコにようこそ、今日12月28日はTHE YELLOW MONKEY の誕生日です、過去最大の曲数を用意してます!今夜は帰らせんもんね!(みたいなことを博多弁で言っていた)明日は仕事にならねえぞ!という吉井に答えるオーディエンスに「…ちょっと声が小さくなるんじゃないよ!」あっはっは。そしてTHE YELLOW MONKEY 誕生の曲を、でLOVERS ON BACKSTREET。東京ドームで出なかったからね、こっちではやるのではと思っていた!吉井が25 25のとこで右手でアコギの上に手をかけながら指で2、5、とやったのがうれしかったなー。私も毎回必ずやっちゃうやつや!そしてそこからのSee-Saw Girlですよ。DRASTIC HOLIDAYのツアーでも聴いたとはいえ。聴いたとはいえ。今日はSmileの風が(もういい)。サキガミジカイ、で自分の股間をまさぐってみたり「あからさまなセックスアピールもはや気どりなどいらない」のあたりでエマにつつつと近寄って後ろにぴったりつきながらエマの右手をさわっ、さわっとしてたのがエロかったです。もちろんシタガミジカイからのえ〜〜〜ま〜〜〜ちゃ〜〜〜んもたっぷりいただきました。私がこの曲で一番好きな歌詞、社会の行方よりセクシャルなことがすき、社会の悲鳴よりセクシャルな声が好き、って上手のライトの前に跪いてうっとりと歌ってたのがすううごくよかった。

 

このあと花吹雪、Love Sauceと続いたんだけど、マリーにシーソーになんだかふわっと華やかな雰囲気の曲が今日は多めなのかなって感じがしました。Love Sauceもちょうお久しぶりでございます…!(感涙)吉井が、わかるよ君のその気持ちは、ってとこからじーっと上手のエマを見ながら歌ってて、なんでエマ見ながら歌っとるん…と思ったらそのままヒーセの方に寄っていってエマを指さし「この男ひどい男だよね」爆笑。ヒーセも一緒になってえいえいとエマを指さしてて、エマは最初なになに、みたいな感じで近寄ってきたんだけど、最終的にひょいっと肩をすくめて「それがなにか?」みたいな顔してたのがめっちゃかわいかったしザ・エマだったしでもう大興奮でした。なんだよなんであんなに肩すくめる仕草がサマになるんだよー欧米かー!あの月さえも、のところちゃんと「食べてヤりたい」になってたし(ご丁寧に腰を突き出す仕事のできる吉井)、そして何度聞いても「これは愛だといつもその時は思う」っていう、この助詞の使い方ひとつで世界観がぐっと締まる言葉づかい、天才かよー!

 

前方席で見ているとビジョンの映像と音が0.5秒ぐらいズレて見えていたので、そんだけ広いし音の伝わりに時間がかかるんだろうなーと思ってたんだけど、吉井がMCでここは全国のドームの中でもいちばん音の返りがすごい、ってすごおおおくゆっくりトークしてたし、拍手が伝わってくるのもすごい時間差があったので、これはPAさん大変だろうなー!って思いました。ヤフオク!ドームの名前にちなんでこのドームはヤフーオークションのお金で建てたんですってね、ぼくらもね、やってましたヤフオク…というから解散の時のチャリティオークションの話するのかな?って思ったら、2001年に休止してから僕が何をしていたかってヤフオクです、最後に落札したのは2012年です、最初に入札したのはマイルス・デイビスの…知ってます?マイルス・デイビス。それでね今までもらった評価は302!とか話し始めたので完全に吉井個人の思い出だったし挙句「非常に悪いの評価が1つ!」と告白してめっちゃウケてました。それにとどまらずエマに「ヤフオクやったことある?」エマ「おれはねえ、ひとにたのんでやってもらってた」(私の心の声「さすがエマ…」)吉井「代理入札!評価は?」エマ「評価?しらない、だってそのひとの(評価)でしょ」(私の心の声「お殿様〜!ここに、お殿様がおわす〜!」)吉井「ヒーセは?」ヒーセ「おれはつい最近もやってたよ」吉井「評価は!?」(なぜにそんなに評価にこだわるのか吉井よ…w)ヒーセ「42ぐらい?かな?」吉井「意外と少ない」ヒーセ「うん、いや落札できるとは限らないからね!」(私の心の声「リ、リアル…」)吉井はMCに入る前からアコギを持っていたので、ここでアコギ…と実のところちょっとそわそわしてたんだけど、非常に悪いの評価にね、すごく傷つきました、昔はぼくらの音楽もよく批評されたりしてね、今はSNSとかで…まあそんなに書かれるわけじゃないけど!じゃあ批評の歌をね!で審美眼ブギ!まさかの入り方!わーーでもメカラで審美眼ブギやってくれちゃうその心意気がうれしい〜〜〜!最後のI’m gonna suck youの時の吉井の投げつけるような歌い方がどちゃくそにかっこよかったです。審美眼ブギはいつだって正義。ここからFOXYそしてSLEEPLESSというメカラシークエンス(私が勝手に呼んでるだけです)にいくかな?と一瞬思ったんですけどさすがにそんなに甘くはなかった(笑)エマのギターが鳴って楽園。

 

今回、照明のデザインも私の好みにぴったりはまってて、レーザーの色味とかもそこまで派手じゃないのに華やかですごくよかったんですが、楽園のときは上下のムービングライトが白くて強い光をいっせいに放って、Dメロのかけあがっていくような旋律にあわせて上下のライトが交錯して一瞬ステージが光で見えなくなって、そういうことのすべてがあまりにもかっこよく、ああ、もう、このかっこよさを食べてこのさきずっと生きていけます…と祈りのポーズで見つめてしまうほど美しく劇的だった。

 

このあとメンバーが後方のサブステージのほうに移動するんだけど、どうやって?と思ったら普通に歩いて移動していたっていう。なるほどだから花道が高くならずに低くなってたのね…(笑)下手側から吉井とヒーセと鶴ちゃん、上手に菊地兄弟。移動しながら吉井がジャケット肩脱ぎしてて、えっおまえジャケットオフとかそんな大事な場面をそこで…?って焦ったんだけど(なぜ)、そのあとちゃんと着直していた。サブステにメンバーが移動するとさすがに何にも見えない(ビジョンも最初はオフになってた)んだけど、サブステに昇降機能がついていたようで、後ろからどよめきがさざ波のように伝わるのが面白かったです。おかげで遠かったけど姿は目視できるようになったよ!吉井は「これ人力で動かしてる、東京ドームのラブショーのお姉さんも入ってる」と言ってまたウケてました。

 

後ろに移動した吉井は開口一番「なんだよめっちゃ盛り上がってるじゃん!」なんだと思っていたのかwこれが今回の目玉です、ちょっとアコースティックな雰囲気でね、ここ(サブステ)いいよね、落ち着く、なんか和室みたい、和室みたいといえば俺の今日のジャケットはこたつ布団みたいだよね…等々、ここでのトークの自由極まりなさすごかったです。楽曲はまずぼくらのごく初期の歌を、でThis Is For You。サブステでは正面を決めず、メンバー&鶴ちゃんが円を描いて向かい合って演奏するというスタイルで、お客さんにお尻を向けちゃって申し訳ないけど、でもおれはこっちのお客さん見えてるし、エマはこっち、アニーはこっち、ヒーセはこっち、鶴ちゃんはこっち…と指さし、ダメ押しで「いい?ちゃんと視線でころすんだよ」ばかーーーー!!!すきーー!!!!!(突然の絶叫)

 

ドラホリツアーでも披露したアコースティックなO.K.。ここはビジョン映ってたかなー。吉井の吐息がエロいのエロくないのってエロいんだよ!エマが映るときにヒーセの袖が映りこんでいて、赤いヒラヒラなめのエマって絵がまたすばらしかった。気温が上がりきらないことを懸念してか、サブステには電熱ヒーターみたいなのが置かれてたんだけど、ヒーセだけ扇風機が置いてあったらしく、吉井に「なんで扇風機なんだよ!」とツッこまれてました。ヒーセ「だってそんな寒くない」エマ「厚着だからじゃない?」この時、いやエマもけっこうがっつり着込んでいるように見えるけどね?と思った私であったが、そのエマのジャケットの下がシースルーであることをこの時の私は知る由もないのであった。そしてアニーはヒーターを寒くない?そっち向ける?とお客さんのほうに向けようとしててやさしさライセンスを存分に発揮していました。

 

こっぽりしたサブステの空気に吉井が「コタツみたい」「餅とか焼きたい」「餅を焼いてぷくーーーっとふくらんだのがぱんってはじけたところで曲に入る」エマ「むずかしいな!」などとここは巨大な楽屋か!?なトークや、断捨離ブームの吉井が、我々もね、楽器とか断捨離しなくちゃいけない…と話しだし、挙句「ヒーセはね、もう男(ダン)を捨離っちゃうから」「おれとヒーセとアニーは男を捨離っちゃって、エマだけ男(ダン)。それで我々はエマにめんどうをみてもらう」「もともと我々にはそういう気がある」「でもさ、兄弟はどうなんだろうね?いいのかな」「いいんじゃない、男を捨離っちゃえば…」「実の兄弟でも?」「おれはべつに」まんざらかよーーーーーーーってか何の話だよーーーーーー(耐えきれなくなった私の心のツッコミ)このしばらくあとで、「いやーメンバーに出会えてよかった、じゃないとおれはね、ニートだね確実に!」(ここでいやーそれはおれもだよーと言ってあげるアニーのおさしみ、じゃないやさしみ)と言う吉井にヒーセがかけた「よかったねぇ〜」があまりに声が高くあまりにおばあちゃん味がすぎたため、メンバーから「おばあちゃん!?」とツッこまれ、そこで炸裂するエマの「何、もう男(ダン)を捨離っちゃったの?」で見事なオチというかおあとがよろしいようでというか伏線回収〜!のゴングが頭の中で鳴り響いたとか言わないよ絶対。

 

サブステで引き続きBURN。エマのギター炸裂!アニーのドラムはもちろん最高!ビジョンでねえ、このBURNのコーラスのところを思わずオフマイクで一緒にやっちゃうエマがねえ、かわいみが天元突破しててすごかったよ。すごかったよ。でもそのあとのギターソロになると心の中の(どエロい…)という声が現実世界に漏れていて焦ったわたしだ。このあと、吉井がタンバリンを手にして叩き始めたんだけど、それが「人生の終わり」のハイハットっぽく聞えて、すわっと思ったらエマが入り損ねたのかなんなのか、吉井が「今の何!なんか生音だけがきこえたけど!」とツッコみ、ごめんごめんちゃんとやると言うエマに吉井「入魂のタンバリンだからね!高いよ」と言いつつ、腕をすかっと通して外してみせるのがもう、昭和!エマのツボにはいったのか涙流して笑ってて、ヒーセが「ないちゃった〜」つったのがまたかわいいが過ぎましたね…!曲はタンバリンと言えばやっぱりこっちだった!のSLEEPLESS IMAGINATION!投げ芸(芸言うな)が見られなかったのは残念だけど、曲の後半でもタンバリンが聴けるのは新鮮だったな〜。終わった後吉井が、いやーこうしてスタイルを変えても名曲は名曲だね、何を歌いたいのかサッパリわかんないけど名曲だ!と堂々宣言していて、んだんだ!と力強く賛同の拍手を送ったわたしです。

 

我々次の曲をやったらあっち(メインステージ)に戻りますけど…と吉井が言い、ええ〜〜〜!のブーイングに吉井「いやね、おれもホントはずっとこっちがいいけど!でもあっち(前方)がそろそろ怒ってるからさ…」出た!色男の口説き文句は真に受けちゃいけないの典型!しかし吉井がこっちに手を振ると周りの皆振り返しはするんだが、吉井「やばい、もうキャーも言わなくなってる」つってて確かに!って笑いました。

 

あっちに戻るときにね、我々おんなじ方法では戻りませんから!あれだよ尿意とか…大丈夫?僕らがハケると同時にね、せーのでトイレに行かないと、これがほんとの尿意ドン\前方に金テープパアアン/出た!メカラ名物駄洒落特効!(名物にすな!)しかもこのあとさらに吉井「俺も尿意が、俺のペニスが」エマ「ずいぶん直接的だね!?」吉井「限界だ〜!」\後方に銀テープパアアアン/吉井「…油断すんなっつったろ?」なにそのドヤ宣言!しかも「いい?これ俺が自分で押してるからね」つって手の中のスイッチ見せてくれて笑いました。笑いました。ばかだ!ばか!そしてわたしは、ばかがすき!

 

そしてサブステ最後の曲はというと、JAMでした。こういう形で、アコースティックでみんなでやるのははじめてだね(そうだね君ギター一本で挑戦したこともあったね)(遠い目)、じゃあ俺たちの、横綱の曲を、と紹介していました。こういう雰囲気で演奏されるということもあって、すごくやさしい雰囲気のJAMだったな。心なしか観客が歌うコーラスもやさしく響いて聞こえました。メンバーの表情もとっても柔らかかった。

 

このあとメンバーは裏の通路を通って移動、している間にビジョンに流れる「薬局へ行こうよ」の曲と「鮒寿司」の文字。ここでヒーセの鮒寿司チャレンジ映像が流されたんだけど、この編集をやった人にマジで金一封あげてほしい。センスよすぎた。とにかくめちゃくちゃ面白かった!!「水」のツッコミとか、「味の奥におばあちゃんがいる!」の名言とか、なんとかしてヒーセに食べさそうとする吉井とエマとアニーがかわいいし、なにより必死になってるヒーセがどちゃんこキュート大魔神でしたよ。これだけのクオリティでこの会場のみなんてありえないでしょ!ぜったい円盤化するときの特典映像でしょ!っていうか特典にしてくれなきゃ…なきゃ…駄々を捏ねるぞ!って感じです。最終的に「鮒寿司はスタッフのみんなで美味しくいただきました」のテロップの中、吉井がリハスタのスタッフにあ〜んして食べさせてあげる映像が流れていて、ほんとなんなんだこのバンド!(ほめてる)

 

メインステージにもどって、いっぱつめはStars!三角形の照明がピンクに輝いてきれいだったな〜。ひっくりかえってそのまま朝まで、で吉井がごろんとステージ上でひっくりかえって、そのまま天井見上げながら星いっぱいだ、って歌ってた光景もよかった。で、そのあと聞こえてきたのがMY WINDING ROADのイントロですよ!光るエマのギター!!わーわーこれ東京ドームでやったからもうないかと思ってたー、ってところにステージに降りてくるでっかいミラーボール!!!本物!!!ぎゃーーーーーこの瞬間をどれだけ待ち望んだことかーーーー!!!!音に合わせたレーザーの動きがすごくきれいで、サビでふりそそぐミラーボールのひかり、セクシーでのエマの指さし、吉井の吐息、たまに心はぼろぼろのディスコのように光を喪うけど…!(感涙)あまりに夢見た光景に「こ、これだよ〜〜〜!!」と叫んでしまったよ。でもって曲の最後、吉井が背中を向けて両手をひろげて、なんか気合い入ってるな、って思ったら、ら、ら、
追憶のマーメイド…!!!!!
ありがとうございます。ありがとうございます。思わずお友達とハグして、なんというか喜びをわかちあったというか、ここまでをねぎらったというか、そんな万感胸に迫る思いでした。やっと聴けた…しかもTHE YELLOW MONKEYとして演奏しているこの曲を聴けた。ご存知の通りTHE YELLOW MONKEY検定のネタ(1996年以降一度も演奏されていないシングル曲)になるほど、ライヴでご無沙汰な曲だった。にもかかわらず、ファンの人気投票では上位にあり、そのなんというか、恵まれない子を愛するような気持ちが押し上げたのか、純粋に楽曲のファンが押し上げたのか、わからないけど、ファン選曲のベストに収録されて、だからこそ再録の機会に恵まれたわけで、それがなかったらこうして今日セットリスト入りすることもなかったんじゃないかと思う。その楽曲の持つドラマに胸打たれてしまうし、またねえ、これを歌ってる時の吉井が、よかった。なにしろ22年ぶりだから、スタンドマイクで歌ったけど、フェイクを入れたり、歌詞で遊んだりする余裕もちろんなくて、なんというか一生懸命歌ってたなとおもう。ほんとにシングルアレンジのまんまで(歌詞もMOTHER OF ALL THE BESTに入ってるOriginal Lyricではなかった)、基本のキというか、そういう教科書のような歌いっぷりで、メンバーの演奏もすごく丁寧で、大事に歌ってくれてるなというのが伝わってきた。ほんとうに何よりもまずこの楽曲とそれをひとえに愛してきたひとにおめでとうを言いたい気持ちです。

 

完全にボルテージのあがった客席に吉井が「夜はまだまだこれからだぜ〜!」ありがとうございます、そう言われたらこれしかない、Sweet & Sweet!興が乗ってきちゃうと手元がお留守になりがちな吉井ちゃんのギターを愛する会の会員番号35番なわたしですけど(てけとう)、今日はギターは君の手を縛り、でものすごくがっつり両手をかかげてぐっとクロスさせてたのがめちゃかっこよかった。そして間奏のエマな…!はあころされる。この曲、間奏がドラムもギターもベースも鬼かっこいい鬼曲なんですけど、今日もいかんなく全員鬼だった。 そしてさらに鬼だったのがこのあとに投下されたのがMOONLIGHT DRIVEっていうね!もともとSPARKのB面だったけど、当時吉井はSPARKとこれとどっちがシングルになってもいいつもりで書いてきたらしいけど、本当にシングルとしてもなんの遜色もないかっこいい曲だよなーと思う。アウトロで一瞬SLEEPLESS混ぜ込んだりして、こっち(ファン)の心をくすぐりまくる吉井であった。

 

ここまでの畳みかけがすごくて、もう今終わりですよって言われてもそうですかって帰れるぐらい満足度高い…とか思ったけどもちろんここで終わるわけない。入場時に配られたLEDライト、Horizonの音源配布カードと一緒にもらったからHorizonで光るのかな?と思ったけどちがった〜。曲の前に吉井が、バンドと皆の新しい絆の曲、大事にうたっていきたい、と言っていて、さらにこの曲はコーラスをみんなで歌おうね♪企画があったのだけど(しかし例によって詳細をちゃんと把握していない私)吉井がコーラスを歌ってねと水を向けながらも「Aメロは歌わないで、サビ!サビだけだから、1番と2番だけだから、3番は俺だけで歌うから」と細かい指示があり、ってことは吉井はマイクオフにしてコーラスを託したりするのかなとおもったけど勿論そんなことはなく全編気持ちよくうたっておられました。よかった初聴きでいきなり託されバージョンで聴くのは複雑すぎた。っていうかエマとヒーセが頑張ってコーラスしてる姿にときめきすぎて自分はすっかりお留守でしたぎょめんなさい。

 

LEDライトの出番は次のALRIGHTからで、青いライトが点灯!でも照明もかなり明るかったので、メンバー気がついてるのかな〜と若干不安になった私はうしろを振り返ってみたのだけど、そしたらスタンドが(埋まってない部分も)真っ青に光ってて、ってことは上から見ているメンバーにはきっときれいに見えてるねよかった!と胸をなでおろしました。メンバーの感想聞いてみたいね。で、この1曲だけかと思いきや、このあと手を変え品を変え色を変え技を見せてくれたLEDライトちゃんなのであった。けっこうなね、重量があってね、メンバーに見えるように!(けなげ)と思ってぶんぶん腕を挙げていたからね、若干筋肉痛です今日は。寄る年波には勝てません。

 

このあとバラ色の日々に続いたんだけど、いつもバラ色のときピアノのイントロから入るのが多いじゃないですか、でも今日はALRIGHTのアウトロでギターかけてもらって、そのままバラ色のイントロへ!これがすっごいかっこよかったし、なんというか攻めのバラ色でこういうテンションで聴くの久しぶりでめちゃくちゃ興奮しました。定番となっている聴かせる曲の構成じゃなくて、とにかく曲をぐいぐい詰め込んでいくんだっていうテンションだったし、そういうぐいぐいくるTHE YELLOW MONKEYがほんとに大好物なんですよねわたし…!ちゃんと見れなかったけど、スタンドのライトが赤と白に分かれてたの、薔薇の絵とかになってたらすごい!いやちがうかもだけど(笑)

 

本編ラストはこれしかない、悲しきASIAN BOY。先日行われたメカラ検定でね、すべてのメカラウロコで演奏されている曲、って設問があって、もう候補を見なくてもわかる、そんなのASIANしかないじゃないすか。そして本日も記録更新だね。この楽曲の、常にそこにあるという絶対の安心感、絶対に爆発させてくれるという信頼、そういうのもひっくるめてこの曲を愛してやまないし、いつ聞いてもあのイントロを聴くだけで興奮してしまう。ドームだから電飾は降りてこなかったけど、横長のビジョンにTHE YELLOW MONKEYって文字が出て、そしてあの特効の火花にテンションぶちあがるし、最後にね、ヒーセとエマがステージの中央で顔を見合せながら弾くところも大好きだし、吉井の匍匐前進も大好きだし、アウトロのアニーのドラムも大好きだし、ほんとにこれこそTHE SONG OF THE YELLOW MONKEYだなって思います。

 

アンコールを待つ間に、スタンドにもアリーナにもウェーブが起こってて、ワイワイやれたのも楽しかったなー。そこからアンコールの拍手につながったのもよかった。メンバーがでてきて、実は今日はアニーがずっとシャツを着てたんだけど、ここでシャツを脱いでご登場なさり、安定のタンクトップ…なんだけど、まさかの赤ラメ!ギラギラ!んもう、どこをとっても派手!しかもお兄ちゃんジャケットオフしたらシースルーだし!シースルー!シースルー!ってアホの子みたいに連呼しちゃったわよ。なんつーどエロさ。

 

アンコールいっぱつめにRomantist Tasteで大歓喜だったわけですけども、わたしの大好きな首をかききる仕草、一回目はやってくれなくて、あっやってくれない、と思ったら2回目でびしぃ!と音のしそうなのキメてくれて思わず拝んだ、拝んだね。だめだ…マジであいつかっこよすぎる!(新たな気づき)あと、ROMANTISTといえば、あのTRUE MINDの、「未来永劫に、今年もよろしく〜!」に皆憧れると思うんだけど、いやそういうことにして話を進めますが、この日は「未来永劫に、来年もよろしく〜!」つってくれて、ああ〜〜〜ありがたい、すごい、夢がどんどん叶う、すごい、と喜びにうちふるえました。あと、この曲のときにエマが下手に来てたんだけど、花道で腕をぐるんとやった拍子にシールドが抜けてしまい、とたんにがすっと音が薄くなって、エマがあれ?おとがしない?あれ?つってきょろきょろしてて、でも逆側の花道だったからかスタッフ気がつかず?最終的にエマがよっこらしょとシールド差し直してたのがなんだかかわういかったです。


そしてここで、新聞広告にもなったLOVE LOVE SHOW!もちろん!全編博多弁バージョンだよ!!!めちゃくちゃ受けてたし、途中の金八もめちゃくちゃ受けてたし、これほんと吉井は大変だったと思うけどよくがんばりました!!!がんばった甲斐があってみんなに喜んでもらえてた感ハンパなかったし笑いながらどんどんこのバンドを好きになっていく感じ、ふたたび!って思いましたね。最後に観客のレスポンスを煽るところ、博多弁バージョンが「LOVE LOVEしようばい」だったので、「ばーい!」「ばーい!」って煽るのが最初はめちゃおかしいのに(だって吉井めちゃドヤ顔してるし!)だんだんグイグイ煽られちゃうっていう。あの身体をくねらせながらの「ばーい!」はホント得も言われぬ味がありました…(笑)

 

吉井がふたたびアコギを手にして言うには「ほんとはね、さっきそのままセンキュー愛してます、アバンギャルドで行こうよ!つっておそそは省略しようかって言ってたんだけどね、でもね…やっぱりこれをやらないと、年は越せないよね〜〜〜〜〜」ありがとうございまーーーす!今回はエマとアニーにお鉢が回ってきたんだけど、エマはやおらさっきのシールドすっぽ抜け事件をネタにし「さっき音が出なくなってびっくりしたけどスタッフだれもたすけにきてくれない」という主旨を無理矢理曲に乗せて歌うという荒技を繰り出し(吉井「まさかおそそでスタッフへのダメだしを聞くとは」)、次のアニーはアニーで「音がしなくなったのはロビンが機材をいたずらしてるからだと思ったよごめんごめん」という主旨を無理矢理曲に乗せ、かつ「ドラマーなのにリズム感わるくてごめん!」つって謝ってました。かわいいか!それにしても、アバンギャルドの持つ独特の多幸感、吉井もかつてインタビューでこの曲をやってるとメンバーをいとしく思う、幸せになる、と言っていたけれど、本当にその言葉通りの雰囲気を纏った曲だし、年末にこの曲が聞けるありがたさをかみしめるしかない。

 

しかし!ここで幕とはならず吉井がふたたび12弦のギターを手に。いや、昨年のアリーナツアーのときに、福岡で吉井がまさかの犬小屋の出だしを間違えるという、通称「犬小屋事件」と勝手に私が呼んでいる事件が起こったわけですけども、だからこそね、ここ福岡でもう一度この曲をキメてもらいたい!とお友達が熱い思いを抱いていたので、12弦を見たときに思わず肩ぽむしてしまったりして。いやしかし、この日のWELCOME TO MY DOGHOUSEはちょっとすごかったんじゃないですか。犬小屋事件リベンジしておつりが倍になって帰ってくるぐらいのアレ。ほんとこの曲は、その日どんだけかっこいい瞬間が積まれていても、さらにその上の最長不倒を絶対に叩き出してくるからこわいよ。ヒーセのあのベースソロからのあれ、観ました!?もうね、やばい、かっこいい、やばい、でもその横では吉井がピックくわえてアコギを叩いてて、エマは花道にいるから直接見えないけどモニタで見えるし、アニーがさらっさらの髪振り乱してどちゃくそカッコイイし、目が、目が足りない!4組!くれ!!!!と心底思いましたよ…もう祈りのポーズのまま微動だにせず、いやできず、って感じだった。最後のその一瞬までかっこいいの結晶のような曲だった。最高!

 

この日を迎えられてよかった、メンバースタッフいろんな媒体のひと、そして観客の皆にありがとうって、そして記念写真を撮ろうっていって、ミッチさんが撮ってくれてたのかな。両花道にメンバーが出て、めずらしくというか、吉井が最後に下手の花道に来てくれて、ずーっと手を振って、最後までステージに残ってた。わたしふだん吉井のことをロビンって呼んだりすることないんだけど、今日はね、ずーっとロビーンって呼んでたな。いい顔してたなーとおもいます。

 

東京ドームから約2週間で、セットリストのうちかぶっているのは10曲ぐらいだけど、そのうちJAMとBURNはアコースティックバージョンで、ラブショーは歌詞替え、バラ色も入りのアレンジ違うし、もちろんステージも演出も違うし、それでもこういう場にはきちんと「メカラウロコ」ならではのものをしっかりプレゼンしてくれる、このバンドのそういうところが大好きです。ほんとうに大変だったろうとおもうけど、おかげでめちゃくちゃたのしい「メカラウロコ」になりました。

 

当初、九州での初メカラ、これぞ王道!という楽曲でやる、と言っていたので、王道、ということはシングルコレクションみたいな感じになるのかな〜でもメカラだしな〜どうなのかな〜って思ってたけど、あれだね。「メカラとしての王道」ってことだったんだね。いやはやめったに出ないあんな曲こんな曲から、ようやく初めてライヴで聴けた曲もあり、もちろんお馴染みの楽曲の安定感にも酔いしれ、ちょっと変わったアレンジでの味も楽しませてもらい、THE YELLOW MONKEYのサービス精神を存分に味わわせてもらえました。じっくり聞かせるタイプの重めの曲でどーんとくるのもいいけれど、とにかく楽曲の華やかさ楽しさをぎゅうぎゅうに詰め込んでくれるこんなライヴが最高でないわけなく、これ以上ないぐらいよい「心の大掃除」ができたと思います。

 

満員御礼、というわけではなかったけれど、でもねえだからって、確実に埋まるハコを選択することだってぜんぜん難しくない、むしろそっちのほうが作り手には楽にちがいない、でも大きいハコでやるんだって、そういうバンドとしての姿勢、決断を、わたしは心から支持するし、自分がそういうバンドのファンでいてよかったっておもっています。いつかはこのハコを埋めてやる、と吉井が言って埋まらなかったことは、過去、ないので、いつか満員御礼のヤフオクドームで僕と握手!なのもぜんぜん夢じゃないとおもう。

 

ありがたいことにすごくメンバーのよく見えるお席で、もちろんどんな場所から見てもいつだってTHE YELLOW MONKEYは最高だけど、でもこういう経験ができて改めて、わたしのおもう「かっこよさ」の原石みたいなバンドだなって思ったし、それがこの十数年まったく変わってないんだなってことを思いました。ほんとこのバンド、めっちゃくちゃかっこいいですね。知ってた。知ってたけど。2017年あなたもわたしもおつかれさまでした、次はアルバム、ということは、それを引っ提げてのツアー!があるって期待してるし、またどんどんわたしの「かっこいい」の最長不倒を塗り替えていってください。最高のライブをほんとうにどうもありがとう!愛してるぜTHE YELLOW MONKEY!!!!
 

01:41 | comments(14) | -