sakura-blossom
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ミーハーでごめんね

私の行動パターンなんぞとっくに読まれていると思うのですが、ご想像のとおり、行ってきました、行ってしまいました、「すみや」に。わー!すいませんすいません。いやもう、普通に店内見て回って表だけちょっと写真撮っただけです!そんでちゃんとCDも買ってきたから許して下さい!と誰に謝っているのか私は。

そんなに広い店内、というわけではないんだけど品揃えは確かに充実していて、ぎゅーっとつまった感じのCD屋さん、という感じでした。1階の手前がCDとDVD、奥が楽器店になっているんだけどそちらも狭いながらも所狭しと楽器(ギターだけではなくてキーボードやDJ用のターンテーブルとかもあった)が並べられていて相当な充実感。

面白いな、と思ったのは新譜の歌詞カードを店内閲覧用に一部開放しているところで、視聴というのは今やどこでも普通だけど歌詞カードが見られるというのはなかなか見ないなーと思った。

洋楽コーナーにはフジロックやサマソニ特集で棚を作っていたりとか、ロックの名盤100とかのキャンペーンを展開しているかたわら、ジャニーズ関係にもきっちり手を抜かずに棚を作っているところとかがすごく好印象でした。

で、もうひとついいなーと思ったのは、そのジャニーズ関係の棚。なんと、とあるグループのサイン入りポラが飾られておりまして、で、そのうちの1枚がどうやら盗られてしまったようなんだな。その、もとポラがあったと思われる場所にあった貼り紙に、ここにあった○○さんのポラを盗った人は返して下さい云々とあって、黙って返してくれたら不問に付します、というような趣旨だったんだけど、そこに
「こういうことをすると、コンサートで静岡が外されることになっちゃいますよ・・・」
って書いてあったの!うわーこれは効く・・・と個人的には思ってみたんだがどうだろう。なかなかツボを心得た諭し方ではないだろうか。というわけで盗った人はすぐにでも返すように!

「すみや」で働いている人は吉井のコラムのことを知っているのかなあ。知らないのかな。でも知っていたらすごく嬉しいと思うんだけどな。嬉しいよね?ああいう風に思い出にしてくれているって「レコード屋」冥利に尽きるような気がしますよね。

写真をね、一枚だけ。
最初の一歩
まだちゃんとあったよ。
ロックスター吉井和哉の最初の第一歩。
22:55 | comments(2) | trackbacks(0)

いつまでも最年少

なアニーこと菊地英二さんお誕生日おめでとう。

おいくつになられたのでござろうか・・・

アニーに限らず全然他人の生年月日を覚えられないので公式プロフ見ないとアニーが今いくつかわかんない(吉井もわかんない)。

あ、吉井はもうすぐ40なんだっけ?今年で40?
じゃあアニーは一個下だから39か。

生まれた年は覚えてないんだけど4人の関係性(ヒーセの1個下がエマ、エマの2個下が吉井、吉井の1個下がアニー)は覚えているので誰か一人わかれば芋蔓でわかるんだけど(笑)

ともあれ39才のお誕生日おめでとうアニー。
愛をこめて。
01:36 | comments(6) | trackbacks(0)

再現フィルム?

某本スレによると、吉井和哉氏のニューシングルのタイトルは

WEEKENDER

だそうで(笑)
ほんっとに想像の斜め上をいくな〜!

よっすぃさんの大好きな「キル・ビル」でも使ってましたよね、
ウィークエンダーのテーマ。

ちゃっちゃらっちゃちゃっちゃ〜。
23:09 | comments(0) | trackbacks(0)

DVD化を熱望する

多分これから全曲感想書いていくなかで何度でも繰り返しそうだが(いや実際繰り返しているが)、本当にFIX THE SICKSのツアーの映像を完全DVD化してくれないものだろうかと思う。
あとメカラ7の完全版とかね。メカラ9とかね。FC公演とかね・・・と野望は尽きないわけですが。
うちの姉はV6のファンなのですがこの間出たV6のツアーDVDは初回限定版が2種類、通常版が1種類あって、それぞれ違う会場でのMCとかマルチアングルとかが入っていて「全部みたい」なら「全部買え」という凄まじく阿漕な商売をしているそうなんですが、たとえ阿漕とわかっていても買ってしまうのがヲタ心。もしイエロ−モンキーのLIVEDVDBOXが例えばもう一回復刻とかで再発売されたりとかして、それでそれぞれのディスクに1曲だけ未公開ライブ映像とか入ってたら私もう絶対買ってしまう自信があるもんね。それが例えばね、メイキングとかMCとかだったら我慢できるかもしれないのね。でもライブの映像だったら多分我慢できないな。

うーん、最近この「我慢できない」って単語のことをよく考えるんだけど、私って本当に「我慢力」(がまんぢから)が極端に低いんだなあとしみじみ思います。でもうちの姉は結局DVD3種類買ったそうだからこれは家系というものなのかもしれませんなあ。
23:02 | comments(0) | trackbacks(0)

懐かしいNG

ビデオテープのDVD化作業をやっていたときに見つけた映像の中に、99年ごろのスマスマがあって、そこで、THE YELLOW MONKEYが歌ゲストで出たときの中居くんのNGがでてきた。

もちろんゲストで出たときも見たし(そして歌のひどさに笑ったし)、このNGもかなり印象的なものだったので憶えているのだが、この時歌った「JAM」に中居くんは相当苦戦していて、ちょっと見ていてもかわいそうになるくらいな感じだったわけで。

antinomyのBBSでも「あれはひどい」「許せない」とか言われていたなあと思いつつ、まあOKテイクだってそれはそれはすごい産物だったからそれも当然なのだけども、SMAPのいちファンの私としては当時中居くんをそんなに非難する気にはならなかったなあなどということも思い出した。

だってカラオケに行ってイエローモンキーを歌うことなんてしょっちゅうあったけど、吉井の歌は本当に吉井が歌わないと価値半減、みたいな曲が多いんだもの・・・。誰が歌っても「んん?」って感じにはなっただろうと思うしさ。

そんなものはどんなアーティストでもそうだよと言われそうだけど、吉井の歌でもカラオケで歌ってそれなりに楽しいものもあるのよ。でも例えばSUCK OF LIFEなんかは、超絶歌のうまい男の子がカラオケとかで歌っても本当なんでこの歌がそんなにいいの?って感じにしか良さは伝わらないと思う。

このスマスマの歌ゲストのときになぜ「JAM」を選んだのかというのはSMAP側からの希望だったらしく、Mステでイエローモンキーが「JAM」を演奏したときに一緒に出演していたSMAPが衝撃を受けた曲だったかららしい。そしてそのMステというのは、吉井がおセンチ日記で「真っ赤に染まった」と言った、あの中原さん縁の「JAM」だったわけです。
23:12 | comments(2) | trackbacks(0)

私をカラオケに連れてって

カラオケのUGAプレミアムライブというやつで、YOSHII LOVINSONのライブクリップが流れるらしい。
CALL ME
トブヨウニ
PHOENIX
欲 望

の4曲。
見たいよ〜〜・・・・
しかし「一人でカラオケ」が「一人で海外旅行」よりハードルの高い私は二の足踏みまくり。
こんなことでいいのか!(いいんだよ!)
って、自分DVD持ってるやないか!って感じなんですけども。
でもカラオケなんかで、PVが流れたりすると異様に嬉しくありません?
たとえビデオとかDVDとかで持ってても、その場で見られることが嬉しい!みたいな。
1年ほど前大阪で会社の子とカラオケ行ったときSPARK歌ったんだけど、そこPVがバックに流れるやつで、もう歌うどころじゃなくてぎゃあぎゃあ言ってたら後輩の女の子に
「○○さんがそんなに取り乱した姿初めて見ました」
と呆れられました。
もう先輩の尊厳なんて5匕緤に苔むして転がってます状態。でもSPARKの前にはしょうがないのだ!それでいいのだ!(いいのか?)
01:23 | comments(0) | trackbacks(0)

お城と桜

先日のBSスーパーライブで、よっすぃさんが歩いていた駿府公園です。

駿府公園の桜静岡に着いてホテルに荷物置いて本当は転入手続きだのなんだのそういった公的なあれやこれやをしないといけないのに、真っ先に向かったのが駿府公園てどういうことなのか、っていう。
ある意味正しい吉井和哉ファンの有り様なのかもしれませんが。


桜がもう散っているだろうと思っていたんだけどまだまだキレイに咲いていて、お濠の周りをぐるっと散歩したりにわか花見を満喫してきたわけですが、この「お濠」と「桜」という取り合わせに軽いデジャ・ヴュ感。

城ホールと武道館もこういう感じだよなあああって。

武道館が特別というのはさておいても、城ホールを吉井がお気に入りだっていうのはこういう「お城」「お濠」「桜」みたいな雰囲気が、吉井的に馴染みのある風景だからなんじゃないのかなーとしょうもないことを連想してみた春の日でした。

もういっちょ桜で。

さくららら
00:56 | comments(2) | trackbacks(0)

ベストオブベスト盤

閑話休題。

TRIAD YEARS ACT1〜THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY
TRIAD YEARS ACT1〜THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY

先日車の中でTHE YELLOW MONKEYの「TRIAD YEARS ACT機廚鯆阿い討い拭実は私はこのCDが一番最初に買ったモンキーのCDでした。SICKSよりもこっちを先に買ったの。でもって、ご多分に漏れず何度も何度も何度も何度もその後このCDを聴いております。

で、このCDって実はイエローモンキーのライブ仕様に曲順が決められてるのでは?とそんなに何百回も聴いたのに(誇張ではない)初めて気がついてみた訳なんです。

ってもうそんなの周知の事実!って感じもしますけども。
1. Love Communication
2. Rock Star
3. Love Is Zoophilia
4. Spark
5. 嘆くなり我が夜のFantasy
6. Chelsea Girl
7. Father
8. イエ・イエ・コスメティック・ラヴ
9. Subjective Late Show
10. 赤裸々GO!GO!GO!
11. Four Seasons
12. Suck Of Life(Original Version)
13. 空の青と本当の気持ち
14. Jam
15. アバンギャルドで行こうよ

一発目のラブコミ、続けてRock Star。SPARKまで畳み掛けて、MC。Fatherあたりが中盤のしっとりゾーンで、本編ラストにSuck。アンコールで空の青、JAM。で、〆はもちろんアバンギャルド。

みたいな(笑)

いや、普通ならシングル曲であるところのJAMやSPARKを一発目か、少なくともラストにJAMだろ、って感じするじゃないですか。JAMのあとにアバンギャルドっていうのがねえ、どうにもこうにもライブっぽい。

ACT兇諒がこってり選曲で、A HENやFOXYみたいな大好きな曲も多いんだけど、構成として凄く聴いていてしっくりするのは気諒だったりするんですよねえ。

これを選曲したのはコロムビアの宗清さんだと思うんですけど(zoophiliaを、僕が好きなので入れちゃいました、と言っているので)、なんというか・・・さすがだよなあ、と今更ながらにしみじみしたり。その後MOTHERS ALL THE BESTという形で、メンバー自身の選曲という触れ込みのベスト盤がでたけれども、私の中でイエローモンキーのベスト盤、と聴いて思い浮かべるのはこの1枚だったりする。
23:20 | comments(2) | trackbacks(0)

9年前

なつかしの城ホール

今日は(もう昨日だ)シアターBRAVA!に「夜会」を観に行ってきたの。
帰り大阪城公園駅のほうに歩いていって、ああ城ホールだな、ってボーっと見てて、突然思い出した。

9年前の今日(もう昨日)、1997年5月12日の大阪城ホールが私の初イエローモンキーライブだったことを。

なんか感無量だったわあ。

5年前ぐらいにあたし、日記で「4年たってもこんなに好きとは思ってなかった」って書いたんだけど、4年どころか9年たってもまだ喉元まで浸かってるってどうゆうことよ、みたいな。

これはそのときのチケット。
芝居のときの癖で、半券だけは捨てられない習性なのね。
一生忘れない53列38番だなあ。

そして明日は(もう今日だ)(しつこい)吉井のライブの中継がNHKBSで放送されまする〜〜〜。
楽しみ楽しみ。
02:07 | comments(0) | trackbacks(0)

タイトルをね・・・

すごい適当につけてしまったんだが>ブログのタイトル

正直中身と全然関係無い!っていう(笑)

しかし変えようにもなかなか思いつきません。
やっぱり笑えるのがいいよね!とか思ってしまうからいけないんだよね〜。
見る人が見ればイエローモンキー関係だとわかり、かつ笑える、ってのが理想だ。高すぎる理想だなあオイ。

またゆっくり考えます・・・
02:42 | comments(0) | trackbacks(0)