sakura-blossom
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

THE YELLOW MONKEYのDVDを総まくる!その3"CHERRY BLOSSOM REVOLUTION -Live at BUDOKAN-"

1995年7月VHS発売、2000年12月DVD化。言うまでもなく収録されているのはTHE YELLOW MONKEYにとっての初武道館ワンマン、1995年4月11日のライヴである。

 

この日のセットリストはダブルアンコール含めて22曲、映像化されたのは11曲だから、約半数でしかない。VHSの時代は完全収録というのは遠い夢だったのだね。ちなみに収録されなかった曲をいくつか挙げると、A HEN、サイケデリックブルー、争いの街、エデンの夜に、嘆くなり我が夜のFantasyなど。というわけで、ここで漏れてしまったいくつかのsmileの曲たちは、そのまま映像化の日の目を見ず…ということになってしまったわけである。

DVD化された際の特典映像は「夜明けのスキャット」のプロモーションクリップ。これはCLIP BOXの特典映像として見ることができる。

 

初武道館ということで、それを意識したMCも多く、その気合い、肩の力の入りぶりはなんだか微笑ましい感じすらするが、中でも1stアルバムに収録されながらもこの武道館でやる日のためにライヴで演奏してこなかったというOh! Golden Boysのパフォーマンス、そして「かつて、吉井和哉、おまえは必ず武道館でライヴが出来ると言ってくれた親友のために作った」というHARD RAINは印象深い。福島でのライヴ会場であるあづま総合体育館には、その親友が描いたという「白い大きな花の絵」が飾られているはずである。
 

23:20 | comments(2) | -

THE YELLOW MONKEYのDVDを総まくる!その2"jaguar hard pain Live’94"

1999年12月VHS発売、2000年12月DVD化。収録されているのは1994年3月の中野サンプラザでのライヴだから、実に5年以上の歳月が経って映像が発売されたことになる。それまではテレビで放送されたものしかなかったため、ダビングのダビングのそのまたダビングの…と孫コピーどころではない映像にファンは群がっていた。DVD化された際の特典映像は1994年7月の「つわものどもの熱帯夜」と名付けられたライヴのROMANTIST TASTE。ちなみに、各単体VHSをDVDにする際につけられた特典映像は吉井和哉チョイスである。


DVDにはライヴ本編が全曲収録されているわけではなく、オープニングのDUST TO DUSTとSUCK OF LIFEのみ収録されていない。結成20周年の時にはスペシャがプレミアムライヴと称してこのDUST TO DUSTとSUCKを放送してくれていた。


その後現在に至るまで数多くのライブ定番曲を産み出したjaguarの曲たちの原型を楽しめる。薔薇娼婦麗奈についてはこのDVDに収録されているバージョンでのみ、中盤で札束が降りそそぎ吉井和哉が「麗奈、君は瓶の中に閉じ込められた蜥蜴も同然だ」と語りが入る非常にシアトリカルな演出が堪能できる。

ところどころ演出的な映像処理がされているのが個人的には減点対象だが、エポック的な作品であることは確か。

23:17 | comments(0) | -

THE YELLOW MONKEYのDVDを総まくる!その1"Life Time・SCREEN〜追憶の銀幕〜"

1993年9月にVHSが発売されたTHE YELLOW MONKEY最初の映像作品を2000年12月にDVD化。収録されているのは1993年6月の日本青年館のライヴ。DVD化された際に93年1月日清パワステのLOVE IS ZOOPHILIAとSLEEPLESS IMAGINATIONのプロモーションクリップが特典映像となったが、BOXのボーナスディスクにはZOOPHILIAの方だけ収録されている(SLEEPLESSのクリップはCLIP BOXの特典映像)。


収録曲(11曲)からもおわかりの通り、ライブの全編収録ではない。このライヴはスペースシャワーTVで放送されており、未収録となった曲のいくつかはスペシャでしか見ることができない。ちなみに盤になっているものは曲順も実際のライヴとは若干異なる。


吉井和哉の名MCとして名高い
「今日は、今までに、
見たこともないような、
素晴らしいロックショウを見せましょう。
耳の穴を、いっぱい濡らして帰って下さい。」

はこのDVDに収録されている。吉井がギターの弦で目の上を切るアクシデントしかり、最後に登場する「マリー」も含めて非常にドラマチックな作品。

 

 

11:18 | comments(0) | -

THE YELLOW MONKEYのDVDを総まくるにあたって

THE YELLOW MONKEY秋のホールツアー開始まであと1週間!なんという時の早さ。そうこうしているうちに再集結後初のシングル「砂の塔」発売、そしてそれに纏わるメディアラッシュの波を皆さん泳ぎ切ってらっしゃいますでしょうか。毎週毎週出る雑誌、毎日毎日出るラジオ、隔週ぐらいで出るテレビ。こんな日が来るとは誰が予想したでしょう!折しもradikoに「タイムフリー機能」というやつがリリースされ、録音機能がなかったら諦めるしかなかったラジオの時間軸がフリーになり、聴こうと思えば(1週間以内なら)いつでも聴けるという、かつプレミアム会員になってしまえば場所さえも選ばずに聴き放題という、来てるね、未来!としか言いようのない時代が来ております。情報の波を追いかけるだけで一苦労!もう一度言います、こんな日が来るとは、誰が予想したであろうか!

 

さて、そんな反語の雄叫びはここまでにして、シングル「砂の塔」と同日に再集結後初の映像作品「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SAITAMA SUPER ARENA 2016.7.10-」も発売になりました。THE YELLOW MONKEYはもともと映像作品をこまめにリリースしており、解散前に発売されていたもの、解散を機に発売されたもの、解散後に発売されたもの…と様々な映像作品が世に出ていたわけですが、ここに新たに「今」のTHE YELLOW MONKEYの映像作品が加わる!こんな日が来るとは(もういい)

 

というわけで、過去THE YELLOW MONKEY全曲感想やら、メカラBOX全曲感想やらを書き散らし、THE YELLOW MONKEYのライヴ映像にひとかたならぬ思い入れのあるヲタのひとりとして、なにもせんってわけにはいかんばい!と誰に頼まれたわけでもないのに勝手に自家発電した結果、過去にリリースされた映像作品(DVD)を総まくってみようじゃないのということに勝手になりました。

 

基本的なデータに、そのDVDに何が収録されているのかをポイント解説するような形なので、アレが好き!ここが押し!みたいなものではなく(過去に散々それは書き散らかしたのと、それをやっていたらたぶん永遠に書き終わらないという個人的事情)、あとエントリが異常に長くなるので、収録曲などは公式やamazonのリンク先などで見て頂ければと思い省いております。再集結後に聴き始めて、昔のDVDも見てみたいけど、何から見たらいいかわからん、という方や、昔好きでいろいろ買ったけど、これは果たして今なにか別の形で出てるの?買い直すべき?みたいな方の一助になればもちろん幸いですが、そうでなくても基本的には自家発電の自己満足野郎なので大丈夫です。

 

ただひとつ!お願いしたいことがあるとすれば、今、たとえばamazonでTHE YELLOW MONKEYと検索をしていただくとおわかりのとおり、過去の映像作品の中には、法外と思うような値がつけられたものがいくつもあります。もちろん、何にいくらお金を出すかはそれぞれのファンがそれぞれに決めることで、それについて私がとやかく言うことではありません。とはいえ、無理はよくないのはもちろんです。無理に買うより、再販のお願いをことある事に口に出してほしい!欲しいなあ、でも買えないなあ、と思ったら、再販したら買うのにアピールをしてほしい!いまどき、制作側がまったくSNSを見ていないとは思いませんし、直接アピールできる場(アンケートとか!手紙とか!)も含めてどんどんアピっていってほしい!そして、もし、再販したら!その時は買って下さい。この総まくりがその時のためのガイドになれれば、これ以上の幸せはありません。

 

 

11:06 | comments(0) | -

エレファントカシマシZEPP TOUR 2016@ZEPP NAMBAに行ってきたのよ

エレカシのワンマンに来たのいつ以来なんだろうなあ…と自分で自分のブログを検索してみたら(べんり!)4年前だった。場所は同じZEPPNAMBA。そのあと、宮本の耳のことがあって、日比谷の野音を外で聴いて、それ以来。今年久しぶりに一緒に仕事をすることになった先輩が数年前からエレカシにずっぱまっているというのを聞きつけて一度ご飯を食べたんだけど、その時にツアーに誘って頂いたのだ。

 

別になんというきっかけがあったわけではなく、なんとなくここ2〜3年音楽予算を削減して手足を短くして生きていたんだけど、4年ぶりのエレファントカシマシのライヴはやっぱり揺さぶられるものがあって、ものすごくあって、レポと言えるようなものでなくても自分が感じたことを残しておきたくなったりして。

 

しかし、えーと、宮本もメンバーももう50歳、そしてバンドはデビュー30周年。なにがすごいって、それだけの期間、この衝動を持ち続けていることがすごい。手癖でライヴをやるってことがこのバンドは一生ないんじゃないか。観ている間、そのエレカシの、ひいては宮本の、人間としての純度の高さに打たれまくった。ピュアネスというのとはまた違う、大人だから、純粋なだけではいられないし、勿論一敗地に塗れた人間の姿もこのバンドはいやというほど知っているのだけど、それも含めた純度の高さ。そういう人間に、あれだけ全身全霊で、立ち上がれ、と鼓舞されたら、どれだけ萎れていてももう一度腹の底に力を入れて立ち上がらざるを得ない、という気持ちになる。

 

4年ぶりだったからというのも大いにあると思うんだけど、久しぶりにやる楽曲よりも、エレカシのワンマンに行けば、まあまず間違いなく聴けるだろう、というようなド定番な曲の数々にこそぐっとくるものがあった。今回はキーボードのサポートがないというのもあって、「風に吹かれて」はあのエレカシ独特の、男くささのあるアレンジで聴けて、途端に私の脳裏につか芝居のワンシーンが音がしそうなほど鮮明に立ち上がってきて、いろんなセンチメンタルに押されて思わず涙がこぼれそうになった。アンコールで笑顔の未来へをやって、あーこれまだ定番で演奏するんだなーなんて、そんなことを最初は思っていたのに、聴いているうちにぐんぐん感極まってきて、これはいったいなんなんだろうと思ったりした。

 

ガストロンジャーやコールアンドレスポンスでの宮本の煽りのかっこよさ、どれだけ軌道をはずれてもぴたっとそれについてくるバンドとヒラマさんのサポート力、そして、そして、やっぱりファイティングマンの、言葉にできない良さ。自信をすべてうしなっても誰かがおまえを待ってる…あかん、書いてるだけで泣けてくる。俺を、俺を、力づけろよって歌詞に、これ以上ないほど力づけられる。

 

宮本はほとんどMCをせず、唯一、この間野音で、2日間やって、もう喉が熱持っちゃったみたいになるし、打ち上げだしって結構飲んだんですよ、って話し出したんだけど、やおら「これほんとにどうでもいい話なんですよ、なんでこんな話しようと思ったんだろう」って自問自答の世界に入ってたのがおかしかった。結局、飲みすぎて声が出なくなったらしいんだけど(えーっと悲鳴をあげる会場に、いや、出ないつっても出るんですけどねとかぶせる宮本)、2週間ほど断酒したらすっかり出るようになったよ!よかった!って話でした。いやほんと良かったヨ!お身体大事にネ!あとこれを後ろで聞いているときのトミがすごい微笑ましく宮本を見守っていてなんつーか…ええもん見させてもらいました…

 

そういえば!石くんが完全に赤毛のアンだったんだけど、あれは、すごいね!比喩ではなく、本当に赤毛のおさげ。暫く目が離せなかったヨ…

 

本編黒シャツ、アンコール(第二部)以降白シャツだったなー。やっぱり白いシャツの宮本、好き。四月の風をアンコールでやってくれたんだけど、大阪だからだったりするのかしら。イントロのカウント、ワン、ツー…と言いながらその間に「いい曲なんで聞いてください」ってぶっ込んできてたなー。

 

で、そこで終わりかな?と思ったら(初日のセトリ見ていたので)、間髪入れず「花男」!!飛び上がって喜んだ。いつ何時聴いても花男はいいもんだ。宮本もブチあがっていて、シャツの前のボタン全部はだけさせて煽りまくってたのに、途中でふと我にかえったのか恥ずかしくなったのかシャツの前をかき合わせながら歌うっていう可愛らしいところもありつつ、でもまた興奮して結局ドーンとはだけさせるっていう。先生の可愛らしいところいただきましたありがとうございますありがとうございます。

 

スタンディングで充実の2時間半のライヴだけど、エレカシファンはどちゃくそ長い新春ライヴや野音に慣れているからか、先輩が「まだちょっと物足りない」とか言ってて贅沢!贅沢ゥ!と思いました。しかし、何度でも言うけどほんとにすさまじいパワー。MCも殆どなくて、本当に淡々と曲を積み重ねていくという感じだけど、そこから立ち上ってくる熱と圧が桁違いすぎる。これを50代にやられてしまったら、若手のバンドはなにすりゃいいのさという感じになるのではないか、そんな余計な心配さえしてしまいそうになる。

 

男なら立ち上がれ、女だって立ち上がれ、と宮本が鼓舞していたように、ようしようし!とぐっと拳に力をこめて明日に向かう喝を入れてもらえたライヴでした。

 

00:45 | comments(0) | -

戦い(ツアー)すんで 日が(月が)暮れて

あっという間にもう10月のいっぴ。札幌の感想を書き終わって、それぞれのレポからこぼれちゃったようなツアーのことを残しておきたいなと思っていたはずなのにこの体たらく。やっぱり、日々ツイッターなどでアウトプットしていると、どっかそれで気が済んでしまうようなところがあるのかもしれない。あと若干の燃え尽き症候群というか!いやなかなかにハードデイズナイトな日々だったもんね。終わってさびしいけど、いい終わりを迎えられたという安堵感もある。

 

私のSUPER JAPAN TOURは代々木2daysで幕を開け、長野1日目、広島2days、城ホール2days、さいたま2days、福岡2days、神戸2days、横アリ2days、札幌2daysの計17本でした。フェスはRIJFとサマソニ大阪に参加。本当は、名古屋もどっちか1日行きたいと思っていたのだけれど、仕事の都合でどうしても叶わず。フェスも入れれば4ヶ月間で19本。とりあえず、行けるところは全部行った、と思う。

 

1月8日にこのツアーが発表になったときから、その時点で発表になっていなかった横浜とフェスは除いて、最初からこの本数の参加を決めていたし、チケットはあとからついてくるとばかりにかなり早い段階でほぼすべてのホテルを押さえ、札幌行きの飛行機を押さえてました。マジで予算案を組み、マジで銀行口座を別に分け、40を過ぎた大人の本気と書いてポンゲの怖さを自分で思い知るという。

 

その時点では「このあと」があるかどうかわからないというのもあったけれど、何よりも私をポンゲにさせたのは、もう、飢えたくないという気持ちが少なからずあったからじゃないかと思う。あのバンドに関しては、解散する前も、したあとも、常にどこか私は飢えていたようなところがあった気がするし、それはそのまま私の必死さへ直結していた。それが15年もの間変わらなかったというのだから、おそろしい話だ。

 

年明けにSNSを中心に彼らの「思わせぶり」なあれこれが拡散されて、いよいよ、そうなんじゃないかという話題が広まる中には、当然ながら、みんながみんな諸手を挙げて大歓迎という雰囲気ではなかった。タイミングを嘆く者もいたし、裏事情とやらを読みたがる者もいたし、単純に再結成を敬遠する者もいた。私が何を思っていたのか、とりあえず自分のホームページの日記には殴り書いたけど、でも一番強い感情として今でも心に残ってるのは「これがきっと最後のチャンスだ」ってことだった。最後のチャンスも何も、お前が決めることじゃねーわ、って話だが、しかしそうとしか言いようがない。もうたぶん、次はない。「今じゃない、なんて言ってたら永遠に『今』なんて来ない」というのはそういう気持ちから出た言葉だった。

 

とはいえ、これだけの時間と金をぶっ込んで、出てきたものがクッソつまらないものだったら、どうする?10本以上のライヴのチケットを押さえて、夢と幻想を打ち砕かれるだけだったら、どうする?そういうことを全く考えなかったわけではなかった。初日を観たあと、そんなふうに思ったとしたらどうしよう、と考えたこともあった。もし、そうだったら、そうだったら、残りの十数本は、地獄だろうな。それでも、打ち砕かれて終わりになるのなら、それが私の執着には相応しいような気もした。

 

初日のことで、今でも覚えてるのは、私自身が猛烈に緊張していたことと、友人が猛烈に緊張していたことと、すべての曲がなつかしく、うれしいものだったことと、吉井が緊張していたことと、エマが最初からザ・エマだったことと、吉井が緊張していたことと、アニーが満面の笑みを見せていたことと、吉井が緊張していたことと、ヒーセの歌うベースの健在ぶりが泣けたことと、緊張していた吉井が、途中からべろべろと皮が剥けるように顔が変わっていったことだ。そして、本編(ASIANまで)が終わったあと、これはあと、アンコールでJAMをやって終わりかななどと考えていた自分のことだ。まさか、あそこから、あれだけやるとは!よもや、飢えに飢えて待ちに待った、愛するバンドの再結成初日のライヴで、え?まだやる?などと思おうとは誰が思ったであろうか。それほどに満漢全席だった。いらないと言われても来たからには口の中にねじ込むようにごちそうを食べさせる、そういうバンドだった、このバンドは。

 

札幌のあと、友人と、今だからこそ、代々木の初日をフル尺で見たい、何が見たいって見てないようで見てるが見たい、チェルシーでもいい、もう絶対つんのめるぐらい遅いはず!などと言ってキャッキャと笑っておりましたが、だって、初日と較べて吉井のMCも球根前のエマのソロもSUCKのアニーのソロもめっっちゃ尺取ってるのに、終演時間が変わらないって、そりゃ曲のペースが上がってるからに違いない(真顔)。

 

ひとつ意外だったことは、セットリストをそれほど入れ替えてこなかったこと。いや、横アリや福島のことを思えば、じゅうぶんに変わってると言えるかもしれないし、2日間全く同じセトリというのは(たぶん)なかったのだけど、過去のツアーでガンガン日替わりを出してきていたことを思うと、そこはやっぱり意外だった。それだけ、THE YELLOW MONKEYとしてTHE YELLOW MONKEYの曲を客前で演奏する、ということに全員がある程度のラインを引いていたのかもしれない。それだけ、彼らの中のバンドの存在が大きかったし、アリーナツアーで客を引っ張れるだけの楽曲として磨き直さないと板の上には乗せない、という意識があったのかもしれないと勝手に思う。

 

ツアーの最初の頃は、ステージの上の4人にはどこか、THE YELLOW MONKEYという衣装を着ているようなところがあった(ファンにもそういうところがあった、私も含め)。それが、自分たちが着ているものがTHE YELLOW MONKEYの衣装になるのだ、というような佇まいにいつしか変わっていっていたように思う。変な話だが、亡くなった勘三郎さんが言っていた言葉を思い出したりした。歌舞伎とは何か、歌舞伎役者がやれば、それが歌舞伎なのです。考えてみると凄い言葉だ。THE YELLOW MONKEYとは何か、彼らがステージに立てば、それがTHE YELLOW MONKEYなのです…

 

これだけの本数に参加すると、いや、たとえしなくても、こうしたツアーでは必ず、どこがよかった、あそこはどうだった、こっちはこれがでた、あっちはあれがでた…という話がつきまとうし、それはツアーの華でもあると思う。ことに、これだけSNS全盛の時代にあっては、ほぼ即時に当日のライヴのあれこれが瞬時に拡散され共有される(そして私もその片棒を大いに担いできた)。しかし、どの日がベストだったかというようなことは、結局のところ観た人の数だけ答えがあり、逆に言えば、観た人の中にだけしか答えがないものなんじゃないかと思う。観客は観客の文法でしか舞台を観ることができない、私の大好きな言葉ですが、実際のところ、その日の体調や周囲の観客や、そういったもので印象というのは簡単に塗り替えられてしまう。勿論私の中にも、今ツアーで忘れがたい1本というようなものは確かにあるが、それはやはり私の個人的な事情に左右されたものでしかないという気がする。

 

好きなものや好きなことがいつまでもあるとは限らない、だからそれがあるうちは、全力で好きにならなきゃいけない、それが喪われたときに後悔しなくてすむように…。それは確かに真実だし、私も実際にそう思い、そう言いもしてきた。いつまでもあるのが当たり前だなんて思っていちゃいけない、けれど、こうも思う。そういう飢餓感に煽られながら好きでいることが果たして良いことなんだろうか?自分が勝手に煽られるだけならともかく、それを他者や、ましてや演者側が煽る必要があるんだろうか?ひとにはそれぞれ、事情がある。観客には観客の数だけ事情があり、皆、その事情と付き合いながら好きなアーティストのライヴに足を運んでいる。どれだけ回数を重ねても、後悔する時はするし、そうでなくても、満たされる時はある。わたしの17本があなたの1本にかなわないことだってあるのだ。

 

代々木の2日目に吉井の口から飛び出した、「たぶん、いやたぶんじゃない、絶対、もうTHE YELLOW MONKEYは解散しない」という言葉。それはツアーの最終盤まで恒例となった。THE YELLOW MONKEYの吉井和哉、それがおれのフルネームでいいとも言った。でも、これはたぶん未来を約束したものじゃない。未来への意思を表明しているものなんだとおもう。絶対解散しない、という約束だったとしても、それを信じきるのは、今の私にはもう難しい。でもそういう気持ちでいてくれているのだということはわかる。その気持ちに嘘がないこともわかる。そういう気持ちで帰ってきてくれたこと、それを4人が共有していることもわかる。それをツアーを通じて何度も確認できたことは、本当に幸せだった。私の愛したバンドが、メンバーにもまた愛されていると実感できるツアーだったことは、本当に幸せだったと思う。

 

THE YELLOW MONKEYがいなかった15年もの間、結局のところ私の心の最前列を彼らが明け渡すことはなかったし、彼らのライヴを観ているときの、あの生きていることの肯定と興奮にまみれたような時間は、彼らのライヴを観ることでしか補えなかったと改めて思います。15年経っても、ノスタルジーよりも速く走る興奮を真っ先に届けてくれるバンドであったことが何よりも嬉しかったし、誇らしかったです。どうかこの先も、好きなようにやっちゃってください。私はもう飢えたくないという気持ちで走り始めたけれど、大事なことを忘れていた、このバンドは、観れば観るほど飢えさせる、もっと、もっとと思わせるバンドなのだった。願わくばずっと、思い出の箱の中にしまわれずに、このバンドに振り回される人生を過ごしたい。これからも好きでいさせ続けてほしい。楽しいツアーでした。帰ってきてくれて、ありがとう。
 

11:44 | comments(4) | -

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016@真駒内セキスイハイムアイスアリーナに行ってきたのよ

先週の今頃は札幌の空の下でどしゃめしゃに旨いジンギスカンを食べていた…などと思い出にひたっとる場合でしょうか。さっさとレポを書かんかい!すいません。暫く「次」がないと思うと油断する私ですいません。いまだに夏休みの宿題を8月31日にやるタイプですいません。

 

最初にツアーが発表になったときは、これは…札幌ファイナルでファイナルアンサーなの?もしかして追加とかあったりなかったりなの?とかも思いましたが、まあとにかく行けるところは行こうぜ、という精神でしたので、もうね、ライヴのチケットを取るよりも早く飛行機のチケットを取ってました。その後8月に追加の発表はありましたが、札幌ファイナルというところは変わらず、北の大地で打ち上げってけっこうTHE YELLOW MONKEY的にめずらしいのでは!と思いつつ行ってまいりました。なんかね、直前まで台風が出ては消えて出ては消えてだったので気を揉んだよね…札幌は飛行機飛ばないとなるとかなり手足もがれるからね…

 

真駒内の会場は初めて行くところだったので、道中もかなり新鮮だったな〜。1日目、かなり早い時間に会場に向かってたんだけど、バスの中で私たちの前に座っていた可憐な美少女(まさに!)に、誰のライヴなんですか、楽しんできてくださいね…!などと声をかけてもらい、札幌いい街最高な街、単純な私たちはそれだけでぞんぶんにテンションがあがったもんでした。会場もこじんまりとしていて、天井の照明とアリーナの形がなんだかスペーシーで、あと入り口にロシア語?でなんか書いてあって、あれ何て書いてたんだろう、写真とってくればよかったなー。

 

1日目はスタンドのステージ真っ正面、の一番前だったので、いやー素晴らしい視界でした。遮るものがなんにもないからものすごいステージに没入できた。2日目はヒーセ側のスタンドだったんですけど、どっちも見やすくてよかったです。8月の横浜、福島と「スペシャル」と銘打たれた公演が続いたので、SUPER JAPAN TOURの流れとしては神戸ぶり、しかもその神戸で相当吉井が「終わっちゃう、終わっちゃう」と終わっちゃう妖怪と化していたこともあって、原点回帰のセットリストでくるんじゃないかなあという気がしていました。1日目は代々木の1日目と全く同じセットリストだったのではないかな?途中から2曲目にROCK STARが入ったりとセトリも変動していたので、なんだかラブコミ聴けたのがすでに懐かしく嬉しかった。2日目は変動のあったセットリスト(TVのシンガーとかROCK STARとかパールとか)が入ったので、1日目と2日目で通常メニューで出された曲コンプなんじゃ…?と思ったけど、神戸のサイキックが入ってなかった。でもセットリスト的な意味でも今までのまとめというか、総仕上げというか、そういう意味合いがあったと思うし、なのでこの日初出し、みたいなのは想定してないんだろうなーと。

 

そういえば、衣装も、吉井はファイナルが代々木の初日と同じで、ヒーセもたぶん同じ(シャツは違ったそうですが)だったので、ウワー初日の衣装で揃えてきた!と思ったけどエマは2日目の方の衣装だったのかな、初日はニジマスみたいなキラキラだったよね、すまんすまん。でも吉井が1日目と同じのを着ているのは本人的に絶対意識してるというか、そういう形でツアーを閉じる、っていうのを考えてたんだと思うんだよなあ。最初と最後がループして繋がる構図、私の大好きな、終わらない構図…

 

しかし、どれだけ次が待っていても、ひとつのツアーの終わりというのはなんというか、ひとつひとつのものに名前をつけながら箱にしまっていくようなさびしさ、いやさびしさというより切なさか、そういう感覚がどこかにあります。そのツアーにおいては当たり前のように享受していたものが(なんならたまには入れ替えてくれてもいいのよぐらい思っていた曲たちが)次のツアーでは、一部の曲を除いて次に会うのはいつになるかわからない。麗奈なんてね、バンドが解散する前だって、私自身何度聴けたか、片手に余るほどしか聴けてないわけで、そういう曲がほんとうにたくさんあるんだろうなって思いました。

 

でもこのバンドはそういう感傷よりも、興奮の速度が速くて、速すぎて、なにかを思ってしんみりする、なんて暇すら与えないほどに次から次に興奮の波が押し寄せてくる。もちろん、これで終わりじゃないという事実が何より大きいのだろうとは思うけれど、このバンドの「かさにかかって攻めて立ててくる」興奮の速度を改めて感じたファイナルでもありました。

 

速さといえば!最終日はもうアニーのドラムもすごかったですね。Chelseaの速さ!FINE FINE FINEの速さ!笑いました。あーぶっ飛ばしてんなー!って、気持ちいいんだろうなって、あと球根の前のエマのソロね!もう最初っから、今日は好きなだけ弾く!って決意が見えるような自由自在ぶり。終わったあと友人とも話してたんだけど、ほんと代々木の1日目の映像が見たい。何が見たいって「見てないようで見てる」が見たい。ツアー後半のスピードと吉井の煽りの自由自在ぶり(札幌はド直球に下ネタかましてたね、ああ、ああ、ああ、モッコリ!て中二かキミは)と初日のバリカタぶりを見比べたい!なんて。ほんとこの4ヶ月で、ぐいぐいメンバーの顔もバンドの貌も変わっていってたし、やっぱりライヴを通じて何かを得て(または喪って)いくのがこのバンドの性質ってやつなんだろうなあと。再結成(あえてこう言う)するバンドにもいろいろあるけれど、まず音源、ではなく、まずライヴ、という選択肢になったのも、頷ける気がしました。

 

1日目はスタンド最前列かつステージどセンという場所だったので、空の青のときとかね、ほんとなんていうか…今世界に私とこのバンドしかいない、みたいな没入感があって、ものすごく幸せな気持ちになりました。そしてつくづく吉井和哉というのは美しい男だよと思った。顔とか手とか皺とかいろいろパーツパーツ好きなんですけど、でも総体として美しい。あんなに見てて(いろんな意味で)飽きない人いないです。あとね、2日目の空の青のとき、アウトロのエマのスライドギターのところで、ここのところ吉井がマイクスタンドを望遠鏡に見立てる、ってやつをよくやるんだけど、それで一点を見つめるんじゃなくて、会場を見回すみたいな動きをしてたんですよね。で、吉井がちょうど私たちのいるスタンド側を向いた時、私の前にいた女の子二人が、ワーって、よしいさーん!みたいな感じで手を振ったんです。でもさ、いうまでもないことだけど、物理的には吉井はこっちが見えてないんですよ。片目を閉じてマイクを覗いてるだけだからね。でも、吉井が客席を、私たちを、望遠鏡でのぞきこんでいる、と思える。私はもともと「劇的なるもの」に強烈に惹かれる性質の人間なので、こういうのにはホント弱い。ステージでの吉井がシアトリカルだと言われる(思われる)力ってまさにこういうことだよな…!って実感しました。

 

ヒーセがブログで会場のことを宇宙船みたい、って言ってたけど、ほんとスペーシーな空間に「ホテル宇宙船」ずっぱまりだったなー。吉井も「ここ宇宙船?」って言ってたよね。初日は吉井の「とまこまい」事件があったワケですけど、ホテル宇宙船でとまこまいじゃないよまこまないだよ的なことをちょう早口で言ってたの笑いました。2日目に一音一音区切るように「ま・こ・ま・な・い!」って言ってたのも笑いました。あとちょっとどきっとした歌詞替えとしてはASIANで「キミと同じ夢を見ている」って現在形にしてた!LOVERSの前に、もう最終日だからいっぱい喋ってもいいよねとか言って、神戸でも言っていたバンド結成経緯みたいな話を結構な尺でしてたんだけど、肝心の曲の紹介のときに「そんな…モスバーガーで書いていた曲です」って強引にまとめに入ったァー!感あったのも面白かったです。

 

2日目のSUCK、1日目も吉井が例のトグルスイッチ(調べた)(もういい)(これやるの何回目?)をくわえてれろれろしてたんですけど(なんかそれで舌やけどしたと風の噂で)、2日目もいいだけれろれろしたあと、立ち上がって一瞬エマと見つめ合って、両手でエマの顔はさんでちゅっ、ってやってました。まーなんつーかわいらしい。もっとれろれろしないのかい?(どこのエロ親父だよ)なんて思ってたけどいやもうそのあとのエマの顔!あれ見た!?おまえ…なんつー!って思いました。両手で!口を!押さえるな!余韻を味わうな!絡みの前のエマのちょう上から目線で吉井を見下ろすのが割と私大好物なんですけど、その片鱗もない顔だったあれは。吉井が「再集結後初キッス、あの頃なかったおひげが痛い」とか言って、エマも律儀にヒゲ確かめたりしてましたけど、いや東京ドームの時にもエマにヒゲあったやろがい!などとダメ出しをした私だ。

 

そのエマはエマでメンバー紹介のソロの時に「離れるな」をぶっ込んでくるという鬼の所業。しかもかなり長いことやってました。ブリッジのとこまるまるやったんじゃないかなあ?んもー!そんなに!尺取るなら!ぜんぶやりなはれ!離れるななんか聴きたいに決まってるじゃないかよー!メンバー紹介といえば1日目のエマのときに吉井が「この人にかゆいところを掻いてもらっちゃいなさいよ、かゆいんだろう?」と言い出し、その「かゆいんだろう?」を節に乗せて「かゆいんだろう?かゆいんだろう?」とものすごドSの上から目線で煽ってくるという私の大好物のアレだったので、言ってる台詞はこれだけど喜んどいたほうがいいのやろうか…などと逡巡した私を許し給え。

 

そうだ、例のトグルスイッチをめぐる攻防も面白かった。吉井曰く最終日に飲み込んでやろうと思ったけどこれがめっちゃ高いらしい。エマにはそれだけはやめてくれと言われた、と言ったらエマが戯れにスイッチのカバーをはずして渡そうとするもんだから、それをすかさず吉井が奪ってパクッ。エマの「あ〜ウソウソ返して〜」みたいな顔がまた面白かったヨ…。吉井、スイッチ飲み込むフリして(しかも喉につまらせる芝居してエマが背中をトントンするっていう、なにこの小芝居)「このトグルは明日のトグロとなって出てくるでしょう。」エマも「うまい!」みたいな顔するなし!うまかねーわ!中二か!もちろん飲んだ芝居だったのであとで返してあげてましたとも。

 

2日目はアンコールいっぱつめがパールで、なんとなく「パールかな〜」とぼんやり予測はしてたんだけど、4人が出てきて、エマがギタージャキジャキ鳴らして、それで吉井がさ、オフマイクでさ、いくぞ!だったか、よし!だったか、声をかけたのよ。それに3人が「おうっ!」って答えたの、それがかんっぜんに揃ってて、もうパールのイントロの前に客がどよめいたもんね。あんなの、今まで見たことなかったから、なになに今の〜〜〜!!ってなったし、吉井に答えた声がちょっとまだ耳の中に残ってる感じすらします。そういえば、最終日はALRIGHTの時も今までになく4人がぎゅーーーーっとアニーの周りに寄っていて、その光景も心に刻まれています。

 

それまでの空気がいっぺんして、犬小屋の前になると、なんというかオラオラの吉井、いや吉井だけじゃなくメンバー4人ともオラオラでギラギラになるその空気が大好き。犬小屋はほんとこのバンドのかっこいいしかつまってない。吉井がイントロでギターかき鳴らしながら、犬小屋のことを、一生やり続けるんだろうなって言ったの、うれしかったなあ。

 

新曲の発表が出たばかりのタイミングだったので、もしやここで初お披露目…?みたいな期待感もすくなからずあったと思うんだけど、吉井は「今日ここでやれればよかったんだけど…まだ覚えてない」とのたまい、えーっえーっと不満をもらす観客に「えーって言わない!」と制しつつ、「ここだけの話だけど俺は北海道がいちばん好きだからね!?」と今、小声にする意味ある?というひそひそ声で打ち明けたり、「次やるから!ちょうど良くなってきた頃にやるから!最初とかあんまよくないんだから!」とそれ言う!?みたいなぶっちゃけをかましたり、いずれにせよ、世間よこれが「色男の口説き文句は真に受けちゃいけない2016」だという感じであった。

 

おわっちゃうね、さびしいね、と吉井が口にしたのは結局、最後のJAMの前だけだったな。昔からそうだけれど、終わる時にはもう、次を見てるんだよなーこのひと、なんてことも思い出したり。このメンバーに出会えてよかった、みなさんもいい人と言い音楽にめぐりあってください、このバンドは日本の裏国宝だと思ってるので、俺はこれを磨いて錆びさせないようにしないといけない。

ツアー中、何度となく、もう解散はしないということ、一生THE YELLOW MONKEYの吉井和哉だということをかれは口にしていたけれど、その未来を語る言葉よりも何よりも、私が今回のツアーで聴けて一番うれしかった言葉は、ちょっと時代錯誤で金ぴかで花柄のロックンロールをやっていく、と吉井さんが言ったその言葉です。時には、馬鹿なロックンロールとも言っていたかな。それしかできないけど、でもTHE YELLOW MONKEYがいると思うと、ひとりではできないこともできるような気がしてくる。ほんと、そう思います。

 

最後に写真を撮ろうといって、有賀さんが呼ばれて、最初、鶴ちゃん遠慮して離れてたんだけど、ヒーセがぐいぐい引っ張って5人で撮ったの、ヒーセらしくてほんと素敵だったし、鶴ちゃんはいったん5人で撮ったあと、さっとさがって、4人で、って4人が客席をバックに写真を撮るのを見守ってくれていたんだよなあ。本当に鶴ちゃんにも心からありがとうとお疲れさまを言いたい。時には吉井の妨害(笑)にも負けず、このグイグイグイグイ来る4人の中でほんとがんばってたし、よくぞ引き受けてくれました、と思う。

 

1日目はPA卓が目の前だったんだけど、大森さんも、倉茂さんもいらしてて、それでねえ、おふたりとも、ライヴの間中、ずっと立ってた。椅子、用意されてたけど、ずーっと立って見てらしたなあ。北海道のイベンターはマウントアライブで、そのホスピタリティもほんと素晴らしかった。たぶん、1日目、小雨だったってのもあってちょっと早く開場してくれたんじゃないかなあ。開場が押すことはあっても早まることなんてあるのかヨ〜!すげえヨ〜!あとね、細かいことだけど、座席のブロックを示す看板をスタンドと言わずアリーナと言わず設置してくれていたんだけど、それがあのモルフォ蝶の軌跡の図柄に印字されてて、つまりこのアーティストの2日間のためだけに新調してくれたというわけ。そういうところにファンは嬉しさを感じてしまうものなんですよ。

 

吉井も言っていたけど、今回のツアー全カ所定刻開演、これメンバーももちろん時間に追われるでしょうが、なによりスタッフとイベンターの地力が問われるチャレンジだったと思う。これほんとに、実際すごい快挙ですよ。全員が文字通り一丸となって、このツアーを成功させる、させなきゃいけない、って気合いに満ちていたからこそできたことですよね。

 

ツアーの総括的なことはまた別にしようかな。ともあれ、あの緊張に緊張を上塗りしたような5月11日から4ヶ月、馬車馬のように働き、馬車馬のように追いかけました。ツアー17本、フェス2本かな。しかし何度も言うようにもう「次」が提示されていて、メンバーもみんなその「次」を見据えている、興奮が感傷を最後まで上回ったツアーでした。本当にすがすがしい、こんなすがすがしい気持ちで「THE YELLOW MONKEY」の「ツアーファイナル」を迎えることができるなんて、16年前には考えられなかったし、1年前だって考えられなかった。人生一寸先は闇とはよく言いますが、一寸先が光であることもある。心から楽しい4ヶ月間でした。最終日の吉井さんの言葉にならって、最後はこの言葉で。

 

おかえりなさい。
 

03:02 | comments(14) | -