sakura-blossom
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

THANK YOU YOSHII KAZUYA Live At Budokan 私的メモその1

と舌の根も乾かぬうちに結局だらだら書いているじゃないかっつー。くわっぱ!
長いっす!しかもその1て!続くんかい!

DISK2のほう、まずは27日の武道館の映像2曲。この太陽、実際に見ていたときのことを鮮明に覚えてまして、なんか吉井がやたら一カ所じーっと見てるなって思ってたんですけど、その顔がばっちりおさえられててえがったえがった。AND YOUR BIRD CAN SINGもキューティでした。ちょっと振り遅れるとことか(笑)

イメージビジョンワークス、KREVAくんのバージョンをちゃんと見れるのも嬉しいけど、なんつってもこれはねえ、広島スペシャルのfeat.奥田民生でしょう!最高ですよもう、可愛すぎて可愛すぎてあははは。サンタの格好似合うなあ民生!インタビューによると「お金じゃないギャラ」を払うことで引き受けてくれたらしいが。いっしっし。

インタビューはあとにして、恋の花MCコレクション。あのさっむい木村くんの真似とか入ってたらどうしよう!とか思ったけどそれはなかった一安心。各地各地の「面白MC傑作選」なんですが、入ってるのは福岡2日目、仙台、新潟、長野、神奈川、大阪初日と2日目、札幌、旭川、盛岡、名古屋2日目、岡山、広島とかなり広範囲で拾ってます。
いや、これ結構面白かったんですけど、なにがってMCの面白加減もですが、客の反応が各地で如実に違うなっていうか、大阪すげえなっていう、それを実感した(笑)なんだ、ボケにはツッコまないではいられないんだよね大阪人。あの見事な参加ぶりに拍手。どうせならあのすさまじかったラブショーの「乗りなはれ事始め」もやってほしかった。あれさ、もうあのあと全部乗りなはれじゃなかったっけ?そんなに気に入ったのか吉井よ、っていう(笑)
MCですが、話のネタ自体が面白かったのは福岡、長野、大阪初日、旭川って感じでした個人的には。あと旭川はポジネガがさわりだけ聞けてうそ、これ全部入ってるの・・・!?と思った矢先に切られた。ぐっすん。広島のサンタもかわいかったー。鶴谷さんも帽子かぶらされてたね・・・(笑)で、ここもユニコーンの「雪が降る街」がさわりだけ聞けて、ああ、もっと・・・!って瞬間に切られた。かなすぃ。まあでもこれはその場にいた人のものだっつーことでね。

さて、インタビューです。1時間ぐらい、あるのかな?メインは沖縄・北谷でのインタビューと、東京→静岡間の車中でのインタビューに、福岡初日や鹿児島、沖縄、武道館、振替静岡での舞台裏が挟み込まれる感じ。
すごくリラックスしたモードでの、いいインタビューでした。吉井のインタビューって多かれ少なかれドキドキさせられることが多いんだけど、このインタビューは本人のフラットさもあってじっくり落ち着いて聴ける感じです。印象に残った言葉をメモ書き。

「ああ、俺オルタナティブを間違えていた、と思って。得意なことをやらないと、オルタナティブにならない。自由なことを」
「イエローモンキーじゃないとやりたくない曲ももちろんある。ソロの方がかっこいいよっていう曲もある」
「ある時ね、黒く塗れを聴いていたらバーッと歌詞が思い浮かんだの。とりつかれたように」
「ジギースターダストこそ、カバーすることがめちゃめちゃでかい。・・・俺がこういう世界にいれるおかげのひとじゃない。この人にサンキューしないとまずいだろ、と思って。ミックロンソンとね」
「ポジティブな意味でロックンロールの自殺者だと思う」
「変な話取り越し苦労って邦題でいいと思うんですよ、ジギースターダストって。まあ俺もそうだけど。AT THE BLACK HOLEじゃなくて取り越し苦労。考えすぎ」
「でも今は自覚してますよ。俺はロックスターだよって。みんながみんななれないだろって」
「SICKSとか聴くと「コレ俺!?」って思うんですよ。青年よ、何を悩んどる!って。なんか悩みの質が若い!みたいな。かわいい、お前!みたいな」
「どんな絶望的な歌を歌ってもみんなをハッピーにしたい」
「(前回のツアーの時は)武道館が広いなと思っちゃったっていうか。あのお客さんがこぼれてしまう感じっていうのかな。結構悔しくて実は。そういうのも含めて、借りを返したかった」
「ここまで育ててもらいましたってことを見せたかったし、軽く意地がありましたね」
「自分にとってのROCK'N ROLL SUICIDEってJAMだと思うんですよね」
「今まで日本にいなかったようなロックスターになりたい」
舞台裏でおかしかったのは、例の酒井愁さん大遅刻事件のあった鹿児島。なんとドラマー吉井和哉が拝める(笑)エマもちょっとだけ座ってたねーかわいかったねー。ライブ終了後の吉井のダメだしもおかしかったし!スーツだし!
静岡の楽屋裏も面白かったなあ。つかエマ、ボーダー率異様に高いのな!(笑)袖でのバーニーの「最終日です。行ってきます!」がちょう格好良かった件。でもって、最後見ながらこれはもしや、あるかも、あるかも、と思ったら静岡のエマのあいさつが入っていた!わーんありがとうーーーー!!

あとね、静岡の楽屋裏でベンチに倒れ込んで「終わったあ〜〜〜〜!」「正月がきたあ〜〜!」と叫んでいた吉井和哉の顔はほんつ最高にいい顔だったです。おつかれさま!まさにサンキュー吉井和哉だ!

最後に、インタビューの中でいちばんすきなところ。

「自分の直感をすごく信じたいんですよね。すべてにおいて。悪意があったらだめだけど、ちゃんと愛があれば、離れなきゃいけない人とは離れなきゃいけない。すごくシンプルに親離れというか卒業したかった・・・40歳ぐらいになるとみんなそう思ってね、失敗するんですよね(笑)・・・でも失敗してもいいの、ぜんぜん。それは失敗じゃないからね。自分で選んで決めてやったことだから。
・・・曲がり道がありますよね、人生には必ず」
00:46 | comments(4) | trackbacks(0)

THANK YOU YOSHII KAZUYA Live At Budokan 詳細発表

メルマガで収録曲その他詳細発表。
paint it blackが落ちちゃいましたね。まーしょうがないか。
あと、CDはてっきり全部かと思っていたら12曲だけだった。しょぼぼん。
DVDの2枚目にはMC集が入るそうだ・・・へええええ(笑)
4月って、まだまだのようですぐだよなーー。早く予約しにいかなきゃ。予約しなくても買えると思うけどさ!
23:52 | comments(6) | trackbacks(0)

メカラウロコ7

メカラウロコ7
メカラウロコ7

吉井があんなこと言うからこんなことやっちゃうよ♪

というわけで、吉井自らが「自身最高のライブ」(NHKのspringTOURドキュメンタリで確かこう言ってる)といい、先日のニューズメーカーでは「あんなのが残ってるから再結成しろって言われちゃうんだよ、いい時ばっかなんだもん残ってるのが。いつもああじゃなかったんだよ(笑)」と言う、メカラウロコ7です。

で、完全版が出たとするとどうなるのかってのをここで改めて確認しておこうじゃありませんか。うん、ごめん、こういうネタ大好き(笑)
現在DVDで出ているメカラ7の収録曲はこちら。
○ラルゴ:歌劇「セルセ」第1幕,第1場のアリア~「なつかしい木陰よ」(演奏:メカラウロコ楽団) 、愛の賛歌
1.MORALITY SLAVE
2.DRASTIC HOLIDAY
3.LOVERS ON BACKSTREET
4.SECOND CRY
5.FINE FINE FINE
6.RED RIGHT
7.セルリアの丘
8.フリージアの少年
9.アバンギャルドで行こうよ
10.悲しきASIAN BOY
11.THIS IS FOR YOU
12.PEARL LIGHT OF REVOLUTION(真珠色の革命時代)
13.SUBJECTIVE LATE SHOW
[映像特典]MERRY X'MAS


そして完全版が出たとするとこうなる。
○カノン/パッヘルベル、オーゼの死/グリーグ、ラルゴ/ヘンデル
1.MORALITY SLAVE
2.DRASTIC HOLIDAY
3.LOVERS ON BACKSTREET
4.FAIRY LAND
5.SECOND CRY
6.FINE FINE FINE
7.A HENな飴玉
8.薔薇娼婦麗奈

9.RED LIGHT
10.セルリアの丘
11.天国旅行
12.FOXY BLUE LOVE

13.SLEEPLESS IMAGINATION
14.フリージアの少年
15.WELCOME TO MY DOGHOUSE
16.アバンギャルドで行こうよ
17.悲しきASIAN BOY
18.THIS IS FOR YOU
19.PEARL LIGHT OF REVOLUTION(真珠色の革命時代)
20.SUBJECTIVE LATE SHOW
21.シルクスカーフに帽子のマダム
22.楽園

赤文字がDVD未収録曲。

・・・な!?(と同意を求める)

出さなきゃいけないだろうこれはやっぱり。
Welcomeて!FOXYて!A HENて!
曲目だけで死に寸ですわよ。
この完全版DVDのためにウルトラクイズ参加しろって言われても全然できる。
NY行っちゃう。
罰ゲーム怖くなくなっちゃう。
かぐや姫に求婚する男子の如く、どんな艱難辛苦にも打ち勝ってみせる自信ある。
だからお願い吉井さん・・・!

今度ばかりは発言に責任を!(爆)←ファンの言い草かこれが
23:04 | comments(0) | trackbacks(0)

プレミアム盤特典DVDつれづれメモ

先日NHKBSで放送された2.24の武道館ライブの完全版。MCは若干カットだけど、曲目は完全収録です。加えてインタビューと武道館(+城ホール)のバックステージ。とりとめもなくメモ。

・NHKで放送されなかった7曲(SIDE BY SIDE、SADE〜、PHOENIX、BLACK〜、FOR ME NOW、20GO、MUDDY)のどれもが非常にお気に入りで、BSで放送されたときなんか物足りないわあ、SADEないから?とか思ってたけどライブパフォーマンスで印象に残ってたやつばっかりカットだったんだなと改めて気がついた次第。
・それにしてもSADEは最高。最高です。もうCDのアレンジじゃ聴けない
・SIDE BY SIDEの赤い照明もいいっすね〜。これなんかサブリミナル入ってる?
・赤い照明といえば、本当にピンスポ使ってないので映像に撮るのに不向きでしょうがないって感じ。カメラマンさん泣かせだなあ。暗いよ、暗いんだよ。
・とはいいながら何となく舞台照明を彷彿とさせるのが多くて、ライブで見る分には凄く好きでした。ホリゾントやサスペンションの使い方印象的。あと、なんとなく凝り方が新感線の照明を思い出させた
・BLACK〜とFOR ME NOWの速さにビビる。吉井ってバンドの時からCDとライブでスピード感がまったく違うけどそれってどのアーもそうなの?
・FOR ME NOWなんか2分50秒しかない曲なのに手元の時計で20秒も差があるって一体・・・
・測るなよ!
・でもちょっと試してみて欲しいんだけど、itunesでFOR ME NOWスタンバらせておいて、テレビでDVD流して、最後の「あっち向いてホイ」の前で一時停止してitunesの方間髪入れずに再生してご覧なさいな
・おっせえええええええ!!!
・ね?(ね?じゃねーよ)
・MUDDYの「ば!」の前でバックステージの様子が映るのだがその時のバーニーさんがかわいいいいい
・すんげええかわいいいいいいい
・聞いてる吉井もかわいいです
・MUDDYのときの楽しそうなバンドメンバーを見るのが大好き
・RAINBOWは放送されたときの妙な効果が消えていて5割増でよくなった
・バックステージは思いの外楽しすぎて思わぬお得感!!
・みんなかわいいよかわいいよかわいいよーーー
・包丁で中指切っちゃうネギさんもかわいいよーーー
・ロックンロールの時間だよーーーー
・ってか吉井なんでモナリザ?つーかコピーじゃなくせめてレプリカと言いなはれ
・23日の武道館はバーニーは白シャツだったのね!やっぱり初武道館だから?男はここぞというときには白シャツを着るでFA?
・NKはZEPPの延長で出来たけど武道館は特殊、という感想になるほどと頷きつつ。やりながら「こうだった」と思い出したという話興味深かった。MSGの話も。私にとってはMSGっていえばニューヨークニックスだけどな(笑)
・久しぶりの武道館が複雑だった、という話。そりゃ吉井くんが複雑なら見てるこっちも複雑でも当たり前だわ、と思ってみたり。
・特別だったんだよなあ武道館はやっぱり・・・
・GIGSに乗ってた写真はミッチさんだったのねーあの写真かっこよかった!!
・インタビューは先日のBS放送用に撮影したもので、かぶっているところもあり、そうでない部分もあり。そうでない部分として大きいのは城ホールの「バラ色」について語っているところかな
・個人的には「そういう風に諦めてかけてしまったことに対しては申し訳なかったと思う」という言葉が胸に沁みた
・「歌いたかった」ならよかった。もう一度バラ色の日々を追いかけようかな、と思ったというシンプルな理由でよかったと思う


ラストカットまで含めて、ほんとツアーDVDとして売ってもよかったんじゃ?というほどクオリティの高いDVDでした。なんでセルにしないのかはわかんないけど、NHKのプロデュースで撮ったやつだからなのかなあと思ったりもしたんですけどどうなんだろう。おまけとしてしか売れないのかな。

NHK(とWOWOW)にはイエローモンキーを偏愛してくれているディレクターさんが居るに違いないと常々思っていたわけだけども、本編ラストとインタビューラストにTHANKS TOでクレジットされているNHKの福田雅之さんという方がそうなのかなーと推測してみた。プロフ見るとPOPJAMとかプロデュースされていたみたいなんで、きっとそうに違いないと思うんだけど。いつもいつも素晴らしいライブ映像をありがとうございます(深々とお辞儀)。

いいDVDなんだし、限定とか言わずにバンバン再生産すりゃあいいのになあ。山崎洋一郎さんじゃないけど、CDとかDVDとか、そのアーの「本業」の部分を拡大再生産するのにレア感を煽るってすっげーバカバカしいことに思えてしょうがない。りすぼんなんてどうでもいいから(いや、好きだけど)DVD2枚+CDだけでも再版していつでも誰でも見れるようにしたらええねん、となぜか最後だけ関西弁になって突然終了。もう一回SADE見て寝よう。
00:48 | comments(2) | trackbacks(0)

どうでもいいことが大事なこと

プレミアム盤ゲットして、とりあえず一通りは堪能させていただいたわけですが、プレミアム盤特典DVDを見てもうこれだけは言いたい!ということだけ先に書きます。忘れないうちに。

武道館のバックステージでいろいろおいしいやらかしをしてくれているスタイリストの二村さん、
粟根まこと氏に激似。

こんなピンポイント過ぎるふたり、似てるよね?という問いかけもどっちに向かって投げたらいいものやら皆目見当もつかないまま無責任に書いてますが、いやもうどうかってぐらい似てるよ、あれ。生き別れの双子・・・?
22:24 | comments(4) | trackbacks(0)